この特集について
ボートレース特集 > H本記者の2000円札の帯封ならまだ届くかも……予想
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H本記者の2000円札の帯封ならまだ届くかも……予想

 逃げ、逃げ、逃げ、逃げ、抜き、逃げ……。

 私の想定どおり、やはり冬の浜名湖はインの強さが保証されております。
 ただし、私の舟券は、

 抜け、抜け、抜け、ハズレ、ハズレ、抜け……。

7R
 金子と今村が動くも、山崎智は枠主張。1256/34 あたりか。今年の山崎は2コースに入ったとき、少々強引でもツケマイを打ちにいく競走が多い。スッポリ開いた差し場に突っ込むのは、3号艇の重成。
【3連単】3→全→全

8R
 スタートがあまり速くないスロー勢に対して、4・5コースにはスタート巧者の2人が。捲る田村と、捲り差す重野のウラオモテで。
【3連単】4=5→全

9R
 地元の佐々木がトップSから逃げ切ろうとします。西島が差し、江口も捲り差しでしょうから、全速で上を叩けば都築でも届きそうな気が。前検気配も良かったですし。突き抜けまで考慮して。
【3連単】1=4→全

10R
 逃げる烏野と、前半戦で伸びの鋭さをみせた寺田の一騎打ち。3着目はどの選手にもありそうなので、総流しで。
【3連単】1=2→全

11R
 インの原田で絶対のようにみえますが、低配当確実で前検気配もソコソコというのであれば、あえて切った舟券に走るのも面白いのでは。中島を穴候補に抜擢。
【2連単】3→全

12R
 どこまでいっても魚谷の逃げです。相手も瓜生と松井。10倍を切るオッズになりそうですが、仕方ありません。
【3連単】1→24→24

 早く両目を開けたい!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません