この特集について
ボートレース特集 > H本記者の帯封にチャレンジ予想!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H本記者の帯封にチャレンジ予想!

 おはようございます! 記者のH本です。賞金王決定戦への勝負駆け――競艇王チャレンジCがついに開幕です!
 8時40分現在、浜名湖は曇り。風はほとんど吹いておりません。気温は昨日よりは暖かいものの、湿度・気温ともにエンジンパワーを素直に発揮できる気象状況ではないでしょうか。
 年末にむけてお金が入用なので、今節は帯封を目指して戦います。しかし、冬の浜名湖攻略のポイント。それはむやみにバットを振り回さないこと。インの強さ担保されている水面なので、基本的にインを中心に予想を組み立てて、コツコツ当てていき、徐々に資金を増やしながら帯を目指すべきだと考えております。

1R
いきなり前検足で横綱候補のテラッチが登場。買わないわけにはいきません。ただ、冬の浜名湖のセオリーは「インに逆らわない」。1号艇の村田も素直に押さえましょう。相手は重野と池本。
【3連単】1=5→23 1→23→5

2R
地元とエースモーターの組み合わせということで1→2が売れそうですが、山本の足を信頼するには少し心もとない。ならばモーターの数字が悪くても、前検で好気配だった平石と地元の金子をウラオモテで。
【3連単】1=3→245

3R
ここは太田がすんなりイン逃げ。前検を見るかぎりでは井口と山崎哲は買いづらい。必然的に相手は渡邉、重成、西村、の3人で。
【3連単】1→346→346

4R
穴を狙うならこのレース。江口と大嶋が動いて進入から混乱しそう。前半戦でインが崩れるとすればこのレース。2人を入れるであろう笠原と白井がスタートで攻めるタイプだけに、6号艇ながら烏野に漁夫の利が転がってこないでしょうか。
【2連単】6→全

5R
大関級の足ある倉谷が難なく逃げる。寺田と赤岩が人気をさらってくれそうなので、舟券的には「金星候補」の中島を対抗に指名して吉。好配当になることを祈りながら3着は総流し。
【3連単】1→4→全

6R
ここも木村の逃げ。辻が頼りなくみえたので切って、賞金王決定戦へのアツい勝負駆けの池田を対抗に。地元の横澤、「金星候補」にあげた村田もおさえておく。
【3連単】1→356→356

 後半の予想は13時ごろアップ予定!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません