この特集について
ボートレース特集 > H本記者の児島周年前検だより
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H本記者の児島周年前検だより

 前検日のスタート練習と足あわせを見た結論。それは、児島のエンジン勝率はかなり信用できる。
 というのも、記者席から俯瞰で各艇を見ていて、「あ、イイ足だな」と思った選手のモーター成績を確認すると、その多くが2連対率40%オーバー。逆に「イマイチだな」と思った選手は、案の定数字が悪い。見た目の足と数字というのはつりあわないことが多く、こういうケースは意外にレア。

 ただ、2連対率50%オーバーの69号機を引いた山本は、「抜けて良い」というほどではない。69号機は「行き足」が鋭いエンジンらしいのだが、スタ錬での行き足は普通。内池記者の話では「ピットでの表情は明るかった」ということなので、何かを掴んでいるかもしれない。が、人気になるのは確実なので、とりあえず現段階では様子を見ようと思っている。

 山本にかわって、横綱級の動きをみせたのは寺田祥。伸び、行き足ともに、他選手を圧する足をみせていた。2連対率も43%と素性もいいので、初日から信用して大丈夫。
 寺田には劣るものの、重野の足が大関クラスだ。彼のエンジンも、2連対率40%超と実績がある。ちなみにスローよりも、ダッシュがむいているように感じた。
 もうひとり、仲口も大関級。「伸び抜群」の22号機(森秋光)に劣らない足をみせており、機歴も問題ない。いきなり走ってきそうである。

 それに続くのが森と田村。森は前評判どおり伸びが、田村は行き足が武器になるだろう。コメント平凡だった赤岩や、エンジン実績が平凡な吉川元浩もこのクラス。どちらかというと地味目な選手であるが大庭は、動きがかなり派手だったので、ココに入れておく。

 いつものようにあまり試運転をしていなかったので断言はできないが、ドリーム1号艇の松井繁の足は〝それなり〟。だが、山本の足が本調子にあらず、菊地や西島の足は悪い。相手関係と枠を考えれば、明日のドリーム戦は松井が逃げ切るように思える。ちなみに、予選組で足が悪くみえたのは、菊地、森高、佐々木、守田、山崎、あたり。初日・2日目に人気になっているようであれば、切るのもアリだろう。

 穴候補の筆頭は一宮。2連対率34%と目立たないエンジンではあるが、行き足・伸びはかなりグッド。エンジン抽選の記事でプッシュした西川もいい感じで、いつ大物を食ってもおかしくない。登番がもっとも若い郷原も、エンジン勝率よりは上ありそうな気配。好配当が期待できそうな選手たちなので、この3選手は要チェックである。

【横綱】 寺田
【大関】 重野 仲口
【関脇】 田村 森
【小結】 赤岩 吉川 大庭

【金星候補】
 一宮 西川 郷原

 と、ここまで書いたところで前検タイムが発表さた。おおぉ! 寺田祥が1位タイの6秒56! 重野も6秒59と速いタイムを叩き出している! 動きが良く見えて、時計の裏づけもあるのだから、これは期待できそうだ。
 この前検評をふまえた上で、明日から2日間はH本が予想を担当する予定。
 よろしくお願いします!

【前検タイム上位者】
6秒56
石田政吾・寺田祥
6秒58
前本泰和
6秒59
川北浩貴・立間充宏・佐々木康幸・重野哲之
6秒60
田中信一郎・白井英治

【前検タイム下位者】
6秒75
鳥飼眞・守田俊介・
6秒74
林美憲・岡瀬正人・森高一真


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント