この特集について
ボートレース特集 > 三寒四温――3日目後半のピット
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

三寒四温――3日目後半のピット

 寒い。朝から冷たい風が吹きぬけていたピットは、午後3時を超えたあたりからいっそう厳しさを増した。仲口が、吉川がジャージのポケットに深々と両手を突っ込んで歩いている。11Rともなると、足が根元から震えるほど寒い。
2007_1109__0605  そんな中、ペラ整備室だけが妙に熱気を帯びている。6畳ほどの室内に、びっしり13人! いちばん奥に三嶌誠司、金子・菊地の静岡師弟、川﨑・小畑・山本・立間の地元勢などなど。こちら側の寒さが厳しい分だけ、ドアの向こうは湯気が立つのではないかと思うほど室温が高く思えるのである。みんな必死だ。ただ、川﨑だけが童顔を崩してニッコニコと笑い続けている。名門の学習塾の中でひとりだけ缶蹴りでもしているような無邪気さ。松井と信一郎もやってきてさらに室温は上昇し、ピリピリ感も増殖する。それでも川﨑だけニッコニコしながら小畑に何事かを話しかけているのだった。

2007_1112_0097  12Rの締めきり15分前。もう、底冷えするほど寒い。
「これだけ寒いとさらに回転が上がって、だからインが……」なんていう思考回路も凍りつくほどの寒さ。そんな中、いきなり半裸(もちろん上半身だけ)の若者が選手控え室から飛び出した。重野哲之だ。単にレースが終わって着替えている途中というだけなのだが、凍てつく空気の中で引き締まったその裸身が妙に眩しく見える。おそらく体脂肪率は10%未満だろう。小島よしおを小ぶりにしたような背中から、肩甲骨がにゅっと浮き上がっていた。
 ペラ室から川﨑と金子が「狭くてたまらん」という風情で出てきた。川崎はやはり笑っているのだが、よくよく見るとその口元には苦味があった。額を突き合わせるようにして話すふたり。詳細はわからんが、金子が「一回落とすと妙に重くなるんや、昨日なんか×××(不明)したら重~くなって6着やったしな」みたいなことを言って、川崎が頷く。笑ってはいても、世間話をしているわけではなかった。地元のエース的存在の川﨑も、児島の水面とエンジン出しに苦しんでいるのだ。精一杯の笑顔を作りながら。
 12Rの締めきり5分前。ピットは静まり返り、ペラ室を除けば誰ひとり見当たらないほど閑散としている。着替えを済ませた重野が出てきて、巨大なスポンジをボートに叩きつけた。ぱふぱふぱふっという脆弱な音がピット全体に大きく響き渡る。それはあまりに裏さぶい音で「早く12R、はじまれよ」と心に念じた。
 12Rがはじまると同時に、ピットはまた活気を取り戻した。わらわらと選手だちが出てきて、整備室のモニターへ、昇降装置へと集結する。ペラ戦争も束の間の終結。皆、思い思いに談笑しながら12Rをぼんやり見つめている。
2007_1112_0057  その笑顔がいきなり凍てついたのは、もちろん寒さのせいではなかった。まずは守田俊介が転覆し、それから堰を切ったように原田幸哉など続々と艇が横転してゆく。4艇、転覆。モニターを見ていた選手がこぞって昇降装置へと駆け出した。当たり前だが誰一人として笑っていない。薄暗い水面を、目を凝らすようにして注視している。整備員も一斉に飛び出した。「4はいか……レースは成立だな」とそのひとりが呟いた。
「ふたばん、軽症」
 ピット内にこんなアナウンスが流れると、選手たちはやっと安堵の表情を浮かべた。大惨事にはならなかった。入水した原田幸哉がヘルメットの中に溜まった水を気にかけながら帰還し、寺田祥、森秋光も飄々とした風情で幸哉に続いた。2分ほどして守田俊介だけは首筋をさすりながら、痛々しい顔で医務室に入っていった。ピットにはその4人以外のすべての選手(数えてはいないが間違いないだろう)がエンジン班&ボート班に分かれ、転覆艇をテキパキと補修しはじめた。誰一人指示する者などいないのに、見事すぎる手際のよさだ。

2007_1110_0564  作業がほぼ終わりかけた頃、俊介が医務室から出てきた。全身タオルケットで覆われ、左手にはボクサーのグローブのようなものが巻かれている。痛々しい光景ではあったが、その顔に悲壮感はなかった。即日帰郷で賞金王シリーズもほぼ絶望になった俊介。悲願のSG制覇へ、また来年からの再チャレンジに期待する。(Photo/中尾茂幸、Text/畠山)


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

怪我がたいした事故でなくて よかったですね。携帯で見たので、まったくわかりませんでしたが、NIFTYのこういうレポートでないと伝わってこないですね、、、。ありがたいものです。

投稿者: ハルキチ (2007/11/13 2:06:56)

守田選手の帰郷は残念です。3選手の今日の奮闘に期待しています。
それから、寺祥は転覆じゃなくてエンストだったんですね。

投稿者: りゅ~ (2007/11/13 11:57:17)

昨日の12Rはビックリしました!
原田選手の艇のエンジン部分に寺田選手の艇の舳先が接触し、原田選手が転覆した様に見えたのにレース後の放送では「失」の文字にまたビックリ!実際は「転」でしたけど・・・
芦屋での優勝を力に今節頑張ってるんで今日からの巻き返しに期待します!!

投稿者: うさ子 (2007/11/13 12:32:41)