この特集について
ボートレース特集 > 本日の水神祭 不惑のSG初勝利!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の水神祭 不惑のSG初勝利!

一昨日、前検だというのに今節初水神祭が行なわれていましたが、本日、正真正銘の水神祭が行なわれましたよ! 主役は、4RでSG初1着をあげた池本輝明! 40歳にして初SG出場を決めた遅咲きの男が、2戦目で初勝利。まさしく不惑の激走でありました。

Qy3u4405 水神祭は後半レースの10R後に行なわれました。会場となったボートリフトに集結したのは、もちろん広島勢。さらには今村豊、白井英治の山口勢も参加しておりました。ちなみに、今村さんと西島さんの大御所二人は、入念に場所の下見をしていましたよ。率先して後輩の壮挙を祝う大先輩……というと聞こえはいいですが、ようするに「どうすればより怖がらせられるか」を相談してたんですけどね(笑)。実際、池本がリフト操作の職員さんに「下げてください!」と懇願し、職員さんがリフトを下げ始めると、「もうええ!」とリフトを下げさせなかったのは、今村さんだったのであります。優しい先輩たちでありますな(笑)。

Qy3u4418 というわけで、いきましょう、水神祭。仰向けに持ち上げられる「ワッショイ・スタイル」で、さあ行こう、1,2,3でドッボーーーーーーーン! まるでトップロープからのバックドロップみたいな体勢で、冷たい浜名湖の水面に吸い込まれていく池本選手でありました。一斉に拍手が巻き起こって、池本選手、おめでとう! で、真っ先に係留所まで降りて、岸まで泳ぎ着いた池本に手を差し伸べたのは今村豊。ただ怖がらせるだけではないのであります。Qy3u4421 その今村に手を引かれて、陸に上がった池本は笑顔満開。そこで市川哲也が目をつけたのは、山口剛。「なんだ、ツヨシ、一緒に落ちなかったのか!」。そういえば、池本を投げ込む前に、辻栄蔵が「俺は北川さんのとき(北川幸典、ですかね)、一緒に落ちたなあ」などと言っていまして、どうやら最年少の山口に「一緒に落ちろ!」と迫っていたようですね。山口が、いやいやいやあ、と笑うと、辻が「よし、じゃあ、やり直し!」。すわっ、水神祭リターンズ!?……などということはなく、みんなで池本に再び大拍手の雨を降らせて、笑顔の中、幕を閉じたのでありました。

池本選手、華を咲かせるのはこれからです。これからもSGで活躍を見せてください! おめでとうございました!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/17141575
【てるあきSG水神祭】浜名湖SG競艇王CC2日目【タナシン帰郷】 【ラリーズクラブ】
 昨日浜名湖競艇場に来場して偉大なる宣伝活動を行った高田総統(+アン・ジョー司令長官&島田二等兵)がその後の記者取材で「来年ここでハッスルをやるよ!」と来年浜名湖でハッスルの試合を提供する事を宣言。さすがは大村G1競艇名人戦来場実績がある青春のエスペランサ高...... 続きを読む
受信: 2007/11/21 22:57:50
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません