この特集について
ボートレース特集 > 賞金王サバイバル外伝①!!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

賞金王サバイバル外伝①!!

 すでにお伝えした通り、絶望視されていた池田浩二に過去の賞金(中止による分配)が入って、賞金王の最後の一席を巡る戦いは12位・三嶌誠司、13位・原田幸哉、14位・池田浩二の三つ巴となりました。賞金をおさらいしておくと
【28日現在の賞金額】
12位 三嶌誠司 5665万円
13位 原田幸哉 5656万円
14位 池田浩二 5640万円

(千円以下は切り捨て。2日目はこの千円以下まで関係してくるかも!?)

 では、3選手の明日の斡旋はというと
三嶌…GI尼崎12Rドリーム戦1走
原田…GI常滑予選7&11Rの2走
池田…GI常滑12Rドリーム戦1走

 です。原田だけが予選2走(2日目がドリーム)ですが、この合計賞金は7万円~25万円で、ドリーム戦1走とまったく同額(つまり、ドリーム戦が2倍なのです)。賞金も書いておきましょうかね。
           1着  2着 3着  4着 5着 6着
ドリーム戦   25・0 18・0 13・6 10・6 8・6 7・0
一般予選   12・5  9・0  6・8  5・3  4・3 3・5

(単位・万円)
 です。さあ、明日1日でどんなことが起こるのか? ここであらかじめお断りしておきますが、ここでの計算は
①3選手ともに出走参加賞+出場手当+GI特別参加賞が均等に入るものとする。
②3選手ともに2日で3走(うちドリーム1走)と仮定する。
③3選手ともに3走とも完走とする。
 を大前提とします。もし何らかの変更が判明した場合は、明日のこのコーナーで訂正・補正することにします。悪しからずご了承ください。

★池田が明日も生き残るためには……?

 ではでは、まずは一番有利な三嶌と一番不利な池田の比較から入りましょう。ふたりの現在の差は25万0830円(便宜上25・1万円としておきます)。で、初日(ドリーム)も2日日(予選2走)もふたりの合計賞金範囲は7~25万円(MAX差額は18万円)ですから、こんな理論が成立します。
「初日終了時点で両者の間に18万円を超える差が発生したら、池田は絶望的になる」
 つまり、2日目に池田が1・1着25万円で、三嶌が6・6着7万円だったとしても、すでに18万円以上の差が開いていれば逆転は不可能なわけです。
 これを踏まえた上で、明日の両者の賞金差を場合分けしてみましょう。

          三嶌
      1着 2着 3着  4着   5着   6着
池田1着 ×   ×  13・7  10・7  8・7   7・1
   2着 ×  ×  ×   17・7  15・7 14・1
   3着 ×  ×  ×   ×   ×   ×
   4着 ×  ×  ×   ×   ×   ×
   5着 ×  ×  ×   ×   ×   ×
   6着 ×  ×  ×   ×   ×   ×

 ×は賞金総額差が18万円以上、つまり池田に赤信号が点るパターンです。起死回生のチャンスを得た池田ではありますが、やはり苦しい!! 三嶌がドリームで2着以上に入ると、その場で数字的には落選となります。池田自身も、3着以下なら無条件でアウト。池田としては「2着以上を取って、三嶌の大敗を待つ」という展開になります。他力も含んだ凄まじい勝負駆けといえるでしょう(もし池田が1着で三嶌が不完走だったりすると、ふたりの差は830円にまで縮まるのですが、あまりネガティヴな要因は考えたくない。あくまで全員完走のみを想定します!)。
 2着でも望みは繋がりますが、現実的にはほぼピン条件の池田。池田ファンのみならず、明日の常滑ドリームは池田のアタマ勝負に妙味あり、と見ます!

★三嶌と原田のデッドヒート

 93500円差(便宜上9・4万円とする)のこちらは、原田が2回走りということも含めてさらに複雑です。たとえば、原田が1・1着だった場合の三嶌との賞金差は……

                   三嶌
         1着 2着  3着  4着  5着  6着
原田1・1着 9・4 2・4 ▲2・0 ▲5・0 ▲7・0 ▲8・6

(単位・万円)

▲は原田のプラス。つまり原田がピンピンで三嶌が3着以下なら12位と13位が入れ替わってしまうわけです。こうなると、2日目はさらなる死闘になることでしょう。
 今晩のところは、池田と同様に「初日に原田が生き残るための着順」だけを記しておきます。表組みははぶきますが、以下のようになるはずです。
【三嶌がドリーム1着だったとき】…原田は②②以上の成績(着順合計が4着以下)が必要条件。たとえば2・3着なら両者の差が約18・6万円になり、2日目に原田1着、三嶌6・6着でも逆転できない。
【三嶌がドリーム2着だったとき】…原田が④⑥、⑤⑤、⑤⑥、⑥⑥以外の成績(着順合計が9着以下)ならOK。勝負は2日目に持ち越される。
【三嶌がドリーム3着以下だったとき】…たとえ原田が⑥⑥着でもOK。翌日に持ち越される。

 つまり、原田が①①、①②、②②、①③なら三嶌の着順と関係なく、ふたりの勝負は11月最終日決戦ということになります。まあ、池田同様、原田も明日はピンピン以外は考えていないことでしょうね。もちろん、唯一自力で決められる三嶌も……。

 明日の常滑はモーター初下ろし。前検タイムは原田が9位で池田が49位!?(しかもブービーの6・77にもチギられた6・84……)明暗が分かれましたが、両者ともに機力より気力で入るタイプ。今年一番の勝負駆けに期待しましょう。
 一方の尼崎・三嶌はモーター複勝率26位の中堅機で、前検タイムは41位のワースト近く……こちらも気合いの男ですから、明日のドリーム6号艇はピンロク覚悟でインまで奪いに行くかも?

 ※なにぶんにも手書きでチマチマ計算しているもので、計算ミスなどがありましたらお叱りとともにご報告ください。よろしくです~!(特捜班)

   


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/17216187
コメント

ご苦労様です。
知りたかった情報をわかりやすくありがとうございました。

三嶌さんガンバレ!!

投稿者: ★モンキーたん★ (2007/11/29 10:22:39)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません