この特集
ボートレース特集 > 2007賞金王決定戦
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H記者の「トライアルも6注意!!」予想

 ♪ごめんねごめんね~~などとシャレではすまされない完敗……憲吾どの、うりちゃん、2枚ずつも……かたじけないっす。替わって本紙K予想(6Rから4戦3勝)が一気に確変爆裂中っすか。嗚呼、このままでは全国20人の極選ファンもK派閥に……な、なんとかトライアルで巻き返します!!

11R
①坪井康晴
②今垣光太郎
③井口佳典
④濱野谷憲吾
⑤白井英治
⑥魚谷智之
進入123/456

 “K派閥”の坪吉はん(もち坪井ファン?)、YES競艇LOVEはん(白井3着付け)が勝つか、我らが憲吾どの、うりちゃん(76期魚谷)が勝つのか。個人的には4=6で決まって欲しいところですが、ここは冷徹に予想しましょう。トライアルのテーマは……
 一寸先は闇。
 本当に最終ターンマークまで何が起きるのかわからないのがこのレース。何年か前、展開がもつれにもつれて最後方を走っていた今垣が先頭になった、などという信じられないレースもありました。ダンプ突っ込み切り替えしは当たり前、5・6着争いでさえ死闘になるのが賞金王トライアルなのです。
 1号艇の坪井は「日本一の小回り巧者」だと思うのですが、時に「気合が入りすぎるとインで握り過ぎる」という一面も見せます。ここも握って先マイをするようなら、ぽっかり開いた内水域に……怖いのは落として差す今垣よりも、ぶん回す井口、それに連動する憲吾十八番のスペシャルまくり差し、そしてアウトから無心に展開を突く魚谷。当然、マクリ屋の白井も警戒が必要ですが、今日の気配ではやや他に見劣っていました。配当の妙味&一寸先は闇&笑劇の失笑法を踏まえて、坪井&魚谷を軸に井口と憲吾に流してみます。ボックスで。
3連単★136、146BOX

12R
①松井 繁
②吉川元浩
③湯川浩司
④瓜生正義
⑤丸岡正典
⑥赤岩善生
進入123/456

 先刻まで2単1-2のオッズが1・9倍……本命党は、それでも押さえるべきフォーカスでしょうね。しかし!1号艇の松井アタマを買わない、と決めている私は裏目千両の2-1で勝負します。今日の特訓を見る限り、吉川のパワーがバカによく見えました。差してバック肉薄、松井に舳先さえかければ2マークで逆転できるとみます。一寸先は闇、6号艇を狙えのセオリーに基づき、赤岩の3着付けも少々。うりちゃん、斬り捨て御免!!
3連単★本線2-1-全、押さえ2-全-6


| 固定リンク | コメント (4) | トラックバック (0)

クイズ正解~!

どもどもども~。賞金王の余韻がなかなか抜けないですね~~。といったところで、賞金王ラストクイズの正解でございます。

2007_1218_01802 ●●●は無事故でいいよ、お父さん。さて、ナニが無事故でいいんでしょう? が問題でした。じゃあ、テラッチはどうなるのよ、という声もありましたが、確かにそうですよねえ。智也とかテツとか、独身者にもね。まあ、その辺は目をつぶって、正解いきます。

2007_1218_0180 正解は、「クリスマスプレゼント」でした! ということはつまり、この賞金王もしくは12月にあわせて貼り出された新標語だったわけですね。福岡競艇さん、なかなかシャレてますね。残念ながら無事故というわけにはいきませんでしたが、多くのお父さんが福岡からクリスマスプレゼントをもって帰郷したのは何よりでございます。「プレゼント」という解答は、したがって不正解とさせていただきます。あしからずご了承ください。

この結果、ウォリアーズさん、サブマリンさん、魚屋さん、メイリーフさん、タッチスタートさんが170Pでトップになりました。おめでとうございます。またいつものように tanakakogyo@hotmail.co.jp まで、送付先をお願いしますね~。発送は年が明けてからになってしまうと思いますが、ご了承くださいませ。

それでは、また来年~。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もありがとうございました&本日の水神祭

年間最大のビッグレースである聖戦・賞金王決定戦が終了しました。なんだか、気が抜けちゃった感じっすね……。福岡の闇に包まれながら、この壮大なる激戦を振り返りつつ、パソコンに向かっているところであります。

_u4w7120 まず、本日は水神祭が行なわれています。もちろん、SG初V、07年の賞金王ウィナー、吉川元浩選手です! すでに真っ暗になった福岡水面、兵庫勢が会見やテレビ出演などが終わるのを待って、吉川選手を祝福しましたよ。みんな、嬉しそうだったなあ……。スタイルは、ウルトラマンスタイルで、せーのでドッボーーーーン! 漆黒の水面に、吉川選手は歓喜のダイブを果たしたのでした。きっと吉川選手は、ちっとも寒くなかったはずです。これを機に、SGを勝ちまくってくださいね! もちろん、来年も賞金王のピットで会えるのを信じています!

_u4w7165 というわけで、今節もご覧いただきまして、ありがとうございました。そして……今年1年、ご愛顧いただきまして、本当にありがとうございました。皆様のおかげをもちまして、2007年も乗り切ることができました。来年、2008年も引き続き頑張っていきますので、またご覧いただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。来年一発目は、1月22~27日に丸亀競艇場で開催される、新鋭王座決定戦です! 未来の賞金王がここにいる! 吉川元浩に続くのは誰だ!? そんなフレッシュバトルを、アツくお送りしていきますので、お楽しみに。

それでは、来年も競艇でアツく盛り上がってまいりましょう! 皆様、メリークリスマス! そして、よいお年を!(PHOTO/池上一摩)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (3)

美しき涙――賞金王決定戦ファイナル後半のピット

1img_2607  午後の時間帯において、まずしびれらせられたのは、やはり松井繁の圧倒的存在感だった。
 ボートを待機ピットに移す時間が近づいていく10R後にも黙々とプロペラ調整を続けていたかと思えば、突然、控室のほうへと駆けていったのだ。その後、また戻ってきたときには山本隆幸と一緒だったので、おそらくは山本を呼びにいったのだろう。
 その後の山本は、松井がペラを調整している横に寄り添うようにしていて、何かのアドバイスをしているようだったのだ。山本は松井の弟子的な存在であるが、山本が掴んでいるペラ調整のポイントのようなものを知ることが、このレースにおけるプラスになるものと判断していたのかもしれない。

2img_2702  その後、待機ピットに戻った松井は、係りの人とどこまでの行動が許されるかを確認したあと、コースを完全に一周してからボートを展示ピットに移している。そこで係りの人に、プロペラなどをどうするかと聞かれて、「……着替えてから考えるわ」と答えると、控室のほうへとまた駆けていったのだ。
 松井が待機ピットに戻ってきたときには、すでに締切が近づいていることを示す音楽がピット内にも流れてきていたが、それでも松井はもう一度、モーターを噴かして回転数を確かめていた。その後にようやく松井は、係りの人に言ったのだ。
「変えるわ」
 松井がペラ交換を決めたのは、そう言った3時38分頃のことだったのだ。これまでピットを取材していたなかでも、一番といっていいくらい心が震えた瞬間だった。
 そんな一連の行動にしても、ドタバタしたものと表現するのは、違うと思う。その後の松井は、顔馴染みのキャスターと話をしながら「ハハハハ」と大声で笑ったりもしていたのだ。そのことからもわかるように、より良い状態でレースを迎えるためにやるだけのことをやり、自分のやったことと決めたことに対しては、充分に納得していたのに違いない。その晴れやかな表情にも驚いたものだが、展示航走のあとにもう一度、その姿を見かけると、今度はぐっと集中している顔になっていた。これだけ、自分の心をしっかりとコントロールできる松井という選手は、本当にもの凄い男だと改めて思ったものだ。

 寺田祥の勝利によって11Rの「順位決定戦」が終わり、ファイナルを待つだけになったピットにおいても、今シリーズを象徴するような場面はいくつか見られていた。

_u4w6819  自分の闘いを終えた選手たちは、同県の選手たちに手伝ってもらいながら、モーター格納をしていくわけだが、個人的にはやはり瓜生正義に目が行った。唯一人の地元選手として決定戦に望みながら、結果としては「転・6・5・3」というかたちで闘いを終えたわけなので、モーター格納をしていた際の表情も少し複雑なようにも見えたものだった。だが、それを済ませて控室に戻っていくときに、装着場でボートの洗浄作業をしている係りのおばさんたちの横を通る際には、「ありがとうございました」と頭を下げていた。そのときの笑顔はとても気持ちがいいものであり、瓜生という選手の人間性がよく伺えたものだった。
 ……また、いよいよ「本番の時」が近づき、吉川元浩が出走選手用の控室に入っていくのを見守っていた鎌田義は、その後にピット内にある「神棚」の前で、パンパンと手を打っていた。
 どうしてそうしていたのかは、わからない。ファイナルには兵庫・大阪の選手が4人出ていたのだから、そのうちのどの選手かが優勝することを願っていたのかもしれないし(だとすれば、吉川の優勝をいちばん強く願っていたことだろう)、レースが無事に終わることを祈っていたのかもしれない。あるいは、今節を通して自分自身がここ福岡競艇場のピットでお世話になったことに対してお礼をしていた可能性もあるだろう。そのいずれの理由だったとしても、本番を目前に控えた時間帯にこんな光景を見れたのは良かったと思う。

 そうして迎えられた聖なる一戦……。

4img_2867  1マークが近づいたとき、「よっしゃ、(そのまま)回れえ!」と叫んだのは鎌田義だった。その1マークでレースを中止した選手が出たことを心配しながらも(1周1マークで井口佳典がエンスト)、吉川が先頭で抜け出し、それに魚谷智之と松井繁が続いている並びを確認すると(結果的には松井が2着で、魚谷が3着)、鎌田はもう一度、「よっしゃあ~」と叫んでいる。
 そう、賞金王決定戦を制したのは、吉川元浩だったのである。
 レース後、ウイニングランに向かう前に、ボートリフト付近で歓声を上げていた鎌田などの選手に向かって吉川が右手を突き上げると、吉川を祝福するようにボート上の松井が手を振った場面も最高だった。
 そして吉川が、ウイニングランから引き上げてきたときには、すぐにボートリフトの上で吉川と鎌田が抱き合った。その抱擁は、これまでのピットで見てきたどの抱擁よりもがっしりと抱き合っていたものであり、その時間も長かった。抱き合ったままの二人のほうからは、はっきりと聞き取れるすすり泣きの声まで聞こえてきていたのだから、思わずこちらももらい泣きしそうになったほどだった。
 その傍では魚谷も一緒に喜び合っていたし、しばらくあとには松井も最高の表情で「よかったね!」と吉川に声を掛けていた。
 勝った吉川はもちろん、松井も鎌田も魚谷も最高の男たちである。

5img_2401  レースが近づいていくにつれて、井口や湯川浩司が必死にプレッシャーと闘っている様子はよく見て取れたし、魚谷と三嶌誠司は、松井に劣らぬほどしっかりと自分の心をコントロールできているようだったのだから、その心の強さには呆れるくらいに驚いた。
 松井繁、魚谷智之、三嶌誠司、湯川浩司、井口佳典には、本当に大きな感動を分けてもらえて感謝している。
 しかし、今日はやはり、吉川元浩の勝利を心から祝福したい。
 ……午前中のうちはマイペースで過ごしていた吉川も、レースが近づいていくにつれて、重圧がどんどん大きくなっていき、必死にそれと闘っていることは、はっきりと伝わってきたものだった。

5img_2929  吉川もまた、展示ピットにボートを移したあとにも、ペラの微調整をするために、プロペラを手にして屋外作業場である「ペラの森」へと歩いていったが、そのときの表情はなんともいえないほど複雑なものだったし、こうした作業にしても、少し神経質になりすぎているのではないかとも想像されたものだったのだ。
 賞金王決定戦ファイナルで、「完璧なエンジン」を手にして1号艇で出走……。
 そのことによって、どれだけ重いプレッシャーがのしかかってくるのかということは、その立場を実際に経験した者にしかわからない。
 そんな重圧と闘い、強き心の持ち主である5人の男と闘い、それを制した吉川については、どれだけ賞賛しても足りないくらいだ。
 吉川元浩と鎌田義が流した涙……。それは、これまでには見たことがないほど美しい涙だったのだ。
(PHOTO/山田愼二&池上一摩=3枚目のみ  TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

賞金王決定戦 私的回顧

2007_1224_r12_1307_2 2007年 賞金王決定戦

1 吉川元浩
2 井口佳典
3 湯川浩司
4 魚谷智之
5 松井 繁
6 三嶌誠司

 1マークで銀河系が火花を散らしてブツかる。
 そして、大爆発を起こした。

 レースの詳細を説明しよう。
 進入は枠なりの3対3。内に入ろうとする選手が一人もおらず、かなりの楽インとなった。
 6選手のスタートタイミングは、コンマ09から19の間におさまる。
 インコースの吉川は16。2コースの井口は19。内2艇に対して、3コースの湯川はコンマ11のタイミングで通過した。スリット上で、2コースの井口よりも約半艇身ほど前に出ていた。
2007_1224_r12_1354  スリットを通過後、一瞬の間。そして湯川は艇を左に寄せる。同期の井口を容赦なく斬りにいった。

 井口には二つの選択肢があった。突っ張るのか、引くのか。
 二人が同期ということを考えれば、引くのが無難な選択ではないかと思われた。ムリに突っ張っても共倒れになるだけ。それよりも、湯川にイン攻めを任せて、差し一本に構えたほうが、他力とはいえチャンスは残る。
 だが井口は引かなかった。自分の前へ出ようとする湯川を内からグイグイと押し返し、そのまま1マークへ突入する。

 抵抗した井口がモーター停止。失格。
 抵抗された湯川は1マーク奥、灯台の方向へとぶっ飛んでいく。5着。

2007_1224_r12_1360  どれくらいの観衆が、1マークで井口と湯川がヤリ合うシーンを想定していただろう。
 正直なところ私は想像していなかった。井口が行くのなら湯川がマーク。湯川が攻めるのならば井口が引いて差し。暗黙の了解とまではいかなくてても、あうんの呼吸のようなものがはたらくのではないか。勝手に思い描いていた。

 そんなものはなかった。

 水面の上では先輩も後輩も同期もない。同じ銀河から生まれた二つの恒星は、互いにブツかり合って、弾け、消滅した。

2007_1224_r12_1363  二人にとって残念な賞金王決定戦だっただろう。ただ、

「まだまだ湯川は、井口は、そして銀河系軍団85期は強くなる」

 そう感じさせる激しいレースであった。馴れ合いから強さは生まれない。
 来年、一回り大きくなった湯川や井口が、住之江の舞台に立っているのが、容易に想像できる。そんなバトルであった。

 07年の賞金王決定戦を制したのは1号艇の吉川元浩である。2コースと3コースがヤリ合ったこともあって、楽々と逃げ切ることができた。
2007_1224_r12_1375  ただ、「恵まれた」という感じの逃げ切りではない。エンジンは完璧に仕上がっていたし、ターンや、ターン後の立ち上がりもシッカリしていた。もし外から攻めてくる艇があったとしても、逃げ切っていた公算は高いだろう。
 それに、流れを引き寄せたのも自分自身である。最大の勝因は、トライアル3戦目で6コースから驚異のマクリを決めたこと。決定戦の1号艇を手繰り寄せたから、あのレースができたのだ。
 吉川はこれがSG初制覇であるが、「棚ボタ」や「ラッキーパンチ」という印象もまったくない。無冠の実力者が、タイトルを手に入れたと考えるのが妥当だろう
 1億円を加算しても賞金ランキングは2位。しかしタイトルを手に入れて一皮むけた吉川は怖い。同県の魚谷智之が昨年の福岡をスプリングボードにして一気に頂点に駆け上がったように、吉川もこの地から飛び立ったのである。

2007_1224_r12_1438  2007年の賞金王決定戦には様々な伏線があった。松井繁の連覇なるか。魚谷智之が名実ともにトップに立つか。瓜生正義の地元優勝、服部幸男の復活、年間SG3勝や賞金王V4がかかっている選手も複数いた。
 世代間抗争というとらえ方もできた。来年デビュー20年をむかえる松井繁と服部幸男の64期がベテランの牙城を守るか。それとも最近少し低調な69期の二人、田中信一郎と三嶌誠司が復権を果たすか。飛ぶ鳥を落とす勢いの76期、魚谷智之と瓜生正義がさらなる飛躍をみせるのか。そして銀河系85期、湯川浩司と井口佳典が一気に世代交代を進めるのか。

 レースが終わった。そしてまた、新たな伏線が張られた。
 賞金ランキング1位2位を占め、名実ともに尼崎最強伝説を築き上げた兵庫支部がどのような活躍をみせるのか。それに立ち向かう名門・大阪支部。85期はさらに勢力を増すであろうし、今年13位に泣いた原田が奮起する76期は負けてはないだろう。
 賞金王決定戦は終焉であり、あらたなる胎動なのだ。

 身動きできないくらいの大観衆で埋まった福岡のスタンドも、今はひっそり静まり返っている。水面は宇宙と地続きのように漆黒で、ただ灯台の明かりだけが赤く写っている。

(Photo/中尾茂幸 Text/姫園淀仁)
 


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

クイズ第2弾正解&ラストクイズ

ども。いや~賞金王決定戦、感動の一戦でしたね~。詳しくはレース&ピット記事でご覧くださいませ。私、ピットにいてもらい泣きしそうでしたよ~。吉川選手、おめでとう!

Cimg3622 さて、クイズタイムでございます。まずは第2問の正解から。スタンドからピットへの通路の外壁に書かれたペラ坊、何のために書かれている?が問題でした。みなさん、なかなかいいところを突いてますね~。実はこれ、「周回展示の際の目印」なんです。つまり、1マークを回ったら、このペラ坊に向かって走ってくださ~い、ということなんですね。福岡競艇場は、展示タイムを電動で計測します。スタンドにレーザー光線を発する機械が2台、150m間隔で設置されていて、Cimg3635 これをカウリングの側面にある銀色のマルに当てるんですね。手動計測より性格に計れると言われていますが、そのためにも選手には同じようなポジションを走ってもらう必要があるわけですね。そのためにこのペラ坊が書かれているわけです。というわけで、: hiro_nさん、タッチスタートさん、みゅあさん、お見事~!

2007_1218_01802 それでは、ラストクイズです。これは、選手の出走待機控室に掲げてあった標語。黄枠で隠したところになんと書いてある?が問題です。隠れてしまってますが、無事故の前に「は」が入ります。つまり、「●●●は無事故でいいよ、お父さん」ですね。文字数のヒントは出しません。3文字、ではないですよ。正解者にはこれも100P! 締切は明日25日の午後5時といたしましょう。今回も、ご解答よろしくお願いしますね~。


| 固定リンク | コメント (21) | トラックバック (1)

笑顔の多い朝――賞金王決定戦ファイナル前半のピット

_u4w5994  昨日の記事では、今節の松井繁は、ファイナル進出を果たしたことで、ある程度、納得しているような印象も受けた……と書いているが、そう書いたことについては強く後悔している。
 なにせ、朝の公開優出インタビューから引き上げてきたあとの松井は、ほとんど時間を空けることもなくピットに姿を現わし、小走りで整備室へと直行していったのである。
 それほど大がかりな整備ではなかったと予想されるが、モーター本体を整備してから、松井はボートにモーターを着けている(傍にいた木村光宏が手伝っていた)。
 そして、屋外にある通称「ペラの森」でプロペラ調整を行なってから、ボートを待機ピットに移しているのだから、ひとつひとつの行動が本当に迅速だったのだ。移動の際に、赤岩善生を捉えているTVカメラの前を横切るかたちになっているのに気がつくと、あっ、という感じで、ひょいひょいと避けているところも見かけられた。今朝の松井は、昨日と変わらず、「タイム・イズ・マネー」そのものの行動をとっていたのだ。
 ボートに乗った松井が待機ピット近くまで来ると、待機ピットで作業をしていた鎌田義が、いかにも「どうぞ、こちらへお越しくださいませ」というように、大げさすぎる手招きをして松井を呼び寄せたので、ついつい笑ってしまった。それに応じた松井は待機ピットにボートを着けたあと、しばらくの間は、この“変わり者”と話をしていたが、そのときにはべつにカマギーギャグを聞かされていたわけではなく、整備に関する話をしていたようだった。
 鎌田が待機ピットを去ったあとには、松井は入念に回転数をチェックしていたが、その目はとても澄んだものだった。ファイナルに向けて、どれだけガツガツした欲を持っているかはわからないが、しっかりと狙いに行っているのは間違いない。
 気持ちの入り方のバランスを考えても、5号艇というポジションについた松井は本当に怖い存在である。

_mg_2990  優出インタビューを持っていたときから「顔つき」がまた変わってきたな、という印象を持ったのが、井口佳典と湯川浩司だった。
「優勝するイメージ」を持っていると言い切った井口は気合いをみなぎらせていたが、それが空回りするのではないかという危惧を持つことはまったくなかったのだ。
 湯川にしても、決意の強さははっきりと感じられたが、昨日までのような張り詰めすぎているものが抜けて、すっきりとした気合いになっている気がしたのである。
 松井に対するイメージなども含めて、すべてはこちらの勝手な印象に過ぎないわけだが、井口と湯川の二人は、現時点ではメンタル的な面でもいい状態になっていると判断してもいいだろう。
 この二人はやはり、インタビュー後、それぞれにペラの森に向かい、田村隆信を挟んでプロペラ調整をするかたちになっていたが、そのとき三人で話していたムードは非常に良かった。井口などは、つい吹き出してしまったという感じで口を押さえていたりもしていたほどだったのだ。三人の笑顔はまさに普段着どおりで、とても賞金王決定戦ファイナルの日の光景だとは思われないような時間を過ごしていたのである。

_u4w6087  今朝のピットで、この三人に続いて姿を見たのは三嶌誠司だった。それは1R後のことだったので、それまでどこで何をしていたのかはわからなかったが、まずはモーターを外した状態でひっくり返してあったボートを木村光宏に手伝ってもらって元に戻すと、1Rに出走していた烏野賢太(1Rで勝利)のモーター吊りを、走りながら手伝った。
 その後、インタビューなどを受けたあとに重成一人に手伝ってもらって自分のモーターをボートに取り付けていると、傍にいた田村隆信もそれを手伝った。
 そのときの三嶌は、「ありがとうございました!」と大きな声を発して、シラケンこと白石健にも負けないくらい折り目正しく、田村に頭を下げていたのだから、モーター同様、本人も“ご機嫌な状態”にあるようだった。
 この場面に限らず、「ラッキーボーイ」を自認する男の表情は、いつ見かけても、とても明るいものになっていたのだ。

_u4w6113  2Rが始まろうとしていた時点で、ピット内で見かけられないままでいたのは兵庫コンビの吉川元浩と魚谷智之だった。
 2Rには同県の山本隆幸が出走するのでレース後の手伝いに出てくるだろうと考えていたが、それについてはやはり予想どおりだった。ただ、二人並んで出てくるのではないかという予想は外れて、別々に出てきたので、同じ場所で過ごしていたわけではなかったのだろう。
 まず魚谷が早めにボートリフトのほうへと一人で出てきたが、その表情はすっきりした感じになっていた。その後、シラケンと話をしながら引き上げの作業を進めているときも笑顔は絶えなかったので、落ち着いた精神状態でいられているようだった。

_u4w6118  一方の吉川は、松井とともに控室のほうから出てきている。朝のインタビューでも「今のところ、緊張は大丈夫」と話していたように、その様子は普段と変わらないように見えたものだった。
 昨日の自分自身とも似たレースぶりで、6号艇で2Rを勝った山本に対しては(昨日の吉川は5号艇6コース)、“やったな”という感じで笑いながら声をかけていったが、その笑顔は、吉川らしいキュートなものだった。
 その後は、魚谷、吉川ともに控室のほうへと引き上げていったので、とりあえず慌てて行なう作業はない状態になっているのだろう。

 ファイナルに進出する6人それぞれの表情とその動きを見ていると、6人全員を応援したいと気持ちも強くなりすぎて、困ってしまうほどだ。
 刻々と「その時」は近づいている。
 これからピット内の空気は、緊張で張り詰めていくことだろう……。
(PHOTO/池上一摩 TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

優勝戦出場者インタビュー! ベスト6×2が勢揃い!

 優勝戦の朝といえば、優勝戦出場者インタビュー! 今日は優勝戦が2つもある豪華ラインナップですから、当然ステージには12人が登場! これがすでにプレミアムでありますが、やはり賞金王決定戦がそもそもプレミアムバトル、早朝からイベントホールは立錐の余地なし!の大盛況であります。
 司会の内田和男さんが登場しただけで、拍手喝采! 選手が登場すれば、大声援の嵐! いや~、すごい! これぞ賞金王決定戦! ビバ、福岡競艇場! というわけで、私も熱くなってしまいましたぞ。
 9時40分から賞金王シリーズ優勝戦、9時50分から賞金王決定戦、それぞれベスト6が登場して、インタビューが行なわれました。

_u4w5753 ★賞金王シリーズ
①太田和美
「決定戦に負けないようなメンバーなので、恥じないように頑張りたいです」
 ちょっとばかり緊張気味に見えましたが……まあ、レースに対する緊張ではないかもしれませんね。
②赤岩善生
「コースは臨機応変に。普通は決定戦に出るような選手がそろっているので、連覇を目指したいです」
 男・赤岩、力強い表情でした。
③今村豊
「アシはシリーズでは№1です。(コースは)走る僕がわからない。意表をついてインコースとかね(笑)。それはたぶんないと思います」
 登場すると、大声援! さすがのミスター競艇であります。もっとも饒舌な選手でもありましたね。
④秋山直之
「希望はスローですけど、出たなりで。精一杯、自分のレースをしたいと思います」
 SG初優出も、緊張感はまるで感じられませんでした。大物!
Cimg3628⑤山崎智也
「1つでも内。(外が動いたら……上瀧をちらりと一瞥しながら)一緒に行きたいです。決定戦の前にいいレースを魅せます」
 こういう場には慣れているからか、とにかく自然体でありました。
⑥上瀧和則
「100からいきます。3、4コースなら、内側は共倒れだと思います。九州で、こんなに応援をもらって感動してます!」
 今村以上の大大大声援! さすがに感極まった表情を見せていました。絶対に力になったはず!「3、4コースなら共倒れ」は、内枠勢への牽制、ですよね。

_mg_2981★賞金王決定戦
①吉川元浩
「インはもちろん譲らない。たぶん緊張すると思うけど、力を全部出して優勝を狙います」
 たぶん緊張すると思う……この認識があれば、妙に緊張しすぎてカタくなることはないはずです!
②井口佳典
「ぶちこむ必要がないほど、アシは完璧です。コースは臨機応変に冷静に。スタートは全速で10~15…………もしくは05で。昨日の晩いろいろ考えて、優勝するイメージしかありません」
 いやあ、カッコよかった! ぶちこむ必要がないのに、結局「もしくは05で」だもの。ぶち込むつもりなんです!
③湯川浩司
「スタートはコンマ05目標。一世一代の大勝負をします」
 まったく笑いがなかったあたりに、今日の精神状態があらわれていると思います。気合は入っている!
④魚谷智之
「いいレースができそうな手応えですね。コースは外からだと思います。優勝狙っていきます」
 非常にリラックスした表情。本当に超大物になりましたね! この感じが怖いぞ!
⑤松井繁
「ここまで聞いていて、みんな若いコメントをしてるけど、僕は泰然自若でゆっくりいきます」
 司会の内田和男さんの質問には「そうですね」「はい」など相槌の連発で、ほとんどしゃべっていなかったのです。王者、胸に秘めるものがありそうですね。
⑥三嶌誠司
「エンジンはすこぶる元気がいいです。ほんと、僕はラッキーボーイなんで、今日はもうひとつラッキーボーイになります」
 ほどよい緊張、ほどよい気合。いろんな意味で、最高のメンタルを作り上げてますぞ!

 10R賞金王シリーズ優勝戦は15時2分締切予定、12R賞金王決定戦は16時25分締切予定です! いざ、ファイナルバトル!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

最終日! さあ、聖戦だ!  

おはようございます! いよいよやって来てしまいました、賞金王決定戦! 今日、ついに賞金王が決まるのです! 07年のチャンプが決まるのです! 福岡は曇り空ではありますが、もう天気なんてどうでもいいっすね。ただただ、水面を熱く見守りたいものであります! もちろん、超豪華メンバーとなった賞金王シリーズにも注目しましょう!

それでは、昨日のベストパフォーマンスからいきましょう。

_u4w5553Hの決断「あの6コースツケマイを見たか! 賞金王決定戦の舞台で、あんな大技が飛び出すなんて……すごすぎるだろう、吉川元浩! もう、何も言うことはないな。アシの裏づけがあってのことなのはもちろんだけど、あのターンを打ったクソ度胸も称えたいぞ」

Kの追加「それだけではなく、吉川は1着の場合、タイム差で1位2位が分かれることをわかっていて、先頭に立った瞬間からそれを意識して走ったそうです。この舞台で、この冷静さもすごい!」

Hの即決「ということで、誰も異論はないだろう、吉川元浩! 見ていた人すべてに戦慄を覚えさせた吉川に拍手だ!」

5日目のベストパフォーマンス

吉川元浩「戦慄の大外ツケマイ」

(PHOTO/池上一摩) 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

賞金王ファイナルのパワー評価

 いよいよ今年最後にして最大の桧舞台がやってきました。初日から節イチが吉川で次点候補が湯川・井口と評価してきましたが(←ちょっぴり自慢)まさかこの3選手だけで全6勝を分け合ってしまうとは……。今日の試運転&実戦を加味して、枠番順に診断していきます。

_u4w5627_2 ①吉川元浩(兵庫)SS↑
★S’から最高マークのSSに格上げする。あの12Rを見てしまっては……中凹みの隊形だったのでまくり差しでも十分に勝ちきる展開だったが、一瞬の間にトップSの湯川まで呑み込んでしまった。出足、行き足、レース足ともに超抜。井口や湯川に分が悪いと思われていた伸びも完全に並んだ。完璧。うん、これ以上書くことがない。あとは気持ちの問題。

_u4w5449_2 ②井口佳典(三重)S→
★初戦に続いて2度目のまくり差し勝ち。しかももっとも難しいとされる3コースから楽々と決めたところに空恐ろしさを感じる。とにかく自慢はスリットから1マークまでの伸び。吉川のようにスリットからピュッと伸びる鋭さはないが、逆にしっかり伸び続ける点では吉川より上かも。実のところ、それって2コースでは難しい足ではあるのだが……。1マークまでに覗き、マイシロをたっぷり取って差す。その一手か。それで吉川に届くかどうかは疑問だが、少しでも吉川にミスがあればあっさり突き抜ける足でもある。

_u4w5732③湯川浩司(大阪)S→
★4戦連続1号艇のはずが1・1・3という着順で3号艇とは……パワー以前に、重圧から解放されてある程度は楽な気分で走れるのは好材料かも。パワーの総合力では吉川のちょい下、井口のちょい上という思いは変わっていない。今日はコンマ04というトップSから吉川の強ツケマイを食ったが、いちばん当たりがきつかった(実際、わずかに接触したはずだ)にも関わらず3着に残した足は驚愕に価する。超ハイレベルでバランスが取れている証だ。が、センター戦でこのバランスが生かせるか。勝つためには、何か一工夫が必要かもしれない。

_u4w5525 ④魚谷智之(兵庫)A’→
★上記3人には少しずつ分が悪く、だから道中で粘っこいジリ足に見えてしまう。好バランスが自慢で、裏を返せば突き抜けるだけの伸びとレース足がない。ただ、3日間を通していちばん苦労しながら着順を守り抜いてきたのがこの選手。あの手この手の戦法で上位に喰らい付く姿を見ていて、「現役の競艇選手の中でいちばんテクがあるのは魚谷ではないか」と思えた。パワーで不足している分を補えるだけのものを、この男は持っている。明日は、アウトからの戦いぶりを見てみたいな。

_u4w5631 ⑤松井 繁(大阪)A’→
★魚谷と同じく少しずつ苦しく、おそらく魚谷よりちょい弱い。本人も昨日までは「みんな同じ」と強気だったが、今日のレース後に「上には上がいる。決定戦の中ではちょっと弱い。自分がいちばん弱いんじゃないか」と泣きが入った。特に優勝戦メンバーでは見劣る足色ではある。ただ、前日に劣勢をはっきり意識できたことは大きい。かつて同期の服部もワースト級の足から、当日朝にペラが当たって優勝を飾ったことがある。元より、松井には短期間に低調→超抜に一変させた実例がいくつもある。機力がなければS一撃を常に狙うし。明日の王者は今日の王者とは違う。それだけは断言できる。

_u4w5614 ⑥三嶌誠司(香川)S→
★上位3人の次、という評価はトライアル初日から変わっていない。今日はSで遅れて後手を踏んだのが敗因。道中で松井に競り勝ち、突き放したレース足は相当のものだ。あまり枠順にも恵まれず、まだ底を見せていないという意味ではもっとも不気味な存在。スリットから一瞬に伸びる行き足は吉川以上ではないか、という気もしている。明日も6号艇でコースは微妙だが、開き直れば今日の吉川のようなレースができるパワーかもしれない。とにかく賞金ランクも滑り込み12位、ファイナルも滑り込み6号艇……このツキは見逃せない。

 あれこれ偉そうに能書きを垂れてきましたが、「このパワーでは勝てない」という選手はひとりたりともいません。誰かがどこかで少しでもミスをすれば、その間隙を突いて勝ちきるだけのパワーは持っています。テクについても言わずもがな、最後の最後は機力気力を超越した部分で勝者が決まる。それが賞金王ファイナルだと思ってます。(Photo/池上一摩、Text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

「心」の闘い――決定戦トライアル最終戦後半のピット

1img_1588  「心」の面において、その状態がどうであるかが、今日もっとも気になったのはやはり、湯川浩司と井口佳典だった。
 7R後のピットにおいて、「ペラの森」で井口がペラを叩いているところに湯川がやってきて、隣で作業を始める場面が見かけられたが、互いに声を掛け合うこともしなかった二人の表情は、いつも通りというふうには、とても見えなかった。
 井口の場合、一人でペラを叩いている段階から、ギリギリの表情をしているな、という印象を受けたものだし、湯川の顔つきはそれよりもさらに厳しく、気持ちが張り詰めすぎているようにも見えたのだ。
 屋外にある「ペラの森」で二人が並んで作業をしていたために、多くの報道陣が取り囲んでいたこととも関係あるかもしれない。湯川はペラのほうを見ながら、ぶつぶつ何かを言っているように口を動かしていることがあったほどで、その直後に顔を上げたときには、ニヤリと口を動かしてもみせていた。「笑み」とは表現しにくいその顔を見たときには、湯川のことが心配になったほどだった。
 湯川と井口の二人に共通していえることだが、これが集中力を極限まで高めている状態だったには違いないだろう。しかし、それだけ気を張り詰めつづけていたなら、どこかで緊張の糸が切れたり、その集中力がマイナスに作用してしまいかねないはずである。

2img_1922  そうした意味でいえば、見事なまくり差しによって11Rを勝利した井口は本当に凄い男だと思う。
 レース後の共同会見では、「ガチガチにはならずに自分のスタイルを貫き通そうと考えていたし、それができている」とも話していたが、もともと日常的にテンションを高いところに持ってきている井口は、「自分のスタイル」と「行きすぎのテンション」のギリギリのところで、こんな走りを続けられているのだろうと個人的には受け止めている。
 だからこそ、井口は凄いのだ。
 レース後にしても、喜びを爆発させるような感じは少しもなかった。原田幸哉に「おめでとう」と言われたあとに、ギャクか何かを言われたのか、顔をくしゃくしゃにして笑っていた場面は確認しているが、その後も井口は、基本的には落ち着いた表情をしていたものだった。
 その後の共同会見において、前検時の会見と同じように「言わせたいわけじゃないんですけど……」という“誘導尋問”を受けたときにも(←要するに「スタート、ぶち込みます!」というセリフを口にさせたかったということ)、笑いながら「的確なスタートで全速で行きたいと思います」と答えていた。この発言は、いつもの決め台詞をリップサービスするよりも、よほど気が利いたものだったといえるはずだ。

3img_1919  このレースで2着に来たのは服部幸男だったが(午後の服部もやはり、ペラ中心の作業を続けていた)、ここでは3着に入った魚谷智之が、ファイナル進出を決めている。
 魚谷自身、この結果には納得できていたのか、笑っている顔も確認できている。
その後に行なわれた共同会見で、インタビュアーが「残念なお知らせがありますという状態から始まって、ファイナル進出を決めました」と切り出すと(←前検時の会見では、魚谷が自分から「残念なお知らせがあります」と言って、「(足は)まったく出ていません!」と言葉を続けていたのだ)、魚谷は表情を崩して「自分をホメてやりたいですね」と答えていたのだ。
 言われてみれば、確かにそうである。
「この1年間でコツコツ積み上げてきたことが自信になりました」とも言っていた魚谷は、「外のレースは、何かをやれるんじゃないかと楽しみにしています」とも発言している。
 12レースの結果を受けて、魚谷はファイナル4号艇に決まったが、決して軽視はできない存在であるはずだ。

 11Rが終わったあとに、田中信一郎はボートリフトで引き上げてくる段階から笑っていたが、これはある意味、笑うしかないという気持ちの表現だったのではないかとも考えられる。
 カポックを脱いだあとにも笑っていたが、その表情はとても微妙で、サバサバしているようにも、涙をこらえているようにも見えたのだ。
 そして……。井口と魚谷の会見後にピットに戻ると、田中がペラの森での作業を再開していたことにも驚かされたものだった。
 この時点で田中は、わずかな可能性を残していたとはいっても、ファイナル進出はほぼ絶望的な立場にあったのだ。実際に、結局、ファイナル進出は逃しているが、この作業は、わずかな可能性を考えてのものであると同時に、ファイナル進出を逃したとしても、明日のレースのためにもできるだけの足はつくっておきたいという考えもあったからなのだろう。「今シリーズではやはり、減音ペラの課題が出ました」というコメントも出していたことから考えれば、来年からの闘いを見据えた作業だったともいえるはずだ。
 そんな田中はやはり、男惚れさせられるような格好いい男なのである。

4yoshikawa  12Rは「6コースまくり」のものすごいレースをやってのけた吉川元浩が勝利して、ファイナル1号艇をもぎ取った!
 レース後、すぐに鎌田義にからかわれていたようだったので、吉川も素直に笑っていた。その後、しばらく経ったあとには、ニッコニッコ顔の魚谷の祝福も受けていたので、吉川の表情も、おのずと喜びに満ちたものになっていた。
 吉川の場合、今日一日、それほど目立つようなことはなく、マイペースの作業をできていたのだから、これは「吉川流・普段着スタイル」だったといえるはずだ。そしてそれは、決定戦を闘う選手としては理想の状態になっているものとも見ていいはずだ。
 TVインタビューでも共同会見でも、明日は「緊張するかもしれない」と素直に認めていながら、会見においては「無理やり落ち着かせようと思っても無理でしょうから、逆にそれを楽しみたい」とストレートに話していたのも吉川らしい。
「どれだけ深くなってもインから行きたい」とも話していたが、僚友の魚谷ではなく自分が主役になるチャンスを掴んだのだ。
 職人・吉川のことは、心から応援したい。

5img_1694  12Rのレースで3着となった湯川は、明日は1号艇ではなく3号艇に乗ることになっている。このレースの性質を考えた場合、ここで逃げ切れなかったのはプレッシャーの影響によるものだったとは言い切りにくいが、精神的な面ではギリギリの状態で闘っていたのは確かだと思う。
 レース後の共同会見においては、プレシャーは「いつもといっしょくらい」で、メンタル面も「ええ感じ」だったと話していたが、それが事実だとは考えにくい。多少の強がりは入っているのかもしれないし、それならそれでまだいいだろう。そうではなく、本当に自分で“いつものええ感じ”でいるものと自覚していたとしたなら、それこそが、心のバランスにズレが起きているためではないかとも勘繰られてしまうのだ(たしかに、いつもの湯川らしい笑顔を爆発させている時間もあったが、それにしてもそのときのシチュエーションによる部分が大きな笑顔だったのだ)。
 ここまで1号艇1着2本で飛ばしてきた湯川が、オール1号艇・オール勝利からの「完全優勝」がなくなったことが、額面どおりのマイナスとなるのか、逆にプラスと出るのか、……。
 そのことを質問をされたときに湯川本人は「(そうなった結果が)いいとは思っていません」と答えていたが、明日の湯川の様子からは、依然として目を離せない。

6img_1774  このレースでは4着の三嶌誠司と5着の松井繁がファイナル進出を決めている。
 三嶌の場合は、昨日と同じように一日を過ごしていたのはプラス要素になっていたはずだ。共同会見においては、自分に「ツキ」が残っていることを何度も強調したうえで、「ここまで来たなら、最後のツキは、一着で飾りたいですね」とも言っていた。
 明日は6号艇での出走となるが、こうして自分を信じていられる精神状態も含めて、怖い存在であるのは間違いない。
 エンジンの良さについても、きっぱりと「すごくいいですね」と断言したうえで、自分で「まだわからんと思いますよ」とまで言っていたのだ。

7img_1880  昨日の服部や今日の田中と同じように、見ているこちらの心がふるえるくらいの闘いぶりを見せてくれたのが松井だった。
 今日の松井は、ペラの森でプロペラ調整をしている時間がかなり長かったが、10Rが始まる直前に待機ピットでボートにペラを着けたときには、「さあ、もうええや」と、小声で呟いていたのが、かすかに聞こえた。
 それでいながら、その言葉を漏らした直後に、10Rのスタートまでにはまだ「わずかな時間」が残されているのを確認すると(締切間際の音楽が流れているのを聴きながら、本番ピットのほうに目をやっていた)、エンジンを少しだけ噴かせて、その状態を確認していたのだ。
 そして、10Rが終わったあとにも、すぐにボートを展示ピットには着けることはなく、待機ピット周辺をしばらく走ってから、展示ピットにボートを着けていた。そのとき吉川も同じような動きをしていたが、松井の場合は、ちょっとした確認とはいえないほど入念に、状態をチェックしながらボートを走らせていたのだ。さらに、展示ピットにボートを着けたあとにも、走ってペラの森へと戻ってプロペラ調整を再開して、しばらくのあいだ、作業を続けていたのだ。
 その様子を見ていても、それが「もうええや」と言ったあとの悪あがきというふうには少しも見えなかったところに松井の凄さがあるわけだ。
 いったんは納得していたとしても、時間に許される限りは、その後に見つかった修正点のようなものを少しでも良くしておきたいと考えたための行動だったのだろう。なにしろ、「タイム・イズ・マネー」は松井の信条なのである。
 ……ただ、そんな松井に関して気になったのは、その後の共同会見において、いつもと比べれば、かなり饒舌になっていたことだった。
 足については「たぶん、ボクがいちばん弱い」と言っていたし(ふだんの松井は、他の選手との足比較はあまりしたがらない面がある)、2日目・3日目と6号艇が続きながらファイナルに進出していることで、ある程度、納得しているようにも見えたのだ。
 もちろん、それはこちらの勝手な印象に過ぎないことだが、艇界の王者・松井には、明日も一日、今日のような姿を見せてほしいと願っている。

 機力や展開など……、いろんな要素が絡み合って結果が出されるのが競艇であるが、ピットで取材をしていると「心の在りかと、その動き」が占める比重も、とてもなく大きいものではないかと思われてくるものだ。いつものSGでももちろんそうだが、賞金王決定戦のピットでは、とくに強くそう感じられるものなのである。
(PHOTO/山田愼二 TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

賞金王クイズ~②!

ども。明日はいよいよ賞金王決定戦、ファイナルでありますね! 輝かしい日を迎える前に、クイズ第2弾です。まずは第1問の正解から。というか、みなさん、この問題、簡単でしたか? いきなり正解にいっちゃいますね。2007_1218_0181

スタート事故!! どげんかせんといかん!

いやあ、正解者多数で驚いちゃいました。もしかして、どっかに正解出てましたか? とにかく、正解の皆様おめでとうございます。70Pっす。すばらしいっす。

Cimg3623 では第2問です。これは、福岡競艇場の2マーク奥です。白とブルーのツートンカラーで、窓が見えますが、これはスタンド側からピットへと向かう通路の外観であります。我々もピット取材に行くとき、ここを通るんですね。そのカラーリングから、地元記者さんたちは「新幹線」と読んでいるとか。なるほど、ですね。で、写真の真ん中の窓の左側に、福岡競艇場のキャラクター「ペラ坊」がいるのがわかりますか? アップにしましょうか。

Cimg3622 ね? いるでしょ? さて、この通路の外壁に書かれているペラ坊はこの1つだけ。どうせなら、ペラ坊で埋めればいいのに……と思うところですが、実はこのペラ坊、ある意味があって、ここに書かれているんです。これが問題。このペラ坊、何のために書かれているのでしょうか?

正解者にはどどーんと100P! 締め切りは明日24日の午後3時で! 優勝戦前にどどーんと解答をしてくださいね! それでは第2問もよろしく~。


| 固定リンク | コメント (13) | トラックバック (0)

速報⑥賞金王ファイナルのメンバー決定!!

 激戦に次ぐ激戦の末、ついに賞金王ファイナルの6戦士が決まりました!12Rで目の覚めるような強まくりを決めた吉川が1号艇をゲット。SG初Vが賞金王決定戦という快挙になるのか? しかし2・3号艇を占めた銀河系軍団、今年もっとも勢いのあった魚谷、連覇を狙う王者・松井、12位滑り込みから11人ゴボー抜きでの優勝を狙う三嶌……どんなことになるのやら、もう今から楽しみで楽しみで仕方ありませんっ!!

賞金王決定戦ファイナル

①吉川元浩(兵庫)
②井口佳典(三重)
③湯川浩司(大阪)
④魚谷智之(兵庫)
⑤松井 繁(大阪)
⑥三嶌誠司(香川)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

速報⑤11R終了、4人が当確に!

11Rの結果と節間ポイントです。

1着・井口 29点☆
2着・服部 15点
3着・魚谷 22点☆
4着・高橋 17点
5着・瓜生 9点
6着・田中 17点

 続いて12Rの得点範囲は
①湯川 24~30点☆
②三嶌 17~23点
③濱野谷14~20点
④寺田 12~18点
⑤吉川 23~29点☆
⑥松井 18~24点

 12Rのメンバーが無事故完走なら、現状は湯川・井口・吉川・魚谷の4人が当確。残り2議席は12R次第。熾烈な争いになりそうです。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる行動と気になる2ショット――決定戦3日目前半のピット

_u4w4287  今日の動きが気になる選手としては、まず田中信一郎の名前が挙げられる。早朝のスタート特訓には参加しなかった田中だが、スタート特訓が始まる前には、森秋光、山崎哲司と足合わせを行なっていた。
 その様子からいえば、足の感触が良さそうには見えなかったし、その後に田中は、整備室でのモーター整備を始めている。昨日のレースで2着に入ったあとの共同会見でも「行き足から伸びをなんとかしないとしんどい」「もう一回、明日から調整してみます」と話していたので、これは予定通りの行動だともいえるだろう。
 また、やはりスタート特訓前に単走で試運転を行なっていた松井繁は、スタート特訓にも参加したあと(今日は6号艇だが、2コース/スロー水域からもスタートしていた)、やはり本体整備に取り掛かっていた。

_u4w4600  その後、松井の姿はあまり見かけられなくなったが、田中は1R後に早くももう一度、試運転を行なっていた。このときは、待機ピットに戻ってくるかなり前からヘルメットを脱いでいたこともあり、その表情は晴れやかなようにも見えたものだが……、実際に田中が掴んだ感触がどうだったのかは微妙だ。
 まずはプロペラを外したので、モーターにはある程度、納得がいき、これからは昨日までのように「ペラの森の住人」に戻るのかとも思われたのだが……。
 待機ピットで回転数を確かめていたあと、思い直したように走って係りの人を呼びに行き、2R前にボートをピットに引き上げたのである。そのときもやはり、笑顔を浮かべていたのは確かだったが、その笑みは多くの報道陣に取り囲まれていたこととも関係あるのかもしれない。
 装着場ですぐにギアケースを外した田中に、TVスタッフがインタビューを申し込むと、「ちょっと今日は難しいかな」と答えていたのだから驚かれされたものだった。ファイナル進出を確実にするためには2着をとっておきたい田中は、残された時間をいっぱいいっぱい使って作業していくのだろう。だからこそ、こんな発言を耳にすると、逆に嬉しくなってくるものなのだ。

_u4w4515  1R前のペラの森で目に付いたのは、やはりこの場所の住人的存在になっているといえる服部幸男と高橋勲の2人だった。
 ただ、高橋が長くペラ調整を続けていたのに対して、服部は1R後のボートの引き上げを手伝ったあと、ボートにモーターを取り付けていたので、別の作業に入っていくものと考えられる。1R後の引き上げの際、服部が、「ペラの大奥の住人」である濱野谷憲吾と、かなり長いあいだ話をしていたのも印象的だった。この2人は、どこの競艇場でもペラ小屋に籠もっている時間が長いこととも関係あるのかもしれないが、時々、話をしているところを見かけているので、“ペラを通した心のつながり”ができているのではないかと勝手に思っているのだ。
 濱野谷は1R前からペラの大奥でペラ調整を行なっており、この手伝いのあとにも大奥へと戻っていった。
 なお、「ペラの森」では、井口佳典も作業をしていた。こちらも昨日の段階で「明日(=今日)はペラの再調整」を行なうと宣言していたので予定通りの行動といえるだろう。そのためか、作業をしている様子も落ち着いているように見えたものだった。

_mg_2938  三嶌誠司もまた早朝のスタート特訓には参加していなかったが、1R前に試運転に出て、同県(香川)の木村光宏、重成一人と足合わせをしていた。その後の三嶌は、ボートを装着場に引き上げて、木村や重成と互いの感触を確かめ合うように話をしていた。こうした光景はこれまでにも何度も見られていたもので、今節で「香川軍団の結束の強さ」を認識したというのはこれまでの記事でも書いている。
 ここに重成の同期である白石健が加わったりもしていたが、遠目で見ていた印象としては、香川軍団もシラケンも、それぞれにいい感触が掴めているように思われたものである。
 この集まりの途中で、TVインタビューを受けるために走っていったりしていたのも三嶌らしいところだった(田中もまた、本来はそういうタイプの人間なので、インタビュー依頼を断ったのに驚いたわけだ)。その後の三嶌は、慌てたような様子もなく、濱野谷がいるペラの大奥の手前……、昨日までと同じ「自分のペラ調整ポジション」に戻っている。

_u4w4572  装着場では早い時間帯から魚谷智之、吉川元浩、瓜生正義らが作業をしているのも見かけられた。吉川と瓜生は、比較的短い時間で切り上げていたが、魚谷は、外していたギアケースを取り付けたあとも、かなり長くモーターの各部を確認していた。
 その目は、昨日と変わらず鋭く、ふつふつと静かな闘志を燃やしているようにも思われたものだ。傍にいた記者に話しかけられたときには、笑っている顔も見られたが、話しかけられた直後には、記者の言葉が聞こえていなかったように、口を動かすこともなく作業を続けていたのだから集中できている。
 ただ、そんな時間がしばらく続いたあとに瓜生が話しかけていくと、互いに「普段の2人らしい笑顔」を爆発させていたので、「張り詰めた気持ち」をすっと抜ける時間帯をつくれているのも間違いなく、好感を持てたものだ。

 ……そして、今もっとも気になる男、湯川浩司は、早い時間帯のピットではその姿が見られなかった。早朝のスタート特訓には参加していたが、その後はどこで何をしながら時間を過ごしているかが確認できなかったのである。
(PHOTO/池上一摩 TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

賞金王グルメ!

こんにちは。体重100kg超、しかしゆるやかに2ケタに向かっているKです。最近、すっかり食が細くなりましてね。いまや全盛期のン分の一くらいしか食えないわけなんです。おかげで、ズボンがゆるくなって、ピット取材していてずり落ちそうになって困る、なんて具合なんですよ、これが。ところが、福岡のピットはご存知のとおり、対岸にあるんですね。記者席は1マークの上。ということは、ピットまで行くのに競艇場をまるまる半周しなければならないわけです。賞金王取材ってことで、ドタバタ動き回っているし、それに何より、博多はうまかもんが多いじゃないですか。ということで、はい、食いましたよ、今節は、というか今節も。なんか前置きが長いッすね。

Cimg3621 ところで、今回の福岡では賞金王スペシャルグルメがお楽しみいただけるのであります。まず、「博多飲食屋台大集合!」と銘打って、芝生広場と中央スタンド水面側に、うまかもんが出店されているのであります。まず、博多といえば、やっぱりラーメンっすよね。長浜ラーメン「長浜とん吉屋台」が芝生広場に出ていますよ~。とんこつ、細麺が特徴の長浜ラーメンは、街中でもたくさん食べられるわけですが、競艇場で食えるってのがまた嬉しいじゃないですか。残念ながら、替え玉はできないようですが、博多の味を堪能できるのですから、こりゃ美味し!なのであります。鴨の炭火焼&鴨鍋「男池鴨三郎博多」の屋台も出ていますが、こちらは未食。このあと食いに行ってこようと思います。

Cimg3616Cimg3615 中央スタンド水面側には博多めんたいバーガー「クラシックバーガー」とたこやき「クリームミックス」が。まずは博多めんたいバーガー、こりゃ珍しいですな。鴨肉のパテにめんたいソースを入れて、レタスも合わせた不思議なバーガーなのですが、これが美味! めんたいソースがこんなにも鴨肉に合いますか! 鴨肉の味付けが薄味なのが、ポイントでしょうかね。これはぜひお試しいただきたい味であります。さらに、たこやきも、これまた美味!でした。中身がとろとろのほっかほかで、ボリュームもあるから、充分ランチになりそうですぞ。私は、めんたいバーガー&たこやきの組み合わせで、腹一杯でした、はい。

Cimg3605 さて、今節はオリジナル弁当も発売されています。「植木通彦弁当」「賞金王弁当」「ペラ坊クリスマス弁当」の3種類で、数量限定のプレミアム弁当! 毎日、昼頃には売り切れになっているようですよ。私は、「植木通彦弁当」「賞金王弁当」の2種類をいただきました。艇王の弁当は、具だくさんのボリューム満点で、まさにSG10V級の美味さ! 賞金王弁当も、ゴールデンな味のスペシャルな弁当でありました。これもぜひ試していただきたいのですが、こちらの弁当、なんと福岡支部の若手選手が販売のお手伝いをしています! つまり選手に会えるチャンスでもある! 今日は川上剛選手と郷原章平選手が来てましたよ!

というわけで、賞金王グルメを味わうチャンスは明日まであります! スーパーバトル観戦とスペシャルフード賞味に、ぜひ福岡へ!(K)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

理事長vs博多天皇! 賞金王歴代覇者トーク③

21日から3日連続で開催されてきた「歴代賞金王覇者対談トーク」のラストラウンドが、本日も9時50分から行なわれましたよ~。今日は、第4回覇者の福永達夫選手会理事長vs第6回覇者の松田雅文さんです! これは渋い組み合わせですぞ~。福永さんはお隣・山口の名匠、そして松田さんといえばご存知“博多天皇”! この福岡で実現するにはふさわしいトークでありました。

Cimg3624 今日も内田和男さんの司会で行なわれたイベント、お互いの賞金王制覇となったレースを振り返っての話題が中心となりました。福永さんのコース獲りの駆け引き、松田さんのモーターはいまいちながらも勝利に結びついた戦略、など、競艇の達人ならではの興味深い話が満載でありました。やっぱり、緊張感あふれる進入は競艇の醍醐味のひとつですよね。ちなみに、賞金王制覇の夜は、お二人ともドンチャン騒ぎだったそうです。そりゃ、そうでしょう。我々も賞金王の舟券を取って、ドンチャン騒ぎしたいなあ……。

というわけで、5R終了後にも行なわれますよ。賞金王覇者の組み合わせは、本当に豪華で目も眩むほどでした!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

5日目! トライアル最終戦&シリーズ準優!

おはようございます。賞金王決定戦、5日目。今日は最大の“勝負駆け”デーであります! 賞金王決定戦は、1億円バトルに出場するベスト6が決まるトライアル最終戦。賞金王シリーズは、優勝戦進出を懸けて戦う準優勝戦。8R以降がすべて準優勝戦みたいなものですから、いや~、熱い一日であります! 私、昔からこの日が大好きなんですよね~、賞金王5日目が! 福岡は雨も上がり、青空が見え始めました。賞金王日和になってほしい!

本日も昨日のベストパフォーマンスからです。

2007_1222_0437 Hの決断「三嶌vs魚谷で決まりだろう! あんなに激しい3着争いは見たことがないぞ。なんたって、魚谷のネームプレートが外れそうになるくらいの競り合いだもんな! 3着と4着って、たった1ポイントしか違わないのに、その1ポイントを得るためにあれだけのデッドヒートを繰り広げた二人に大拍手だ! これぞ賞金王決定戦だろう!」

Kの賛同「まったくです! 賞金ランク1位で出場した魚谷、12位で出場した三嶌。賞金王の舞台に登場すれば、SG2Vも滑り込み出場も関係ない! そして、競り勝ったのが三嶌誠司なんですから、これもまたドラマ、ですよね」

2007_1222_0569 Hの唸り「それにしても、三嶌は幸哉とのデッドヒートを制して12位となり、昨日は魚谷とのデッドヒートを制して3着をもぎ取った。厳しい戦いを2度も制した三嶌は、本当に勝負強いよなあ~。怖いぞ~、こういう勢いが」

Kの唸り「魚谷もすごいよなあ~。前検日にはあれだけ泣きを入れていたのに、トライアル2戦目にしてしっかり仕上げてきた。これぞ07年最強男ですよ。二人の再戦を、ファイナルバトルで見たいなあ~」

Hの決定「ということで、文句なしだな。結局、4日目も決定戦からの選出だ。5日目はシリーズでも熱い戦いが見たいぞ」

4日目のMVP&ベストパフォーマンス

魚谷智之&三嶌誠司「炎のデッドヒート in 福岡」

PHOTO/中尾茂幸


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

競艇の鬼たち――決定戦2日目後半のピット

「うわあぁぁ!」。
 11レースの進入がもつれたとき、選手控室で山本隆幸が悲鳴を上げていた。スタート展示のときからそうだったが、厳しすぎる進入争いになり、結局、6号艇から前付けにいった三嶌誠司は、6コースからのスタートになっている。そして、レースでも三嶌は魚谷智之との厳しすぎる3番手争いを続けて、3着をもぎ取ったのだから、見ていてしびれさせられたものである。

_u4w3789  このレースを制したのは吉川元浩だったのだから、今の吉川は本当に「いい流れ」に乗っている。レース後、手伝いに出てきた鎌田義は「手本、見せてもろうた。言うたとおりできとるわ」と手放しで賞賛していたように、トライアルの1号艇という緊張の舞台で、吉川は文句のつけようのないレースをしてみせたのだから、凄いことだ。
 TVインタビューの際、吉川は「いい集中力でいけてると思います」と話していたが、ピットにおける様子を見ていても、それが事実であるのはよくわかる。
 午後のスタート特訓のあと、待機ピットで魚谷と並んで作業をするようなかたちになっても、互いに声を掛け合うこともなく、それぞれに自分の仕事を続けていたのだ。魚谷ももちろん、いい集中力を保てている選手の一人だが、表情や動きのバランスを考えると、吉川は本当にいい状態にあるように思う。
 付け加えておけば、レースを制したあとも吉川は「ペラの森」の端っこでプロペラの微調整も行なっていたのである

_u4w3782  このレースで2着に入った田中信一郎もまた、「雰囲気の良さ」では抜けている感触が伝わってくる選手である。
 ピットでどんなふうに過ごしているかがいちばんわかりやすい、屋外のペラの森で作業をしている時間が長いため、そんな印象を受けやすいこともあるのだろうが、これまで以上に、「いかにも信一郎らしい笑顔」を爆発させている場面を見かけることが増えている(今節は上瀧和則と話しているところをよく見かける)。それでいながら、作業をしている時間はよく集中できているのだから、昨日から書いているようにメリハリがきいているのだ。
 レース後には、2着という結果にある程度は納得しているような表情で金子良昭と話していたが、その後に行なわれた共同会見では「首の皮一枚、つながりましたね」と、自分の置かれている立場も、冷静に把握していた。足に関しては、「いいのは乗り心地だけ」と発言しているが、明日からさらに調整していくとも言っている。
 明日は、今日と同じく2号艇になるが、「今年1年の集大成を見せるためにもなんとかしたいんで、がんばりたいと思います」「歯を食いしばってがんばります」と会見を締めくくっているので、その言葉を信じたい。

 この記事の冒頭でも名前を出している三嶌は、展示ピットにボートを着ける間際まで作業をしていた。
 午後の三嶌も、午前中と変わらず、整備室にある「ペラの大奥」の手前でペラ叩きをしている時間が長かった。足については「出てる自信がある」と言っているので、そうして、さらなる上積みか、微妙なマイナス面の修正を狙っているのだろう。
「ここ(福岡)は侵入が難しい」ともコメントしているが、明日は2号艇であるうえに、「スタートを決めたい」とも言っている。
 ファイナル進出のため、明日も“闘魂を注入”したままの三嶌が見られるのは間違いない。

_u4w3408_2  また、レース後では、三嶌と死闘を演じていた魚谷智之がかなり悔しそうな表情をしていたように見えたのが印象的だった。
 前検からその足を立て直してみせた魚谷もまた、三嶌と変わらぬほどの闘魂が注入されているのに違いない。装着場で自分のプロペラを見ているときの目つきなども、怖いほどのものになっていたのだ。
 賞金王決定戦という特別な舞台であることを考えれば、それも当然のことだといえるのかもしれないが、選手たちの集中力はそれほど研ぎ澄まされた状態にあるわけなのだ。
 足については「競った感じでも悪くない」と話しているし、明日も熱いレースを見せてくれるはずである。

_u4w3755  12Rを勝ったのは湯川浩司で、2着には井口佳典が入ったのだから、85期銀河系軍団の勢いはとどまるところを知らない!

 今日の湯川は、あいかわらずマイペースで時間を過ごしているように見えたものだ。プロペラ調整などの作業はしていたが、その時間はそれほど長いものではなかったし、田中に声をかけられたときには、スキップするようにして、田中の傍に寄っていく場面なども見かけられている。
 勝ったレース後にしても、昨日にくらべれば落ち着いているようで、笑顔を爆発しているところなどは確認できなかった。
 また、その後の枠番抽選で“まさかの3走連続となる1号艇”を引き当てたときにも、「あっ」と、ひと言だけ発して、無表情のまま、そのくじを係りの人間に差し出したというのである。共同会見においても、その落ち着きぶりは逆に、ちょっとおかしいのではないのかとも思われる部分があったほどだった。
 今の湯川にとって怖いのは、3日連続となる「賞金王トライアル1号艇」という立場を背負ったことで、どこかで緊張の糸がプツンと切れてしまわないか、ということだけだろう。それさえなかったならば、このまま頂点まで突っ走っていく可能性は高いはずである。

_u4w3869  井口にしても、レース前の様子やレース後の言葉などから判断する限り、「落ち着きを伴った集中」がよく保てているようだった。
 ひとつだけ気になったのは、9R後のスタート特訓のあと、急にちょっと焦っているような表情となり、小走りで無人となっていた時間帯のペラの森に行き、ペラ調整をしていた場面を見たことだった。
 レース後の共同会見では「今日はプロペラのミスで、ちょっと回ってなかったです」と話していたので、それに気づいたのがこのときだったのだと考えられる。
 このときのペラ調整によって井口は、それが修正できたと判断していたのか、あるいは、修正しきれてはいなくてもその段階ではそれで納得しようと考えたのか……。どちらなのかはわからないが、その後はレースまで落ち着いて過ごしていたのだから、それもまた凄いことである。

_u4w3799  12Rの出走した選手は、6着の高橋勲も含めて、どの選手も「いい気配」を漂わせてレースに臨んでいたが、そのなかでももっとも震えさせられたのが、4着の服部幸男だ。

 昨日のレースでプロペラを壊したという服部は、今日は朝からペラの森での作業をしていたが、試運転やスタート特訓に出るときなどを除けば、「ほとんど一日中」というくらい、同じ場所に座って、ペラと向かい合っていたのである。

_u4w3377  それも、10Rが終わって、12R出走選手が続々と展示ピットにボートを着けていく時間になっても、まったく動じる様子もなく、それを続けていたのだ。このときの服部は、焦った様子もまるでなく、哲人の佇まいで作業をしていた。
 ようやくその場から腰を上げたのは、3時30分頃のことだったが、そこからもなお慌てることはなく、待機ピットからボートを出したあと、その周辺をひと流しすると、もう一度、待機ピットに戻ってきている。そして、しばらく回転数を確かめてから再度、水面に飛び出していき、状態を再確認するように大回りしながら、ようやく展示ピットにボートを移したのである。
 その一連の動作と、その際の服部の表情を見ていたときには、大げさではなく鳥肌が立ってきたほどだった。レース後の服部は、ペラを換えたことで「1回戦よりも感触が良くなった」と言っているのだから、凄すぎる!!
 哲人の佇まいをした競艇の鬼である。
 今日の結果のためにファイナル進出は絶望的になったが、この後もこのペラを煮詰めていくようにもコメントしている。明日以降の服部も競艇の鬼であり続けてくれるわけなのだから、それを考えただけでも嬉しくなってくる。
 ……そして、今の福岡競艇場には、服部のほかにも、鬼たちはいるのだ。
(PHOTO/池上一摩 TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

賞金王決定戦!パワー診断トライアル2日目

 なんとなんと、3戦連続で1号艇……湯川の強運はどこまで続くのでしょうか。ただ、1号艇のプレッシャーも日ごとに増すはずで、平常心で走り続けられるかどうか心配にもなってきますね。
 ではでは、今日も節間得点順にパワー評価をしてみます。

2007_1222_r12_0812  ①湯川浩司 20点S→
★2戦連続で揉まれていないので引き波に対する評価はできないが、それ以外は文句なし。今日もトップSから三拍子揃った足での圧勝だった。とにかく先マイさえできれば抜群のレース足とトップ級の伸びで3連勝を飾ってしまうだろう。こうなると課題はパワーよりも精神面か。胃がキリキリ痛くなりそうな立場ではある。

②吉川元浩 19点S’↑
★総合的には湯川以上の足だという思いは変わらない。今日はイン逃げ楽勝なので詳しい評価はできないが、初日に引き波を越える行き足と素晴らしいサイドの掛かりを披露し、今日は出足~レース足の強さを見せつけた。伸びも昨日以上で、もはや無敵の仕上がりといえるだろう。明日、湯川との2度目の直接対決が楽しみだ。

2007_1222_r12_0846③井口佳典 19点S→
★湯川には引き離されたが、それ以上に松井以下を突き放したパワーを高く評価したい。1マークでは3本の引き波を軽々越えるレース足も披露。混戦に強いというのは、さらに過激になっていくであろう今後を考えると頼もしい。ただ、伸びで湯川、他の足で吉川にちょっとずつ負けている点が気がかり。さらなる上積みが必要かも。

④魚谷智之 15点A’↑
★三嶌と3周ガチンコで競り合ったので、かなり明確になった。S級とはやや差があるが、サイドの掛かりは上位級、伸びが半分ほど足りずに出足も12人ではソコソコ。それでも前検に比べればアップしており、中堅上位から上位の下まできた。今後もペラ調整だけでどこまで上積みできるか。実戦のリズムはトップ級だ。

⑤松井 繁 14点A’↑
★苦しい枠番&コースでキッチリと結果を残している。テクに依る部分も多いが、4人の3番手争いから楽々と全速でイチ抜けしたパワーは絶品。粘り強いパワーはそのままで、総合的には中堅上位までアップしたとみる。ただ、伸びが平凡なので得意の一撃形に持ち込めないのが弱み。6号艇の明日も捌き勝負で生き残りを狙う。

⑥田中信一郎13点A→
★逃げて差しての楽な展開での2着。悪くはないのだが、吉川とはかなりの差を感じた。試運転でもシリーズ組と五分だったりもして、S級とはすべての面で足りない気がする。ファイナルでの1号艇が難しいポイントなので、出足より伸びを強化してセンター戦に備えるべきだろう。まずは明日の2号艇での捌きを見たい。

⑦三嶌誠司 13点S→
★自分の思ったところに舳先が向く軽快さが魅力。魚谷との競り合いでも必死に秘術を尽くす魚谷に対して、常に主導権を取っているような余裕が感じられた。枠番に泣かされたが明日は待望の内水域。スリットからの行き足は相変わらずトップ級なので、これを生かしきれば湯川に泡を食わせる可能性はある。

⑧高橋 勲 11点A↓
★どうにも良くならない。本人は「乗りやすくていい感じに戻っている」と強気だが、濱野谷、服部との熾烈な4着争いではコーナー回りで後手を踏むことが多かった。ただ、試運転でもサッパリだったり素晴らしい足を披露したりとムラがあったので、セッティングがはまれば大化けするポテンシャルは感じる。

2007_1222_r12_0941 ⑨濱野谷憲吾10点A→
★1マークで不利があったのだが、それでも上位にはすべての面ではっきり分が悪く、服部よりも苦しい足色だった。特に回ってから押して行くパワーが弱い。明日は戦いやすい3号艇での1着絶対条件。一か八か自力決着を狙って伸びか回り足か、突出したセッティングにすべきかもしれない。

⑩寺田 祥 8点A→
★伸びは中堅より上なのだが、まだ足りない。特にスリットからの行き足が三嶌や井口より劣っていて、寺田向きの豪快なレースができないでいる状態だ。また昨日の突進で疲れ果てたか、精神面でもやや凹んだ感がある。とにかく伸びを強化して一泡吹かせてほしい。

2007_1222_r12_0946 ⑪服部幸男 6点A’→
★昨日はS級かと思っていたが、伸びを中心にちょっと足りない中堅上位。離れた最後方から濱野谷や高橋を逆転したレース足と回り足には見るべきものがあり、展開さえ向けば突き抜けるレベルではある。明日は4号艇。上位陣のSがやや慎重になるようなら、十八番のS一撃で一矢報いるかも。

⑫瓜生正義 4点Sだと思うのだが……
★また今日もSで後手を踏み、何もしないうちにレースを終えた。パワー以前に気合いの空回りが強く感じられる。足合わせを見る限り、転覆の影響はまったくなく、トップ5には入るはずなのに。「足は悪くない。あとは選手の問題です」明日の1号艇は地元で手抜くはずもなく、気持ちがしっくりくれば勝てるはずだ。

 12位・瓜生と1位・湯川……残酷なまでに立場が違うふたりが1号艇を分かち合う明日。もう2度も予行演習を済ませている湯川はダントツの人気になるでしょうが、賞金王トライアルには常に魔物が潜んでいます。瓜生が勝って湯川が……なんてことがあってもおかしくないレースではあります。(Photo/中尾茂幸、Text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

投げない。諦めない。――賞金王シリーズ、4日目後半のピット

_u4w3933  レース後、こんなにもわかりやすく、がっくりとうなだれた者を見たことがない。
 1マークまでに大競りとなって、重成一人を転覆させてしまった白石健は、妨害失格をとられてただ一人、ピットに帰ってきた。出迎えた仲間(大先輩である倉谷和信もいた)とともにボートを引き上げると、白石はがっくりと首を垂れた。もしかしたら、白石は仲間に何かをこぼしたのかもしれない。気遣う仲間たちは、白石を「ここはいいから」という感じで促し、深々と一礼した白石は、大急ぎで救助艇の係留所に駆け出した。ヘルメットを脱いだ白石の顔は、苦悩と悔恨と落胆と不安が入り混じって、激しく歪んでいた。とんでもないことをしてしまった……、表情はそう語っていた。
 少しの後、白石は着替えて装着場に姿を現わした。もしかしたら泣いていたのではないかと思えるくらいに、鼻が赤くなっていた。表情は落ち着いていたけれども、落胆は消えていない。浮かない顔というのは、まさしくこのときのシラケンの顔を指す。モーター格納のためだろう、整備室まで覚束ない足取りで辿り着いた白石は、立ち止まり、踵を返して、装着場に向かって深々と一礼をした。もしかしたらシラケンは常にそうしているのかもしれないが、まるでヒザに額がつくくらいの身体の折り曲げ方に、尋常ではない胸の内があらわれていた。
_u4w3976  10Rで起こってしまったこの事故は、一方で激しいレースの産物でもあった。4カド発進のシラケンはスリットでのぞいていた。だからマクろうとした。重成は、1マークまでに出切らせることをしなかった。だからマクらせまいと抵抗した。その競り合いが、少しだけ度を越してしまっただけだ。もちろん、シラケンは責められても仕方ないが、二人の負けじ魂には敬意を表するしかないだろう。ましてや、重成とシラケンは80期の同期生なのだ。同じ釜のメシを食った二人には絆がある。だが、勝負となれば真っ向から剣を振り下ろしあう。これを否定してしまったら、競艇という競技は根底からアイデンティティを失う。
 同期生を傷つけてしまった、シラケンのなかにはそんな苦悩もあっただろう。なぜあそこで引けなかったのか、そんな後悔もあっただろう。もしかしたら、大敗しなければ準優に進めた状況での失敗、そんな落胆もあったかもしれない。だが、終わったことだ。なにより、重成は明日の準優勝戦に名を連ねている。身体はひとまず無事だったのだ(着替えた後、山本隆幸に「大丈夫ですか?」と声をかけられて、重成は拳をぐっと握り締めてOKのサインを出している)。明日は、気持ちを切り替えて臨んでほしい。
_u4w3988  水に浸かったモーターを分解する重成に、シラケンはつきっきりだった。整備室内では、ずっと重成を気遣っていたのだ。二人のなかに、特に被害を受けた重成のほうには、もうわだかまりなどないはずである。11R、トライアルを勝った吉川元浩を出迎えにボートリフトにやって来たシラケンの背後から、先輩の安田政彦がそっと忍び寄り、優しく肩を揉み始めた。シラケンは恐縮しながら、何度も頭を下げていた。安田は、シラケンに「気にするな」と言葉をかけていたのだ。こんなにもピュアなシラケンを、誰もが愛している。もちろん、僕も応援している。周囲の声援に応えて、明日はリベンジを果たせ。それが、今日の事故への償いになる。

 事故は起こらないほうがいいに決まっているが、ことほどさように、賞金王シリーズも決定戦に劣らず、アツい。そこに戦いがある限り、選手は全力で勝利をもぎ取りにいくのだ。賞金が安いとか、注目度が低いとか、それがモチベーションに影響することもあるだろうけれども、しかし水面に出れば勝負師の本能は覚醒する。いや、水面だけではない。ピットでも、全力で戦うシリーズ戦士の姿は、あちこちで散見される。トライアルが始まった昨日からは、シリーズは10Rまで。そのあとは、まさしく決定戦タイムとなる。だが、シリーズ組の戦いが10Rの時間帯で終わるわけではない。
_mg_2888  12Rが始まる数分前まで、ペラの森には田村隆信の姿があった。たった一人で、ペラと向き合って、さらなる調整をしていたのだ。予選1位で準優は1号艇、しかし田村は緩むことなく、ペラに勝負を懸ける。整備室の入口真横にあるペラ調整所でも(ここを、ペラへの扉、と名づけることにたった今決定)、横澤剛治が12R発売中になっても陣取っていた。2007_1222_0539 そういえば、横澤は今日、いちばん最後まで試運転をしていた一人だ。モーターは噴いているはずなのに(準優は2号艇だ)、しかし彼もまた緩めることを知らない。まだまだ、満足などしていないのだ。横澤とともに試運転をしていたのは、金子良昭だ。整備室からペラを3枚持って出てきた金子が、係留所に向かって歩いていくのを見て、驚いたものだ。慌てて係留所を確認すると、金子のボートが横澤のボートとともにあった。金子は、予選を突破できなかった。それでもやっぱり、戦いは終わっていないのだ。遅い時間帯まで試運転をしているのは、圧倒的に若手が多いものだが、静岡の重鎮とも呼ぶべきベテランのこの姿勢には、唸るしかないだろう。
2007_1222_0572  もう一人、最後まで試運転をしていたのが、木村光宏だ。ただ、木村はちょっとだけ妙な動きをしていた。もちろん、ペラの調整はかなり長い時間続けていたのだが、ふと気づくと艇運の係の方とじゃれ合ったりしている。その数分後、また真剣な表情でペラを叩いている木村に気づき、頑張ってるよなあ……などと感心していると、その数分後にはカポック着替え所に姿を発見し、近寄ってみると、自ら針をとってグローブを裁縫していたりする(洗濯係のおねえさんが、心配そうに覗き込んでました)。木村は、ほかにも重成のヘルプや、三嶌との長時間の密談など、香川支部の仲間を支える動きをも見せていて、そのレースぶり同様の変幻自在ぶりである。内池記者は、彼のことを「キュート」とも表現していたが、たしかにそんな物言いは間違っていないと思った。

2007_1222_0509  勝負を投げないことが、時にご褒美をもたらす、という例が今日、起こった。10R発走前の段階で、準優ボーダーは6・20。その10Rの状況を簡単に説明しておけば、4名は準優当確、飯島昌弘は2着以上で準優滑り込み、川﨑智幸が次点。シラケンは6着で6・00だが、飯島が2着を外せば着順点で18位だった。いずれにしても、焦点はその3人の動向だったのだ。ところが、先に記したとおり、シラケンが妨害失格。飯島も4着に敗れた。その結果、なんと堤昇が大逆転の18位浮上で、準優に進出することになったのである。
 その頃、堤はペラの大奥にこもっていた。10Rは静岡勢も東海勢も出走していないから、エンジン吊りに出てくる必要もなく、ひたすら大奥でペラを叩いていたのだ。実は、後輩の笠原亮はそれでもエンジン吊りに出てきていて、僕に「ボーダー、どうなりました?」と訊ねてきている。おそらく堤が18位、と伝えると、笠原はその後ほかの記者さんにも確認して、堤のボートに緑の艇旗と6番の艇番を取り付けている。だが、笠原は大奥組ではないし、どうやら堤とそれについて話したわけではなさそうだった。堤は、その後も大奥にこもり、ようやく作業を終えて控室に戻ったのは12R発売中。記者さんに呼び止められているのを見て、大急ぎで近寄ってみると、堤はどうやら、予選突破を知らなかったようだ。おそらく、6・00の堤はすでに準優を諦めていたのだろう。それでも、やはり戦いは終わっていない、明日のためにペラを叩き続けた。そして……運命の女神は堤に微笑んだのである。
 堤は、本来はこの場にいないはずだった。シリーズ出場予定の大嶋一也の出場停止で、繰り上がり出場となったのだ。そして今日、本来は準優絶望と思っていたら、逆転18位。このツキは怖い。この流れは、追い風になる。それもこれも、堤が気落ちしたり気を抜いたりせずに、戦い続けたからだ。選手たちの戦う姿勢を見るにつけ、僕はそう信じたくなるのである。

2007_1222_0217  さて、気になる山崎智也。初日ピンピンの好スタートを思えば、2日目以降は不完全燃焼と言わざるをえないが、それでも準優には駒を進めてきた。ひとまず、第一関門は突破だ。で、その智也。たしかに僕は、四六時中ピットに張り付いているわけではない。記事を更新したりメシ食ったり舟券買ったりしている間は、ピットにはいない。それでも、だ。今日、智也を見たのはたった1回だった。僕とは違う時間帯にピットにいた内池記者や池上カメラマンに聞いても、「今日はほとんど見かけなかったねえ」とのこと。どうやら智也、作業はほとんどしていないようである。これは余裕なのか、それとも……。いずれにしても、智也もまだ、戦いを終えていない。(PHOTO/中尾茂幸=横澤、木村、堤、山崎 池上一摩=白石、重成、田村 TEXT/黒須田守)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

速報②!賞金王の勝負駆けとトライアル3日目

 2日目を終えた時点の賞金王得点ランキングと独断の勝負駆け状況(ボーダー21点)をお伝えします。トップは昨日からイン逃げ連勝の湯川、2位には2・1着の吉川、3位に1・2着の井口(タイム差で3位)が追走する展開。賞金王シリーズ得点トップの田村隆信も含めて、85期銀河系旋風が吹き荒れています! あ、さらなる速報で湯川がまたまた1号艇をゲット!! 逆に松井がまたしても6号艇……明暗がくっきりと浮き上がりました。

①湯川浩司 20点☆
②吉川元浩 19点☆
③井口佳典 19点☆
④魚谷智之 15点④
⑤松井 繁 14点③
⑥田中信一郎13点②
⑦三嶌誠司 13点②
⑧高橋 勲 11点①
⑨濱野谷憲吾10点1待ち
⑩寺田 祥 8点―(減点3点あり)
⑪服部幸男 6点―
⑫瓜生正義 4点―

 続いて、明日のトライアルの枠番は……

11R
①瓜生正義
②田中信一郎
③井口佳典
④服部幸男
⑤魚谷智之
⑥高橋 勲

12R
①湯川浩司
②三嶌誠司
③濱野谷憲吾
④寺田 祥
⑤吉川元浩
⑥松井 繁

 湯川が史上初のオール1号艇パーフェクト優勝という偉業を達成するのか?明日も目が離せませんぞ!!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

お待たせしました、賞金王クイズ!

ども~! 賞金王決定戦、早くも4日目(前検も含めれば5日目)ですが、遅ればせながら、クイズタイムでございますです~! 今回は残り3日ということで全3問ですが、よろしくお付き合いくださいませ。

_u4w34622 ではいこう。これは、出走待機控室の中です。福岡の控室はガラス張りで、装着場から中が見えるんですね。私、レースはここのモニターで見ることが多いです。で、そのモニターの上部に、貼り出されていた注意書き。これは、選手たちの正面にあたりますから、出走を待つ選手は自然とこの貼り紙が目に入るわけです。そして、この貼り紙は、ご覧いただければわかるとおり、スタート事故を戒めるもの。問題は、左の貼り紙で、「スタート事故!!」に続く言葉は何でしょう? でございます。正解者には、70P差し上げましょう! 締め切りは明日23日の午後3時で! ヒントは、今年の1月くらいからテレビでもよく耳にする言葉であります。ニュースでも聞いたし、バラエティでも聞いたような気がするなあ。

というわけで、ふるってのご解答、よろしくお願いします。今回のおみやげは、賞金王クロック、賞金王クオカ、賞金王バージョン・ベラ坊ストラップなどですよ~。


| 固定リンク | コメント (16) | トラックバック (0)

強い心の持ち主たち――決定戦2日目前半のピット

_u4w3507  早朝スタート練習がひと段落ついた頃の1R前のピットではまず、待機ピットを歩いている瓜生正義の姿が見かけられたが、昨日のアクシデントはあっても、落ち着いている印象を受けたものだ。
 それでいて、作業は着々と進めているといった感じで、その後、装着場でモーターやボートを入念にチェックしている時間が長かった。
 2Rがスタートする間際には、整備室へと走っていったが、これは上瀧和則のレースをモニターで観るためだったようだ。レース後の引き上げを手伝ったあとにはボートを下ろして待機ピットに着けていたので、この後に試運転などをしながら調整作業を進めていくものと予想される。

_u4w3586  1R前にはボートからプロペラを外して整備室へと入っていく湯川浩司の姿も見られたが(その後、整備室でプロペラを磨いていたので、この段階ではペラ調整はしなかったものと考えられる)、こちらは昨日、好結果を出していながらも、瓜生とは対照的に、昨日よりも表情が硬くなっているようにも思われた。初日の勝利によってファイナル進出が現実味を帯びてきて、逆にプレッシャーが大きくなってきたということもある得るはずだ。
 ただ……、2R前にもう一度、見かけた際の湯川は、手持ち無沙汰にしているほど落ち着いているようにも見えたものだ。2Rには大阪・兵庫の選手は出走していなかったにもかかわらず、のんびりとした感じで選手たちの引き上げを待ち、徳島の烏野賢太の引き上げを手伝っていたのだから、慌てて行なうべき作業はなくなっている状態になっているものと判断していいはずだ。
 このときには、その表情もやわらかくなっていたので、「気持ちが入る時間帯」はあっても、基本的にはマイペースを保つことができているものと受け取るのがいいのかもしれない。

_u4w3550   朝早くから、屋外にある「ペラの森」は大繁盛状態になっていた。大きなテーブルでは、田中信一郎がペラを叩いていたが、その周りを囲んでいたのが鎌田義や倉谷和信、上瀧和則だったこともあり、なごやかなムードで、笑い声もよく聞かれてきたものだ。
 それとは対照的に、テーブルの脇で並ぶかたちでペラを叩いていた服部幸男と高橋勲は、終始、無言だった。服部は昨日のレースでペラを壊したそうなので、とくに集中する必要があったのだろうし、傍で見ているこちらにも緊張感が伝わってきたものである。
 この「2ショット・ペラ叩き」は、2Rのスタート直前まで続いていた。まず高橋がのんびりした足取りでペラを手にして整備室へと入っていくと、ほとんど間を空けずに服部がそれに続いた。その後、二人は整備室のテーブルでそれぞれに自分のペラを確認していた。そのときは、少し声を掛け合っていたようで、服部の顔にも笑顔が浮かんでいた。
 その後、高橋はすぐに整備室を出てきて、ゆったりとした足取りで控室のほうへと歩いていき、服部はその場に残ってペラの確認をしばらく続けていた。

_u4w3623_2  田中については、のんびりしたムードだったと書いたが(写真は川﨑智幸、寺田千恵と一緒にいた時間帯のもの)、作業に対しては積極的で、1R後には試運転に出て、鎌田義と足合わせをしたあと、また少しペラ調整を続けて、2R後にも試運転に出ていった。
 この時間帯としては珍しい動きだともいえるだろうが、鎌田と足合わせをしている様子や、互いの感触を話し合っているときのムードからいって、この二人の足は、それぞれに出ているものと判断できた。
 それでも田中はそこで満足はせず、さらなる上昇を目指していると見るのがいいだろう。

_u4w3618  試運転といえば、早い時間帯には、整備室内にある「ペラの大奥」でペラ叩きをしていた濱野谷憲吾が、2R後に須藤博倫と足合わせをしていた(なお、ペラの大奥の手前のスペースでは、ずっと三嶌誠司がペラ調整を続けていた)。
 そして、濱野谷もまた感触が良かったのか、試運転のあとには須藤と話をしていて、「ヒャハハハハ」という大きな笑い声も発していたのだ。
 過去において、140日ほどの休み明けで出場した節では、「初日はダメだったけど、優出はできました」とも話していた濱野谷なので、ここにきて手応えを掴んできているということも充分に考えられよう。

_u4w3470  午前中には、こうしてそれぞれにマイペースで作業をしている選手が多く、松井繁や魚谷智之もそうしたタイプに分類できる。
 それぞれに装着場に上げているボートで装着したままのモーターをチェックしている時間が長かったので、大がかりな整備までは必要がない状態になっているのだろう。
 山本隆幸と話している松井は、この後、ペラの森でのペラ調整を始めたが、隣で鎌田義がペラを叩いていても、無言で作業していたのだから、いろんな意味でメリハリがきいている。

Uchr0015591  無言といえば、松井とカマギーがテーブルのところでの作業をしている同じ時間帯に、その脇では井口佳典と田村隆信が並んでペラ調整をしていたが、こちらもやはり、声を掛け合うこともなく、それぞれに作業していたのだから、集中できている。
 ただし、早い時間帯の印象でいえば、湯川よりもリラックスできているとも感じた井口だが、何かの作業をしていないと落ち着かない、といった感じになっているのではないかとも勘繰られた部分もなくはない。
 もちろん、この大舞台なのだから選手の誰もが緊張と無縁でいられるわけはなく、それをいかにコントロールできるかが問われてくるものである。

_u4w3486  早い時間帯においては作業をしている場面があまり見られなかった選手としては吉川元浩と寺田祥が挙げられる。とくに吉川は、落ち着いた顔つきをしているようにも見えて、好感が持てたものだ。普段は職人そのものといった顔つきで一日中作業をしていることが多い吉川がそうなのだから、その存在は本当に怖いものになっている。
(PHOTO/池上一摩+内池=井口&田村のみ  TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

穏やかに、そして……――賞金王シリーズ、4日目前半のピット

2007_1221_0427  ピットの水面際で、装着場のほうをぐるりと眺めていたら、奥のほうに山崎哲司が見えた。着替え室にカポックとカッパをもってきて、2Rの展示の準備をしようとしているところらしい。今日は1着勝負駆け、頑張ってもらいたいところだ……って、ちょっと待て。テツがもっているカッパは黄色。2Rは、4号艇じゃなかったっけ? ケブラーズボンのヒモを締め直している間に近寄って、出走表を見せる。キョトンとするテツ。傍らに置かれていたカッパを指差す。
「あっ!」
 ニヤリと笑って、テツは着替え室へと戻っていった。勘違い、のようだ。いや、もしかしたらテツは、「6号艇の金子さんが前付けに来るから、5カドか……」とシミュレーションを立てていたのかもしれない。1着だけしか考えていない、そう言っていたのは昨日の午後のこと。この勘違いは、気合の表われだと思った。完全に勝負に集中し切っていたのだ。青色のカッパを手にしたテツは、あははともう一回笑って、すぐに厳しい顔に戻った。

2007_1221_0282  もういちど、装着場をぐるりと眺めると、昨日と同様に、穏やかな空気が漂っている。すれ違う選手たちと挨拶を交わしても、彼らはみな穏やかに微笑んで、会釈を返してくる。たとえば、重成一人がにこやかであるのは当然だろう。アシはバツグン級、予選1位を今村豊と争うポジションにいるのだから、気分が悪かろうはずがない。成績はもうひとつだが、安田政彦が渋く微笑んでいるのも、ピットで見てきた彼の人柄を思えば、まあ理解できる。挨拶を交わしたのが、1R直前だったのには驚くしかないが(安田のほうから挨拶してくれました)、それ以外は想定できることではある。
2007_1221_0200  だが、3Rで2着条件の勝負駆けを戦う原田幸哉がにっこにこに笑っているのは、なんとなく奇異なことのように感じられる。柳沢一との絡みは、談笑という以外にないものであって、勝負駆けのピットの風景にはそぐわないような気がしてならなかったのだ。まして、それがここ一番では鋭い黒豹のような目つきになる原田幸哉なのだから、なおさら不思議に感じるのである。
 実を言えば、シリーズ組に限らず、決定戦組の周囲にも同様の空気が流れていて、全体的にひたすら穏やかな朝のピット、である。もちろん、居心地が悪かろうはずはない、のであるが。

_mg_2860 「今村さーん、しっかり拾ってよー!」
 声がして振り向くと、田中信一郎が係留所を見下ろして、にこにこ笑っている。係留所を覗き込むと、今村豊がたも網で水面のゴミ掃除をしていた。やはりにこにこ笑いながら。何かを落としたので拾っている、というわけではなく、楽しそうに掃除に興じている、という感じ。いやはや、今村さん、元気一杯である。
 一昨日だったか、着水を待っている太田和美を見つけて、悪戯っ子のような笑みを浮かべて駆け寄った今村を目撃していて、その元気ぶりに微笑ましい気持ちになったものである。そのときは、大声+身振り手振りで太田を笑わせており、これはミスター競艇がピットで見せる日常的な光景だ。そんな今村豊を見るのは、嬉しいもの。心和む振る舞いを見せているのが、今村豊という男なのである。
 延々とゴミをすくっているミスター競艇は、今朝のピットの穏やかさをさらに増幅させていた。

2007_1221_0421  2R。山崎哲司が5カドから強烈なマクリを放ち、それにインを奪った上瀧和則が激烈な抵抗を見せたことで、ぽっかり開いた差し場を突きぬけた市川哲也。ボートリフトに出迎えた池本輝明や前本泰和の姿を見つけて、にっこりと笑った。もちろんヘルメットをかぶっているので、目しか見えなかったけれども、それは遠目にもハッキリとわかるほどに、くにゃりと曲がっていた。気持ちのいい1着だったことだろう。
 山崎を弾き飛ばした上瀧は、水面に上がるや否や、数m離れていた山崎に「哲司! ごめん!」と声をかけている。上瀧としては、インを奪い、マクリに抵抗し、やるべき仕事は果たしたという充実感もあったのだろう。3着に敗れた悔しさもあったには違いないが、声の張りはどうしようもない負け方をした者のそれではなかった。上瀧は、エンジン吊りを終えると、すぐに瓜生正義のもとに駆けつけて、吉田弘文とともに、爽快な笑顔を見せていた。レース後の表情にしては、妙に穏やかに見えた。
2007_1220_0943  ひたすら穏やかに過ぎていった、朝のピット、3Rが近づき、記者席に戻ろうと出口に向かうと、山崎哲司と目があった。テツは、拳を振り下ろしながら、顔をしかめた。「くそーっ」。スタートを決めた、マクった、つまり、やるべきことはやった。それでも、悔しいものは悔しい。「これが上瀧和則という人の厳しさだね」と、強くて強くて仕方がない先輩の壁を感じ、敗れたこと自体の悔しさはもちろん、自分がまだ成長の途上にあることを思い知らされた。笑ってなど、いられようはずがない。それでこそ、テツだ。穏やかな空気のなか、一人、唇を噛み締める男がいる。そう、やはりここは戦場だ。こうして、勝者の歓喜と敗者の悔恨が、時間を追うごとにピットの空気を変えていくだろう。穏やかな朝は、こうして終わりを迎えていくのだ。(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩=今村 TEXT/黒須田守)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の名勝負・番外編!? 賞金王歴代覇者トーク②

本日も、歴代賞金王覇者対談トークが行なわれました。今日は、第10回賞金王決定戦で、伝説の名勝負を繰り広げたあの人たち! 中道善博さんと植木通彦さんです。うがぁぁぁ、この顔合わせだけで興奮であります。

R0015567 朝9時50分からスタートしたトークは、なぜ競艇選手になったのか、競艇とは何ぞや、など総論的なテーマで進みました。植木さんは高校時代「工業簿記」の資格を取っていて、「金融関係路線の勉強をしていました。銀行員になってみたいなあ、なんて」。艇王が銀行員! お金いっぱい預けちゃいますよ~。中道善博さんは、新聞広告で見た競艇選手の平均月収に惹かれたとか。内田和男さんが「金に目がくらんだ、と」と振ったら、「そうです」と認めちゃったりして(笑)。

最後に「水面には夢がなんぼでも埋まってます。若い人ももっとチャレンジしてほしい」と中道さんが締めて、朝の部は終了。このあと、第5R発売中にもイベントホールで行なわれます。おそらく、伝説の名勝負の話題も出るはずですよ! 福岡競艇場へ急げ!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

4日目! 決定戦TR2戦目&シリーズ勝負駆け!

おはようございます! 福岡賞金王も、4日目を迎えましたよ! 本日は賞金王決定戦トライアル第2戦と、賞金王シリーズ予選最終日の、アツいアツい勝負駆けであります! 福岡は厚い雲に覆われていますが、水面はスカッと熱く盛り上がりますぞ~!

さて、本日は昨日アップできなかった「本日のベストパフォーマンス」から。

2007_1221_0398 Hの決断「もう、井口で決まりだろう! あの“二段マクリ差し”はすごすぎるよ! 三嶌が握って攻めた時点で、普通はその内を狙うよな。ところが井口はその上を行って、狭いところにズドンと差しを突き刺した。あれはなかなかできる芸当じゃない。しかも、決定戦の舞台でやってのけたんだから、大拍手だよ!」

Kの同意「まったくです。決まり手はマクリ差しだけど、三嶌さんに対してはツケマイですよ、あれは! 6コースからのツケマイ! すごすぎです」

Hの畳み掛け「だろっ! 握りっぱなしの全速二段ロケットマクリ差し! やっぱり井口はタダモノじゃないな。この賞金王に銀河系旋風を巻き起こすのは確実だろう!」

Kの問いかけ「シリーズのほうでは何かあります?」

Hの咆哮「あったとしても、あの井口にはかなわない! ベストパフォーマンス争いでは、3日目は決定戦がシリーズに完勝だ。まずは決定戦の1勝0敗ってところだな」

決定 3日目のMVP&ベストパフォーマンス

井口佳典「驚異の全速二段マクリ差し!」

さてさて、4日目はどんなすげえレースが見られることか……。今日も盛り上がりましょう!(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

明と暗――決定戦初日後半のピット

_mg_2743  今日のピットにおいて、決定戦メンバーで気になる存在は12人全員だったのはもちろんだが、シリーズ戦のピットリポートでも触れている三嶌誠司はその筆頭格である。
 今日一日、作業をしていた時間の長さでいえば、三嶌が一番だったと思われるからだ。それでいて、焦っている感じはまるでなく、10R後、展示ピットにボートを着けるまでの「長い時間」を有効に使いながら、最後の最後まで、自分にできることを続けていたのである。
 ……少し先走りをして書いておくなら、今日の結果は4着だったが、6番手から押し上げての4着だったように足自体は良く、こうした整備が実ってきているのは間違いないはずだ。

_u4w2416  ペラ調整をしていた時間が長かった選手としては、三嶌の他に田中信一郎と濱野谷憲吾の名前が挙げられる。田中の場合、その表情がとても良かったという印象が強い。平和島のダービーのときと変わらなく、“やわらかなオーラ”のような漂っているようだったのだから、暗い空の下にある「ピットの森」を照らす太陽のような存在になっていたのだ。
 一方の濱野谷は「ピットの大奥」で作業をしていたが、とにかく自分のペラの具合にはなかなか納得がいかないようだった。
 これは実際のペラの具合そのものだけではなく、心理的な部分も影響しているのかもしれない。整備室の奥にある「大奥」を出て、待機ピットに留めてあるボートのもとへと向かいかけていながらも、その途中で思い直して、大奥に戻っていくというような場面を二度ほど目撃している。10R後にもそれをしていたので、最終的には、展示ピットにボートを着けるのも、三嶌よりあとの最終選手となっていたのだ。
 この少し前の9R後には、待機ピットで一緒になった瓜生正義に対して、こちらの聞き違いでなければ、「スタート、行ききれんよ」と苦笑しながら言っているところも耳にした。
 その時間帯の待機ピットには濱野谷と瓜生しかいなかったし、二人は出走するレースが違ったのだから、その言葉も本音に近いものだったのかもしれない。……やはり結果を先に書いておくならば、0.26のスタートで5着となっているのだから、3カ月のブランクによって、レースの感覚が掴みきれていないのだとも考えられる。レース後、スリットを見ながら、「……いかんね。しかも、内に寄ってるし」と記者陣の前でも苦笑していた。

 そして11R――。
_mg_2757  3周1マークにおいて、瓜生が転覆した瞬間にはスタンドから大きな悲鳴が上がったが、ひと気の少ないピットの空気も凍りついた気がしたものだった。さらに、この転覆の影響もあり、後ろを走っていた服部幸男は、エンストのためにそこでレースを中止してしまったし、瓜生に突っ込んだかたちの寺田祥は、不良航法で減点を取られているのだ。
 これが「決定戦トライアルならではの厳しさ」であるわけだが、第一戦からこうして明暗が分かれることになったのである。
 地元の期待を一身に背負う瓜生がいきなり厳しすぎる立場にたたされたのだ。レース後しばらく立ったあとには、転覆の際に打ったのだろう胸を押さえながら「すみませんでした。すみませんでした」と頭を下げている姿が見かけられている。モーター格納も自分でしていたので、体のほうは大丈夫なようだし、心を萎えさせてはしまっていないようだったが、こうした場面を見ていると、言葉にできないほど複雑な心境になってくる。上瀧和則、吉田弘文の九州勢も、レース直後は、さすがに表情が暗くなっていた。

_u4w3265  11Rを勝ったのは湯川浩司で、さすがにピットに引き上げてきた直後から、安堵と喜びの笑みを見せていた。公開インタビューでも共同会見でも、湯川は「感動しました!」と口にしていたが、初出場の決定戦でいきなり1着を取れたのだから、それも当然のことだろう。レース直後には今村豊や倉谷和信などに冷やかされてもいたようだったが、何を言われても、湯川は笑ったままでいたものだった。ただ、表情をなくしたような服部が救助艇で引き上げてきたときには、さっと表情を引き締めて、深々と頭を下げていたのは、性格のいい湯川らしいところだ。
 共同会見において湯川は、モーターに対してはかなり満足していると話していたが、昨日から今日にかけて、作業をしている時間は12人のなかでもかなり短いほうだったのも、それで納得できる。
「いい足」を得たとき、ジタバタしないで、最低限必要なことだけをやってレースを待てたというのも、精神的にいい状態にある証拠といえよう。そのうえ、レース後に行なわれた「枠番抽選」では12Rの1号艇を引き当てたのだから、今の湯川には幸運の女神が舞い降りているのも間違いない。

_u4w3268  11Rで2着に入っている吉川元浩に対する注目も当然、高まる。昨日のモーター抽選で“陰のエースモーター”ともいえる32号機を引き当てたときから注目はされていたわけだが、今日の吉川は、湯川の過ごし方とも似ていて、ジタバタすることはまったくなく、時間的にも内容的にもちょうどいいレベルとも言えるのだろう作業を黙々とこなしていたのだ。
 レースから引き上げてきた直後から、気持ちを引き締めなおすような表情をしていたことにも好感が持てた。
「行き足がいい」とのコメントも出しているが、それでいて、明日は11Rの1号艇を引き当てたのだ。
 今の吉川は、湯川に負けないほどの“引きの強さ”を持っている。

_mg_2799  そして12R――。こちらを勝ったのは井口佳典なのだから、銀河系軍団の勢いはとどまるところを知らない!!
 レースから引き上げてくる際、ボートリフトのところには湯川や田村隆信が出てきていたのは当然だが、そこに到着する前から、井口は天高く右手を突き上げていた。
 普段はクールにしていることが多い井口であるが、「6コースからの気持ちの良すぎるスタート」で勝利をもぎ取ったのだから、その喜びは本当に大きかったのだろう。自分より先に湯川が勝っていたのだから、“オレも続いたぞ!”という気持ちをこうして表現してみせたのかもしれない。
 午後の井口は、ペラの森でペラを叩いている時間が長く、その途中では湯川が傍に来て、何を話しかけるでもなく、じっと井口の作業を見ている時間帯もあったが、そうして銀河系軍団はいつでも心が結びついているのだ。
 共同会見では「意外に緊張はしてなかったので冷静にターンができたと思います」と言っていたうえ、モーターも出ていることを強調していた。
 明日の出走は12R。たとえ4コースになったとしても、カドになれば今日と同じようなスタート一撃を再現してみせるかもしれないし、3コースを守るために、100メートルあたりの位置から「どれくらいスタートが見えるか」を明日、確認してみるとも言っていたのだから、明日の井口も侮れない存在なのである。

_u4w3230  12Rの2着は魚谷智之だったが、昨日の“泣き発言”から、ここまで足を立て直したのは「さすが」の一語だ。
「なんじゃろってくらい悪かった」という足でありながら、今日の魚谷は、慌てることもなければ、手を休めることもなく作業を続けていたのである。
「正常じゃなかったのが正常になった」
「日に日に良くなりそうな気配もあります」
 とも言うのだから、明日からも、強い魚谷が見られることだろう。
 ……この男は本当にタダ者ではないのである。

_u4w2432  12Rが終了すると、翌日の番組をつくるための「枠番抽選」が行われる。
 当日の1・3・5着組が翌日の12R、2・4・6着組が翌日の11Rに分けられ、それぞれ6人ずつで枠番を抽選するわけなのだ。
 今日の11Rで完走できなかった瓜生と服部は、ジャンケンによって、どちらが5着扱い、6着扱いになるかを決めていた。選手とすれば当日の1着選手がいる12Rになるよりは11Rに入りたいと考えるものだそうだが、ここで瓜生は11Rに入ったのだから、ギリギリのところでは運に見捨てられていないといえるだろう。
 今年の枠番抽選は「競技本部内」で行なわれているため、抽選で一喜一憂する様子は直接、見られないのだが、競技本部から出てきた三嶌は「また6枠や」と言いながら競技本部から出てきた。さすがに苦笑するしかないといった表情だったが、それでも気持ちを萎えさせることはなく「行くだけ行きます!」とも言っているのだから、三嶌らしい闘いぶりに期待したい。
 三嶌は11Rの6号艇に決まったわけだが、12Rの6号艇は松井繁だ。
 こちらは競技本部から出てくる際に「6番!」と言って仏頂面を見せたが、その仏頂面も、本音であると同時にポーズでもあるようだった。
「まあ、引いたもんはしゃあないからね」と、サバサバしているところも見せていたのだ。「去年の6号艇は3着」だったとも発言しているし、松井もまた、ここからの上位着順を狙っているのは間違いない。もちろん、1着も含めての上位着順ということであり、今日の井口の例を見ても、結果はどうなるかはわからないのだ。
 年に一度のクライマックス! 賞金王決定戦ならではの「ドキドキの闘い」は、いま始まったばかりなのである。
(PHOTO/池上一摩 TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

賞金王決定戦!パワー診断

 いよいよ、いよいよ始まっちゃいました! でもって、やっぱり凄い迫力でした。これぞ賞金王、これぞトライアル……すべてのターンマークでどこかしらの着順が替わったのでは?と思えるほどの激しい周回の連続!!(本当にそうかも)。残念ながら、11Rでは瓜生と服部が最終1マークで失格のアクシデント。トライアルには付き物とはいえ、大きなビハインドを背負うことになりました。しかし、まだまだどんな大逆転劇があるかわからないのが賞金王。明日からの巻き返しに期待しましょう!

 さて、初日の得点順にパワー評価を紹介していきます。
①井口佳典 10点 S
★あれだけのマクリ差し(2段ロケット!)ができたのだから、サイドの掛かりが悪いわけがない。さらに伸びは12人の中でも上位級で出足もよさそう。ただ、今日のレースはほとんど引き波とは無縁の全速握りっぱなしの突き抜けだったので、正味のレース足は謎。明日以降はこの一点に絞って注目したい。

2007_1221_r11_0761 ②湯川浩司 10点 S
★スリット前にかなり放ったように見えたが、それでも1マーク手前でキュッと伸び返した行き足はGOOD。回った瞬間のレース足は瓜生と一緒くらいで、吉川より少し弱めとみた。トップ級の伸びを切り札に、すべて上位級でバランスが取れている。つまりは現時点ですでに優勝できるだけの仕上がりだ。

③魚谷智之 9点 A
★これが勢いか。泣きが入った前検とは思えないレース足を披露した。伸びも上位でトータル的に水準レベルはありそうだ。が、外2艇が飛び出す隊形だったとはいえ、インで勝てなかったことも事実。出足~行き足にやや不安がありそうで、三嶌が強引にまくっていたら惨敗までありえただろう。まだ完調には遠い。

2007_1221_r11_0767 ④吉川元浩 9点 S’
★2着だったが、いちばん力強さいオーラを感じたのがこの32号機。1マークは3コースから無理気味に握って湯川とは差が開いたが、その後の瓜生、高橋、寺田との競り合いでは常に主導権を握るだけのレース足を見せた。サイドの掛かりも凄そう。伸びが中の上レベルだが、トータル的に現時点で節イチに推す。

⑤松井 繁 7点 A
★三嶌と井口にまくられる展開になったので、正味のパワーは? 道中での魚谷にまくられたが、常に後手を踏みながらの強攻策だったのでパワー差とはいえない。むしろ無理な態勢からでもサイドがぐっと掛かったように見えた。バランスが取れて粘り強そうな足。ただ、伸びもレース足も12人では中堅か。

⑥高橋 勲 7点 A’
★吉川には少しずつやられていたが、相手が悪かった。瓜生とは伸びが一緒で回ってから押して行く足がわずかに上。いちばん強調できるのは回り足だろう。本人は「湿気のせいか前検よりも足が落ちていた」と指摘しており、この整備巧者のこと、明日には吉川とも遜色ないパワーに仕上がるかも。変わり身注意。

2007_1221_r12_0870 ⑦三嶌誠司 6点 S
★井口に接触して失速しただけに謎の部分も多いが、今日のレースでいちばん不気味だったのがこれ。スリットからの伸び、くるくる回って追い上げる足が実にヤバそうだった。特に2周2マークで離れた最後方からクルリンッと瞬時に4着を取りきったのにはビックリ。未知数も含めて、吉川、湯川に次ぐ3番手評価だ。

⑧濱野谷憲吾 5点 A?
★パワーよりレース勘が課題。今日は三嶌&井口の「2段マクリ差し」の直撃を受けたので正味の足はほとんどわからない。2周2マークでもっさりしたターンを見せたが、それもパワーというよりハンドルの入れ遅れだと思う。本人談は「乗りやすいし引き波を越える感じもまずまず」なら納得の域か。謎だらけで要注意。

⑨田中信一郎 4点 A?
★Sで後手を踏み、すぐ外の三嶌と井口に仕掛けられてはなす術なし。見せ場のない最後方では足の測りようもない。「昼間の試運転ではいい感じだった。でも本番では回り足がなかった。6着だけど、まだ挽回できる足だと思っている」という本人のコメントを信じつつ、明日の試運転に注目する。

⑩寺田 祥 3点 A
★最近の寺田といえば「伸びが超抜で掛かりも凄い」という極上セッティングがどこでも実現しているように見えたが、現時点ではいつもの伸びにはほど遠い。このままではバランス型のらしくない仕上がりになりそう。ただ、回転さえ合えば一気に伸びがくるはず。展示タイムも含めて、試運転から目が離せない。

⑪服部幸男 0点 Sと思っていたが……?
★瓜生の転覆を避けようとしてエンスト。しかも「ペラが完全に壊れてしまった。違うペラでは足がどうなるかわからない」という最悪の事態に。不運としかいいようがない。昼の足合わせではご機嫌な気配だったのだが、ペラ評価も0から見直し。ただ、このまま終わる男ではない。人気が落ちたらパワー不問で狙う手も。

2007_1221_r11_0777 ⑫瓜生正義 0点 Sだったが……?
★気合いが入りすぎたか、1マークでブイに接触しそうになってハンドルを切り直したのが後々(後手後手に回って転覆)に響いた。キッチリ回っていればバックで湯川を捕えていたかもしれない。事故の影響がなければ、バランスではトップ。ただ、突出した部分がないのが弱点になるかもしれない。巻き返しを祈る。

 明日のトライアルは、トップ2と思われる吉川と湯川(連続!)が1号艇で、事故に泣いた瓜生と服部がともに5号艇、さらに三嶌が連続の6号艇と残酷なまでの較差が浮き彫りになりましたが、これもまた賞金王。そんな並びだからこそ、逆に「逃げ&逃げ」では決まらないような気もするのですが……激しいレースを期待しつつ、なんとか全員が無事故完走で終わることを何よりも祈っております。(Photo/中尾茂幸、Text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

トライアル第2戦枠番決定!

第11R
①吉川元浩(兵庫)2着
②田中信一郎(大阪)6着
③寺田祥(山口)4着
④魚谷智之(兵庫)2着
⑤瓜生正義(福岡)転覆
⑥三嶌誠司(香川)4着

第12R
①湯川浩司(大阪)1着
②高橋勲(神奈川)3着
③井口佳典(三重)1着
④濱野谷憲吾(東京)5着
⑤服部幸男(静岡)エンスト
⑥松井繁(大阪)3着

11Rは兵庫対決、69期対決、76期対決。12Rは85期コンビvs東京コンビvs64期コンビ。うーん、因縁が深いカードになりましたぞ!

※念のため、主催者発表をご確認ください。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

12戦士の時間――決定戦初日前半のピット

_u4w2691  1Rの展示航走が終わった直後には、三嶌誠司、松井繁、吉川元浩が試運転に出て行った。引き上げてきた三嶌は、NIFTY黒須田の姿を見つけると、笑って「準備体操は終わり。こんなものでしょう」と言っていたのだから、上々の手応えを得られたということなのだろう。
 しかし、それでも三嶌は作業の手をゆるめず、すぐにペラを叩き出したかと思えば、1R後にも試運転に出て行ったのだ。
 ペラを叩いていた時間の短さを考えれば、微調整程度のことだったのだろうが、ある程度、納得がいっている足にさらなる上積みをつけようとしているわけだから、そんな貪欲な姿勢はいかにも三嶌らしい。12番目の切符を手に入れた直後から「1億円をとってきます」と言っていたのは本気なのである。

_mg_2631  松井と吉川は試運転から帰ってきたあと、少しだけ声を掛け合っていたが、長話をしていたわけではなかった。すぐに松井はペラを外していたし、吉川はモーターを入念にチェックしていたのだから、時間のムダは少しもつくらないのだ。
 池上カメラマンによると、早い時間帯には、シリーズ出場選手である我らがアイドル、“シラケン”こと白石健を加えた3人でモーターを見ながら何かを話していたということだ。
 そうして互いの状態などを確かめ合うことはしていても、それぞれにやるべき作業は違った方向性になってくる。

_u4w2606  1R前には、整備室の中に服部幸男、高橋勲のボートが入れられていて、そのしばらくあとには、濱野谷憲吾、瓜生正義のボートも増えていた。
 こちらが確認した範囲では、濱野谷以外のモーターはボートから外されていた。濱野谷も含めてこの4人は本体に手を付けているのだろう。福岡競艇場の整備室では、本体の整備をするときには奥のほうで作業を行なうので、どんなことをしているかが確認しづらいのだが、ボートごと整備室に入れているのだから、午前中はモーター整備が中心になってくるのだろう。
 もちろん、整備室に籠もりきりになっているわけではなく、高橋と濱野谷は1R後の引き上げにもしっかりと出てきていた。また服部は、控室と整備室を移動していたときに内田和男アナウンサーの姿を見かけると、笑って手を上げ、しばらく話もしていたので、リラックスはできているようだった。
 それとは対照的に高橋は、ボートの引き上げに出てきても、誰かと声を掛け合うこともなく、何かを思案しているような顔をしていたものだった。
 モーター組としては他に、湯川浩司もギアケースの調整をしていたが、ピット内を歩いているときなどは、その足取りはゆっくりとしていて、落ち着いている印象を受けたものだ。

_u4w2539  早い時間帯からペラ調整をしていたのは田中信一郎と魚谷智之だった。ともに屋外の「ペラの森」での作業だったが、田中は鎌田義、齊藤仁、須藤博倫などに囲まれるようなかたちになっていたのに対して、魚谷は作業台から少し離れた床のところでしゃがみこみながらペラを叩いていた。
 田中の傍にいたのがカマギーだったというのも大きいのだろうが、作業の手はほとんど止めないながらも、時々何かを話しながら笑っているところも見かけられたものだ。
 昨日の前検からそうだったが、田中はペラの森に陣取っている時間が長く、同期の太田和美と並んで、二人で黙々とペラを叩いている時間帯も見られた。

_u4w2352  昨日、「衝撃の不調発言」で周囲を驚かせた魚谷が、大がかりなモーター整備ではなく、ペラ調整から作業を進めているのは少し意外だったが、しばらくのあいだは、ペラ中心の作業になるものと予想される。
 1R後には試運転に出ていたが、引き上げてきたあとには、リポーターに対して「とりあえず、まだダメ」というようなことを言って、3枚あるペラを使っていろいろ試してみるということを話していたのだ。

_mg_2612  1R後の試運転には、三嶌誠司、魚谷智之のほかに、寺田祥、井口佳典も出ていて、井口と田村隆信、寺田と白井英治、井口と坪井康晴の足合わせなどが行なわれていた。
 そのとき近くにいた“浪速のドン”長嶺豊さんは、井口と足合わせをしているのが坪井だと確認してから、「よう出てるね。井口と変わらんくらいやないですか」とも言っていたのだから、すなわち井口の足も出ているということである。
 そのためか、試運転から引き上げてきたあと、井口の表情は晴れやかに見えたものだ。マナーのようなものとして選手の誰もがやることではあるが、足合わせをした寺田や田村のもとに行って少し話をしたあとには、装着場にいた湯川とも話をしていた(写真は試運転前のもの)。

_u4w2861  それとは逆に、表情が暗く見えたのが寺田だった。もともとポーカーフェイスなので判断しにくいところもあるのだが、好感触が掴めていないのは確かだと思う。
 井口としばらく話をしていたあとは、同県の白井が、かなり長いあいだ、寺田と話をしていたし、その後、一人になった寺田は、“さて、どこに手をつけようか”と悩んでいるように、しばらくモーターを見つめ続けていたのである。
 ……出ている人間も出ていない人間も、こうしてそれぞれの作業を続ける。
 トライアルは11R、12Rに組まれるので「12戦士の時間」は長いのだ。
(PHOTO/池上一摩 TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

大魔人vsモンスター! 賞金王歴代覇者トーク①

賞金王決定戦トライアルが開幕した福岡競艇場では、今日から3日間、「歴代賞金王覇者対談トーク」がイベントホールで行なわれます。時間は①9:50~②第5レース終了後。まず21日が「第2回覇者・安岐真人vs第3、7、8回覇者・野中和夫」、22日が「第9回覇者・中道善博vs第10、11、17回覇者・植木通彦」、23日が「第4回覇者・福永達夫vs第6回覇者・松田雅文」です。

Cimg3618 というわけで、今日は“大魔人”安岐真人さんと、“モンスター”野中和夫選手会長! 早朝のイベントホールには、この豪華組み合わせを見逃すまいと多くのお客さんが集まりましたよ~。何十年も剣を交えあった二人だけに、息もピッタリの魔人&モンスター。司会の内田和男さんの繰り出した質問、「走っていて、いちばんイヤだった選手は?」に、安岐さんは「野中ですね。スタートが速かったから。ターンはたいしたことなかったけどね(笑)」、すかさず野中さんは「握って回ることにしてましたから。でも、安岐さんは私をマークするんですよね」と負けず嫌いの一言。お互い、今でも勝負師の本能がうずくんですねえ。

第1回目は、安岐さんの第2回賞金王決定戦優勝について詳しく述べられましたが、次の5レース発売中は、野中さんの番ですかな。というわけで、もう時間があまりないですが、今から福岡競艇場に来られる方は急いでイベントホールへ!

明日はあの伝説のデッドヒートを戦った二人! 鳴門の業師と艇王です!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

3日目! 賞金王決定戦トライアル開幕!

おはようございます。いよいよ賞金王決定戦トライアルが幕を開けます! いや~、始まりますよ~! 福岡の今朝は曇り空。天気が崩れるという予報です。雨の賞金王、になるのでしょうか。ともかく、聖戦がスタートするのです!

2007_1220_0404 賞金王にこの人が帰ってきたのは嬉しい限りですね。賞金王3Vの田中信一郎です。これは野中和夫、植木通彦と並ぶ最多タイ。今年は史上初の4Vに挑むわけです。歴史が変わる瞬間を、福岡でみることができるのかにも注目ですね。

それでは皆様、賞金王、めちゃくちゃ楽しみましょう!(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

意外な動きと衝撃発言!――前検日のピット

2007_1220_0460  すでにUP済みの記事でも触れていることだが、「決定戦組」の一番手として三嶌誠司がピットに出てきたのは、午前10時25分のことだった。
 ピットに姿を見せると同時に、三嶌は自分のボートを整備室付近に移動させたので、その行動の早さには驚かされたものだが、すぐに作業を始めるほど、焦りの色を見せていたわけではない。リラックスしているのがわかる笑みを浮かべており、『神田川』の作詞でもお馴染みの喜多条忠先生となごやかに談笑をしてから、ゆっくりと動き出している。
 ただ、そうはいっても三嶌はやはり三嶌であり、まずはモーターに手をつけたが、一日を通して12人のなかではいちばん長く、モーター整備を行なっていたのだ。
 あとから確認したところによると、大がかりな整備などを施したわけではなく、「ひと通りの点検」をしていたということなので、これは“いつもの三嶌流”といえるパターンである。
 まず、その三嶌について書いておくなら、「気力・機力」ともに抜群のコンディションにある一人として挙げられるだろう。この後の特訓を終えたあとに行なわれた共同会見でも、いつも以上に雄弁になっており、モーターについては「いいのが残ってましたね」(=抽選は最後に引くかたちになっていた)、「回転も上がっていたし、前検としては合格点です」と言い切っていたのである。他選手と足合わせをした感触も上々だったようだが、それでも「(精神的に)イレこんでいるわけではなく、12番目に流れ込んだ流れに乗っていきたい」「地に足はついています」とも言っていた。
 明日は6号艇からの発進といえども一番の注目株になってきたともいえるだろう。もちろん、進入についても「行きたいですね! 行く一手のつもりですけど」と、少しの迷いも持ってはいないのだ。

2007_1220_0709  そんな三嶌に続いてピットに現われたのが魚谷智之で、自分のモーターを確認したあと、ボートにモーターを装着した「一番手」にもなっている。
 そこに“落とし穴”があったわけではないのだろうが……。
 夕方の公開会見では「残念なお知らせがあります」との驚きの切り出し文句から「まったく出ていません! すべてにおいて、なんじゃろってくらい悪かったんです」と言い切ったのである。
 衝撃の発言である!!
 2連率では44.5%という数字を誇っているものの、実際に走った感触としては、相当……というか、アンビリーバブルなくらい出なかったようなのだ。
 12番目の男・三嶌の口から「絶好調宣言」とも取れる言葉が出た一方で、“賞金トップ”の魚谷からこんな言葉が飛び出したのだから、賞金王決定戦は本当に怖い。
 ただし、ピットに姿を見せたときから、表情的にはとても明るく落ち着いている様子が窺えた魚谷は、これである意味、「開き直った状態」に近づいたのかもしれない。
 なにせ自分から「残念なお知らせがあります」と切り出したほどなのだから、その表情は少しも暗くなってはいなかったのである。魚谷本人も「(優勝した)ダービーのときも最初は出てなかったし、チャレンジャーの気持ちになれるんで、逆にいいかもしれないですね」と言っていたように、“怖い存在”であり続けるのは疑いようのないところだ。
「ペラには自信がある」とも言っているし、明日からは、大がかりな整備をする可能性も高いとほのめかしていた。

2007_1220_1320  三番目にピットに現われたのは井口佳典だったが、まず受けた印象は「最初の二人にくらべれば、表情が硬いな」というものだった。さすがに決定戦初出場なのだから、どんな選手であっても平常心ではいられないものだろうとも思っていたが、これについては、こちらの思い違いだったのかもしれない。
 共同会見でも、最初に「緊張感」についてを質問されたが、「まったくないです!」と即答!! それも、単なる強がりには見えなかったのである。
 エンジンについて質問されたときにも「OKです! 出てます」と、やはり即答していたのも心強い。
「最後に、賞金王決定戦への意気込みを、明日のスタートで表現してください」という“誘導尋問”を受けると、苦笑しながらも「ぶち込みます」と言っていた。インタビュアーは「無理やり言わせたわけではないですけど……」とも言いかけていたが、井口は「無理やりですよ」と返して、記者陣を笑わせていたのだ。「本当はリスクも高いので、こうした発言は控えたい」と話を続けて、記者陣を笑わせ続けていたのだ。
 いつだったか井口が、ぎりぎりのスタートを続けていることで「気持ちが切れそうだ……」とピットで洩らしていたことも思い出されたが、こんな闘いを続けていけるのは、それだけの心の強さがあるからには違いない。この心の強さを維持できたなら、「穴」以上の存在になり得るはずである。

2007_1220_1048  井口のあとには、次々と残りの選手たちがピットに姿を見せていった。
 その誰もが報道陣に囲まれることになっていったわけだが、最初にプロペラを叩き出したのは松井繁だった。松井もまた、いい精神状態になっているのがわかる表情をしてピットに入ってきたので、この動き出しの早さは少し意外なほどだった。
 しかし、そこはやはり賞金王決定戦である。
 松井がペラを叩き出したのを合図にしたかのように、その直後には、服部幸男、高橋勲、湯川浩司、吉川元浩らもその傍でペラを叩き始めたのだ。
 もちろん、松井をはじめ、モーターを見ることもなくこうした作業を始めたわけではなく、とりあえずのチェックは済ませたあとにペラ叩きを始めたわけだが、「まずはペラ派」が今回の前検の多数派になっていたのは意外なところだった。決定戦のモーターはどれも基本的には好機であるのが前提になっていることと、予想よりは気温が高いことなどが、こんな傾向と関係しているのかもしれない。

2007_1220_0204  そんな中、どちらかというと、「ペラ男(ぺらお)タイプ」といえる濱野谷憲吾が、モーターに手を付けるところから作業を始めたのだから、それぞれの思惑については、なかなか掴みにくい。
 3カ月の休み明けである濱野谷は今回、新ペラを作ってきたということなので、自信のあるペラができているということなのだろう(もちろん、その後にはペラ調整もやっていた)。
 3カ月のブランクに関して、レース感については「走ってみないとわからない」とも言っていたが、12月に入ってからの1カ月の準備で、心身のコンディションやペラ作りなどの面でいい状態を作り上げてきたのは間違いないようだ(ちなみに体重は52キロとのこと)。
 ピットで作業をしている様子を見ていても、その感じは本当にいいし、「名前を売らせてもらった水面」と本人が言うように、思い入れも強く、相性もいい福岡なので、ブランクだけを理由に見限ることなどは、とてもできないはずである。

2007_1220_1108  なお、出だしの段階でモーター整備に取り組む時間が長かった選手としては、三嶌と濱野谷のほかには湯川浩司の名前が挙げられる。
 湯川の場合、表情からは心理状態がわかりにくい面もあるのだが、一日を通してマイペースで過ごしていた印象を受けたものだった。最初こそ、モーターの確認に余念がなかったものの、比較的、早い段階で作業は落ち着いたようで、その後は、他の選手たちの作業の様子を眺めていたりしているところも何度か見かけられたのだ。
 モーターについては「正直いって普通」とコメントしていたが、慌てる必要はないと判断できる範囲にあるとは考えてもいいのではないかと思う。
 ……また、「足の感触は悪くない」とコメントしていた寺田祥も、今日一日を通して、あまり目につくことがなかった選手だった。単なる見落としだとすれば申し訳ない限りだが、慌しく作業をする必要はなかった一人だとはいえるだろう。

2007_1220_0364  ピットに入ってきた直後に少し変わった動きを見せていたのは、田中信一郎だ。
 慌てて作業を始めることもなく、近くにいた人たちと談笑していたり、シリーズのレースが始まると、モニターに見入っていたりしていたのだから、さすが「賞金王男」(=言うまでもなく、過去優勝3回)は経験と余裕が違うと思ったものだった。
 ただ、そこはやはりメリハリというもので、「ペラの森」でのペラ調整を始めたあとは、その集中力は「さすが」の一語でしか表現できないほどのものだった。
 その傍に“兄弟分”の湯川がやって来ても、話し込んだりすることはなく作業を続けていたし、最終的には、スタート特訓が始まる「間際」までこれを続けており、スタート特訓に向かう際には、申し訳なさそうに、シリーズ出場の須藤博倫に、道具を移しておいてほしいと頼んでいたほどだった。

2007_1220_1302  ただ一人の地元選手である瓜生正義については、「シリーズのピットリポート」でも、何度か名前を出している。
 心強い“親分”上瀧和則が傍にいてくれる時間が長いうえに、決定戦の魚谷、シリーズの原田幸哉というように“強い絆を持つ同期たち”がいることも影響しているのかもしれない。プレッシャーもかなり強い立場にあるはずなのに、今日一日を通して、いちばん笑顔が見られる回数が多かったのが瓜生だったのだ。それも、緊張を隠すための笑顔といった感じではなかったのだから、精神面のコンディションなどはいい状態にあるのだろう。
 公開会見においても「気合い……みたいなものはあるけど、リズムはあまりよろしくないかも」などと言って、記者陣を何度も笑わせていたほどだった。
「行き足はちょっと重たい」と言いながらも、モーターに対する評価は、決定戦メンバーのなかでは「普通」と言っていた。
 明日は、10Rに2号艇で出場。「2コースはいいか悪いかのどちらかで、1等か6等が多い」と、瓜生はまたまた記者陣を笑わせていたが、個人的な印象でいえば、前者になる可能性が高いのではないか、と感じられたものだった。
(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

賞金王決定戦!前検診断

 さあ、いよいよ賞金王決定戦が始まった。たった3走しかできない短期決戦、12名は今日、前検の段階から、熱心に試運転、調整に励んでいる。上位12機のモーターが使用されるとはいえ、差が歴然とあるうえに、それぞれのペラや調整法、レース振りとのマッチングが大きく左右するわけで、そのあたりの手応えを得るために、12名は今日という時間を大切に使っていたようである。
 というわけで、前検診断、である。まず、あらかじめお断りしておくと、頻繁に試運転に出ていた選手と、それほど足合わせをしていない選手がいて、今日の段階では評価が判然としない選手もいる。また、出足、伸び、回り足、行き足などについて、S、A、Bなどの評価をつけるのは避けておく。これについては、明日から担当するH記者に見立てを任せるとしよう。したがって、ここでの評価は総合的なものと考えていただきたい。大雑把に「出ている/出ていない」を判断したもの、ということだ。では行こう。

●トライアル第1戦 11R

2007_1220_0434 1号艇・湯川浩司(大阪)モーター57 2連対率 40・1% 8位
前検評価 A?
いきなり「?」である。確認できた足合わせが少なかったため、だ。5R発売中に、井口、田中とマッチアップし、ともに弱めのアシ色だった。8R発売中に行なわれたスタート練習では、ずり下がるようなところはなかったから、まったく悪いわけではなさそうだ。明日の動きをチェックしたい一人。

2007_1220_1260 2号艇・瓜生正義(福岡)モーター54 2連対率 47・7% 3位
前検評価 S
出てます。Nスポーツ福岡担当のMさんがこっそりささやいてくれたところによると、この54機は特注モーターとのこと。その評価通りの動きを見せていた。特にいいのは、行き足から伸び。誰と合わせても、鋭いアシ色を見せていた。また、今日、シリーズ組を含めて、いちばん最後まで試運転をしていたのが瓜生。それも、上瀧和則との足合わせで、二人は延々と併走していた。決定戦常連の上瀧がつきっきりで、瓜生にアドバイスをしていた感じ。中身や手応えはともかく、その事実自体がポジティブファクターだろう。

2007_1220_0915 3号艇・吉川元浩(兵庫)モーター32 2連対率 37・2% 10位
前検評価 S
これも出てます。Mさんが教えてくれた特注モーターのひとつで、まさしくお見立て通りの動き。瓜生の54号機と同様、行き足と伸びが目を見張るもの。瓜生との足合わせでは、むしろこちらのほうが強めだった。また、スタート練習では、3本中2本で目立つ行き足(3本とも3コース発進)。前検段階では、明らかに横綱クラスだ。

2007_1220_06634号艇・高橋勲(神奈川)モーター16 2連対率 51・1% 2位
前検評価 A
足合わせは勝ったり負けたりで、いいのは伸び系統より出足系統か。決して悪くはないが、今日の時点では12名のなかでは中の上か上の下くらいだろう。

2007_1220_0666 5号艇・寺田祥(山口)モーター68 2連対率 36・5% 12位
前検評価 A?
今日は正直、評価が難しかった。足合わせで佐々木康幸に圧倒されたかと思えば、高橋を突き放す伸びを見せたり。近況のテラショーはどこの場でも強烈な伸びを見せるが、vs佐々木は別ペラ、vs高橋は伸びペラ、ということなのだろうか。もし、高橋との足合わせで見せたのが本物ならば、ここでも超絶伸びに仕上がる可能性はある。

2007_1220_0510_2  6号艇・服部幸男(静岡)モーター20 2連対率 38・5% 9位
前検評価 B
あまり出ていない部類に入ると思う。時間を追うにつれて安定してきてはいたが、最初のうちはとにかく、ターンでバタバタとしていて、ちゃんと回れていなかったのだ。足合わせも軒並み弱めで、ここからの調整がポイントとなるだろう。スタート練習でのコースは、6、スロー4、6、だった。

●トライアル第1戦 12R

2007_1220_1170 1号艇・魚谷智之(兵庫)モーター45 2連対率 44・5% 5位
前検評価 B
いや、Cにしてもいいくらいかもしれない。足合わせ、スタート練習ともに、まったく目立たないのだ。松井との足合わせでは、軽くちぎられていた。で、ピット担当の内池によれば、会見で「悲しいお知らせがあります。まったく出ていません」と切り出したとか。こんな魚谷は珍しい。前検ワーストが魚谷だったとは、ちょっと驚いた。

2007_1220_0290 2号艇・濱野谷憲(東京)モーター28 2連対率 42・1% 6位
前検評価 A
確認できた足合わせは、服部との1回だけ。これは濱野谷の圧勝だったが、相手が服部だけに鵜呑みにはできない。ただ、展示の1マークでのターンは、憲吾らしい鋭いもので、ちょっと惚れ惚れするものだった。伸びよりは出足回り足、といった感じだろうか。

2007_1220_09593号艇・松井繁(大阪)モーター51 2連対率 41・6% 7位
前検評価 S
はい、出てます。めちゃくちゃ出てます。これもMさんの囁きに入っていた特注モーター。行き足、伸びはすでに超抜です。一番最初の足合わせで山本隆幸に負けたときは驚いたが、そのあとは合わせる選手合わせる選手、勝っていて、魚谷と服部相手にはぶっちぎり。最後のほうで、瓜生、吉川と合わせたときは同じくらいの感じだったが、つまりはこの3人が前検ベスト3ということになる。9R発売中のスタート練習では、もちろん目立っていたぞ。

2007_1220_0419 4号艇・田中信一郎(大阪)モーター14 2連対率 45・4% 4位
前検評価 A
出足、回り足は強いほうだと思う。瓜生との足合わせでは、ターンを回ったあとはキュッと飛び出していた。ただし、ストレートで追いつかれて抜かれる、という感じで、松井あたりとも似たような感じで分が悪かった。まあ、仕方ないところだ。ただし、湯川に対しては完勝。決して悪いアシではない。

2007_1220_0613 5号艇・井口佳典(三重)モーター71 2連対率 52・8% 1位
前検評価 A?
2連対率1位のエース機だが、正直、そこまでのインパクトは感じない。ただし、足合わせの本数自体が少なく、ハッキリとした判断もしづらいところではあった。湯川、寺田には足合わせで勝っていて、この2人よりは強めだろうか。ひとまず、明日の動きをチェックしたい一人である。

2007_1220_0446 6号艇・三嶌誠司(香川)モーター72 2連対率 37・1% 11位
前検評価 A
突出したものを感じるわけではないが、全体的にバランスが取れていて、いいアシだと思う。つまり、Sと評価するには至らないが、かなりいいほうのA、というか。松井、瓜生あたりともそれほど手応えの差を感じず、かといって服部あたりをちぎるほどでもない。展示の1マークでは、非常にスムーズなターンを見せていて、レースはしやすそうな感じだ。もしかしたら、エースボートと言われる104番艇の威力もあるのか?

 といったところで、前検タイムを見てみましょう。
11R
①湯川  6・58
②瓜生  6・61
③吉川  6・56
④高橋  6・65
⑤寺田  6・62
⑥服部  6・67

12R
①魚谷  6・64
②濱野谷 6・61
③松井  6・63
④田中  6・70
⑤井口  6・60
⑥三嶌  6・63

 一番時計は吉川。ワーストは田中。あら、湯川がけっこういいですね。瓜生と松井はそれほどでもありません。まあ、これはあくまで前検時計。参考程度でいいでしょう。もちろん、私の評価も明日1日調整したあとでは変わってくることもおおいにあります。
 というわけで、明日からはH記者に託します。今日時点での私の感触は、◎松井○瓜生▲吉川△三嶌、濱野谷。魚谷はキャリボディーの交換があるかもということで、その後の動きを見たいですね。
 それでは、明日開幕の賞金王決定戦、びしっと当てて、最高の締めくくりにしましょう!
(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田守)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

聖戦士の相棒決定! 賞金王決定戦モーター抽選

 賞金王決定戦のファースト・バトル――それはモーター抽選。この戦いに、必勝法はない。努力のしようもない。運を引き寄せるすべがあるとしたら、それは強い強い思いを抱いて願うこと――はい、本日9時20分から、賞金王決定戦のボート・モーター抽選会が行なわれました! 会場はイベントホール、公開の抽選会。早朝から熱心なファンの皆さんが集結する中、聖戦士たちがズラリ勢揃いしました!

2007_1220_0018  賞金王の公開抽選会は、ボート番号モーター番号が記された紙が入った封筒を、ボックスの中から引いていく、という方式で行なわれますが、今年は昨年一昨年の住之江賞金王とは若干違う手順で行なわれました。住之江では、賞金ランク1位の選手からランキング順に一人ずつ、ボート、モーターの抽選を行なってその場で封を開き「●●●選手、○番」と発表されました。今年は、ランキング順は去年と同じでしたが、ボート→モーターの順番で12人が一気に封筒を引き、司会の内田和男さんの合図で一斉に封を開いて、一気に引いた番号が発表される、というものでした。去年の方式もドキドキしましたが、今年の方式もまた、せーのでドンと出される分、興奮しましたねえ。ランキング順ということは、魚谷智之がいちばん最初に引き、三嶌誠司はボートもモーターも残り物に福があるか、ということになります。

 それでは、12選手の引いたボート、モーターを発表いたします! モーターの短評は、マンスリーKYOTEIさんを参考にさせていただきます。2連対率や順位は12月2日までのものです。

2007_1220_0021 魚谷智之(兵庫)
モーター45 ボート147
モーター2連対率 44・5% 5位
9月に吉田徳夫が準完全V、しかし勝率ほどのアシはないとか……。
「福岡はいい思い出しかありません。胸を張って帰れるよう、力を出し切ります」
※とにかく、にっこにこでした。いい精神状態で臨めていると見ましたぞ!

2007_1220_0025 湯川浩司(大阪)
モーター57 ボート115
モーター2連対率 40・1% 8位
9月周年では藤丸光一が引いていて、近況は上昇中。行き足がいいようです。
「福岡はなじみがあまりありませんが、賞金王になれるように頑張ります」
※内田さんの質問には「はい、はい」と返事のみ。ちょっと緊張しているようにも見えます。

2007_1220_0029 瓜生正義(福岡)
モーター54 ボート127
モーター2連対率 47・7% 3位
誰が乗っても出る超抜機との評価! 9月周年では久田武が乗っています。
「いい緊張感です。最終日にいい結果を出して、1年を締めくくりたいです」
※やはり声援が大きかったのは、この人! 普段どおりの表情ですから、力を出せるはずです!

2007_1220_0031 濱野谷憲吾(東京)
モーター28 ボート169
モーター2連対率 42・1% 6位
9月周年では堤昇が引いていて、乗り手次第では節イチになれる可能性もあるとか。
「ボクを大きくしてくれた福岡競艇場で、もう一回り大きくなって帰りたいです」
※ボートは実績のある艇のようです。この空間は慣れたもの、余裕を感じました。

2007_1220_0033 松井繁(大阪)
モーター51 ボート122
モーター2連対率 41・6% 7位
順位は低いが、行き足と伸びは超抜の評判機! 9月周年では石野貴之が強力パワー発揮。
「泰然自若で一生懸命やります」
※今年も松井が好機を引いた! 非常ににこやかで、「ペラは1枚が2億円を目指すペラ、1枚が1億円を目指すペラ、1枚はびわこVのペラ」など、口も滑らか。やっぱり王者、やなあ、と思わされました!

2007_1220_0035 吉川元浩(兵庫)
モーター32 ボート168
モーター2連対率 37・2% 10位
9月周年は花田和明が「出すぎてF」! 2連率低くても、出なかったことがないエース級!
「引きたかった1機です。一走一走集中して、楽しんで帰りたいです」
※引いたのはいいモーターですぞ! 福岡に来る前は緊張していたそうですが、そうは見えない! いい感じです。

2007_1220_0036 高橋勲(神奈川)
モーター16 ボート114
モーター2連対率 51・1% 2位
9月周年は伊藤宏。伸びが軽快なモーターで、お客さんからも評判の好足です。
「最高の舞台で最高のパフォーマンスをしたいと思います」
※福岡は、ダービー準V、総理杯優勝戦Fなど、いろんな意味で思い出の多い水面。表情はいい感じですよ。

2007_1220_0039 田中信一郎(大阪)
モーター14 ボート143
モーター2連対率 45・4% 4位
9月周年は松本博昭が乗って、レース足が良さそうだったとか。
「福岡賞金王は初めてでも、黄金のヘルメットは大阪に持ち帰ります」
※気合を感じた一人です。インタビューではにこやかも、待っているときはキリリッ!

2007_1220_0043 井口佳典(三重)
モーター71 ボート170
モーター2連対率 52・8% 1位
これがエース機! 乗り手に恵まれてる、という評もあるが、評判は上々です。
「福岡はノープロブレム。気持ちだけは絶対に負けないつもりで頑張ります」
※湯川同様、ちょっと緊張気味にも思えましたが、好機を手にぶちこむはずです!

2007_1220_0047寺田祥(山口)
モーター68 ボート136
モーター2連対率 36・5% 12位
9月周年で吉川元浩が引いています。秋以降上昇で、寒い時期に合っているのかも。
「集中して走りたいです」
※相も変らぬクールさですが、ちょっとだけ緊張を感じます。

2007_1220_0050 服部幸男(静岡)
モーター20 ボート119
モーター2連対率 38・5% 9位
9月周年は池本輝明。出足、回り足がいいモーターで、これは服部向きか?
「最高の舞台でいいレースができるよう、4日間、ベストを尽くします」
※このステージに戻ってきたことを心から喜んでいる感じで、実にいい雰囲気です。もっとも饒舌だったのが、この服部と松井でした。さすがの貫禄ですね。

2007_1220_0056 三嶌誠司(香川)
モーター72 ボート104
モーター2連対率 37・1% 11位
9月周年は水野要。出足回り足が強力とのこと、三嶌向きだぞ。
「流れに任せてますので、いい流れに乗って行きたいです」
※抽選を待つ間、瞑想。ほとんど笑顔見えず。気合、入ってます。ちなみに、ボートがエースボートのようで、ひとつ前に抽選した服部は「誠やんのために抽選したようなものです」と笑ってました。

2007_1220_0060  運命をともにする相棒が、決定しました。心強いパートナーを、それぞれがどう仕上げていくか。このあと、彼らは前検に臨みますぞ(もちろん、その様子をレポートします!)。さあ、聖戦が始まった! 賞金王決定戦が走り出した!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

2日目! 賞金王戦士がやってくる

おはようございます! 賞金王決定戦、2日目の朝。今日はいい天気ですよ~! 本日は賞金王決定戦の前検日。ベスト12聖戦士が競艇場入りします。彼らを歓迎するかのような清々しい朝でありますね。

2007_1218_0458 賞金王決定戦は、獲得賞金上位12名による争いですが、賞金王シリーズは13位~60位(F休みなどの選手は除く)。60位が堤昇選手であります。しかも、大嶋一也の出場停止で繰り上がっての出場。こういう選手が大活躍したら、痛快ですよね! チャレンジカップも、メンバー中賞金ランク最下位の倉谷和信が優出しましたし、堤がそれに続いたら、面白いですぞ~。というわけで、今日の注目選手です。

それでは皆様、本日も賞金王を楽しみましょう!(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

本日のMVP&ベストパフォーマンス

H「今節のベストパフォーマンスは、HとKの協議制にしよう。予想を担当したほうが1つピックアップして、それに対して議論をして決定する」
K「了解でございます」
H「今日はKが予想担当だったから、お前がピックアップだ」

賞金王シリーズ初日

2007_1218_0659 Kの決断「きょうはもう、智也で決定でしょう! もちろん、11Rのすごすぎるツケマイです。なんせ、3コースからスリットは内2艇に先行かれてるんですよ。普通は当然、差し、よくてマクリ差しでしょう。ツケマイ打ったら、流れるパターンです。しかも、インは白井英治なんですからね。このツケマイは、ハッキリ言って、鬼です。さすが智也ですよ!」

Hの後押し「これには異論がないな。重成が上瀧を追い詰めた10Rも興奮したけど、思わず声が出たのは、やっぱり智也のツケマイだ。智也はほんと、強いの~~~」

Kの歓喜「でしょ? でしょ? 智也が強いと、やっぱり面白い! シリーズは智也がおおいに盛り上げそうですね!」

Hの期待「智也って、2コースでも、これをやるよな。同体からでも外を攻めて、マクり切ってしまう。それが炸裂したんだから、今年は不調だったけれども、来年の智也は一味違うよ」

Kの決定「というわけで、今日は文句なしですね」

本日のMVP&ベストパフォーマンス
山崎智也
11R 智也ここにあり!を示した、鬼のマクリ差し

PHOTO/中尾茂幸


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

賞金王開会式!

 SG開幕! そのムードをひときわ盛り上げてくれるのが、初日に行なわれる開会式であります。今回は、SG開幕!だけではなく、賞金王開幕! いや~、めっちゃテンション上がりましたよ! 福岡は早くも熱気が大沸騰しておりますぞ!

 というわけで、まずはシリーズ組から。淡々とした挨拶が続く中、最初に盛り上げたのはこの人でした。
2007_1219_0045 白石健「シライシタケシでーすっ!(深々とお辞儀)」
 いやあ、シラケン、いいなあ。この人柄が最高っす!
鎌田義「(投げキス)みなさまにクリスマスプレゼントです(といってTシャツを脱いで、客席へ投げる)。ハッピーメリークリスマス!」
 さすがのエンターテイナー・カマギー! Tシャツ投げは恒例となりましたね。
木村光宏「今節は重成くんと三嶌さんの応援に来ました。三嶌誠司はやると思います」
 いやいや、そんなこと言わずに木村さんもやっちゃってください! なんたって、都築正治との最多勝争いがありますからね! 
石川真二「自分のふるさとでのSGです」
 愛知在住の石川ですが、生まれは福岡だそうですね。勝って故郷に錦を飾ってください!
市川哲也「気合入れて、いいエンジン引こうと思ったけど、まだまだ腕が足りなかったですね~」
 ガラポンの腕、ですか? でも、レースの腕はバッチリです!

2007_1219_0103  ダービーから3連続SG出場の山口剛。開会式の彼といえば、バク宙がおなじみですね。ということで……
山口剛「回り収めです!(バク宙)」
 コンパニオンのおねーさんがびっくりしてましたぞ。で、これに呼応したのが香川のイケメン。
重成一人「ボクも回る(バク宙)」
 おぉぉぉっ。この負けず嫌いがいいっすね。

2007_1219_0126  そういえばそうなんだよなあ……というのが、山崎智也のシリーズ初出場。というわけで……。
山崎智也「初出場の群馬県出身、山崎智也です。名前を覚えてもらえるよう、精一杯走ります!」
 ダハハハハハ! 智也、うまい! 智也って、けっこうユーモア精神旺盛ですよね。で、それに呼応したわけじゃないんでしょうが……。
倉谷和信「まだまだ新人の倉谷です」
  うがっ、倉谷さんが新人だったら、私なんてペーペーですよ~~。

 シリーズ戦48名が登場したあとは、そうです、決定戦出場12名の登場です! 選手をコールするのは、レニー・ハートさん。PRIDEなどでおなじみの、「せいーッじーっーみーっしーっまーっっっっ!」のおばさ……いや、おねーさんですね。ではいこう、賞金王決定戦の12名だ!
2007_1219_0245三嶌誠司「福岡のこのいい流れにしっかり乗っていきたいです」
服部幸男「この舞台に立つために、1年間ベストを尽くしてきました。今節は黄金のヘルメットをかぶるために、ベストを尽くします」
寺田祥「自分のレースでトップを獲ります」
井口佳典「最高の舞台で、思い切り暴れて帰ります」
田中信一郎「またこの舞台に帰ってこれて、幸せを感じています。目指すは黄金のヘルメット」
高橋勲「最高の舞台で最高のパフォーマンスを見せたいです」
2007_1219_0242 吉川元浩「この1年間やれることはすべてやってきました。ビシッと決めて帰りたいです」
松井繁「いい準備ができました。いいリズムで来れました。いい結果を残して帰りたいです」
濱野谷憲吾「お久しぶりです。大好きな舞台で、賞金王を獲って帰ります」
瓜生正義「今年の集大成として、地元として、黄金のヘルメットを獲ります」
湯川浩司「夢にまで見たこの舞台、頂点目指します」
魚谷智之「たくさんの人に支えられてここまでこれました。勝ってお礼ができるよう、全力で走ります」
 みんな、気合が入ってますぞ! あの湯川もお笑いパフォーマンスを封印して、ビシッと決めてみせました。さあ、賞金王決定戦、本当に本当に開幕です!

 開会式のあとにはシリーズ戦のドリームインタビューが行なわれましたが、盛り上がりまくった開会式が押し押しで、6名は一言くらいしか話せませんでした(原田幸哉が「もう終わりですか?」と聞いたくらいでしたね)。それでも、こちらもまた気合を感じるコメントの数々でしたよ。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田守)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

プレイバック賞金王~賞金王決定戦を制した男たち~

 今朝のイベントホールではまず、開会式の前に『プレイバック賞金王』と題されたイベントが行なわれている。
2007_1219_0022  第2回賞金王決定戦のダイジェストビデオが流されたあと、エルガーの行進曲『威風堂々』に乗って、その覇者である“瀬戸の大魔神” 安岐真人が入場! 風格あふれるその姿はまさに威風堂々だ。
 その後は、第3回、7回、8回を制した野中和夫、第4回を制した福永達夫、第6回を制した松田雅文、第9回を制した中道善博、第10回、11回、17回を制した植木通彦が同様のかたちで入場。“偉人たち”一人ひとりの姿が見られるたびに大歓声が起きていたが、そのなかでもひときわ大きな声援が送られていたのは、地元の英雄、松田雅文と植木通彦が入場したときだった。その後、一人ひとりのインタビューも行なわれたが、「植木さんは、この後に紹介する12人の一人として紹介することになるかと思ったんですが」と振られると、さすがに植木も苦笑。会場のファンからはやはり、早すぎる引退を惜しむ声が送られていた。
2007_1219_0021  福岡初の賞金王決定戦開催にあたり、まずはこのイベントからスタートしたのは大正解といえるだろう。自分が優勝した第2回賞金王のレースのことは「忘れかけそう」と、瀬戸の大魔神はファンを笑わせていたが、競艇ファンならば決して忘れられない伝説のレース、そしてそれを制した男たちの姿が見られたのである。
 これから始まる賞金王へのコーフンは自ずと高まってくるものだ!
(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

初日! 賞金王シリーズ開幕

おはようございます! 賞金王決定戦、いよいよ開幕でございます! 本日は賞金王シリーズの初日。ベスト12に駒を進められなかった者たちの、怨念にも似た闘志が爆発するシリーズ戦でございます。今朝の福岡は曇り空でありますが、この雲を吹き飛ばす熱戦に期待しましょう!

2007_1218_0344 昨年のシリーズ戦覇者は赤岩善生でした。優勝戦後、本当に嬉しそうに目を細めていたのを思い出します。彼としては、それをステップに今年はベスト12入りを願っていたのでしょうが、果たせず。ならば、今年ももう一丁シリーズを制して、来年につなげたいところですね。今年も、男・赤岩の凛々しい表情を見たいものであります。

というわけで、本日もよろしくお願いいたします。あ、そういえば。今日の9、10、11R終了後に、黒須田がイベントに出演します。「BOATBoy vs 競艇マクール」ということで、マクールの山本編集長と予想対決をするんですね。昨日から、会う人会う人、「負けたらあかんで!」とか「勝てや!」とか、けしかけまくりです(笑)。福岡競艇場にお越しの方は、よろしければ醜悪なツラを見に、イベントホールへお越しください。

(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

賞金王前夜祭!

Cimg3610 本日の福岡競艇場では、賞金王シリーズに出場する選手たちが前検に臨んだわけですが、賞金王決定戦に出場する12名はというと、なんと彼らも福岡入りしていた! そうです、本日午後6時から福岡市内のホテルにて、賞金王決定戦前夜祭が行なわれたのであります!

R0015316 ステージ上にずらりと並んだベスト12の面々……あぁ、目も眩まんばかりの輝きを誇るスターたちが、ファンの皆さんの前に登場したのであります。今日は、やはりリラックスした表情が見えましたが、これがあさってには強烈なオーラを放つようになるんですねえ……。うがっ、盛り上がってきた! 選手たちは、ステージから降りてファンの方々の輪の中に飛び込んで、歓談に興じたりもしておりました。魚谷智之と瓜生正義の76期コンビは、ダブルで「アタックチャ~ンス!」なんてやってたりして。

いや~、本当にテンションが上がってまいりましたぞ!


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (1)

韓国の賞金王、参上!

本日、韓国競艇の選手の皆さんが福岡競艇場を訪れ、前検を見学されていました。私、申し訳ないことに韓国競艇には明るくないのですが、選手の皆さんはBOATBoyを読んでくださってるんですって! うがぁぁ、恐縮であります!

Cimg3606_2 嬉しいので、写真を撮らせてもらいました。暗い写真で申し訳ないのですが、真ん中の白青のシャツを着ているのが、昨年の韓国チャンプであるサ・ジェジュン選手であります! 韓国の賞金王! 今年は2着に敗れてしまい、悔しいっ!とのことでした。来年は返り咲きを! そして私も近いうちにぜひ韓国競艇に行きたいっす!(黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

賞金王! 福岡!

Cimg3602 おはようございます! やってまいりました、賞金王決定戦! いや~、テンション上がりますなあ~~~! というわけで、取材班、先ほど福岡競艇場に到着いたしました。本日より24日のファイナルバトルまで、ここ福岡より現地更新してまいりますので、今節もよろしくお願いいたします。

本日は、賞金王シリーズの前検日。というわけで、このあと選手入りから前検の様子まで、取材、レポートいたしますよ~!

艇界最大の大一番、クリスマスイブの一大聖戦、皆様、今年最後のグレート・フェスティバルをおおいに楽しみましょう! それでは、どうぞよろしくです~。


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

さあ、“聖戦”がやって来た!

皆様、いよいよやってまいりました。艇界最大の一戦、賞金王決定戦!

12月19日に「賞金王シリーズ」が開幕し、21日から「賞金王決定戦」がスタート。年間最高峰の戦いが、福岡競艇場で始まります! 果たして、優勝賞金1億円を手にするのは誰か。今年の最強に輝くのは誰か。いや~~~、興奮してまいりましたな!

取材班は、明日福岡入りいたします。明日の賞金王シリーズ前検から24日、クリスマスイブの最終日まで、現地福岡より即日更新してまいりますので、今回もどうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆様、賞金王決定戦、思いっ切り楽しみましょうねっ!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)