この特集について
ボートレース特集 > クイズ連動企画「素晴らしきかな、名人戦の進入」2日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

クイズ連動企画「素晴らしきかな、名人戦の進入」2日目

2日目もいってみましょう! 進入争い、激しくなってまいりましたぞ! これぞ名人戦!

Q1 2日目の「枠なり進入」は全部で何レースある?(正解:30P)

正解
3レース(3、5、10R)

正解者:ナシ

2008_0416_0099  2日目の枠なりは、たったの3つ! 4分の3で動きがあったことになります。名人戦らしいレースが続出してまいりましたぞ!
 本日、目立ったのは古場輝義でしょう。7R、本番は1号艇の富田章に突っ張られて2コースでしたが、スタート展示では果敢にインを奪っています。このときは3号艇。4号艇に前付け必至の原由樹夫がいたので、これに合わせるということもあったのでしょうが、しかし赤いカポックでのイン獲りは、決意の証と言ってもいいでしょう。そして11Rは6号艇から、ここも前付け! 1号艇の山﨑毅がインは譲りませんでしたが、2コースを奪っています。
 名人戦デビューの“新兵”古場は、どうやら先輩たちに真っ向から張り合って、イン水域に活路を見出すようですぞ。明日からも注目であります!

Q2 次のレースの進入をズバリ当ててください。(正解:1Rにつき40P)

1R
①池上哲二
②木下繁美
③鵜飼菜穂子
④木下頼房
⑤吉本正昭
⑥足立保孝

※黒須田予想=1326/45

正解
123/645

正解者:5名(マニアック軍団、マッキイ、マクリ小僧、毒婦、haji-sp)※マニアック軍団さんのみ、+10P。

2008_0416_0201  ③鵜飼がどんな動きを見せるか。それがこのレースのポイントだったでしょうか。結果的に、特別な動きはなく、枠番どおりの3コース。鵜飼の本領発揮は、やはり外枠になったときということでしょう。
 黒須田は、⑥足立も動くのではないかと踏んでいましたが、ゲットしたのはなんと4カド。スタート展示も、同じ進入でした。ただ、これは動いたというよりは、ピット離れが良かったといったほうがいいでしょうか。あるいは、⑤吉本のピット離れが悪かった。足立はピットアウト後の隊形を生かして、4カドをもぎ取ったと見えましたね。これも厳しいコース取り、スキあらば動こうと腕を撫す面々ばかりの名人戦なのであります。

6R
①酒井忠義
②関忠志
③瀬尾達也
④金井秀夫
⑤池上哲二
⑥加藤峻二

※黒須田予想=124/356

正解
124/356

正解者:4名(ママ、ジロー、haji-sp、無事故完走)※全員+10P

2008_0416_0176  ここは当然、②関がインを取るのかどうか。外枠ならば、動くのが当然。しかしここは2号艇。1号艇には大先輩の酒井がいて、果たしてどうするのだろう……はい、動きませんでしたね。ここは枠なり2コース。やはり、2号艇というのはかえってインを狙いづらい枠なのでしょう。というより、関も2コースをハナから想定していたのかもしれませんね。で、これが見事に奏功した。トップスタートでスリットを駆け抜けた関は、半艇身ほどのぞいた態勢から、ジカマクリを酒井に浴びせます。これが見事に決まって、初日から2連勝。関、乗れてますね。
 ④金井が動いて3コースで、この人も今節は内狙いできそうな様相です。③瀬尾は、どちらかというと、先輩が来れば譲る、という方向性になっていくのでしょうか。

10R
①新良一規
②加藤峻二
③沖口幸栄
④万谷章
⑤水野要
⑥山﨑昭生

※黒須田予想=152/346

正解
123/456

正解者:9名(マニアック軍団、山本明人、タッチスタート、浜野谷憲吾郎、けんじ、りそまる、やっちゃん、haji-sp、無事故完走)※全員+10P

2008_0416_0102  枠なり、でしたね。⑤水野の前付けがあるかも、と思っていたのですが、またく動く気配を見せませんでした。ならば、すんなりの枠なりになるのも当然の組み合わせでありました。それにしても、沖口の1マークは「マクリ!」ですね。ただし、回り足がもうひとつなのか、流れる傾向があり、抵抗した艇(特にイン)の内に差し場ができるパターンが多いようです。このレースで“沖口スペース”に飛び込んだのは、我らが御大でありました。明日からも「沖口スペースに飛び込む選手」には注目したいですね。

Q3 12Rの関忠志は何コースに入るでしょう? また同Rの進入を当ててください。(正解:各40P)

12R 団塊ボーイズ戦
①新井敏司
②村田瑞穂
③高山秀則
④富田章
⑤石川正美
⑥関忠志

※黒須田予想=1コース、615/234

正解
関忠志は1コース
進入=615/234

正解者
関のコース:7名
(どれみす、マニアック軍団、りょうぽん、おちょこ、タッチスタート、毒婦、無事故完走)
進入:ナシ

 黒須田としては、胸を張りたい気分であります。進入までバッチリ的中! 舟券は外れましたが、ぐすん。
 それにしても、今節の関は、外枠なら深くなってもイン!の心積もりなのでしょう。インタビューなどでは「勝てるコースから」などと言っていますが、今節の勝てるコースこそ、ズバリ「イン!」。いずれ迎えるであろう3号艇ではどうか?はまだなんとも読めませんが、4より外ならば今日のような動きを見せてくれるはずです。
2008_0416_0139  一方、ちょっとばかり唸ったのは、⑤石川のコース取りでした。スタート展示でも関について動いた石川は、しかし回り直して6コースに回っています。①新井がインは獲られても最低2コースは死守、の姿勢を見せたため、やや深くなってしまったんですね。ところが、本番では再び動いた! 新井がスタート展示よりは早めに引いたこともあったのかもしれませんが、石川はスタート展示を踏まえつつ、深くなりすぎない3コースのタイミングをはかったのではないでしょうか。漫然と前付けし、漫然と回り直していたら、このような芸当はできません。今よりもずっと進入争いが厳しかった時代を生き抜いた石川だからこそ、“スタート展示のリベンジ”を果たせたのだと思います。そして、これが功を奏して2着。ひたすら拍手を送りたいですね。

(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/40897110
コメント

6Rの進入予想
僕も当たってる気がするのですが・・・。
いかがでしょう?

投稿者: やっちゃん (2008/04/16 23:51:29)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません