この特集について
ボートレース特集 > 最終日! さあ、神技を堪能しよう!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

最終日! さあ、神技を堪能しよう!

おはようございます。競艇名人戦、いよいよ最終日であります。尊敬すべき、また畏怖すべき匠の戦いが今日で終わってしまうのは、実に寂しいですねえ……。来年までしばしの別れとなる名人戦、本日は神技をおおいに堪能したいものです。

2008_0419_0117 さて、昨年もそんな思いで大村競艇場を後にしたのですが、その大村名人戦でおおいに印象に残ったのは、優勝戦1号艇をゲットしながらインを大嶋一也に奪われ、準優勝に終わってしまった荘林幸輝です。レース後の複雑な表情は、せつなくもまた色気のあるものでした。あれから1年、彼は今年も優勝戦に駒を進めてきた! あの日のリベンジを、ここで晴らすべく、一節間を戦い抜いたわけです。荘林選手といえば、1号艇・田中伸二、2号艇・村上信二とともに、“花の42期”対決が話題となりそうですが、もうひとつ1年越しの雪辱戦というテーマも彼にはあります。今年は、笑って熊本へ帰れるでしょうか。

というわけで皆さん、本日がファイナルバトルの名人戦。おおいに満喫いたしましょう! ビバ名人戦!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません