この特集について
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

珍事!

7R発売の直後、H記者とK記者はグルメ取材に向かうべく、記者席から場内へ行こうと席を立ちました。記者席の正面に見えるオッズ板では、1-2と2-1が人気を分け合う格好。1号艇=桑原淳一、2号艇=瀬尾達也ですから、まあ、逃げるか差さるかのレースかなあ、とは誰もが考えることでありまして。

Cimg3825 記者席を出る直前、ふとオッズ板を振り向いたK記者、何かに気づいてアングリ。「い、い、い、いってんぜろ!」。そうなのです、気づけば1-2のオッズが1・0倍に! 2-1は一気に15倍にもなっておりました。H記者はすぐにピンときましたね。「こ、こ、これは、異常投票!」。まだ締切まではかなり時間を残した段階でのこのオッズの動き、間違いなく誰かが大量に1-2を購入したにちがいありません。

メシ食いながら、「おおよそ200万から300万、1-2に入れた人がいるのだろう」と推測したH記者とK記者は、その大口投票の方の気持ちになって観戦することに決定。1マーク、桑原が逃げて瀬尾が差して続いた瞬間、「できたっ!」と叫んで、大騒ぎしたのでありました。結局のところ、オッズは2・7倍にまで上がっていましたが、「200万買ったとして……340万の儲け! やったやったぁぁぁぁ!」と大喜びのバカ二人。自分たちは舟券を一枚も買わなかったのにね。

ということで、日本のどこかにいる1-2大勝負の人よ、おめでとう!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/40914576
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません