この特集について
ボートレース特集 > クイズ連動「準優ダイジェスト」
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

クイズ連動「準優ダイジェスト」

2008_0419_r10_0568 10R~心の極致~
①富山弘幸(49・大阪)
②尾崎鉄也(52・長崎)
③若女井正(48・神奈川)
④古場輝義(48・富山)
⑤関 忠志(57・岡山)
⑥原由樹夫(55・岡山)

 スタ展では1546/23だったが、本番ではなんとなんと闘魂のイン屋・関がス~ッと引いて、2コースを古場に譲った。古場がさほど激しく攻めたわけではないから、おそらく関の作戦だったのだろう。今節の関はスリットからの行き足がトップクラス。深いイン戦にこだわるより、助走距離をとってのS一撃を狙ったのだ。最終隊形はかなり想定しにくい1456/23。
2008_0419_r10_0594  そしてスリット。関の老獪な戦法が功を奏したかに思えた。コンマ08のトップSから瞬く間に抜け出し、内の艇を一気に絞る。これで2コースの古場がお辞儀をすれば「関チュ~まくり」の一丁上がりである。が、古場は窮屈な体勢から一歩も引かない。引かないどころかゴリゴリと跳ね返しつつ、内の富山まで攻めようとしている。で、富山もこの2艇の喧嘩に付き合ってしまった。関と古場は海側の彼方へ、古場と接触した富山も自慢のレース足を殺されてもがいている。
 こうなると、もちろんダッシュ勢の出番である。5コースの尾崎が、6コースの若女井がぽっかりと開いた内水域に全速で飛び込んで、大勢は決した。2号艇でありながら、やんちゃなイン屋たちを入れて5カドを選択した尾崎。冷静沈着にして己の得意な戦法を貫いた「心」の勝利だった。

進入クイズの正解
1456/23

正解者:1名!!(どれみすさん。しかも4対2まで当てての+10P)
おめでとうございます。どれみすさんには90Pと「進入名人」の称号を授けさせていただきます。そ、それにしても素晴らしい! どうやったら「関より内に古場が入る」と考えたのでしょうか……!? 本当に凄い!!!!!

★どれみすさん…「進入名人」戴冠

11R~技の極致~
①村上信二(49・岡山)
②荘林幸輝(52・熊本)
③桑原淳一(52・東京)
④山口博司(49・長崎)
⑤松野京吾(51・山口)
⑥高山秀則(59・宮崎)

2008_0419_r11_0783  進入はスタ展とまったく同じ1234/56。5カド松野のSは平凡で、攻めきるだけの迫力はない。代わりにスリットから飛び出したのが、3号艇の桑原だった。10Rとよく似た展開だ。そして、ここでも2コースの荘林が桑原の絞りまくりに激しく抵抗した。インの村上は「花の42期」と謳われた同期生。その村上への援護射撃だったかどうかはわからないが、このブロックで桑原の迫力はへなへなと萎え、それから荘林は差しに回った。村上にとっては絶好の展開だ。
「3号艇が見えてヤバイと思ったけど、同期の荘林君がブロックしてくれたから……同期愛を感じました(笑)」
2008_0419_r11_0758  あとは1マークを先取りするだけ。村上の優出がすんなり決まった。熾烈を極めたのが2着争いだ。桑原ともみ合った荘林の差しは遅れ、センター筋から山口、松野が差し抜けてゆく。が、2マークではさらに内から高山が突進。巧妙かつ老獪なテクで先行艇の進路を塞いだ。たまらず減速する松野と山口。そこに差そうとした荘林も来て3艇は大きくバウンドし、2番手はあっという間に高山に変わった。が、態勢を立て直した荘林も諦めない。パワーのない高山との差を内から2艇身、1艇身と詰めて、わずかに舳先がかかった。これを力ずくのツケマイで沈めようとする高山、必死で体を残しながら抵抗する荘林……生き残ったのは、荘林だった。
 2周の間に3連単が1-4-5→1-6-2→1-2-5→1-2-6と猫の目のように変わる大激戦。特に荘林は、1マークで桑原のまくりをブロックし、1周2マークで山口に追突し(結果的にはダンプ)、2周1マークで高山の強ツケマイに激しく抵抗し……あの手この手のテクを駆使して2着をもぎ取ったのである。同期愛も去ることながら、バック5番手から2着まで追い上げたハンドル捌きは、まさに「技」の極致だった。

クイズの正解
カド選手…5カド 松野京吾

正解者:W正解50Pは3名(サブマリンさん、てるきちさん、メイリーフさん)、片方正解20Pは4名(けんじさん、やっちゃん、無事故感想さん、りそまるさん)

12R~体の極致~
①田中伸二(50・広島)
②瀬尾達也(48・徳島)
③池上哲二(58・広島)
④山﨑昭生(48・香川)
⑤大西英一(51・東京)
⑥吉田 稔(51・群馬)

2008_0419_r12_0890  進入はピット離れのよかった吉田がそろりと潜り込んでの1236/45。カドに引いた山﨑だが、F2持ちでは踏み込みきれない。トップSは当然のごとく2コースの瀬尾だった。コンマ08。瀬尾からすればほぼ平均値、フツ~のスタートである。ただ、全速でもないしスリットから伸びるだけの行き足もないので、インの田中はすぐに伸び返した。田中にとって、瀬尾は絶好の壁役になってくれたわけだ。
「瀬尾さんが壁になってくれて、いやぁ、ありがたかったっす!」
2008_0419_r12_0904  瀬尾の外にいる4艇は、地団太を踏んで瀬尾が動くのを待っていた。耐えきれずに池上が山脈のような瀬尾の上をぶん回す。そこに、やはりぶん回していた山﨑が接触して2艇は減速した。ゆっくりと瀬尾は差しに回る。回ったときには、1着・田中、2着・瀬尾のワンツーが決していた。これぞ準優名物の「行った行った」決着。外の4艇に差させない、まくらせない完全ブロックで、V候補の瀬尾はノルマともいうべき優出を果たしたのである。それにしても……ここ半年の瀬尾の平均Sはなんとコンマ10前後。ゼロ台かどうかは微妙だが、Fを一度も切らずに走り続けて平均コンマ10というのはもはや超人である。しかも48歳。直感力なのか動体視力なのか身体能力なのか……よくはわからないが、まさに瀬尾の並外れた「体」の能力が、このレースを支配していた。

クイズの正解
カド選手…5カド 山﨑昭生

正解者:W正解者はナシ。片方正解20Pは17名(サブマリンさん、山本明人さん、マクリ小僧さん、マニアック軍団さん、マッキイさん、浜野谷憲吾郎さん、ラリーズクラブさん、てるきちさん、メイリーフさん、どれみすさん、ジローさん、やっちゃん、毒婦さん、無事故感想さん、りそまるさん、タッチスタートさん、haji-spさん)

その他のクイズの正解

Q1/5日目の枠なり進入のレース数は?(30P)
正解:5個(2、5、7、8、11R)
正解者:4名(マクリ小僧さん、ジローさん、やっちゃん、無事故感想さん)

Q2 次のレースの進入をズバリ当てよ(40P)

1R正解 1526/34
正解者:ナシ

6R正解 135/246
正解者:ナシ

 ん~一般戦のこのふたつ、想像以上に難解でしたね(鵜飼姐さんの回り直しとか)。1号艇も深くても主張するし。明日の一般戦も難しいのかも!?
※どれみすさん、やっちゃん、マクリ小僧さん、ほんに済みません!! 手書きからパソコンに書き写すときに、一足飛びにしてしまったようです。でもって回答者の皆さま、今後とも書き忘れや今後の集計ミスとかがありえるかもしれないので、その際はお手数ですがコメントにてご連絡のほど、重ねてお願いします。ほんにすいませんでした!!(Photo/中尾茂幸、Text/畠山)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/40925377
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません