この特集について
ボートレース特集 > 本日の水神祭!――優勝戦編
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の水神祭!――優勝戦編

Img_3661  第35回笹川賞の優勝は井口佳典!
 井口にとってはこれがSG初優勝ということで、もちろん水神祭が行なわれることになるわけだ!!
 イベントステージでの表彰式が終わったあと、救助艇に乗って井口がピットに戻ってくると、同県の先輩・森竜也の仕切りによってすぐに水神祭が執り行われている。
 慌てて集まってきたのは、銀河系軍団の友・湯川浩司や、田中信一郎、太田和美といった近畿勢に、地元の高橋勲など、だった。そのなかでもとくに田中は、「お前、ええとこ差すなよ!」と、笑って“文句”をつけながらも「おめでとう!!」と握手。同じレースを走っていながらも、そうして気持ちよく祝福しているところは、とにかく男らしかった。

Img_3670  水神祭は、バックスタイルでドボン!
 井口が水面から上がってきたあとの“主役”は、信一郎の弟子・湯川だった。
 井口のお尻と局部に、濡れたタイツがびっしり張り付いているのを発見すると、「お前、ケツ! それ、きもい」と、さらなる注目を井口のソコに集めることに成功している。
 そして、その後に井口と湯川の2ショット撮影が行なわれ、ずぶ濡れの井口が湯川に肩を組んでいくと、「つめたいって!」と、再び周囲の笑いを取っていた。そうして、注目を集めるのが湯川になろうとも、井口はとにかくご機嫌だった!!
 傍にいたなら、誰もが思いきり祝福したくなるような、なんとも気持ちのいい水神祭だったのだ。
 ……おめでとう、井口佳典!
(PHOTO/山田愼二)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません