この特集について
ボートレース特集 > 優出選手インタビュー「50でも40でも大丈夫」(深川)
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

優出選手インタビュー「50でも40でも大丈夫」(深川)

_mg_7960  優勝戦の日の恒例イベントといえば、優出選手インタビュー。本日は13時30分から行なわれました。声援の一番人気は深川真二! 九州の砦でもあり、人気爆発であります。「全九州を背負う? 今日は、ですね」。うおぉぉぉぉぉっ! 男・深川カッコよかったっす。

_u4w3286 1号艇・松井繁
「アシは総理杯、気持ちはオーシャン。自分が失敗しない限り、大丈夫だと思います」
2号艇・今垣光太郎
「2コースだと思います。譲らない? それはわからないですけど。2コースなら差し、3コースならマクリしかない」
3号艇・坪井康晴
「なるべく3コースからですが、臨機応変に。勝てるコース? 勝てるチャンスがあるコースから」
4号艇・太田和美
「ナイターSG初優出?……………………そう……なんですかね?」
5号艇・中村有裕
「ダッシュ覚悟? そうとも限らないです。このメンバーでもヒケをとらないアシだと思います」
_u4w3359 6号艇・深川真二
「インコースは好きです。6月6日生まれ? はは、6は好きです。深くなってもいきます。50でも40でも大丈夫です。いきますよ、はい」

_u4w3337  進入がどうなるか、なかなか興味深いコメントになりましたね。そんななか、機力気力ともに万全の仕上がりであることを表明した松井。自分との闘い、という次元に突入しているようであります。太田の、記憶を掘り起こそうとしている沈黙も、なかなかよかったっす。
 優勝戦締切は20時30分予定(場外、電投はその3分前です)。あと6時間、ワクワクしてその時を待ちましょう!(PHOTO/池上一摩)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
若松SGモーターボート記念+阿波踊りの多摩川G3サントリーカップ 【ラリーズクラブ】
 去りゆく夏の夢の祭典若松SGモーターボート記念も8月の終わりと共にいよいよ最終日。「足的には総理杯、気持ちはオーシャンカップ。」の充実したモチベーションでMB記念初Vもくろむ1号艇・王者松井繁(11月11日生まれ)を取り巻く優勝戦は6号艇深川真二(6月6日生まれ)が....... 続きを読む
受信: 2008/09/01 1:39:07
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません