この特集について
ボートレース特集 > エース47号機は伏兵・深井の手に!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

エース47号機は伏兵・深井の手に!

2008_1103_0077 「47号機をゲットするのは誰か?」
 今節のモーター抽選のハイライトはこれ。初降ろしから約7カ月間がたった今も、複勝率54%をキープしている怪物級モーター47。が、競技棟に集まった選手たちの顔には緊張や気合らしきものはなく、皆、和気藹々に談笑している。服部と松井も豪快に笑いながら、あれやこれやと世間話。同期なのだから当然の光景とはいえ、年間3億円を狙うトップレーサーと地元の天皇とのツーショットはなんとも壮観だ。
「モーター、47番!」
 抽選がはじまって6人目、深井利寿が垂涎の数字をゲットした瞬間だけ、談笑が歓声に変わった。
「お~~! 出た~!!」
「やっちまったか~!」
 2008_1103_0089 やはり、みんなこの数字だけは気にしていたのだ。ただ、松井と服部はどこ吹く風で話し続けていたけれど。その松井はガラポンをゆっくりゆっくり回して66号機。複勝率30%の低調機だ。一方の服部は豪快にガラポンを回転させて「モーター48番」。複勝率40%弱の上位機を引き当てたのだが、それを知ってか知らずか、浜名湖天皇2008_1103_0105 は「おぅ、4月8日はブッダの誕生日だからな!」と上機嫌で自席へと戻って行ったのだった。本命ふたりの明暗が分かれたか……とにかく賞金王参戦へ背水の戦いが続く服部にとっては、まずは第一関門クリアといっていいだろう。
 以下に複勝率ベスト6と気になるモーターを記しておく。

①47号機 54・3%◎ 勝率だけでなく回収率(1着時2連単)も148%でダントツ。怪物級かも。→深井利寿
②45号機 50・0%◎ 勝率では47号機に劣るが1分46秒3のトップタイム保持。まさに双璧だ。→金子貴志
…………
③22号機 45・8%▲ 勝負強さ疑問も常に安定したパワー→菊地孝平
④16号機 45・5%△ 乗り手に恵まれた部分もあり、過信は禁物だが→山地正樹
⑤54号機 43・0%△ 出足に安定感。ただ、同じ複勝率でも25号機が上→渡邉英児
⑤25号機 43・0%○ 5優出2Vで、前々節は福島勇樹が圧倒的V。この勢いは怖い→笠原亮
………
33号機★ 平均展示タイム(順位)で断トツ。超伸び型か!?→中野次郎
62号機△ つい昨日、守田俊介がV。機歴は平凡だがツキあり。→重野哲之

 伏兵&地元勢にチャンス? 松井をはじめ銘柄級&賞金王当確組は低調機が多く、なにやら波乱含みの幕開けといえるだろう。(Photo/中尾茂幸、Text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません