この特集について
ボートレース特集 > 最高責任者会議
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

最高責任者会議

Cimg4309 本日、都内で「第35回モーターボート競走関係最高責任者会議」が行なわれました。これは文字通り、競艇関連の団体トップが一堂に会する、年に一度の重大な会議。毎年この時期に、当該年度上半期の動向や下半期さらには次年度の指針などを打ち出すべく、行なわれているものであります。その会議にコッソリ……なわけはないですが、潜入してまいりましたぞ。

Cimg4310 昨年は1兆円を回復し、何年も低迷を続けていた売上が上昇基調を記録した競艇界。とはいえ、ピーク時を思えば依然として危機的状況であるのは変わりなく、今年は江戸川競艇の開催休止もあって、さらに厳しい情勢にあるのは間違いありません。ということもあって、シビアな言葉も多々聞かれる会議となりましたが、しかし同時に、日本モーターボート競走会の蔭山会長をはじめ、登壇されたトップの方たちの口からはしかと将来と見据えての希望もたくさん飛び出しました。ファンにとって嬉しいのは「レースを充実させ、魅力を引き出す」ための方向性が打ち出されたことでしょうか。それがどんな形で現実化していくのかは、まだまだ未知数ではありますが、たとえば「進入」や「グレード制」に対しての意識が表明されたのは非常に期待がもてることだったように思えます。Cimg4311 そういえば、昨日は多摩川でチルト4度の試験航走が行なわれ、導入に対しても前向きなコメントが今朝のスポーツ紙などにも並んでいましたね。そりゃあ、商売として「顧客を大事にする」ことは当たり前のことですが、それが単なるサービス的なものだけではなく、レースという競艇においてもっとも大事な“ソフト”の部分にも目が向けられていることは、ファンとして評価できることのように思えました。やっぱ、もっともっと面白い競艇が見られることこそ、我々の幸せですからね。

Cimg4306 会場には、ヤマト発動機や自動発払機などを展示するブースも設けられていて、そのなかに来年の競艇カレンダーも貼り出されていましたよ。かなりカッコいいデキになっているので、競艇場などでぜひとも入手してくださいねー。(→は来年のキャンペーンポスターです。右と左を比べてみると、ある仕掛けが……)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/43115734
コメント

「各場の動向」の文面がとても気になります!
もし可能ならば、クリックすれば大きな写真が出るようになりませんでしょうか?
お願いします。

投稿者: 多幸焼 (2008/11/18 8:29:11)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません