この特集について
ボートレース特集 > 総理杯 準優ダイジェスト
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

総理杯 準優ダイジェスト

2009_0321_r10_0760 ダッシュ一撃

10R
①笠原 亮(静岡) 11
②石田政吾(石川) 16
③田中信一郎(大阪)08
④松井 繁(大阪) 13
⑤吉田弘文(福岡) 22
⑥服部幸男(静岡) 16

2009_0321_r10_0762  進入は服部が動いて126/345。目一杯に艇を引っ張った4カドの田中信一郎が、スリットからキュンと伸びた。レース前から「出足がない」と泣いていた信一郎にとって、服部の前付けは幸甚だったかもしれない。伸びなりに一気に絞って、内3艇を呑み込んだ。これで焦点は2着争いに。「大阪ライン」で信一郎をマークしていた松井が差し抜けるかに見えたが、インで立て直した笠原が素晴らしい出足で盛り返し、松井以下の追撃を振り切った。信一郎の度胸と勝負強さがキラリ光ったまくり一撃だった。1着・田中、2着・笠原。王者、敗退。

2009_0321_r11_0852

まさかの頓死

11R
①坪井康晴(静岡)22
②平石和男(埼玉)11
③池田浩二(愛知)09
④田村隆信(徳島)06
⑤大賀広幸(山口)14
⑥平田忠則(福岡)12

 進入はかなり穏やかな枠なり123/456。インの坪井にとっては楽なイン戦になったはずだが、巻くようにして吹き荒れる追い風に目測を誤ったか、スタートで完全に後手を踏んでしまった。

2009_0321_r11_0864  主導権を握ったのは、坪井より1艇身近く先んじた2コースの平石だ。内からトップ級の伸びを誇る坪井がジリジリ伸び返す。風は追い風。差すか、まくるか。2着条件の準優だけに安全策は差しなのだが、平石は果敢に攻めた。坪井が抵抗する。2艇が流れる。さらに追い風で流れる。その間に、池田のまくり差しと田村の最内差しが鋭く内フトコロをえぐっていた。1・2コースの競りによる、典型的なズブ差し決着となった。
 1着・池田、2着・田村。レースを作ったのは、SG準優では「ドカ」にも近いS遅れ。これに尽きる。1マークで平石(私の◎)が差していたら……という脳内妄想レースが浮沈しなくもないが、あの場面は競艇レーサーとして攻めるべきだろう。もちろん、その間隙を冷静に突き抜けた池田と田村もさすがのハンドル捌きだったな。

2009_0321_r12_0975

1-2が、消えた!

12R
①今垣光太郎(石川)00
②市川哲也(広島)+01
③吉田拡郎(岡山) 08
④重成一人(香川) 05
⑤瓜生正義(福岡) 07
⑥森永 淳(佐賀) 11

 バック半ば~2マークで1-2ができた。後続は千切れ、これから地球を何周回っても1-2しかないという態勢になった。1マークでは2-1の目もあったが、今垣の出足が素晴らしく、市川に舳先を入れさせなかった。行った行ったの1-2。12RでやっとSG準優らしい平穏な結果になりつつあったわけだが、このバック直線で観衆は妙な胸騒ぎを感じていたはずだ。
「スタート判定中」
 巨大なビジョンにこの文字が映し出されているのだから。Fを切っているとすれば、スリットで抜きん出ていた内2艇……その2艇が岩よりも固い1-2態勢を築こうとしている。
「頼む、OKにしてくれっ!!」
2009_0321_r12_0986  誰かが叫び、その瞬間に画面は「返還艇2」という文字に変わった。市川、コンマ+01の痛恨すぎるフライング。そのシグナルに気づかなかった市川は、2マークで渾身の差しを繰り出している。今垣が超抜の出足でこれを振り切る。見ている者にとって、それは空しいデッドヒートだった。やっと気付いた市川が戦線離脱して、今垣の一人旅。今度は空しかったはずの「3着争い」が「2着争い」に変わり、若手レーサーたちの争いが俄然激しさを増した。重成が先行し、森永が差し、拡郎がぶん回す。くんずほぐれつの最終議席を取りきったのは、捌きに一日の長がある重成だった。
 1着・今垣、2着・重成。シリーズリーダーの今垣が威厳を保った。保ったのだが……20分ほどたってから、閑散とした場内に重く冷ややかなアナウンスが流れた。
「1号艇の今垣選手は待機行動違反により……」
2009_0321_r12_1012  コンマ00で生き残ったはずの今垣も、まさかの規則違反で消え去ったのだった。地球を何周回っても1-2。その1-2の2艇が、明日の優勝戦にはいない。「春の魔物」で片付けるには、あまりにも残酷なレースだった。代わって優勝戦のチケットを手に入れたのは、1マークを回ってはるか後方で3・4着争いをしていた重成と森永。ふたりとも、SG初優出だ。
「春の魔物に勝つものが、多摩川の王となる」(ポスターコピー)
 SG初Vの宝庫と呼ばれる総理杯で、このふたりは実に不気味な存在として浮かび上がった。
 明日の優勝戦は荒れる。荒れなきゃおかしい。
 そう思うのは、私だけだろうか。(Photo/中尾茂幸、Text/H)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/44419860
コメント

終わってからピットがどう?選手がどう なんて、愚の骨頂じゃないですか? 予想を伝えるのであれば、舟券購入前まで知らせる それ意外なら書く必要なし、みっともない!

投稿者: 記者はくどい! (2009/03/21 23:16:22)

記事はくどいさんへ


んじゃ読まなきゃいぃじゃんbearingsweat01

投稿者: パンダ (2009/03/22 2:55:20)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません