この特集について
ボートレース特集 > H記者の「またまたSG初Vが……!?」予想
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H記者の「またまたSG初Vが……!?」予想

 さあ行こう、優勝戦!(←本家本元フレーズですな)今節も極選でご迷惑をおかけしました。最後の最後も『穴・極選』指名で大花火を狙います!

12R総理杯優勝戦
①池田浩二(愛知) B+
②田中信一郎(大阪)B+
③笠原 亮(静岡) A+
④田村隆信(徳島) B+
⑤重成一人(香川) B+
⑥森永 淳(佐賀) B

●パワー…上位級選手が次々に脱落して、一長一短の「中堅上位グループ」になった。その中でやや抜けているのが笠原だ。
●進入…9割がた123/456だが、スタ展で重成が一応動いてみるかも。その動向に注目しておけば、本番の進入はほぼわかるはず。
●スリット…これだけ強風が吹き荒れると、S勘というより度胸の問題か。勘だけなら、今節で不安定なのが池田と田村。他の4選手は見えている。いずれにしても横一線になるとは考えにくくジグザグスリットを想定しておきたい。
●1マーク~バック…パワーはほぼ互角なので「誰がSを張り込むか」または「誰が遅れるか」でレースはいくらでも変わる。今日の風はセンター勢の行き足がいいので、主導権を握るのは笠原か田村になると思う。インの池田はソコソコのSから先マイを目指し、田中は差し構え、やや覗く笠原は十八番のまくり差しか。田村はS次第でその上をぶん回すか最内差しを選択するが、気性としては握りそうな気がする。重成はその上を握りながら、決め撃ちのまくり差しを狙う。森永はよほどチルトを跳ねない限り最内差しで展開待ちか。
●結論…パワー互角で行った行ったの1-2も十分ありえるが、私は買わない。シリーズの流れ、今日の風を考えたら、本命サイドに妙味はない。池田は今垣が抜けての「押し出された1号艇」。田中も3号艇→2号艇にスライドしたわけだが、出足に不安があっての2コースはむしろ不利かも。逆に3コース巧者の笠原にとって、この枠は有利に働く。6号艇だったはずの重成も、一発の利きやすい5号艇になって破壊力が倍加する。もっとも強運なのは森永だが、さすがにこの枠&パワーでは厳しいか。
 舟券の妙味を考えて、重成のまくり差しに賭ける。流れが、風がこのレーサーに勝たせようとしているような気がしてならない。パワー勝ちもありえる笠原とのウラオモに、無理を承知でラッキーガイ森永もボックスも加えたい。

3連単★5=3-全、356BOX

 皆さん、今節もありがとうございました。来月の名人戦では初日からがんがん大穴を的中させてみせます。GOODLUCK!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/44429524
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません