この特集について
ボートレース特集 > THE ピット――魔物が棲んでいた準優勝戦
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THE ピット――魔物が棲んでいた準優勝戦

_u4w9854  多摩川にはやはり、魔物が棲んでいたのか!?
 今日のリポートをどこから書き出せばいいのかと迷ってしまう。
 午後のピットに入ったあとのメモには、まず目に飛び込んできたシーンとして「平田忠則と重成一人が会話。それぞれにいい顔」「松井繁の顔は、朝と違ってキリリと一変」「市川哲也と田中伸二が立ち話。市川はいい感じ」などと書き殴られている。……やはり12レースのことから書くべきだろうか。
 当たり前の話だが、展示ピットにボートを着けるのが最後になる12レースのメンバーの作業は、自然に最後の最後まで目につくことになるものだ。そのなかでにあっても、10レースが始まる直前まで、スタート特訓→ペラ調整→試運転→ペラ調整を繰り返し、作業を続けていた1人が市川だった。
 そう書くと、慌ただしい作業だったようにも思えるかもしれないが、試運転後には足を合わせた新田芳美と笑顔で話をしていたりするなど、いい雰囲気を漂わせており、最後の微調整をしていたのに近かったのだと思う。個人的にはその姿を見て、市川はいいな、と感じていたのだ。

_mg_0050  また、森永淳もギリギリの時間帯までペラを叩いていた1人であり、レース後の共同会見では「1日かけて新ペラが仕上がった」と話していたのだから、その作業が奏功した面もあったのだろう。
 吉田拡郎、瓜生正義もやはり、スタート特訓後もペラ調整をしていたが、いつもどおりの自然体だった瓜生に対して、カクローの表情が明らかに硬いものになっていたのは気になったものだった。
 ……8レース後、その周囲にいた選手総出で整備室の大掃除が行なわれていたが、準優出メンバーのなかで作業に参加していたのは瓜生ひとりだったと思う。

_u4w9843  もう一人、直前の作業でいい印象を受けていたのが重成である。
 スタート特訓から帰ってきたあとは硬い表情をしている気がしたが、その後の作業を続けている中で、何か感じるものがあったのか……、ずっと傍にいた木村光宏に対して、ご機嫌な感じで話しかけていき、「そーなんだよねー」「トーゼン!」などと言って、大声を出していたのだ。
 こちらもレース後の共同会見では、「なんとなく2着は拾えそうな気がしていました」と振り返っていたのだから、調整の手応えといったこと以上に“感じる何か”があったということかもしれない。

 そして12レース。どんなレースだったかの解説は別記事に譲るが、2号艇、市川がフライングとなり、今垣光太郎は、それと紙一重の0.00で残して逃げ切った。
 引き揚げてきた市川は唇を噛みしめ、勝った今垣も複雑な表情を崩さなかった。
 そして、今垣が公開勝利者インタビューに行っているなかで、ピットでは2着・重成の共同会見が始められたのだが、その際に代表質問者の口から、今垣が待機行動違反で賞典除外になったことが告げられると、「本当ですか?」と重成も言葉を失ったのだ。

_u4w0289  続いて、繰り上がりで優出することになった森永の共同会見が始まったが、その場にいながらも私は、今垣はもうこの事実を知ったのだろうか……ということばかりを気にしていた。森永は「(今朝は)重成さんと二人で富士山にお参りしてたんです」とも話していたが、森永は森永で、繰り上がりの優出ということを意識しないで、明日も全力で、優勝戦に臨んでほしいと思う。

_mg_4606_2   森永の共同会見が終わって、会見場を出ると、係の人と一緒に公開インタビューの場から戻ってきた今垣の姿が見かけられた。
 おそらくは、その道中で、賞典除外のことを告げられたのだと思う。すっと顔色を変えた今垣は、競技本部のほうへと走っていったのだ。
 競技本部から出てきたあとの今垣の顔は直接見なかったのだが、それを見ていた山田カメラマンによれば、相当のショックを受けていたようで、暗い顔になっていたという。今朝の今垣の希望に満ち満ちた顔を見ていたこともあり、そうした今垣の顔は見たくはなかった部分もある。
 ピットでの今垣は、整備の鬼と化して、ひすら無口に作業をしていることが多いが、今朝、黒須田守に声を掛けてきたときの笑顔からいっても、それだけ抜群の手応えを得ていたには違いないのだ。それがこんな結果になってしまったのだから、今垣が言葉を失うのも無理はない……。
 多摩川にはやはり魔物は棲んでいたのだ。そして、こんな魔物であるなら、その顔を覗かせたりはしないでほしかった。

_u4w0014  時間を戻そう。
 10レース。勝ったのは田中信一郎で、2着は笠原亮だった。レース前の彼らから受けていた印象は12レースのショックで吹き飛んでしまった部分もあるが、共同会見に臨んだ笠原が「悔しいですね」「へたくそでした」と繰り返していたことは、強く記憶に残っている。
 会見の途中では「これがいい方向に出るように、外から頑張ります」「悔しいですけど、優出できたんで、いいですかね」と、気持ちを切り替えようとする言葉も発していたが、明日のことなどは考えず、ただ目の前のレースに勝ちたいと思うのが笠原という男であるわけだ。そのことが改めて強く実感されたものである。
 モーターも精神状態も「いい状態」だと強調していた笠原は会見の最後にこう言った。
「優勝するためのコースを選んで、優勝するための作戦を考えます」と。

_mg_4403  田中信一郎の共同会見は、公開勝利者インタビューのあとに行なわれているが、「出足はまったくない」というのが本人の言葉だ。
「伸びより出足がついているほうがレースをしやすいのに、出足の反応はないんです」とも話していたが、それでいながら、今日のマクリを決められるのが田中の凄いところだ。
 この共同会見は、明日の枠順がわからないうちに行なわれていたものだが、明日も出足を求めて「他のペラを試す」ことも含めた作業を続けると言っていた。
 そして、「ペラ交換があれば出足がきたということです」「出足がつけば枠は主張します」とも話していたのだ。
「出足をつけての2コースがいちばんいいですね」と会見を締め括ったが、明日の田中は結局、2号艇になっている。田中にとって、明日は忙しい1日になることだろう。

_mg_4486  11レース。勝ったのは池田浩二で、2着は田村隆信だ。このレース後は、上瀧和則が、自分のことにように喜び、池田を祝福していたのが印象的だった。ここ1、2年、SGなどで一緒になると、上瀧と池田は、“地域差を超えた師弟”のように交流している姿をよく見かけられる。どこかに通じるものがあったということなのだろうが、池田にヒザ蹴りを入れるようなフリをしていた上瀧はニコニコ顔になっていた。
 共同会見での池田は、足に対してはそれほど納得していないような発言が多く、「良く……はないというか、もうちょっと押してもいい感じですね」「仕上がっていない感じ」「握ってればそんなことはないけど、落として握ると合ってない」などと発言していた。
 ただ、こうした言葉は“さらに上を求める欲”の部分だとも受け取れなくもない。
「明日は本格的に試運転しようかと思います」「グリップがついてくればどこのコースでもいい」とも話していたが、明日の優勝戦は1号艇になっている。
 田中同様、池田も忙しい1日を過ごすことになるのが予想される。

_mg_4111 「万全の態勢で臨めたんですけど、伸びでも出足でも、もう一足欲しいですね」と、共同会見で語っていたのが田村だ。
 こちらも池田同様、“欲”の部分だとも言えなくはないのだろうが、「もう一足がないと、優勝は厳しい」とも話していた。
 ただし、隣には笠原が入ることを想定して「笠原さんの攻めに乗って展開をつけるようにしたい」とも続けていたが、実際に笠原=3枠、田村=4枠という並びになっている。
「今節はツキがあるんで、それ一本で頑張ります」とも話していたのだから、今節はこうした男が怖いともいえそうだ。

 会見の言葉を紹介する部分が長くなってしまったが、“12レースのまさか”を受けて、いろいろな思惑が絡み合った枠順が確定している。
 春の魔物に勝つものが、多摩川の王となる――。
 まだまだその魔物は水面の上に姿を覗かせそうな予感がするが、果たして王となるのは誰なのか? 今年最初のSGは、最後まで一筋縄ではいきそうにない。
(PHOTO/山田愼二=5、7、8、9枚目  池上一摩=1、2、3、4、6枚目  TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (2)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/44420050
「第44回総理大臣杯」優勝戦 【競艇エスジーマガジンモブログ】
明日は、多摩川競艇場「第44回総理大臣杯」最終日です。 12レースは優勝戦、メンバーは以下の通りです。 1号艇 池田浩二 2号艇 田中信一郎 3号艇 笠原亮 4号艇 田村隆信 5号艇 重成一人 6号艇 森永淳 ※念の為、主催者発表のものと確認して下さい。 予想 準優10..... 続きを読む
受信: 2009/03/22 1:29:55
『しげ爺の総理大臣杯予想 (最終日)』 2009/03/22 【しげ爺の競艇予想】
管理人のしげ爺じゃ。 当ブログは、『人気brogランキング』 『ブログの殿堂』 『くつろぐ ランキング』 に参加してるぞ。 読者の皆さんの協力が必要なので、下記画像のリンク先をポチっと頼むぞ。 わしの予想で楽しめた方は、是非応援クリックをお願いするぞ。... 続きを読む
受信: 2009/03/22 2:35:19
コメント

毎日めちゃ楽しみにしてます!!そして、初めてコメントします!準優の今垣選手…あまりにも可哀想で…。それに、濱野谷、井口選手の転覆で賞典除外。Fに散った市川選手。多摩川競艇でSG開催するのはファンとして微妙です…。

投稿者: EY (2009/03/22 3:49:28)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません