この特集について
ボートレース特集 > 5月上旬ニュース
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

5月上旬ニュース

5月上旬は、さまざまなニュースが集中しました。ざっと駆け足で見ていきましょう。

●5月1日より期変わり
 4月30日で平成21年後期の級別審査期間が終了。5月1日より“新期”がスタートしています(FやL、事故点などリセットされてます!)。
 後期適用勝率1位は8・95で吉川元浩(兵庫)。2期連続の1位となりました。また、女子1位は8・05の横西奏恵(徳島)。これが史上初の「女子選手8点超」となっています。A1級ボーダーは6・20。以下、A2級5・41、B1級3・18です。

●オーシャンカップ出場選手選出順位発表
 7月21~26日に若松競艇場で開催されるSGオーシャンカップの出場選手選出順位が5月1日に発表されています。詳細は競艇オフィシャルweb(http://www.kyotei.or.jp/infomation/topics/200905/01_003.html)をご参照ください。
 最多出場は、松井繁(大阪)で14年連続14回目。オーシャンカップは今年が第14回ですから、松井は皆勤賞!なのであります。
 初出場は、石川真二(愛知)、吉田俊彦(兵庫)、中尾誠(佐賀)、森永淳(佐賀)、高沖健太(三重)、吉村正明(山口)、石橋道友(長崎)。高沖と石橋はSG初出場でもあります。また、選出52位は仲口博崇(愛知)。予備1位は伊藤宏(福岡)、2位は今坂勝広(静岡)で、笹川賞とグラチャンの優勝者がオーシャンカップ出場予定選手から出た場合、繰り上げ出場となります。

●進入ルールが一部変更に
 5月1日以降を初日とする開催から、「待機行動規則」が一部変更となりました。5月8日の時点では、びわこと尼崎以外の22場で、新ルールでのレースが行なわれています。
 新ルールは「インが以前より深くなる」「後付け的な進入ができなくなる」のが大きな特徴。データをとったわけではないのですが、印象的には「インは10~20mほど深くなっている」感じでしょうか。劇的な変化が起こっているわけではありませんが、今後のSGやGⅠレースなどでどう変わるかにも注目したいところです。新ルール下の最初のGⅠは5月12日開幕の蒲郡「オールジャパン竹島特別」。SGは5月26日開幕の福岡「笹川賞」です。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/44940099
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません