この特集について
ボートレース特集 > 本日の“本紙予想”グラチャン初日
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の“本紙予想”グラチャン初日

 4週間のご無沙汰でございました。Kです。グラチャンがいよいよ開幕であります。戸田といえば、取材班にとって準地元の水面。H記者ともども、意地にかけても奮闘する所存ですので、今節もどうぞよろしくお願いいたします。
 さて、戸田といえば全国屈指のイン受難水面。あるいは、全国一のマクリ水面と言ってもいいでしょう。24場でもっとも幅員の狭いコースということもあり、1Mで内コースが相当に窮屈な態勢となる。一方、センター勢はまっすぐ走れば1マークに接近できるという利があって、スリットから伸びるし、のぞけば一気に攻めていける。24場すべてが違うプールとはいえ、相当に特殊な水面なのであります。
 しかし!“本紙予想”はイン主体を貫く所存でございます。センターが売れるなら、相対的にインは美味しくなるはず。また、BOATBoy7月号によれば、グラチャンというレース自体がイン有利の傾向があるSGであり、事実2年前の戸田グラチャンでも50%に迫るイン1着率だったのであります。新ルールが施行されたこともあり、ふだんよりは他コースにもシフトいたしますが、基本はイン主体で勝負する所存でございます。

2009_0622_02611R 
作間が渾身のベイパ逃げ。センターから川﨑が自在に攻める。
◎作間 ○川﨑 ▲森永 △吉村
3連単1-324-全

2R 
烏野が3コースから賢太スペシャル。松本が逃げ残す。
◎烏野 ○松本 ▲佐々木 △森高
3連単3-164-全

3R 
太田が安定感のある逃げ見せる。動く江口を入れて重成がカドから自在に続く。
◎太田 ○重成 ▲原田 △石田
3連単1-342-全

4R 
木村の進入によって展開変わりそう。平石がセンターから地元の利。
◎平石 ○寺田 ▲木村 △笠原
3連単3-165-全

2009_0622_0425 5R 
山口がイン速攻で逃げ切る。6コースでも伸びる今村が本線。
◎山口 ○今村 ▲秋山 △白水 
3連単1-654-全

6R 
上瀧が動いて深めの内水域となるか。白井のカド戦が威力増しそう。
◎白井 ○渡邉 ▲山崎 △横西
3連単3-165-全

 後半は後ほどアップします!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント