この特集について
ボートレース特集 > THEピット――涼しいのはいいのだけれど
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THEピット――涼しいのはいいのだけれど

 いやはや、天気がころころ変わるグラチャン、である。昨日は好天、今朝は雨、そして11時頃に雨は上がって、空も明るくなってきた。気温はかなり下がっており、ピットが快適なのはありがたいが……。
 選手には本当に気の毒としか言いようがない。当然、今朝も慌ただしい時間を強いられているからだ。整備にペラに試運転に。なかなか気が休まるヒマがない。
_u4w1650 2Rで大敗を喫してしまった横西奏恵が、着替えを終えると即座に装着場に下りてきて、モーターの本体を外した。今日は2R1回乗り、このまま整備室にこもるのだろうか。表情はそれほど暗くないが、しかし整備には力が入る。いろんな選手から「あいつは女じゃない。男と考えなければやられる」と聞いたものだが、たしかにまるで違和感はない。
 3R後には、横西の隣に守田俊介がやってきた。昨日に引き続き本体整備か。9Rにもう1走あるから、時間がそれほど残されているわけではない。昨日以上に激しく時間を費やすことになるのだろう。
_u4w1755  試運転係留所へと下っていく階段を、何度も松井繁が往復しているのを見かけた。エンジン吊りが終わると、颯爽とした足取りで係留所へ。やがて階段を上ってきて、ペラ室へ向かう。その間に階段付近をフラフラしていたら、ペラを手にした王者と鉢合わせとなって、思わずたじろぐ。挨拶を交わしてすれ違ったあと、その行動の素早さに感服させられるのであった。
2009_0622_0719  競技本部付近にある掲示板に移動すると、ほえ、またまた松井がやって来た。岡本慎治とともに覗き込んだのは、天気予報。しばし会話を交わして、再び係留所のほうへ向かっていった。レースの時間帯の天気予報を確認したのだろうか。
_u4w1826  その後も、ひっきりなしに選手が掲示板にやってきては、天気予報を覗き込んでいた。山崎智也は、師匠である廣町恵三さんと一緒に予報を確認して、真剣な表情で語り合っていた。その少し前にリードバルブ調整をしている姿を目撃していた渡邉英児も、清々しい表情でやって来る。菊地孝平、濱村芳宏といったあたりの姿も見た。
_u4w1906  印象的だったのは川﨑智幸。他の選手より長めに予報に見入っていて、その場を離れるときにはノボリにバシッとパンチを叩きこんだ。戸田ピットはあちこちに標語の記されたノボリが立っていて、掲示板の周囲にも「あ!危ない!伏せて放って事故回避」などのノボリが何本もある。そのうちの1枚に、川﨑はパンチ一閃。その意味は不明だが、ノボリがなければやはり何かにパンチを入れていたのだろうか?

_u4w1626  というわけで、ただただ「みんな忙しそう」「そしてみんな天気を気にしている」と言うしかなかった午前のピット。そんななか、湯川浩司が思いつめるような表情でペラを磨いていたのも印象的な光景だった。先入観があることを否定はしないが、やはり一人、別の空気の中に身を置いているように思えてならないのである。(PHOTO/中尾茂幸(岡本) 池上一摩(それ以外)TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

初めてコメントします。

いつも更新を楽しみにしてます。

私は、今村豊選手を応援してますo(^-^)o
天候がコロコロ変わっている様で、今村さんの体調も心配ですが…
今節も、プリンスらしい、若々しい走りをしてくれると思ってます☆

取材班の皆さんも、よく食べ!よく飲み?で元気に一節間頑張ってくださいね♪

またコメント入れさせていただきま〜す。

投稿者: ゆたぽん (2009/06/24 13:49:52)