この特集について
ボートレース特集 > 戸田グラチャン ダイジェスト4日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

戸田グラチャン ダイジェスト4日目

 穏やかで、激しい1日だった。変な表現だけど。

①進入コース…枠なり9本!

2009_0626_0936  なんと、勝負駆けデーにも関わらず、枠なり進入が4日間でいちばん多かった。とてもお行儀のいい1日だったわけだが、残りの3レースはどれも6号艇が意図的に前付けしたもので、実質的にはいちばん動きの激しい1日でもあった(これでも)。その3つの前付けレースの決着は
1R①池田 イン逃げ
5R②横澤 3コースまくり差し
7R⑥平石 3コース抜き

 明確な前付け艇があって逃げ切ったのは、今節で池田浩二がはじめて。ワースト級のパワーに苦しんだ池田だが、遅ればせながら仕上がった。665311…2日目までの悲惨な成績が悔やまれる。
2009_0626_0884  平石和男の前付け→勝利も天晴れ。で、いちばん度肝を抜いたのが5R重成一人の強行突破だ。東都のエース濱野谷憲吾が1号艇だというのに、臆することなくスタート展示でイン強奪。「オレ、ピンピン勝負ですから」のウルトラ気合を見せ付けた。もちろん濱野谷とて①②条件だからして、本番では敢然と枠を主張。2艇だけがダラダラと深くなった上にドカ遅れし、3コース横澤剛治の余裕たっぷりのまくり差しを喰らってしまった。まあ、濱野谷のファンが後輩の前付けに腹が立っただろうが、この進入から痺れるようなスリルが水上の格闘技・競艇なのである。全選手中もっともタイトな条件をクリアすべく東都のエースに立ち向かった重成の根性に、私は拍手を贈りたい。
 それにしても……闇雲に動いたから面白くなるわけでもないのだろうが、重成のような進入から緊張感に溢れるレースをもうちっと見たかったな。せめて、勝負駆けの日くらいは。

②決まり手…逃げ3、差し0、まくり5!、まくり差し2、抜き2

2009_0626_0140  穏やかだった進入の割りに、スリット~1マークは激しい空中戦になった。勝負駆けの気合は12秒針が回った後の水面に投影されたのだ。まくりの大花火が5発。2コースからまくった山崎智也、辻栄蔵、寺田祥、4カドまくりは佐々木康幸と飯山泰。その5選手はすべてタイトな勝負駆けであり、「他力では我慢ならん!」の気持ちがスリットからほとばしっていた。
 とりわけ、緒戦でエンスト失格しながら攻めに攻め抜いて準優3号艇まで這い上がった佐々木。後半の7Rも4カドから半艇身ほど覗き、「2連続カドまくりか!?」と思わせたものだ。結局こちらは3コース平石の激しい反発にあって差しに転じたが、あの凄まじい行き足は準優3号艇のレベルではないと肝に銘じておきたい。いわゆる「カド名人・佐々木スタイル」が完璧に仕上がった。

③イン成績…1着3、2着2、3着2、着外5

2009_0626_0427  まくり決着が多かったということは、当然のようにインが苦戦する。着外になったイン5選手はすべて直まくりを喰らって吹っ飛んだ(インの倉谷和信が敗れた3Rは「抜き」決着だが、これとて田村隆信の強ツケマイに沈められている)。5本のまくり決着の中で、唯一踏ん張って舟券に絡んだイン選手が11Rの白井英治。飯山のまくりに耐えて小回りから反撃を開始したが3着がやっとこさ。「1号艇で2着条件」はかなり有望なようだが、この戸田のまくり水面では残酷なまでに厳しい条件だった。もちろん、それが競艇の醍醐味のひとつでもあるのだが……。

④独断のパワー診断

 予選が終わった。初日の段階でA'以上にピックアップした12選手のうち10選手が準優入りしたのは、ちょっとした自慢である(岡本19位、白井21位……もう少しでパーフェクト突破だったのだが)。今日は節イチSランクの飯山泰もその片鱗を見せてくれた。極選に指名しなかったら、途端に圧勝して万太郎になったけど……(影武者憲吾どの、本当にすまんす><)
 4日目を終えてのパワー番付は

2009_0626_0848 ★S(節イチ級)…飯山泰
★A(上位)…服部幸男、今村豊、石田政吾、太田和美、湯川浩司、今垣光太郎、菊地孝平、坪井康晴、佐々木康幸
★A'(中堅上位)…白井英冶、渡邉英児、川﨑智幸、丸岡正典、岡本慎治、田村隆信、平石和男

 気になったのが今村の足色。3Rで勝ち星を挙げたものの、昨日までのゴキゲンな行き足がなく、田村より劣勢に見えた。後半8Rはそれなりに伸びて自力で攻めたのだが、やはりちょっと足りない気がした。湯川と服部(多分にスタート負けだが)も気になる部分があるし、平石の正味のパワーも測りかねていて(気合勝ちとパワー勝ちの判別が難しい)、明日はこのあたりも含めてしっかりチェックしていきたい。(Photo/中尾茂幸、Text/H)
 


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

用事もないのに朝5時に目覚め 二度寝出来ずに完全に目覚めてしまったにゃ

若い頃は12時間以上寝る超爆睡モードなんて当たり前
『最近睡眠時間短いわ、疲れてるのに寝れん‥』
と若い子に言うと
『寝るのも体力がいるっす。体力が落ちてるんっすよ(笑)』
と返された35歳独身濱野谷憲吾です、おはようございます
m(__)m
誰かいい人居ませんか?


さぁ 今日は準優!泣いても笑ってもあと2日
口座の残高は減る一方
自力でも頑張らなければ…

H記者の巻き返しに期待!

飯山選手、デスノートに記載されてしまうのか!?
クワバラクワバラ…

投稿者: 濱野谷憲吾 (2009/06/27 7:25:07)