この特集について
ボートレース特集 > THEピット――最後の最後まで
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THEピット――最後の最後まで

 今日も今日とて、最後の最後まで試運転を続ける男、木村光宏。雨が上がり、晴れ上がった午後の戸田競艇場、気温も上昇するなか、時間が許す限り水面を駆け巡る木村には、どうしたって頭が下がる。
2009_0624_0580  ただし、今日は木村ひとりが試運転に励んでいたわけではない。まず11R前まで走っていたのは、烏野賢太、福田雅一。烏野の髪は汗に濡れ、福田の額もきらきらと光を反射している。二人と僕は同じ世代なだけに、わが身をかえりみれば、烏野と福田の前に顔を出すことすら恥ずかしい。
 12R発売中には、早めの時間に横西奏恵が水面からボートを上げた。汗ばむ奏恵ちゃんは、なかなか艶めかしい。
2009_0624_0471  その時点で、水面をブインブイン走っているのは、木村、重成一人、森高一真。組み合わせを変えて足合わせをしたり、単走で疾走したり。
 突然、気づいた。3人とも香川支部だ。ピットでも、会話を交わしている姿を何度も見かける彼らが、今は水面で彼らにしかわからない言葉を使って“会話”をしている。……さらに気づく。福田も香川支部ではないか。今節は三嶌誠司も含めて5名が参戦している香川の、うち4人が遅い時間帯まで試運転をしていたわけだ(三嶌はその頃、整備室だった)。
2009_0624_0457  またまた気づく。烏野と横西は徳島ではないか。そうなのである。午後の戸田水面は、四国地区に占領されていたのだ。讃岐うどんと渦潮が戸田を席巻していたのだ(違うか)。
 まあ、単なる偶然なのだろうし、実は作間章も11R中に走ってはいたのだが、それでも何らかの意味を見出したくなる、四国オールスター大集合の図、だったのである。

2009_0624_0037 今日も今日とて、最後の最後まで整備を続ける男、守田俊介。昨日も時間をかけて大整備をしていた守田は、今日、3Rが終わったあとも本体整備をしており、9R後にもまた整備室にこもった、というわけなのだ。お前は今垣光太郎か! と言いたくなるほど、整備室のヌシ化している。今垣が「整備の鬼」なら、守田は……「整備の小悪魔」に決定。H記者も笑ってくれたので、ぴったりのニックネームなのであろう。小悪魔は12R発走の直前まで整備を続けていたのだが、明日は少しは上向いているだろうか。
2009_0624_0321  最後の最後までペラ調整を執念深く続けている男もいた。12Rが終わり、エンジン吊りも終わって、選手たちが三々五々、控室へ戻っていくなか、装着場にはトンカンとペラを叩く男が響いていた。ん? こんな時間までペラやってるのは誰だ? ペラ室をそーっと覗き込むと、目に飛び込んできたのは「Do one’s Best」と書かれたTシャツの背中。服部幸男だ!
 今日は9Rで驚異的なマクリ勝ちを見せて、2戦2勝と最高のかたちで予選前半を乗り切った服部。機力に不安はない、というより、かなりいい部類のはずである。だというのに、服部はペラ調整をやめるつもりはいっさいない、のだな。これこそが、服部の言う「ベストを尽くします」なのだろう。有言実行と簡単に言うけれど、まっとうするのはたやすいことではない。それを自然体でやってのけるあたりが、服部の強さなのだと思う。

_u4w2494  最後の最後にピットを爆笑を生む男だっている。
「お前、帰れよぉ。帰れよぉ」
 飯山泰をつかまえて、なぜか帰郷を強要する男。その場にいた検査員さんには、
「こいつ、帰るらしいよ」
 とニセ情報。飯山は、何言ってんですか、てな感じで笑っている。
 こんなふうにはしゃいでいる男といえば、今村豊しかいない。元気一杯、今村豊。笹川賞では川﨑智幸に「お前のせいで差された」といちゃもんをつけたり、差した菊地孝平には「2割よこせ」と不当な要求をして笑わせていたミスター競艇。今日の標的は、飯山泰でありました。
「お前、帰るだろ? な? 帰れよぉ」
 と、いつまでも飯山に帰郷を迫る今村。ついには
「帰ってくれよぉ」
 と懇願になってしまった。飯山も、ミスター競艇流のジョークに、ただただ笑うしかなかった。もちろん、帰れと言っている間じゅう、今村の顔にはいたずらっ子のような微笑が浮かんでいる。
 それにしても……今村がここまでからかうということは、飯山を気にいっているのと同時に、その超抜クラスの機力を認めているんでしょうね。

2009_0624_0123  というわけで、最後の最後までピットにいましたが、ひとつ気になるのは12Rで転覆してしまった吉川元浩。救助艇から上がってくると、普通に自力で歩いていたから、ひとまず無事と考えてよさそう。太田和美に「大丈夫?」と聞かれて「大丈夫」と返していたから、このリベンジは明日にでも!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

今村サン…やんちゃですね♪

喋りも走りも、48歳とは思えませんね〜(^_^)

今日も、若々しく元気な今村サンらしいレースをしてほしいです!

投稿者: ゆたぽん (2009/06/25 11:03:03)