この特集について
ボートレース特集 > 戸田グラチャン 2日目ダイジェスト
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

戸田グラチャン 2日目ダイジェスト

 センター勢が大活躍し、荒れに荒れまくった2日目。いったい昨日と何が違ったのか……? ちょっと謎の多い差し天国水面だったな。

①進入コース…枠なり7本

2009_0624_0368  初日が8本で今日が7本。2日目になって急にコース争いが激しくなったわけではなかった。際立ったメジャーチェンジといえば6R⑥川﨑智幸のイン強奪!と7R④上瀧和則のスーパーピット離れインくらいか。起こし位置も、全体的には昨日と似たようなもの。それなのに、なぜ昨日よりはるかにセンター勢が強くなったのか……う~ん、わからない。要因のひとつとして「湿度が高くなって回転が上がらずインが弱くなった」という見方もできるが、後半あたりからどんどん晴れてきたし。風も昨日と似たようなもんだし。素直にわからんと言うしかない。
 それにしても、川﨑。昨日は2コース4コースと穏やかだっただけに、今日の鬼気迫る前付けは驚かされた。6号艇だったからかもしれないが、4日目に用意されるはずの5号艇でも注意が必要だ。

②決まり手…逃げ1、差し4、まくり1、まくり差し4、抜き2

2009_0624_0691 「逃げ」は最終レース湯川浩司の1本のみ!! その逃げにしても、1マークで平石和男の差しが入ったところをパワーで抜き去ったという薄氷の勝利だった。代わって猛威を振るったのが「差し」「まくり差し」。それも2コース差しは皆無で、センター~アウトの差し技が面白いように決まった。理由は……う~ん、これまたわからん。1号艇のメンバーが弱かったわけじゃない。飯山、田村、菊地、三嶌、魚谷、辻などなど、テクやパワーのある選手が1号艇で楽なイン戦に臨んだ。そして、ことごとく逃げきれなかった。ズブズブと差しを喰らった。田村は「抜き」で勝ったけど。戸田だから?と決めつけるのも違う気がするし。だって昨日の楽イン進入モードとほとんど変わっていないのだから。わからんづくめで申し訳ないが、本当にわからんのです。
 2009_0624_0566 まあ、こんな難解な水面で、シンプルな逃げ&まくりで自力勝ちした湯川と服部幸男を高く評価すべきだろう。特に9Rの服部。内の今垣光太郎がスリットから握って攻めたところ、迷わずその外をぶん回した。並の選手ならマーク差しを考えるところ。狭い戸田で2段まくりは危険だし。とにかく服部は2段で攻めた。これで今垣が抵抗したら2艇でぶっ飛んだかもしれないが、今垣がまくり差しに切り替えたため、服部の全速ぶん回しが鮮やかに決まった。往年の服部の「見る前に飛ぶ攻撃」が完全に蘇った。おそらく服部は優勝戦に乗ってくる。気合とリズムが合致して、さらにパワーが後押ししてくれる今節は復活Vの大チャンスだ。

③イン成績…1着2、2着6、3着2、着外2

 こうして見ると、イン選手が壊滅的な敗北を喫したわけではなかった。3連対率は昨日と同じ。ただ2、3着が圧倒的に増えたのだ。これは昨日の当欄でも書いたことだが「インの2、3着をどう拾うか」という命題に行き着く。やはりイン選手を含めたボックスに妙味があるような気がしてならない。ちなみに、軍資金の乏しい私はボックスまで手が届かず、イン選手を含めたワイド作戦を試行してみた(←笑ってくださいな。でも、意味としてはボックスと同じなんです)。イン選手+狙い選手の1点買いを6レースやって3的中。配当は300円~480円で、一応これだけならプラス収支だった。どこかで潤沢な資金ができたら、ボックスでがっつり勝負してみたい。

④コース別勝ち数…①2②0③2④6⑤1⑥1

2009_0624_0409  今日は4コースが強く、「戸田はセンターを買え」の典型的な1日ではあった。そんな中、この2日間で唯一のアウト6コース勝ちを決めたのが11Rの菊地孝平だ。得意の出し抜けトップSスリットから委細構わず絞り込み、インの辻を回してから強烈なまくり差しハンドルを入れた。この男はいつでもこれがある。パワーは良くて中堅上位までだと思うのだが、天性のS勘と思い切りのよさは脅威。今日のMVPは服部と菊地に贈りたい。ちなみに私はこの11Rで1-6のワイドを千円買って370円×10の配当をゲットしたのだが、3連単6-1-4が26110円と聞いた瞬間、舟券が外れたとき以上の虚しさを感じたのだった。ワイドなんか買ってる場合じゃなかったぁ(涙)。

⑤独断パワー診断

2009_0624_0951  昨日、節イチ指名した飯山泰は1、6号艇でそれぞれ2、3着と一息だったが、評価を下げるつもりはない。道中の追い上げは見所たっぷりだったし、あの行き足はセンター戦でもっとも威力を発揮すると思っている。明日の12R4号艇が試金石だ(内に今村豊、外に服部で役者は揃った!)。
 2日目を終えての番付は

★S(節イチ)…飯山泰
★A(上位)…服部幸男、岡本慎治、今村豊、石田政吾、太田和美、湯川浩司
★A'(中堅上位)…白井英冶、渡邉英児、川﨑智幸、佐々木康幸、今垣光太郎、坪井康晴

次点…菊地孝平、丸岡正典

 2009_0624_0076 ほとんど昨日と同じだが、いつでもどこでも出す坪井が仕上がりはじめランクイン。特に伸びが大幅アップして、Aにしてもいいくらいだろう。(Photo/中尾茂幸、Text/H)


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

イン受難の戸田でジョー様の炎のイン逃げがみたい

投稿者: うりちゃん (2009/06/24 21:10:45)

服部サマ〜っ!!さすがですわ、素敵ですわぁ〜っ!;o(≧▽≦)o;天才型の選手でありながら、決して驕る事なく努力も忘れず、常に研鑽を重ねるその姿は、正に『ベストを尽くす』と言う服部サマの信条そのものだと思います。☆☆☆☆競艇歴は浅く、服部サマを知ったのもほんの2年程前という私ですが、そのレーススタイル(もちろんルックスも)に惚れ込んだ以上は、この先ず〜っと応援し続けます!!(。・_・。)V

投稿者: 月ちゃん (2009/06/24 21:15:07)

おはようございます
(*´∇`)

待ちに待った…
やっと給料日だ!

さぁ!ワイドでガッツリ儲けるでぇ〜(笑)
(^皿^)
ウホッ

投稿者: 濱野谷憲吾 (2009/06/25 5:37:23)