この特集について
ボートレース特集 > H園記者の浜名湖ダイヤモンドカップ・本紙予想
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H園記者の浜名湖ダイヤモンドカップ・本紙予想

 初日2日目の本紙予想はH園が担当。3日目以降はK記者へとバトンタッチする予定です。個人的(お金が)にも、今回の浜名湖は勝負駆け。的中を積み重ねて、K記者に引き継ぎたいと思っております。

1R
オープニングカードは静岡と群馬の選手による「浜名湖・桐生コラボ企画 静岡支部VS群馬支部」レース。ちなみに桐生の7Rにも「群馬支部VS静岡支部」の番組が組まれておりますので、要注目!
舟券的にはやはりインから攻められる今坂が有利。後藤は朝の足合わせの気配が良く、笠原はこのメンバーに入れば格上。静岡ワンツースリー独占の可能瀬も濃厚である。穴なら中里英夫。
3連単 1→235→235

2R
松本博のイン逃げ有利も、好モーター引いた竹上の突きぬけは怖い。穴はF2の松下。スタートでドカ遅れしなければ好勝負。
3連単 14→1243→1243(※フォーカスが抜けていたので、訂正しました)

3R
坪井のカド速攻に期待。カド受けの松村が前検では少し頼りなくみえただけに、一撃が決まる可能性は高そう。相手は手広く。
3連単 4→125→全

4R
前検気配では濱村と平石も悪くなかった。ここに地元の佐々木をからめたボックスが楽しみ。
3連単 145BOX

5R
前検記事でも書いたとおり、阿波を切ってダービー勝負駆けの松本で大勝負。相手も山崎哲司と菊地孝平の2人に絞る。
3連単 1→34→34

6R
服部幸男が進入で動くも、安達がスタート決めて逃げ切る。相手は服部、池田、長野の3人で。
3連単 1→256→256

7R
田中信一郎が動くかもしれないが、全国スター選手の篠崎のイン逃げに期待。ヒモ穴で松下と中里に妙味あり。
3連単 1→45→全

8R
飯島が引いた60号機は好モーター。スリットで遅れなければ逃げ切る。相手は中尾、佐藤、瓜生の3人で。
3連単 1→245→245

9R
菊地のセンター速攻が決まるか。菊地が攻めれば、山本英や濱村など外枠勢にもチャンスが生まれる。菊地のアタマから、内を切った流し舟券が勝負フォーカス。
3連単 3→456→456

10R
エンジンが出ているときの笠原は迷わず握ることが多い。2コースからまくりを打てば、漁夫の利が転がり込んできそうなのは3号艇の平石和男。ここは穴狙いで総流し。
2連単 3→全

11R
福島、坪井、萩原、安達とスタート野郎がそろった一戦。スタート速い選手が多いだけに、逆にスリットがそろう可能性も高そう。スリットがそろえば、やはりインが有利だ。
3連単 1→23→2345

12R
静岡の王・服部幸男が逃げ切る。相手はエンジン良さそうな湯川と重成。現段階では阿波には不安を感じる。
3連単 1→26→2346


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません