この特集について
ボートレース特集 > フェニックスホール 植木通彦記念館!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

フェニックスホール 植木通彦記念館!

お疲れ様です~~と記者席に元気一杯でやってきたのは……おぉ、艇王! 植木通彦さんであります。若松といえば、植木さんの純地元。艇王はここで育ち、競艇の歴史に偉大なる足跡を残す選手になったわけです。そんな植木さんを称える施設が若松競艇場にはある。ちょうどその撮影に向かおうとしていた中尾カメラマンは、艇王の腕を取って言いましたね。「一緒に行こっ!」。艇王も「うんっ!」と快諾。同じ昭和43年生まれ、福岡県出身の二人は手を取り合って向かったのであります。

2009_0721_0114 フェニックスホール 植木通彦記念館!

そうです、若松競艇場には、植木さんの功績を称えるメモリアルホールが常設されているのであります。このホールには、植木さんが獲得した数々のトロフィー(02年若松オーシャンカップ優勝のものもあります!)、植木さんSG10Vの軌跡を記したパネル、さらには現役時代に実際に使っていたプロペラやグローブなどが展示されています。開催時にはいつでも見ることができる、これら艇王の歩んできた道のり。競艇ファンなら一度は訪れたい場所であります。そう、このオーシャンカップはそのチャンスですね! 若松競艇場にご来場のファンの方はぜひ、足を運んでくださいね!

2009_0721_0121 というわけで、植木さんを連れ出した中尾カメラマンは、ホール入り口、ホール内でばっちり撮影。すると、植木さんの姿を植木通彦記念館に発見したファンの方が殺到して、臨時記念撮影会に! 艇王人気はいまだ健在、ファンの方たちの笑顔が実に眩しくありました。このあとは、大急ぎでやまと競艇学校に向かった植木さん。多忙の中、ありがとうございました!(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません