この特集について
ボートレース特集 > THEピット――湿気
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THEピット――湿気

 蒸し暑い! 梅雨空に支配された若松は、湿度も高く、気温も30℃弱。不快指数満点である。立っているだけで汗がにじむ、いやはや、ムシムシする。
 これは取材者の愚痴ではない。いや、ちょっとは愚痴だけど、この湿気はモーターの動きを左右する重大な要素なのだ。
 ドリーム記者会見に登場した6名すべてが、申し合わせたような同じ言葉を述べる。
「回転が上がっていない」
2009_0720_0702  菊地孝平は「想像したよりずっと」と付け加えたし、吉川元浩は「びっくりするくらい」と修飾している。田村隆信は「みんな言っている」と証言。とにかく皆が、足りない回転数に頭を悩ませている様子だ。湿度が高いと、モーターの回転数が抑えられる。つまり、おおむね出足が弱くなる。単にムシムシして不快だということではなく、モーターパワーに影響するから不快になる。湿気は大いなる敵なのだ。
 ということで、前検の今日は必然的にこうなる。
 整備室、大盛況。
 もちろん今日はあくまで前検、本格的な調整は明日からということになる。それでも、今日のうちにできることはやってしまいたい……そう考える選手たちは、前検航走が終わると、整備室に駆け込む。格納作業をする選手も整備室には鈴なりになるから、整備室は満員御礼となるわけだ。
2009_0720_0590 もっとも人口密度が高いのは、ギアケース調整のテーブル。これはまあ、今節に限らず、前検の日常的な風景である。外したギアケースを手に整備室を移動している選手は山ほどいるし、だから整備テーブルは常に誰かが占拠している状態となる。書き出していけばキリがない。とにかく、ここで姿を見る選手は多い。ギアケース調整は、いわゆる「外回り」に含まれる整備。みな自分なりのセッティングがあるわけである。いちおう、今日見かけた名前を2人だけあげておくと、横西奏恵と原田幸哉。二人は並んで、調整していた。76期はやっぱり仲がいいのであった。
2009_0720_0533  リードバルブを調整していたのは、服部幸男と白井英治。服部はやや意外であった。多くの場合、服部を見かけるのはペラ室だからだ。ふと思い立ってペラ室を覗きに走る。ガラガラだった。服部ですら整備室にいるのだから、ペラ室が空いていてもおかしくない。ちなみに、菊地孝平と石川真二がいた。菊地とは目があって、微笑を返してくれた。
 それにしても、ペラだろうがリードバルブだろうが、調整中の服部からはとてつもない集中力が伝わってくる。カメラマンがレンズを向けても、少しも動じることなく、いや、まったく視界に入っていないがごとく、リードバルブから目を離さない。ベストを尽くすという姿勢は、こんなところにもあらわれているのである。
 白井には、整備を終えたあとに声をかけられた。「どこで会おうが、存在感ありますねえ」。いや、デヴなだけです。目ざわりですみません。そう言ったら、白井はニカッと笑った。
2009_0720_0643  早くも本体を開けている選手もいる。平尾崇典、角谷健吾。間近で整備していた平尾は、おそらくは点検程度で部品を交換している様子はなかったが、飄々とした風情で整備している姿には、なんとなく目を奪われた。
2009_0720_1021  奥のほうでは、西島義則がやはり本体整備。西島にSGで会うのは久しぶりだが、そういえばいつだって前検からテキパキと動いていたなあ、と思い出す。気になる箇所があれば、すかさず整備を始めるのはまさしく西島スタイル。その変わらぬ姿勢を目にして、なんとなく嬉しくなる。
 もう一人、本体を整備していたのは松井繁。そう、王者が早くも本体に手を入れているのだ。ドリーム記者会見でも「良くない」を連発していた松井は、会見後すぐに整備を始めた様子。部品室の前で整備士さんと話したりもしていたから、明日の直前情報は要チェック。ひとつ言えるのは、松井にしては珍しい姿ということ。気になる動きではある。
2009_0720_0632 本体整備といえば、今垣光太郎……と言いたくなるのだが、今日の今垣はキャリアボディーを交換していた様子であった。もちろん、光ちゃんのことだから、そのあと本体に手をつけることになるのだろう。真摯な表情で新しいキャリアボディーを取り付けている姿は、いつもの今垣光太郎、ではあった。

2009_0720_0305  最後に、ピット取材での特注選手を。湯川浩司だ。前回のグラチャンとは明らかに様子が違う。そりゃあ、背負うものが今回はないのだから、様子が違って当たり前だが、それでも気になるゴキゲンな表情。ピットからは足色はまったくわからないが、もしアシが仕上がったら、このメンタルはかなりの武器になるはずだ。あ、あと濱野谷憲吾もなんか違う雰囲気だったなあ。最近はリズムが悪い憲吾だが、ここから逆襲が始まる……かも。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

前検、初日くらいは地元の選手の情報が知りたいです。

投稿者: むひ (2009/07/20 23:41:22)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません