この特集について
ボートレース特集 > 5日目一般戦ダイジェスト
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

5日目一般戦ダイジェスト

 明日も一般戦は行なわれる。準優敗退組も交じってくるとはいえ、だからこそ穴の使者は予選敗退組。本日の一般戦で目についた選手を簡単にピックアップしておきます。

2009_0801_0465●1R
「大澤普司」1周2M、3艇をごぼう抜きにしたツケマイがお見事の一言だった。準優組が不在なら明らかに上位。同レースに組まれても、穴を出す可能性は充分にある。
「松野京吾」伸びが上々と見えた。少なくとも角谷健吾よりは上。松野向きかどうかは何とも、だが、明日もヒモ穴に狙ってみると面白いかも。

●4R
「白井友晴」2コースからジカマクリでイン一宮稔弘を沈めた。ということで一応ピックアップしたが、一宮がSで放ったことでのぞいたスリットとなったのが大きい。マクリ屋の本領を発揮できる隊形になったのが幸運だった。とはいえ、同様の隊形になれば、ビュンビュン握って攻められるアシ色であった。

2009_0802_0113 ●5R
「岡瀬正人」差し職人らしい鮮やかなマクリ差し。間違いなく、展開を突くアシはある。準優組に交じってアタマまで突き抜けられるかは何とも言えないが、ヒモ名人と決めつけないほうがいいだろう。
「山崎哲司」3コースからマクリ差しを放って、1~2コースの壁は突き破ったが、岡瀬の差しに屈した。もうひと足あれば自らが先に突き抜けられていただろうが、レースぶりはいい感じ。明日も気合の走りを見せてくれるはずだ。

●7R
「飯島昌弘」一般戦に入ると明らかに強めで、イン戦は盤石であった。準優組に入っても充分戦えるはず。
「丸岡正典」飯島までは届かなかったが、レースぶりが際立つ。というより、そこそこアシが来れば、いつでも勝ち負けできるダービー王だ。

2009_0802_0458 ●8R
「安達裕樹」3コースからのマクリ差しが決まったので、一応ピックアップ。ただ、イン加瀬智宏が阿波勝哉らのマクリを警戒していたのか、1Mはややふらついたターン。安達にはツキがあったという感もある。もちろん、パワーがなければできないマクリ差しではあったが。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/45823991
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません