この特集について
ボートレース特集 > 丸亀にMB戦士が登場!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

丸亀にMB戦士が登場!

2009_0824_0016  午後1時30分ごろ、丸亀の駅に降り立つと、10mほど先に目も眩むほど光り輝く男が2人。わわわっとのけぞりつつ目を細めてみると、取材班と同じ電車に乗っていたらしい今村豊と白井英治の師弟コンビでありました。思いもかけぬ場所で選手に会うと、つい浮足立つものであります。任意のミーハーファンになってサインでももらっちゃおうかとそわそわしていると、僕の隣にいた男が「師匠!」と絶叫。そうだった。H記者は春に白井と将棋を指して惨敗、それ以来、白井=師匠、H=弟子の師弟関係を結んだのであります。しかし、ミスター競艇は驚いたでしょうなあ。自分の弟子を師匠と呼ぶオッサンがいる。「つまり、今村は大師匠、ってわけだな」とH記者はご満悦でありますが、この2人、今年名人戦の資格を得た同い年であります。
 てなわけで、今節最初の選手との出会いは、丸亀駅での今村&白井。食事をしてから向かうらしい2人と別れて競艇場に入った取材班。原稿執筆環境などを整え、それでは選手たちの競艇場入り取材に向かうべえ、とピットに向かうと、ちょうど今村&白井が競艇場に到着したところでありました。2度目のご挨拶、である。うむ、何か縁でもあるのかもしらん。

2009_0824_0001  その今村&白井よりもはるか前に、一番乗りで入ったらしいのが秋山直之(チャーリー池上カメラマン証言)。同県の山崎智也は、我々がピット入りしようとしたそのとき、出入口付近でファンと交流しているところでありました。さすが大人気のアイドルレーサー。ファンの輪は出入口を何重にも取り囲むほどで、智也も次から次へとツーショット写真に収まっておりました。
2009_0824_0040   数mほど離れたところでは、平山智加がカメラを向けられまくり。彼女ももはや、アイドル的な人気を集めておりますね。地元の期待を背負っての出場だけに、心に期するものもありそう。その後、ピット入りしてからは先輩選手に次から次へと声をかけられていました。選手仲間も、彼女の動向を気にしているのでしょうね。
2009_0824_0026  地元といえば、重鎮的存在はやはり三嶌誠司。にこやかにピット入りした三嶌は、我々の姿を見るなり、眉をひそめた。いや、もちろん、険悪な視線を向けたわけではございません。
「マスク着用しなきゃいけないの?」
「そうです。報道陣には着用令が出てます」
 新型インフルエンザが流行する今、ピット入りする報道陣はマスク着用が義務となっております(笹川賞でもそうだった)。「そっか……大変ですねえ」と、三嶌は我々を気遣ってくれたわけであります。
2009_0824_0034  三嶌に続いてピット入りしたのは、これまた地元の森高一真。グラサンが……怖い! これが森高のキャラであります。挨拶を飛ばしたこちらを一瞥した森高は、グラサンの奥でぎらりと光を放つ目を向けつつ、2度3度と小さく肯く。こちらも、視線に力をこめて、同調する。目で会話した……と勝手に思っているのですが、果たして。もちろん会話の内容は、強烈すぎるほどの気合、であります。

 さてさて、森高もそうなのですが、今節会うのを楽しみにしていた選手が個人的に何人かおります。
2009_0824_0114  まずは丸岡正典。いまだ記憶に鮮明な、昨年のダービー。そうです、丸亀の丸岡といえば、あの歴史に残る名勝負、であります。SG初制覇の地に、丸岡はどんな感慨を抱いて登場するのか。それをぜひとも見極めたかった……のでありますが、丸岡はいつもどおりに飄々と、優しげな笑みを浮かべて登場。丸ちゃんは丸ちゃん、なのでありますな。
2009_0824_0055  もう一人は岡崎恭裕。前期B2落ちの屈辱を味わった彼は、今年2月のBOATBoyカップ(若松)を制した際に、「SGに必ず戻ります」と力強く宣言してくれた。あれから半年、早くも有言実行を果たした彼の表情も、ぜひとも確認したいもののひとつでありました。で、岡崎とほぼ同じタイミングでやって来たのが篠崎元志。さすがの雰囲気を醸し出していて感心したわけでありますが、岡崎もさすがでありますな。SG出場においては篠崎よりもはるかに先輩。その分の風格なのか、まるで「ここにいるのが当然」とでも言うべき、余裕の表情に見えました。全国スター候補選手は3名すべてが参戦するMB記念、なかでも岡崎が特注と見ましたぞ。
2009_0824_0097  あ、あと、ぜひともお礼を言わねばならなかったのが今垣光太郎。昨日、BOATBoy編集部に宅急便が届きまして、これが光ちゃんのグラチャン制覇記念タオルとリストバンド。光ちゃん自身が送ってくれたものでありまして、これがもう、どっさりと詰め込まれていたのであります。というわけで、そのお礼をしつつ、ひとつのお願いをしますと、「もう好きに使ってください」とご快諾。皆様、BOATBoy10月号でこのタオルとリストバンドをそれぞれ10名の方に読者プレゼントいたしますので、欲しい方はぜひご覧くださいませ。さっそく中尾カメラマンが「俺も欲しい」と言っていますが、あげません。どうしてもほしければ応募してください、はい。

 というわけで、ずいぶん個人的なお話ばかりになってしまいましたが、出場選手は暑さにも負けずに丸亀入りいたしました。ブルーナイターSG、開幕です!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

今節も楽しみにしてます♪応募絶対します!!
9月号の今垣選手のグラチャンサイン入りバンダナも
当たりますよーに!!お願いしますっ!!

投稿者: ライジーン (2009/08/24 18:45:20)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません