この特集について
ボートレース特集 > “本紙予想”浜名湖ダイヤモンドカップ準優勝戦
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

“本紙予想”浜名湖ダイヤモンドカップ準優勝戦

 準優勝戦の“本紙予想”です。少しだけ能書きつけてみました。

10R 準優勝戦 
田中の進入がどうなるか。いずれにしても、菊地のイン戦は信頼度高く、ほぼ盤石。センター戦必至の笠原は、まず握って攻めようとするはず。内が落とせば爆発力が炸裂。この動き見て捌ける新田も有力。
◎菊地 ○笠原 ▲新田 
3連単1-34-全

11R 準優勝戦   
進入は枠なりか。湯川の逃げに坪井の差しと松本のマクリorマクリ差しが襲いかかる展開。湯川の逃げ切りを信頼する。相手本線は、坪井よりも松本に妙味。
◎湯川 ○松本 ▲坪井
3連単1-32-全

12R 準優勝戦 
コース動くとすれば佐藤か。福島のP離れも気になる。枠なりか125/346が有力だが……。瓜生が軽快に逃走する。一撃なら福島だが、馬袋に差して残せるアシがあり、これが本線。福島は買うならアタマ狙いに妙味で、それよりも佐藤の自在な捌きに注意したい。
◎瓜生 ○馬袋 ▲佐藤 ★福島
3連単1-25-全 3-12-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません