この特集について
ボートレース特集 > THEピット――ピットの風景!?
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THEピット――ピットの風景!?

 BOATBoyでは「ピットの風景」という大好評企画を連載している。Niftyでもおなじみの中尾茂幸、池上一摩、山田愼二が撮影した膨大な写真のなかから、ピックアップしてピットの空気を伝えようという企画。おかげさまで、競艇ファンから絶大なる支持をいただいている。
 写真の量は何しろハンパなく膨大だから、お蔵入りする写真も相当な量にのぼる(もちろん、いつか使用される可能性は常にある)。というわけで、たまにはNiftyでもやりましょうか! もちろん、この企画のクオリティはデザイナーさんの腕もおおいに貢献しているのであって、ネットでやるとなるとまた違った雰囲気にはなるのだけれど……。
 まあ、行ってみましょう。写真に添えるコメントも、いつものとは雰囲気を変えて。日付はすべて、本日8月27日であります。

2009_0827_0114イケメンはつらいよ
篠崎元志

撮影:中尾茂幸

 長嶺豊さんが、「さっすがやな~」と呟いた。ボートリフトへと向かう篠崎元志に、中尾カメラマンも含めての、カメラの放列。やっぱりイケメンにはカメラのレンズが群がるのだ、ということで、長嶺さんも感心していたわけである。
 で、篠崎自身も、そりゃ意識してしまう。これがひとつの宿命だとは知りつつも、やっぱり自然な表情ではいられない。それでも、なんと高校の先輩後輩だという中尾カメラマンには、ちらりと視線を向けたりして。

2009_0827_0085内緒話?①
坪井康晴 井口佳典

撮影:中尾茂幸

 装着場で調整中の井口佳典に、坪井康晴がつつつつっと歩み寄った。顔を近づけて、ひそひそと何かの相談。こういうシーンは、何も坪井と井口に限らず、多くの組み合わせで見られるものである。
 ただし、実は82期と85期って、めちゃ仲がいいんだそうですね。昨年の賞金王では、静岡82期三羽烏と井口が宿舎で同室で、やや緊張気味だった優勝戦前夜、3人の言葉が肩の力を抜かせてくれたのだとか。それを思って眺めると、また違った風景にも見えてくる。

2009_0827_0073 内緒話?②
井口佳典 横西奏恵

撮影:中尾茂幸

 足合わせをしていた二人が、レース後に感触を確認し合う。一節の間では、あちらこちらで見られる風景。このときばかりは、地区も期も飛び越えた組み合わせが情報交換をしている姿を見ることができる。
 井口と横西は、わりと仲がいいほうだと思うが、情報交換系の光景はあまり見たことがないな。というわけで、けっこう珍しいものだと眺めていたのだが……レンズが向いていると気づいた井口は、じわじわと背中を向けていった。まあ、そういうものですよね。

2009_0827_0080内緒の行為?
今垣光太郎

撮影:中尾茂幸

 試運転からあがってきて、リフトに近い位置にボートを置いた今垣光太郎。こちらに背を向けて、何やら下を向いていた。
 何してるんだろう……?
 そーっと居場所をずらして、光ちゃんの顔が見える位置へ。何をしていたかといえば、じーっと考え込みながら、メモにペンを走らせているところであった。そうだ、今垣には“光ちゃんメモ”とでも言うべきものがあって、こうして感じたことや調整方法を書き込むのがルーティンなのだった。というわけで、内緒の行為というわけではなかったのであった。

2009_0827_0547 夕日にかざす
原田幸哉

撮影:中尾茂幸

 ペラを叩いたあと、外に出て光にかざして翼面の状態を確認する光景は、非常によく見られるものである。
 原田幸哉は、ペラ室を出ると、ずっと翼面に目を凝らしながら、試運転係留所へと向かった。その途中、不意に立ち止まり、光にかざして入念な確認。そのとき、原田の視線がプロペラと反射する方向には、夕日が赤く染まっていたのであった。

2009_0827_0166最多歩数賞
平山智加 中野次郎

撮影:中尾茂幸

 ピットに突っ立っていて、もっとも歩いている姿をよく見かけるのは、ズバリこの2人だ!
 平山は、全体としても地元の中でももっとも若手の選手。雑用は多く、その合間に必死に調整&試運転にも励んでもいて、とにかく「気づけばそこにいる」という感じ。その健気な姿に、おっさんは常に感動しているのである。
 ペラ室と試運転係留所の往復をもっともしているのは、次郎ではないだろうか。係留所へと降りていく橋の付近にいると、次郎の姿を本当によく見かけるのだ。
 で、この写真は試運転のあと、菊地孝平のもとに向かって情報交換をしたあとの二人。足合わせをしていたらしく、一刻も早く菊地と会話をしたかったらしい二人は、菊地の姿を探して、係留所と装着場を右へ左へと駆け回っていたのであった。

2009_0827_0313 シリーズリーダーです!
白井英治 今村豊 山本浩次

撮影:中尾茂幸

 3日目を終えて予選1位。だというのに……「シリーズリーダーのこと、クロちゃんもHもぜんぜん書いてないねえ」。うぐっ……そうかも。ここで書かねばと写真をつらつら眺めていたのだが……「シリーズリーダーのこと、あんまり撮ってないねえ」と中尾カメラマンに意趣返し。取材班、全員ノーマークかよ!
 ただ、このシーン、よくぞ押さえてくれたと中尾カメラマンには感謝したい。実は非常に印象深いシーンだったのだ。というのも、山本浩次が笑っている! いや、そりゃ笑うんだけど、以前に何度も「ミスター不動心」と彼を形容したほど、山本浩次はピットで淡々とした雰囲気を変えないのだ。優勝戦の日だろうと勝負駆けの日だろうと。そんな山本浩次が笑っている!
 おそらく、笑わせたのは今村豊。マクリ快勝の直後だけに、ヘルメットの奥ではしゃいでいたのだろう。シリーズリーダーも笑う、夏の日の夕暮……。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません