この特集について
ボートレース特集 > THE ピット――優勝戦の朝
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THE ピット――優勝戦の朝

2009_0803_0114  昨日に続いての快晴! 暖かい日差しを浴びながらピットに入った10時半頃は、ちょうど優出選手の多くが試運転から引き揚げてくる時間帯になっていた。
 笠原亮は、師である服部幸男とともにボートリフトから上がってきたが、笠原に何かを話しかけていた服部の顔に浮かんでいた笑みが2人の好調ぶりを物語っているようだった。
 笠原に対して、「今朝の足はどうですか?」と質問してみると、「まあまあですね。あとは乗り心地ですが、ペラを換えたんで合わせる余地はあると思います」と答えてくれた。
 その後、装着場で作業をしている笠原を傍で見ていると、私のその様子がモノ欲しそうにでも見えたのか……。笠原はもう一度、自分から「まあまあです!」と声を投げかけてきてくれた。
 それで私ももう一度、「さっきは服部さんと合わせてたんですか?」と訊いてみると、「はい! 服部さんが良くなっていたんでビックリしました」とニッコリ。
 この師弟のコンディションはやはり、その表情が物語っていたように上々と見ていいだろう。

2009_0730_0313  笠原よりわずかに早く試運転から引き揚げてきた坪井康晴は、待機ピットにボートを着けたあと、しばらく無言でモーターを見つめながら考え込んでいた。
 そして、しばらくするともう一度、試運転に飛び出していき、それから引き揚げてきたあとにはプロペラを外して、整備室内のペラ修理室へと入っていった(ペラ修理室といっても、浜名湖の場合は、もうひとつのペラ小屋と考えていい)。
 そうした動きをしているなかで、表情はやや曇りがちにも見えたものだが、それはこちらの勘違いだったのか……。
 ペラ修理室の調整もそれほど長くはなく、ひと休みするため食堂に入っていくところも見かけられたので、今日1日、どのように足を仕上げていくかをじっくり考えていたということなのだろう。

2009_0801_0521  池田浩二もこのタイミングで試運転から引き揚げてきたが、装着場にいた瓜生正義と何かを話して、ハハハハハと互いに笑い合ったあとには姿を消した。
 また、今坂勝広は朝の試運転には出なかったのか、もう少し出るのが早かったのか……。
 試運転から戻ってきた服部がペラ小屋での作業を始めたときには、その向かい側に腰をおろしてペラ調整をやっていた。

P8040015bb1_2  笠原に声をかけていた頃、福島勇樹は整備室の中でリードバルブの調整をやっていた。その後は丁寧にモーターを拭くなどしていた姿が神経質になっているようにも見え、少々気になった。
 そこで、整備室から出てきたときに「1号艇の緊張はないですか?」と声を掛けてみたのだが、神経質そうに見えたというのは私の思い過ごしだったのか……。一瞬、質問の意図がわからないというような顔になったあと、「はい、ないです!」と、ニコリと笑って答えてくれた。この福島という男は、けっこう天然なところがあるというのか、物事に動じないタイプではないかという印象を受けたものだ。
 この後の福島は装着場でモーターやボートの点検をしていたが、隣にボートを置いていた重成一人が何かを話しかけていた。その様子は遠目で見ていたので、何を話していたかは聞こえてこなかった。ただ、重成の様子を見ていると、最初は説教をしているのかと思われ、次にからかっているようにも思われ、さらにはアドバイスを送っているようにも見えたのだから、何を話していたのかはよくわからない。
 それでも、2人は時々、気持ちのいい笑い声をあげていたし、最後には並んで水面のほうを見たりもして、いい雰囲気(?)を醸し出していた。そうして重成が福島をさらにリラックスさせていたのは間違いない。

2009_0802_0295  優出メンバー6人のなかで、最後まで姿を見つけられなかったのは萩原秀人だ。装着場の隅にボートを置いたまま、なかなかピットには現われなかったのだ。
 萩原が登場したのは1レース後のこと。
 食堂から出てきてエンジン吊りの手伝いをやったが、吉川昭男の手伝いをしたあとは、松村康太と競い合うようにダッシュで移動して、白石健のモーター格納も手伝う「ハシゴ手伝い」!
 それがひと段落つくと、また控室のほうへと引き上げようとしていたので、今日、慌ててやるような作業はないということなのだろう。
 その途中で、湯川浩司に声を掛けられると、何かの一発ギャグなのか、大きく口を開いて、シャーッ!と蛇のように湯川を威嚇していた。
 ……この男、意外と面白いかも。
 さすがは筆者と同じ福井人である。
(PHOTO/中尾茂幸 +内池=福島&重成の2ショットのみ   TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません