この特集について
ボートレース特集 > THE ピット――シリーズの準優間近!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THE ピット――シリーズの準優間近!

_mg_0360  1レース前のペラ小屋はスゴイことになっていた。カメラマンのチャーリー池上も「これだけ人が多いのは見たことないです」と漏らしていたが、私も同感。
 これまで取材してきた暮れの住之江や、他のSG5日目にしては考えられないほどの選手が集まり、ペラを叩いていたのだ。
 私=Uは、今日が今節の初ピットとなったが(昨日までは東京で居残り特訓というか、月末恒例BOATBoyの編集作業をしてました)、昨日までの極寒を考えれば、今朝はずいぶん暖かくなっているそうである。そうして気候が変化してきた影響もあったのだろう。
「この状況をちょっと写真に撮っておいてくれる?」とチャーリーに頼んでみると……。ガラス戸越しの撮影となるので映り込みをなくすため、「ジャンパーを左右に開いて横に立ってください」と、露出狂の変態のような格好をさせられてしまった。私個人がそんな辱めを受けるのはいいとしても、それで選手の集中力を乱さないかと心配になったが、選手は誰も、そんな変態が立っていることにさえ気がつかない集中ぶりだった。
 う~ん、スゴイ!

_u4w8568  今日は、「賞金王シリーズ」のピットを担当させてもらうが、ペラ小屋にいる選手たちにとっては、シリーズも決定戦も関係ないようだった。
 満員御礼の小屋の中で、隣り合った者同士が声を掛け合う。
 ざっと目についた組み合わせとしては、田中信一郎×湯川浩司の兄弟弟子コンビのほか、池田浩二×濱野谷憲吾、菊地孝平×中島孝平(ダブル孝平's)などが挙げられる。
 それぞれに「決定戦メンバー×シリーズ準優メンバー」になっていたのも面白い。

2009_1221_0127  もちろん、選手にとってみれば、“シリーズも決定戦も関係ない”などというわけがない。人間関係のなかでは関係がないのは当然としても、それぞれの選手としては、そのどちらに出ているかでまったく意味が違う。
 今朝のピットに入ってまず目についたのは、待機ピット付近で作業をしている濱野谷と白井英冶の姿だったが、2人とも、その集中力は高かった。シリーズ準優勝戦は8レースから始まる時間的な問題もあるのだろうが、朝イチからゆるめず全力投球の姿勢を見せていた。

2009_1221_1253  井口佳典に関しては、東京でNIFTYの記事を見ながら気になってはいたが、前検日の記事に書かれている「キッと結ばれた口元と鋭い目つきに何らかの意味を見出したくなる」というダーマンリポートにも納得!
 今日の井口にしても、ペラ小屋では周りに多くの選手がいても、他の選手は目に入らないような集中力で自分のペラとだけ向き合っていた。その後、装着場を歩いているようなときでも、その表情は、早くもゾーンに入っているようなものになっていたのだ。
 優勝ノルマ!
 井口の顔つきを見ていて、そんな言葉が浮かんだが、あと一歩というところで決定戦行きの切符を逃した濱野谷や白井にしても、気持ちとしてはそれと変わらないのではなかろうか。

2009_1221_0185  今年のシリーズ準優勝戦は、「決定戦経験者の維持」と「フレッシュな顔ぶれ」がぶつかり合う、実に興味深い顔合わせになったといえよう。
 BOATBoyで取材をしていたことがある今井貴士や新田雄史は、SG初白星から一気に予選突破までを果たしているのだから、その勢いは軽視しできない。
 4月に取材をしていた今井は、「夏場に勝率を落とさないようにするのが課題」「早くSGに出たい」と語っていたので、このピットで再会できたのは個人的にも本当に嬉しかった。
――夏を乗り越えられましたね?
「はい、なんとか(ニコッ)」
――準優出できたことはどうですか?
「めっちゃ嬉しいです(ニコッニコッ)
――もうひとつ上を狙いたいですね?
「はい、今日は気合い入れていきます!(……ニコッ)」
 って感じなのである。

_u4w8581  で、シリーズ組でもう一人、気になるのが大嶋一也だ!
 今朝の大嶋は、装着場のなかではわずかなスペースしか見つからない“陽のあたる場所”で点検作業をしていた。暗くて長いトンネルを抜けてきた大嶋には陽のあたる場所がよく似あう。
  いま、誰よりも輝いている競艇選手の一人なのだから。
 廣町恵三さんに声を掛けられた大嶋は、ニコニコと回答!
 その笑顔は、今井にも負けないほど若々しいものだった!!
(PHOTO/中尾茂幸+池上一摩=1枚目、2枚目、6枚目 TEXT/内池久貴)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません