この特集について
ボートレース特集 > 運も味方に2連勝―――新鋭王座ダイジェスト4日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

運も味方に2連勝―――新鋭王座ダイジェスト4日目

●ベストパフォーマンス
古賀繁輝(佐賀)

Koga1  いままで片目があいていなかったのがウソのよう。得意な内寄りコースからの競走で2連勝をあげ、古賀繁輝は片目どころか一気に両目を開けてしまった。
 本日唯一の2連勝だから文句なしのベストパフォーマンスである……と言いたいところだが、運に助けらた部分も大きかった。

 古賀のエンジンは出ていない。初日の足は低位級、そこから1走ごとに足を上向かせ、昨日のピストンリング交換で、ようやく中堅クラスの足にまで戻してきた。
 3レース。3号艇ながらも、2コースに入りこみ、コンマ04のトップスタートを切る。しかしそこから伸びていかない。捲くるか差すかの判断が遅れた分だけ、引き波に足を取られる。気づくとバック3番手にポジションを落としていた。
 機力を戻したとはいえ、前を行く古川健や西野翔太に比べると、あきらかに足色は劣っていた。だが足色は悪くとも、GⅠ初出場の古川や西野に比べると、古賀にはキャリアがある。07年、08年と、新鋭王座決定戦で2年連続フライングを切るという苦い経験もしている。その分だけ古賀は冷静だった。2周1マークで、激しくヤリ合う二人を前に見据えながらズバッと差し抜けた。しかも濱崎の突進をギリギリで交わしながら。

Koga2  12レースの古賀はスタートが最悪だった。コンマ26の6番手スタート。トップスタートの6号艇とは約1艇身の差があった。普通ならば万事休すのインである。
 しかし古賀には運が味方してくれた。トップスタートの6号艇は5号艇がカベになって出られない。2番手スタートの5号艇は4号艇がカベになり、4号艇は3号艇がカベ、3号艇は2号艇がカベ……。隊列の妙とでもいおうか、6番手スタートながら4枚のカベが相互に作用しあっている隙に伸び返して、ギリギリで逃げ切ることに成功したのである。もしも4艇のうちどこかがヘコんでいたならば、古賀のインは一発で潰されていたはずだ。

 本日の古賀の2連勝は運が味方した部分が大きい。だが、人事を尽くして天命を待ったからこそ、本日の2連勝があったともいえる。もしも初日の足ならば、3レースは3番手に食らいつくことができなかっただろうし、12レースは西川に捲くられて終わっていたように思う。昨日までの整備がなければ2連勝はなかったのである。まさに、運も実力のうちなのだ。

●舟券に役立てたい若武者の個性

4日目の決まり手
逃げ=5 まくり=3 差し=2 まくり差し=0 抜き=2
4日目のコース別1着
1コース=5 2コース=3 3コース=1
4コース=2 5コース=1 6コース=0

4日間のトータル
逃げ=17 まくり=11 差し=7 まくり差し=8 抜き=5
コース別1着
1コース=17 2コース=8 3コース=5
4コース=7 5コース=7 6コース=4

Sinozaki_3   本日は6コースからの1着がゼロ。比較的スロー勢が強い1日となった。勝負駆け日ということもあり、是が非でも着が取りたい選手は進入で動いていたためであろう。
 象徴的だったのは、10レースの篠崎元志。鋭いピット離れを決めて、毒島誠のインコースを奪ってしまったのである。
 明日の準優勝戦、篠崎は2号艇。しかもシリーズリーダーの小坂が1号艇にいる12レースに登場する。篠崎のピット離れには要注目。大番狂わせもありえる!?

 また若きイン屋・古賀繁輝は11Rの2号艇に入った。常識的に考えれば2着権利なので折り合う可能性が高いが、常に進入で一発狙っているのが古賀である。こちらはコメントやスタート練習に注目しておきたいところ。

 敗者戦は基本的にインが強い。進入も折り合うことが多い。重要視するのは、1号艇の選手のイン戦の巧拙。イン得意な選手が1号艇ならば、配当が安くともすんなり従うほかない。
 個人的に注目しているのは、1Rの海野康志郎。なすすべのないエンジンで戦っている海野だが、5日目で、しかも1レースの1号艇ならば、逃げ切りあったもおかしくないのでは? 人気次第では買ってみたい。

●本日の機力診断
節イチ=小坂尚哉 新田雄史

Kosaka   据え置き。きっちり予選1位と2位を、節イチクラスの小坂と新田で分け合った。
 この2人に続くのが、馬場貴也と今井貴士。これも昨日書いたとおり。
 準優メンバーは、古賀繁輝を除くと、わりと機力順に予選を通過した感がある。初日からキビしいレースを強いられている岡崎恭裕や、技術でしのいできた安達裕樹はやはり一枚落ちる。長尾章平、藤岡俊介あたりはさらに一枚落ちといったところのように思う。
 機力順に決まるならば内枠が有利。そんな準優勝戦になりそう。ただ、だからこそ、進入が荒れそうな気もするんだよなぁ……。

 敗者戦ならエースモーターの真庭明志。ようやく本領を発揮した池永太。常に穴人気になっていて買いづらいのだが、古川健も人気薄ならば一発に期待。西野翔太も敗者戦ならば威張れそう。

(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/H園)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

今日のベストパフォーマンス…
『篠崎クンのイン取り→逃げ』も入れてくださいo(^-^o)

明日が楽しみですね〜♪

明日も…
イン取りに行くでしょうか!

頑張れd(@^∇゚)/ファイトッ

投稿者: ゆたぽん (2010/01/22 23:12:00)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません