この特集について
ボートレース特集 > 本日の水神祭 優勝戦も!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の水神祭 優勝戦も!

Suijin_09  本日の水神祭、まずは2R1着の岡祐臣。3日目に同じ1号艇で2着に敗れ、悔しい思いをしていた岡だけに、この水神祭は待ちに待った、そして絶対に達成しなければならなかったものでしょう。ということもあってか、とにかく大盛り上がりのはっちゃけ水神祭! 仲間たちもかなり弾けて、岡を祝福しておりました。どういうはっちゃけぶりかというと……。
Suijin_18  多くは語りません(笑)。写真を見てください。情報によると、渡辺浩司が浜名湖入りする前にゲーセンかなんかでゲットした景品で、古川健が勝ったら着せるはずだったのを、岡が着せられたのだ、と。マントを羽織った水神祭……初めて見たぞ。

 結局、進藤侑、川島圭司、古川健、藤岡俊介、青木幸太郎、下條雄太郎、庄司孝輔、山口修路、是澤孝宏が浜名湖に忘れ物をしていくことになってしまいました。しかし、GⅠは新鋭王座だけではない。どこかの周年記念などできっちり取り戻してください。そして、94期以降の選手には来年もある! その前にやっちゃいました、ってのが最高だけど、そうでなくとも来年の宮島で飛び込んじゃいましょう!

Suijin_43 さて、もうひとつの水神祭は、もちろんGⅠ初優勝の毒島誠! ピットのスミにサンダルが大量に用意されていたことから、おそらく……と予想はついたのですが、やっぱりでした。
 いつものボートリフトではなく、出走ピットで敢行された水神祭。もちろん、優勝戦で飛び出していった3号艇の場所に投げ込まれることとなりました。
 参加メンバーは、毒島を含めて10人もが参戦した92期勢。あとは金子拓矢、土屋智則の群馬支部後輩も加わっていました。ワッショイスタイルで持ち上げられた毒島を、せーのでドボーンと投げ込むと……次々と飛び込んでいく92期勢! これで新鋭戦を卒業する同期生全員で、夕暮れの浜名湖水面に入っていったのでありました。
Suijin_48 「おい、10人もいるから、ちゃんと確認したほうがいいぞ! 10人いるか?」
「7、8人しか上がってこなかったりして(笑)」
 縁起でもない冗談を飛ばしつつ、寒いヤバい冷たいヤバい寒い寒いと口々に叫びながらズブ濡れになった毒島&92期軍団。もちろん、ちゃんと10人揃ってましたよ(笑)。
 おめでとう、毒島。次は言うまでもなく、SGで水神祭を見せてくださいね。(PHOTO/池上一摩)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません