この特集について
ボートレース特集 > 選手紹介!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

選手紹介!

2010_0119_161   地元のバスケットボールチーム、浜松東三河フェニックスの選手&チアリーダーのオープニングアクトで幕を開けた新鋭王座決定戦・選手紹介。その後に浜名湖競艇のマスコット、スワッキーくんが入場すると……その正体は庄司孝輔! 地元ただ一人の参戦、浜名湖を背負って戦う意思表明だ!
2010_0119_001「浜名湖競艇ファンのみなさん、元気ですか!」(堀本泰二)
 浜名湖ファンのみなさんだけでなく、全国競艇ファンのみなさん、元気出していきましょう!

 それにしても、新鋭王座の選手紹介はSGや記念レースとはひと味違う。その代表格はやはり西山貴浩! 山口修路から「根本的に勘違いした男」と紹介されて登場した西山は、なぜか競輪の4番車のユニフォームを着ている。「競艇選手の西山です!」……そりゃそうでしょ。
2010_0119_144 「勘違いした男です。えっ? 父親の顔が見てみたい? それなら5月に三者面談を行ないます。父・富士男、兄・剛。清き一票をお願いします!」
 えっと、野暮だけど解説しますね。5月の三者面談は当地開催の笹川賞。父は原田富士男で兄は川上剛、西山ともども3人に投票してね、というアピールであります。
 おっと、まだ終わらない。
「昨年は政権交代がありました。今年は、イケメンよりブサイクです!」
 それも政権交代……うむ。これには全面同意であります。
 そういえば、「93期きってのイケメン」と古川健に紹介された男がいましたね。
2010_0119_051 「エース機を引きました。豚に真珠と言われないよう、頑張ります」(真庭明志)
 えー、ノーコメントです(笑)。
2010_0119_045 「顔はフレッシュじゃないけど、一生懸命頑張ります」(渡辺浩司)
 えー、これもノーコメントで(笑)。

 新鋭王座といえば、出場できるのは選手生活の限定された期間のみ。それでも、出場を逃して悔しい思いをする選手もいるわけで、そんな仲間の思いを背負って走る若者たちも少なくない。
2010_0119_083 「峰リューちゃんの分まで、勝って帰ります!」(古賀繁輝)
「静岡の谷野錬志の分まで頑張ります」(平本真之)
「兵庫には三銃士っていうのがいるらしいです。稲田浩二、小坂尚哉…………あっ、藤岡俊介でーす!」(藤岡俊介)

 懲戒期間にかかって出場できなかった峰竜太、事故率オーバーで地元王座を棒に振った谷野錬志、F休みで出場を逃した稲田浩二……彼らの分まで仲間が頑張る! やはりF休みとなってしまった岡村仁、西村拓也と同県である鶴本崇文の「大阪は競艇王国です」も同種のものかもしれない。

 そんななかで、独断と偏見のベスト名言はこれ!
2010_0119_079 「チアリーダーのみなさん、僕はいちばん手前のコがタイプです」(永田啓二)
 若者はこうじゃなくっちゃね! 王座と彼女をゲットして、最終日には意気揚々と浜名湖を後にしてください!(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません