この特集について
ボートレース特集 > 新鋭王座恒例!「勝手に期別対抗戦」3日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

新鋭王座恒例!「勝手に期別対抗戦」3日目

 まずはポイント争いのゆくえから。

   初日 2日 3日合計
92期 28 66 56 150
93期 74 68 34 176
94期 29 58 38 125
95期 14 14 29 57
96期 42 32 45 119
97期 28 7 35 70
連合 37 7 15 59

2010_0121_0128  今日は93期がポイントを伸ばすことができなかったなあ。2勝はあげたものの、着を落とす選手も少なくなかったため、3日目限定では5位に甘んじている。4日目は勝負駆けに臨む選手もいるから、準優&区間賞の両手に花を狙いたいところだろう。(写真は長田頼宗)
2010_0121_0103  とはいえ、これが大ブレーキにならなかったのは、3日目がドングリの背比べになったから。キーとなったのは、まずは昨日が不振だった97期の頑張りで、6Rと7Rは3着以内に2人が入ったりもしている。また、96期も安定しており、“後輩”組がポイントを稼いだのが大きかったと言えるだろう。(写真は今日2着の土屋智則)
2010_0121_0150  そんななか、区間賞は最年長期の92期! ついに93期を猛追態勢に入ったぞ! 何しろ4~6Rで吉川喜継、松村敏、安達裕樹が3連勝! その後も着実にポイントを重ねていった。(写真はマツビン)
 どうやら卒業期対決が濃厚となってきた勝手に期別対抗戦。プレゼントクイズの出題は明日ですぞ! あ、単に「どの期が優勝?」という問題にはならないと思いますので、ご覚悟のほどを
 ちなみに、3日目終了時点でベスト18入りしている選手を見ると、「92期=4 93期=4 94期=5 95期=0 96期=3 97期=0 連合=2」。必ずしもポイント争い通りではないんだなあ。(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

土屋選手って水神祭終わってませんか?
桐生のG1で1着取ってたような・・・。

投稿者: yasu (2010/01/21 19:20:32)

yasuさま
ご指摘ありがとうございます。
申し訳ありません、まったくそのとおりで、訂正いたしました。
失礼いたしました。

投稿者: 取材班 (2010/01/21 19:40:26)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません