この特集について
ボートレース特集 > 新鋭王座恒例「勝手に期別対抗戦」2日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

新鋭王座恒例「勝手に期別対抗戦」2日目

 勝手に期別対抗戦、2日目。いやはや、今日も93期が絶好調!
 まずはポイントをご覧ください。

   初日 2日 合計
92期 28 66 94
93期 74 68 142
94期 29 58 87
95期 14 14 28
96期 42 32 74
97期 28 7 35
連合 37 7 44

2010_0119_435  2日連続で93期が区間賞。何しろ、12レース中10レースでポイントを獲得しているのであります。……ちょっと待てよ、と確認してみれば、ポイントを獲っていない2つのレース(7Rと10R)には93期は出走なし。すなわち、出走選手がいたレースではすべてで3着以上に絡んでいるのですな。こりゃ、舟券的にも見逃せない傾向だよなあ……。
 合計ポイントも2位を突き放し、最下位の95期とは100ポイント以上の差があるのですから、うむむ、早くも1位に王手をかけている!?(写真は6R1着の渡辺浩司)
2010_0119_334 一方で、93期を猛追し始めたのは、同じく卒業期である92期! もっとも先輩である“もっこす軍団”が、いよいよエンジンを全開にしてまいりました。今日は4勝をあげており、これは94期と並ぶ最多タイ。これが効いて区間賞に2ポイント差と迫っているのだから、明日次第では合計ポイントでも93期を脅かしそうです。(写真は最年長・吉川喜継)
2010_0119_347  94期もさすがの活躍。3連勝の小坂尚哉が大きな大きな原動力となっているわけですが、今日は岡崎恭裕も1着2着。岸本雄貴は念願の水神祭をあげて、なかなかの好調ぶりを見せています。古賀繁輝、今井貴士のドリーム勢がさらに力を発揮してくれば、逆転も当然ありえます。(写真は水神祭おめでとう、岸本雄貴)

 というわけで、今日は“先輩たち”が貫禄を見せた1日と言えるでしょうか。篠崎元志、新田雄史を擁し、平本真之が好調の96期も健闘はしていますが……。3日目は“後輩たち”の巻き返しに期待しましょう! もちろん、舟券的には93期を押さえつつ……。(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません