この特集について
ボートレース特集 > エース43号機は地元の仲口に!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

エース43号機は地元の仲口に!

2010_0823_0195  午後4時半から競技棟の2階でモーター抽選会が行われた。どのモーターも初下ろしから60戦前後と微妙なキャリアのためか、抽選中でものんびり談笑している選手が多かった。そんな中、バッシャバシャとフラッシュの雨嵐を浴びていたのが大嶋一也。地元の総帥としての期待の高さが伺われる。キリリとヒゲを引き締めてガラポンを回す大嶋。落ちてきた玉は「55」……机に戻った大嶋は、さりげない素振りでモーター成績表に目をやった。
 複勝率25%。ワースト級である。
「くうぅぅぅぅぅぅ」
 大嶋は目に右腕を当てたまま、机に突っ伏した。
2010_0823_0196_2  「いや、こんな数字、まだまだわからんすよーーー」
 そんなダンディを慰めたのが、隣の仲口博崇。後輩の気遣いにやっと顔を上げた大嶋だったが、その仲口のモーターが複勝率Wスコアの58%だと知って、また「くうぅぅぅぅぅぅ><」
 2番目に場内を沸かせたのが、大嶋の同世代というか、唯一2000番台の今村豊だ(大嶋は3010番)。今村がまずはガラポンをゆっくり反転させると、なぜか玉がひとつポロリン。それに気づかず通常通りのやりかたでもうひとつポロリン。今村は、うっかり2個の玉を出してしまったのだが、まだ気づいていない。
「あ、先にもう1個、出ちゃってますよ」
2010_0823_0215  スタッフの一言に今村「えっ? ありゃりゃ、で、どっちが先?(先にお漏らしした玉を摘んで)コッチ? これって71って書いてあるけど……(成績表チラ見して)ダメじゃーーーん><」
 71号機の複勝率は27%なのだった。これまたガックリうなだれる49歳。最古参を分け合うふたりの天才は、前検から厳しい状況に陥った? ちなみに「お漏らし」の原因は、直前にガラポンを引いた寺田祥が次の玉も出口まで呼び込んだしまったためと思われる。それに気づいた今村、寺田の席方面にゲンコを突きつけて「こ~んにゃろーーー!!!!」
 さてさて、気になるモーターと相棒選手は……。
★43号機(複勝率トップの58%)仲口博崇
★15号機(同2位の52%)秋山直之
★23号機(同3位の48%)杉山正樹、この数字が出たとき「オオッ」と大きなどよめきが。
★22号機(レースタイムトップ1分44秒6)石川真二
★45号機(同2位1分44秒8)篠崎元志
★51号機(前回操者の杢野が超抜V)毒島誠、これまた「オウッ!」のどよめき。

 さらに挙げるなら、ボー誌9月号推奨モーターだろう。ボー誌では毎SGで3機を「特注パワー」に指定するのだが、その中から2SG連続で優勝機が飛び出しているのだ。ゲンがいいのか、見立てが素晴らしいのかはともかく、今節も要注意だぞ! その3機は
★43号機(前出)仲口博崇
★19号機…前本泰和
★56号機…福島勇樹


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント