この特集について
ボートレース特集 > 汗だくの選手入り
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

汗だくの選手入り

 残暑お見舞い申し上げます。いや~、暑いっす、蒲郡。ピット裏の選手到着口(通用門)は陽をさえぎるものがなく、まるで衰えようともしない夏の太陽が思い切り直射しているものだから、いや~、暑い。まったくもって暑い。夜になるといくらかは涼しくなるんですかねえ。
2010_0823_0096  いや、我々はまだマシである。日陰がほんのちょっとはあるから、そこに避難することはできる。僕などアロハですしね。大変なのは選手と入り待ちのファンの方たちだ。ファンはもろに日差しの下にいるのだから、本当に暑そう。しかも整然と列を作りつつ、押すな押すなの混雑のなかにいるわけだから、頭が下がる。選手は、全員ではないけど、スーツの上着を着用してあらわれる選手もいて、スーツなんて年に1~2回しか着ないダメな大人としては、やっぱり頭が下がる。
 ……あ、今、2008年オーシャンカップの記事を見返したら、同じことを書いてるじゃないか、私。ようするに、蒲郡の夏はいつも暑いのである。
 みなさん、水分をしっかり摂って、夏の夜の熱戦を乗り切りましょう!

2010_0823_0004  ということで、本日の一番乗りは徳増秀樹だそうである。だそうである、ということは、僕は見逃している。なんでも、かなり早い時間に山崎智也や今垣光太郎や岡崎恭裕や篠崎元志らも続々と到着していたようで、ナイターSGにしてはいつも以上に選手の集まりが早いのだ。実は光ちゃんとは、蒲郡駅でバッタリ会ってたんですよね。名古屋からの同じ電車に乗っていたようなのだ。そのままレース場に向かうにはいくらなんでも早すぎる時間で、「コーヒーでも飲んでから行きます~」なんて別れていたのだが、というわけでレース場周辺に一番乗りしたのは今垣光太郎、ってことでOKでしょうか。
2010_0823_0006  通用門で最初に目撃したのは、これがSG初出場となる梶野学志だ。爽やかに微笑みながら、初体験となる鬼の棲家にやってきた。とうとう辿り着いたSGのピット、嬉しいだろうなあ……。もう一人のSG初出場である平本真之は、地元の最若手ということもあって、ほぼ一番乗りの到着だったとか。表情が見たいなあ……と探したら、荷物検査後の平本を発見。声をかけたら、童顔をほころばせつつ「がんばります!」と力強い宣言だ。まあ、こんな段階からガチガチになっているほうがおかしいのだろうが、初SG組はリラックスした様子で蒲郡入りした様子である。

2010_0823_0061  気になるのは、濱野谷憲吾だ。前節の平和島お盆開催でレース中に接触、肋骨にヒビが入ったという報道がほんの1週間ほど前にあったばかりだ。実を言うと、その前日に僕は濱野谷にインタビューしている(BOATBoy10月号をよろしく)。取材をした節に悪いことがあると、やっぱり気になってしまうんだよなあ。
 ということで、取材の御礼を兼ねてごあいさつ。表情はかなり明るく、にっこりと微笑みを返してくれたのだから、完治しているかどうかはともかく、大丈夫そうだ。
「あばら、大丈夫ですか?」
「だぁいじょうぶじゃないっすよ~~~~~(笑)」
 うん、大丈夫そうだ(笑)。
2010_0823_0013 濱野谷を気にしたあとは、やっぱり山崎智也を気にしておこう。レース場入りは残念ながら目撃できなかったが、その後、選手控室の外をうろちょろしている智也を発見。記者席のある建物の裏へ回ったと思ったら、すぐに戻ってきてあたりをきょろきょろ。禁煙パイポっぽいものをくわえていたから、喫煙所でも探していたんでしょうかね。教えてあげようかと思ったら、別行動で到着していた毒島誠にちょっかいを出し始めたので、遠くから見守る。そこに秋山直之も別に到着し、群馬支部の現地集合状態になっていたのだった。そういえば、群馬支部の選手が一緒にレース場にやってくる場面はめったに見ないよなあ。

2010_0823_0138  続々と選手が到着し、ぼちぼち全員かなあ……とハンカチ王子よろしく汗をぬぐっていたら、快速王子が田中信一郎とともにやってきた。皆様、これが現在賞金ランク1位の男、湯川浩司であります。その湯川、僕を見ながら眩しそうに目を細める。湯川も認めるほどの輝きが僕にあるのでしょうか?
「2個目の太陽を見つけてしまったわ。眩しい!」
 ええ、ええ、どうせハゲ頭ですよ、あたしゃぁ。夏の太陽にも負けないツルピカ頭ですよ、ええ、ええ。おそらく最終日頃には前頭部と頭頂部以外は毛が伸びてみっともないハゲ頭になっているはずですので、優勝戦などでご迷惑はおかけしないかと存じます。今節もスーパーパワーで活躍してくださいね。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

蒲郡まで遠征しようかな

投稿者: ゆりあLOVE (2010/08/23 18:47:28)