この特集について
ボートレース特集 > H記者の『穴・極選』勝負賭け!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H記者の『穴・極選』勝負賭け!

 火の玉ジョーの奇襲カドまくりを浴びて極選撃沈、虫の息になったHです。せめて蝉さんの命(1週間=最終日?)くらいは生き延びたいっっっ。が、ここで怯むつもりはありませぬぞ。12Rの人気の盲点選手から一発逆転のキリギリスライフ(=西浦温泉・甘茶でかっぽれコース)を目指します!!

12R
 ①池田浩二 2走①⑥
 ②井口佳典 ③
◎③平尾崇典 ⑤
 ④今村 豊 ☆
 ⑤菊地孝平 ③
★⑥篠崎元志 2走④⑤

進入123/456

 ええ、ええ、「昨日2連勝した選手の後追いすんの?」とか「⑤着条件で本気で勝ちに来る?」とかのご指摘ご批判はなんぼでも受け付けます。私も最初は2連単極選の1-3が妙味かと思っていました。でも、展開やパワーや勝負駆け状況など考えれば考えるほど荒れる要素がてんこ盛りなのですよ。キーマンは井口。今節の「2コース受難」(3日で2勝のみ、差しゼロ)に気づいているのであろう井口が、簡単に差しを選択するとは思えない。勝機は薄く、むしろ惨敗もありえるから。3着条件のここは「むしろ握ってバック外から2マーク勝負、その方が安全かつ勝機も高い」と考えるのでは?
 で、池田のパワーも一息なので、2艇がもつれれば空いた内水域を誰かが突き抜ける。それは、誰か。平尾でしょう。今村のスロー10全速攻撃は確かに怖いが、スリットからの行き足は平尾とほぼ同じ。ならば、平尾が美味しいスペースを先取りするはずなのです。
 まあ、↑こんな面倒な展開ではなく、S一撃センターまくりで勝つかもしれないし。相手は度胸たっぷり豪快にぶん回して展開を突いてくる篠崎の2・3着付け。

3連単★3-6-全、3-全-6

 そんなこんなで2連単極選は今日もお休みしますが、池田絶対と信じる方は1-3も押さえてくださいね。

※3R一本釣りでさらに逼迫したであろう憲吾郎どの、美味しい岡山牛(←どんなん?)を召し上がれ!


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

3R、ジョーの凹みに殺られた濱崎憲吾郎です
(__;)

お互いジョーに殺られてますなぁw

いつもなら『クチョー』とヤケて、4・5・6…と手を出し、さらに傷を深くするのがいつもの私ですが、私も賢くなりました
12レースの『穴・極選』まで見を通します!

とかなんとか言いながら、ほんまに先立つモンがおまへんねやわw

『穴・極選』バチッ!と当てて、明日は岡山は蒜山高原のジャージー牛(乳牛か!)のしゃぶしゃぶをいただくこととしましょうぞ!

このままだと、コケコッコーのむね肉(近所の激安スーパーでグラム29円!)鍋になりそうだ
( ̄〜 ̄;)

投稿者: 濱崎憲吾郎 (2010/08/27 17:38:48)

いやいや~わたくし井口ファンの丼口も2コースの井口は捨てました!
舟券に私情は禁物ですからね。


今節、蒲郡の2コースの勝率の悪さ+井口の2コースからの勝率の悪さを加味し、更に井口は池田を無理な位置からでも捲りに行くとみて隣の平尾くんから買っちゃいました~!


こちらは、松坂肉まつりを開催しますわ~(^_^)v

投稿者: 丼口 (2010/08/27 18:03:10)