この特集について
ボートレース特集 > THEピット――お久しぶりです
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THEピット――お久しぶりです

 今節は、「お久しぶりです!」の選手が幾人かいる。梶野学志のようにSG初出場、前回会ったのが大村新鋭王座(07年)というケースもあるにはあるが、それよりも以前はSG常連だった選手がやっぱり気になるわけである。
2010_0823_0172  とりわけ「おぉ、お久しぶり!」は中村有裕である。ユーユーがSG初制覇を果たし、一躍時の人になったのは06年モーターボート記念。ちょうど4年前のことである。以来、SGのピットに行けばいつもユーユーがいたような気がするわけだが、実際には08年モーターボート記念以来のSG出場。実に2年ぶりの再会なのである。
 ピットで見る表情は、あの頃と何も変わらない。童顔は相変わらずだし、凛とした強い視線もあの当時に見た記憶通りのユーユーだ。いつの間にか三十路となっただけに、多少は大人っぽい雰囲気もあるような気はするが、ピュアに勝利を見据えるまっすぐさは健在のようである。ちょろりと目があったので、軽く会釈をすると、ユーユーは軽く微笑みながら会釈を返す。向こうにもやっぱり、お久しぶり、の感覚があったりしたのかなあ、だったら嬉しいなあ、とニヤニヤしつつ、この2年間の臥薪嘗胆を乗り越え、ここに戻ってきたことに対するユーユーの思いは、そんな小さなところには収まらないだろうと思った。
2010_0823_0367  矢後剛もまた、お久しぶりの一人である。こちらは07年グラチャン以来なのだから、3年以上、SGから遠ざかっていたことになる。そんなに間隔が開いてましたかなあ。といっても、矢後とは割と最近、会っている。4月の選手会チャリティーゴルフに参加しており、BOATBoyで取材をしているのだ。このときの矢後がサイコーだった。コンペ前夜の宴会では酔っぱらって大はしゃぎ、コンペでも自ら「今日はしゃべりすぎてノドが痛い」というほどギャグを飛ばして場を盛り上げていたのである。いやあ、いい味出しまくりでした。で、今日の矢後はもちろん、あのときの矢後とは別人である。試運転ではペラ室と水面を駆け足で何度も往復しており、自身の前検航走が終わってからはペラ室とボートリフトの往復である。関東勢では年長の矢後だが、汗だくで動く動く。その合間に、ゴルフではお世話になりましたとごあいさつ。「あははあ、あのときはご迷惑おかけしちゃって」とバツの悪い顔でありました。何をおっしゃいますやら。サイコーでした。そして今節もチルト3度を武器に、サイコーな走りで水面を盛り上げてください。
2010_0823_0560  須藤博倫と会うのは、昨年の笹川賞以来。もう1年3カ月も前かあ。けっこう久しぶりに感じるのは、ヒロリンはかつてBOATBoyで連載をしてくれていたからだろうか。いまだファミリー感が抜けませんでね。その分、長く顔を合わせていないような感覚に陥るのだろう。
 ヒロリンはまさしく好漢、好青年。ピットで再会すれば、最敬礼に近いほど丁寧に接してくれる。今日も、前検の超ドタバタしている合間にも、にっこりと笑顔を向けてくれるのだから、まったくもって嬉しい限りだ。レースが進めば、成績や機力によっては笑顔の中に影が差したりもするだろうが、今日は心からの爽快な笑顔。蒸し暑い蒲郡ピットに吹く一服の清涼剤でありました。機力上々のようだし、明日からさっそく応援しよう。
2010_0823_0197  めちゃくちゃ久しぶりと感じるが、実は昨年のオーシャンカップ以来、たかだか約1年、ヒロリンとの再会よりも間隔は短い、それでもやっぱり久しぶり感が非常に大きいのは、なんといっても仲口博崇である。その感覚の理由は明白だ。ほんの数年前まではSGにもっとも近い男と呼ばれ、タイトルホルダーでないことが不思議な存在だった男。もちろんSGは常連、あとは手を伸ばして栄冠をつかむだけ……そういう実力者だったのだ、仲口博崇は。しかし、近年はSGのピットからも遠くなっていた。A2級降格の危機にさらされた時期もあったし、記念戦線でも存在感を発揮することは少なくなった。昨年のオーシャンカップもそれほど目立ってなかったし……。ずいぶん顔を見ていないように感じるのは、そういうことなのである。
 だからあえて注目したというわけではないが、エース機を引いた気分の良さもあってか、今日の仲口は非常に気分が良さそうに見えた。作業の際などは、相当に鋭い目をしていることも少なくない仲口、そういう場面もあったけれども、顔つきは基本的には穏やかに見えていたのだ。あの頃の輝きを今一度! こちらもちょっと応援させていただこう。

2010_0823_0528  で、ぜーんぜん久しぶりじゃないのが、岡崎恭裕、今井貴士、篠崎元志の若手三人衆と平田忠則の福岡勢。おとといの岡崎笹川賞祝勝会で会ってますからな。ざっと48時間ぶりってところですか。晴れの場でのスーツ姿と、SGピットでの乗艇着。そのあまりのギャップにちょっとクラクラしたわたくしでありました。暑さのせいじゃないよな。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント