この特集について
ボートレース特集 > 蒲郡MB記念TOPICS 4日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

蒲郡MB記念TOPICS 4日目

★4日日の決まり手(カッコ内の数字は節間トータル)
逃げ5本(21)、まくり2本(12)、まくり差し2本(6)、差し1本(4)、抜き2本(4)、恵まれ0本(1)

★4日目の地区別勝利数(カッコ内の数字は節間トータル)
関東1勝(5)、東海4勝(16)、近畿3勝(9)、四国1勝(3)、中国2勝(11)、九州1勝(4)

地区対抗別18ピット

1位 東海地区(全13人)
仲口博崇、服部幸男、平本真之、菊地孝平、徳増秀樹、池田浩二

2010_0827_0119  さすが地元地区の貫禄? 中国地区とのデッドヒートの末、最多議席の6選手を送り込む。今日のヒーローはもちろん徳増だ。昨日まで36位、崖っぷちのピンピン条件を克服して怒涛の20人ぶっこ抜きを決めてしまった! 3Rは3コースから鮮やかなまくり差し。7Rは堂々の逃げきりでミラクル当選。今節はパワー不足に苦しんでいた感があるが、持ち味の行き足がかなり上向いてきたぞ。
 伸び凄い仲口、バランス型の服部はソツなく着をまとめて準優2枠をゲット。ともに1号艇を狙える位置だっただけに、本音は嬉しさ半分というところか。服部はスリット付近の行き足がやや落ちているのが気になる。
 菊地は中堅ちょいレベルの機力を気持ちとS力で補っての当選。明日もゼロ台のデジタルSが炸裂するだろう。池田は最後の最後に「現状でベストのセッティング」を実現して鮮やかな勝負駆け逃走を決めた。今日のパワーなら4号艇でも十分に戦える。
 そしてもっとも不気味なのが平本。やまと軍団の勢いそのままに、あれよあれよと準優の好枠をゲットした。無欲無心のブチカマシが怖すぎる!

2位 中国地区(全9人)

今村 豊、辻 栄蔵、平尾崇典、山本寛久、白井英冶

2010_0827_0169  池田の勝負駆け成功で、18位に粘っていた前本(2日目までの足は見る影もなかった><)が次点に……。それで東海に次ぐ5人になってしまったが、V確率はこちらが上か。なにしろ予選トップが今村で2位が辻。ワンツー独占の意味は大きく、準優でどちらかひとりが勝ちさえすれば優勝戦1号艇は中国地区にもたらされる。もしブックメーカーがあれば、Vオッズは「東海3倍、中国2・5倍」かもしれないな。
 抜群の足に仕上がった平尾、全速ぶん回しの乗りっぷりが実に気持ちい山本も怖い。

 2010_0827_0706 そして、もっとも不気味なのは、徳増とともにピンピン勝負駆けを決めた白井だろう。4Rは2コースからのジカマクリ勝ち。スリットから気合のオーラがわらわらと立ち込めていた。そして後半の10Rは他艇に影を踏まさぬ圧逃劇。この鬼気迫る連勝でマイナス7点のハンデを克服したわけだ。準優は5号艇だが、単なる5号艇と思ってはいけない。減点がなければ2号艇、それくらいのテクとパワーがあることを肝に銘じてほしい。

3位 近畿地区(全10人)
今垣光太郎、吉田俊彦、中島孝平

2010_0826_0203  なんとなんと、11Rで王者・松井がまさかの6着大敗を喫し、V戦線から脱落した。今節の近畿地区は湯川帰郷、吉川&魚谷の不調など全体的に重苦しいムードが漂っていた。それにしても、松井までが……。準優は3人のみになってしまったが、見所は十分。
 まず、今日の後半10Rでちょっとサプライズな勝利を挙げたのが吉田。決まり手は「2コース差し」なのたが、実は4日目にしてはじめてこの決まり手が飛び出したのだ。赤岩も服部も松井もなし得なかった「2コース差し」。吉田は2日目にも目の覚めるような3コースまくり差しを決めていて、その俊敏かつパワフルな差しハンドルは侮れないぞ。
 しっかり着を揃えて7位当選した今垣もさすが。必殺技のセンター一撃に適した3号艇というのも怖すぎる。同じく三国代表の中島は日々パワーアップして、今は上位級だと思う。この三本の矢で、東海VS中国の一騎打ちムードに風穴わ開けたいところだ。

4位 関東地区(全10人)
濱野谷憲吾、須藤博倫、福島勇樹

 う~ん、これが憲吾の凄いところ。なかなか勝ちきれないなぁと見ていたら、4日間を終わっ2010_0827_0388 て準優1号艇の椅子に座っていた。「いつの間に~~~!?」ってな感じだけど、6戦すべて舟券に絡む安定感はやはりピカイチだ。私のパワー評価は「中堅に毛が生えた程度」(今日も山本のツケマイで逆転されたし)。それでも、ここ1年のSGの中では出ているほうだと思う。明日もパワーを凌駕するテク&スピードで、「気づけば優勝戦の……」ってなことになっているだろう、きっと。
 須藤も破壊力には欠けるがバランス型で全部が中堅上位という感じ。なかなかに粘り強くうるさい回り足で、2着向き=準優向き?な気がする。福島は⑤⑤条件という緩い勝負駆けで、まんま5・5着と肝を冷やした1日だった。誰の目にも明らかだが、昨日までとは行き足&伸びが雲泥の差。まったくらしさのない足に終始した。おそらくセッティングミスだと思う。もちろん、このままでは明日の6号艇で通用するわけもなく、昨日までのセッティングに戻ることを祈る。

5位 九州地区(全6人)
篠崎元志

2010_0827_0362_2  最終日に大将格の上瀧和則、若きエース岡崎恭裕が揃って勝負駆けに失敗。岡崎は③④着条件と十分圏内だっただけに、今日の5・5着大敗は悔しかったことだろう。結局、昨日まで着実に上位ポイントを重ねた篠崎ひとりが生き残った。篠崎はパワーも十分だが、とにかく乗りっぷりが豪快。基本どのコースでも握って攻める姿勢は、自力水面の蒲郡にフィットしている。唯一心配なのは12R転覆の影響だが、強い気持ちで克服してほしい。「やまと大国」と呼ばれる九州から、やまと卒業のSGレーサーがまたひとり誕生するか。孤軍奮闘に期待する!

6位 四国地区(全3人)
なし

2010_0827_0342  少数精鋭で臨んだが、大将格の田村隆信はじめ3人とも初日(5走でオール4~6着)から非力なパワーに大苦戦。この重いビハインドを挽回できないまま、不完全燃焼で予選を終えた。重成ジュニアの1点足らずがせめてもの意地だったか。残念><
(photos/中尾茂幸、text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
24時間テレビ マラソンランナー・はるな愛 秘められた過去 【24時間テレビ マラソンランナー・はるな愛 エッチな過去】
24時間テレビ マラソンランナー・はるな愛 エッチな過去を発見 続きを読む
受信: 2010/08/28 3:01:57
【黒魔術】 リアル焼き殺される魔女 【火炙り】 【魔女が焼き殺される!暗黒大陸アフリカの真実!!】
閲覧注意!生きたまま焼き殺される!魔女狩り!暗黒大陸アフリカの真実!! 続きを読む
受信: 2010/08/28 5:10:58
コメント