この特集について
ボートレース特集 > MB準優 私的回顧
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

MB準優 私的回顧

エースの逃げ

2010_0828_r09_0661 9R
①濱野谷憲吾(東京)02
②仲口博崇(愛知) 05
③菊地孝平(静岡) 05
④吉田俊彦(兵庫) 03
⑤徳増秀樹(静岡) +01F返還
⑥福島勇樹(茨城) 07

 灼熱の電撃スリット戦に耐えて、東都のエースが貫禄を示した。決して盤石の逃げだったわけではない。実になんとも惜しかったのは吉田だ。4カド・コンマ03から図抜けた行き足で菊地を攻めつけた。菊地の舳先を振りほどけば、間違いなく必勝のまくり差しが突き刺さったはずだ。が、まくられたら一巻の終わりの菊地も必死に抵抗する。前歯一本で噛み付いている風情だった。それをようやく振りほどいたとき、吉田の割り差しの破壊力は半減していた。
2010_0828_r09_0680  菊地の粘りのおかげ?で、バック独走態勢になった濱野谷。2位争いは大混戦。ここで「返還 5(徳増)」のランプが点るが、徳増本人は気づかない。そのまま5艇が団子になって2マークに殺到し(菊地は突っ込みで賞典除外に)、もっとも冷静に最内を差した仲口が2位に浮上した。結果は1-2-4。極めて順当な結果に見えるが、実際にはスリットから火花が何度も飛び散る激闘だった。

118番人気

2010_0828_r10_0857 10R
①辻 栄蔵(広島)09
②服部幸男(静岡)09
③平本真之(愛知)11
④池田浩二(愛知)02
⑤白井英冶(山口)05
⑥中島孝平(福井)05

 何がどうなったかわからないうちに、辻が転覆していた。断然の人気だっただけに場内騒然。怒声罵声悲鳴がスタンドに轟く。そして、その悲痛な叫びはすぐに驚きの奇声に変わった。
2010_0828_r10_0860 「ナカジマァッ!????」
 2連単6-1以外はすべて万シューという超人気薄が、これまたいつの間にか先頭に立っていた。4カドから自力で攻めてレースを作った池田が必死に追いすがる。ひたすら驚いていたファンの声色がまた変わった。
「池田~~~抜いちまえーー!!」
 舟券4-6を買っているのか、優勝戦の枠番のためなのかはわからんが、地元ファンの声援が飛び交っている。
 1周2マーク、転覆艇が出たため、ここで大勢が決まる。池田が抜くか、抜けないか。いや、そうではなかった。池田が抜かれてしまった。同県の後輩、平本に! 見えないところから飛んでくる鋭角差しに、足元をすくわれた。さらに、その内から白井が……。またまたスタンドに悲鳴や罵声が響き、激しすぎた1周のレースがそこで終わった。あとは、静まり返った水面を6-3-5という隊形で艇が通り過ぎてゆく。
2010_0828_r10_0912  12万1620円。
 この数字がスクリーンに映ったとき、またスタンドは沸きに沸いた。最初から最後まで、何が何だかわからんレースだった。だから、118番人気なんだけど。こんな舟券、誰が獲れるんだろ。
 記者席に戻ると、『神田川』の喜多條忠先生が3連単2枚(356ボックス)と2連単2枚(6流し)を握り締めてにんまり笑っている。嗚呼、こんな身近にいたのか。
「無欲無欲、無欲の勝利さ」
 払戻窓口で神田川先生はボソッと囁いた。

49歳のツッパリ逃げ

2010_0828_r11_1059 11R進入順    
①今村 豊(山口) 12
③今垣光太郎(石川)13
②須藤博倫(埼玉) 11
④平尾崇典(岡山) 09
⑤山本寛久(岡山) 14
⑥篠崎元志(福岡) 13

 スリットを過ぎて、私の心はそぞろときめいた。平尾がスッと1艇身ほど抜け出している。このまままくりきれば、私がしこたま買っている三四郎(346ボックス)になるかも!! ほら先生、欲の皮が突っ張った人間だって、大穴を召し取れるんでっせ。
2010_0828_r11_1065  神田川先生に自慢し返す自分の姿が浮かんだ。が、俗人の夢は10秒で終わる。今村が平尾をきっちりがっちりブロックし、そのまま先頭に踊り出ていた。なんちゅう49歳。同い年の私は、こよなく今村を尊敬しつつ舟券の対称から外していた。
 同じ49歳で、なんでこんなに違うんだよーー!!
 みたいなヤキモチがあったことは否めない。尊敬と嫉妬は紙一重なんですよ。そして私は帽子を脱ぎ、舌を巻く。見事にやんちゃな張り逃げだった。また今日も、モノが違う、違いすぎる、と打ちのめされた。
2010_0828_r11_1068  混戦の2着争いで生き残ったのは今垣。終わってみれば、のべSG13Vのスーパースターふたりが、初制覇に燃える後輩たちを競り潰していた。「下克上」と呼ばれる今年だが、やんちゃな40代はまだまだ強い。
 一人旅を決め込む49歳を見ながら、「明日は、この人とどう付き合おうかな」などとぼんやり考えていた。(photos/中尾茂幸、text/H)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

優勝戦も逃げきってほしいです( ; _ ; )/~~~

頑張れ今やん!

投稿者: ゆたぽん (2010/08/29 0:16:28)