この特集について
ボートレース特集 > 浜名湖賞優勝戦 極私的回顧
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

浜名湖賞優勝戦 極私的回顧

奇跡のアウトセット

浜名湖賞12R優勝戦
①大賀広幸(山口) 18
②佐々木康幸(静岡)21
③坪井康晴(静岡) 18
④飯山 泰(神奈川)11
⑤服部幸男(静岡) 14
⑥吉田俊彦(兵庫) 18

2010_0929_r12_0735  11Rまで3連単の50倍以上はゼロ。6Rからすべてイン逃げ決着という堅牢無比なイン天国水面に、ファイナル6選手が降り立った。スタート展示では3コースに潜り込んだ服部が、ゆっくりと飯山の外に艇をもたれかける。枠なり3対3。予想欄でも書いたが、これでスタートが揃えば、大賀の逃げきりは堅い。すべての足が揃ったイン選手を、誰が同体から攻め潰せるというのか。
 スタンドにいた私は、飯山だけを見ていた。今節の「まくり」決着は、71レースでたったの2回。今日のレースを見ていても、まくりきるような勢いを感じた選手はひとりもいなかった。
 でも、この男なら……。
2010_0929_r12_0764_2   初日3Rの行き足を見て、私は今節の飯山に惚れた。その夜、「スリット同体からまくりきるのは飯山しかいない」と書いた。以降、まくりがまったく決まらない水面で、「いつかいつかいつか」と思ってきた。昨日の準優でも、無一文で“スポーツ観戦”した私は、飯山の2着だけを願った。2着なら、優勝戦はほぼ4号艇。その優勝戦が観たい。たとえこのまま無一文のスポーツ観戦であっても、飯山4号艇の優勝戦が観たいと心底思っていた。
 う~ん、なんだかどうにも鼻につく自慢話のようになってしまうな。でも、今日だけは自慢させてくださいまし! こんな脳内レース通りの優勝戦なんて、本当に何年ぶりだかわからんのですーーーーー!!!!
2010_0929_r12_0775  12秒針が回る。4カドから、飯山がほぼ全速でスリットに向かう。問題は、内の坪井との差。初日に「同体でも勝てる」とは書いたが、ここは優勝戦。坪井の足も半端じゃなく、同体なら絶対にまくれない。半艇身あればなんとか、というのが私の読みだ。緊迫のスリット、ちょうど半艇身ほどの差で、飯山が覗いていくのが見えた。
 い、行けるっ!!??
 激しく脳汁が吹き出し続ける私の前で、飯山が強引に絞る。坪井が艇の先っちょだけで、激しく抵抗する。抜けるか、防ぎきるか。やはり、スリット半艇身が「まくり」の分水嶺だった。ギリギリのせめぎ合いの末、ズルッと坪井の舳先が抜けて、飯山が一気に1マークを制圧した。玉突きでダメージを受けた内3艇を尻目に、吉田が、服部が抜け出す。坪井と佐々木が猛追して3着争いはもつれたが、服部がしっかり捌いて奇跡的なアウトセットが誕生した。
 あわわわわわ。
2010_0929_r12_0781_2   これが、ゴール寸前の私の率直な気持ちだ。4カドの飯山なら、とずっと思い続けてきた。思い続けてはきたけれど、いざ目の前でその絵が完成すると、とても現実の光景とは思えなかった。それくらい、今節の浜名湖はまくり屋に厳しかったのだ。初日から私が好んで買ってきた456号艇のアタマ舟券は、ほぼすべて1マーク手前あたりで紙屑と化してきたのだ。それが、最後の最後に、まくり決着。しかも、私の大好きなアウトセットで決まるなんてーーー!!!!
 嗚呼、嗚呼、何をどう書いても嫌らしい自慢になってしまうので、今日のレポートはこれくらいにしよう。飯山泰、3度目のGI制覇おめでとう! そして、ありがとう! まくり受難シリーズでの、豪快すぎる4カドまくり。最後の舟券を買ってまた無一文になった私の、一発逆転の夢を叶えてくれた4カドまくり(←写真にするのもおこがましい、財布が1・5秒立つ程度ですけど……)。ホントの本当に、この光景を一生忘れることはないっす。(photos/中尾茂幸、text/H)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (1)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
浜名湖参考資料 【浜名湖】
ブログのランキングサイトなんか調べて見ると、ここにも浜名湖について書かれた記事沢山ありました。気になるブログを掲載します。$25.000 浜名湖女子国際予選F|木下ミサ オフィシャルブログ木下ミサの木下ミサオフィシャルブログの記事、$25.000浜名湖女子国際予選Fです。... @nifty:ボートレース特集 競艇 Sports@nifty:浜名湖賞優勝戦 極私的回顧それくらい、今節の浜名湖はまくり屋に厳しかったのだ。初日から私が好んで買ってきた456号艇のアタマ舟券は、ほぼすべて1マーク手前あた... 続きを読む
受信: 2010/10/01 15:34:36
コメント

今日だけは吹いても良いのでは?
本当にお見事でした、感服です。

投稿者: Show (2010/09/29 19:20:18)

H神☆彡

投稿者: 濱崎憲吾郎 (2010/09/29 19:34:45)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません