この特集について
ボートレース特集 > THEピット――静かなピットから優出インタビューまで
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THEピット――静かなピットから優出インタビューまで

 静かな朝である。優勝戦の朝というのはえてしてこんなものだが、それにしても空気の動きが少なく、人影はあまり見当たらない。特にベスト6は、マイペースに過ごしているようで、装着場をざっと見渡しても、誰一人、その姿がなかったりする。
2010_0928_0354  ただ、水面(あるいは係留所)には一人だけ、いた。吉田俊彦だ。朝特訓のあと、レースが始まっても、試運転を延々と繰り返し、係留所で調整を続ける。そのワケは、あとでわかるのだが……。ともあれ、他の5人と違って、吉田だけはマイペースではなく、かなり忙しそうな時間を過ごしていたのだった。4R前には、屋外ペラ調整場にも姿があった。
 次に見かけたのは、坪井康晴である。こちらも屋外ペラ調整場で調整を始めたのだ。今日は最終日ということもあって、この場所もわりと閑散としているのだが、そのなかで一人、コツコツとペラを叩く。表情は淡々としており、まあいつもの坪井ではある。
2010_0928_0361  そのすぐ横にある装着場側ペラ室を覗き込むと、いつの間にか佐々木康幸の姿が。いや、最初からいたのかな。ともかく、ちょっとの間、彼の姿を見逃していた。あくまで見た目として、もっともカタくなっているとすれば、この人か、と。ガチガチになっているようには見えないけれども、昨日までと少し違う表情をしているのは、佐々木だけである。言い換えれば、もっとも今日に懸けているのが佐々木康幸だ、ということになろうか。
2010_0928_0366  おっと、整備室から飯山泰があらわれた。整備室を覗き込んだときには姿がなかったから、整備室奥のペラ室にいたのだろう。ここでペラを叩いている選手は、装着場から見て死角になっている場所で調整をしていると、まったく気付かないままになってしまうのだ。目が合ったので、挨拶を交わすと、ニッコニコ。今日もいい雰囲気だ。朝の試運転でも、好気配をキープしていると見た。飯山はいったんは控室のほうに向かったが、その後もペラ室に戻り、調整を続けていたようだ。
 大賀広幸が整備室へ。その姿だけ確認して、少し経ってから覗き込みに行くと、隅っこのテーブルの前にいるのを発見。椅子に座り、テーブルには機歴簿を置いて、じっと思索の時を過ごしていた。超抜パワーだというのに、まだ何か気になるところが? ひとつの儀式のようにも思えたが、とにかく大賀は熱心に機歴簿を読み込んでおり、そして自分の世界に完全に没入していた。
2010_0928_0229  もっとも余裕だったのは、服部幸男だ。モーターを装着したのは、なんと3R終了後。それまで服部のボートは丸裸だったし、服部自身も動き出す様子をなかなか見せなかった。3R発売中には、いったん装着場に姿をあらわしてはいたのだ。奥のほうに置いてあったボートを整備室前に移動し、いよいよ装着か……と思ったら、そのまま控室へ。動かしただけ、である。もちろん装着の準備には違いなく、3Rのエンジン吊りを終えてから、重野哲之に声をかけて装着した、という次第。先述したとおり、その頃、吉田は水面をブインブイン走っていたのだから、まったくもって好対照である。装着後の服部は、装着場側ペラ室のマイポジションでペラ叩き。ようやくベストを尽くす時間がスタートしたようだった。
 5R発売中に優出インタビューがアトリウムで行なわれるため、ベスト6は4Rが始まる前にいったんピットから姿を消している。僕も、アトリウムに移動しよう……。

 というわけで、優出インタビューである。
2010_0928_0744 ①大賀広幸 ゼロ台全速で行きたい。全力で頑張ります。
②佐々木康幸 昨日より朝の試運転のほうがいい感じでした。コンマ10全速で。精一杯いいレース見せたいです。
2010_0928_0878 ③坪井康晴 抜けた感じはしないけど、全体的にバランスとれてる。コンマ10目標で。チャンスは十分にあると思う。
④飯山泰 全部のアシが上位。コンマ05~10のスタートで。優勝目指します。
⑤服部幸男 いい感じに仕上がってる。5コースも考えてるんですけど、内も考えてます。コンマ10全速で。優勝狙ってます。ベストを尽くします。
⑥吉田俊彦 6コースなんて、チルト3度とかやってるんですけど、伸びないですね(笑)。目くそ歯くそです(笑)。でも前付け行く度胸もないし(笑)、レースでやったことがないわけではないので、もう少しやってみます。ダメなら昨日の状態に戻します。

 吉田が駆け回っていたワケとは、チルト3度! 実際に使うかどうかは、直前情報を要チェック。ただ、そうして優勝への道筋を模索していること自体が尊いし、6コースだろうと諦めていない吉田の闘志が透けて見える。台風の目は案外この人かも!?(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)

2010_0926_0333 ※最後の<今日の峰竜太>。hiyoさんのコメントを投げかけたら、「ほんとですか! ありがとうございます。僕も昨日はいいレースができたと思います。勝てなかったけど、結果じゃないですよね。スッキリしました。これをはずみにして、桐生は爆発しますよ!」。正直、ちょっと元気がないようにも思えたが、最終日に賞典レースを走れない悔しさと見た。ダービーにはまた元気一杯で登場するはずだ。桐生での再会を楽しみにしてますよ、ミネリュー!


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

うわぁ~・・・なんかドキドキします♪♪
この文章保存しとこっ^^


今日も最後まで諦めない走り・・・最終2マーク拍手です☆

投稿者: hiyo (2010/09/29 15:17:14)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません