この特集について
ボートレース特集 > 浜名湖賞 準優ダイジェスト
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

浜名湖賞 準優ダイジェスト

パワー対決

2010_0928_r10_1022 10R
①坪井康晴(静岡) 10
②飯山 泰(神奈川)09
③辻 栄蔵(広島) 08
④菊地孝平(静岡) 09
⑤今坂勝広(静岡) 09
⑥川村正輝(福井) 09

 イッタイッタのこれぞ1-2“準優決着”。つか、スタートタイミングを見てほしい。09平均の美しすぎる同体スリットだった! こんな芸術的な横並びになってしまえば、外は動きがとれず、内艇のアドバンテージが5割増しになる。坪井がやや強めに握って先マイし、飯山が早々に差しハンドルを入れた。その間隙に辻が舳先を入れようとしたが届かない。内2艇の回り足が素晴らしすぎるのだ。
2010_0928_r10_1039  あとは、逃げるか、差すか。握りマイだった割りに、坪井はさほど流れもせずに2マークへ加速する。ターン出口のレース足もバッチリ。一方、昨日まで節イチの伸びを誇っていた飯山が舳先を入れようとするが……あまり伸びない。いや、伸びてはいるのだが、坪井のほうがこれもやや強めなのだ。展示タイムも飯山の6・64に対して坪井6・61。この数字どおりの伸びで坪井がじわじわ差を広げ、2マークで勝ちを決めた。飯山も2マークぶん回して余裕の2着。3着も辻が取りきって、今節のテーマともいうべき123ダーッ態勢が早々に出来上がった。淡白なレースではあったが、明日への収穫も十分。今日のパワーは、飯山より坪井の足がほぼ全部勝っていた。

最逆転

2010_0928_r11_1145 11R
①佐々木康幸(静岡)07
②平尾崇典(岡山) 11
③吉田俊彦(兵庫) 08
④吉川喜継(滋賀) 13
⑤落合敬一(長崎) 13
⑥萩原秀人(福井) 23

 準優2番目のレースも1号艇が勝った。が、この佐々木の勝利は「逃げ」ではなかった。大本命を苦しめたのは3コースの吉田。コンマ08からススッと伸び、わずか数秒で内の平尾を半艇身ほど引き離した。平尾がスリット直前まで上体を立てニギニギしていたせいでもあるし、吉田のサード足(スリット直後から1マークに向かう足)が強めだったせいでもある。
 で、相互関係で吉田が極端に伸びているように見えたであろう佐々木は、1マークを外しながら握って回った。「絶対にまくらせん!」という張り逃げが、佐々木のモットー。その握りマイを見た吉田が、ならば、と動く。俊敏な鋭角ターンで平尾を潰しながらのまくり差し。以前から快速タイプではあったが、最近の吉田のターンスピードは艇界の10本指に入ると思うぞ。そのスピード差しが、ターンロスのあった佐々木に届いてしまったわけだ。
2010_0928_r11_1142  さあ一騎打ち。バック同体で内が吉田だから「3-1だな」と見ていたが、今度は吉田が2マークを外す。内から突進気味に迫った吉川喜を、慎重に丁寧に抱いて回ったのだ。外に開いた佐々木がそこにリベンジの全速差しを突き刺して、なんとか「抜き」で逆転勝利をモノにした。佐々木も吉田も、このレースでのパワー上位は間違いない。ただ、現時点では坪井、大賀、飯山の超抜トリオよりかなり劣ると私は見ているのだが……。

トップの貫禄

2010_0928_r12_1213 12R 進入順
①大賀広幸(山口)10
④木村光宏(香川)10
②服部幸男(静岡)10
③深川真二(佐賀)15
⑤中辻崇人(福岡)11
⑥高沖健太(三重)21

 11Rまでは記者席で観ていたが、このレースだけは一般スタンドに降りた。木村の前付けをナマで観たかったから。スタート展示で豪快にインを奪った強襲劇を、本番でも見せてくれるのか。固唾を呑んで見守ったわけだが、ピットアウト後に深川に牽制され、さらに大賀も抵抗して2コースに甘んじた。おそらく、スタート展示がなければ強引にインを奪っただろうなぁ。
2010_0928_r12_1234  とにかく、前付け艇がいるとスタート直前の緊迫感は倍加する。12秒針。2対2対2の進入で、大賀、木村の2艇は100m起こし。その外から150m起こしの服部が3カドのようなスピードで伸びてくる。スタートはその3艇がまったくの同体。加速の分だけ服部が覗き、それから超抜の大賀が伸び返す。ただ伸び足の苦しい木村だけがややずり下がる形になり、服部のまくり差しの餌食になってしまった。スタ展からファンを驚かせ盛り上げてくれた木村に拍手拍手。で、バックではすでに大賀が安泰ムード。服部の内に中辻が飛び込んで2着争いはもつれたが、そこは地元の陛下様が冷静沈着に捌いて2着を取りきった。
2010_0928_r12_1217  大賀の足は相変わらず超抜だろう。100m起こしから伸び返して圧勝するのだから、悪いわけがない。ただ、その足が坪井と比べてどうか、は謎。明日の足合わせで、そのヒントになるようなマッチアップがあればいいのだが……。服部は3日目あたりからずっと「レース足は上の下で、伸びは中の下」という悪くはないけど煮え切らない印象。とにかく伸びが苦しいので、外コースからの自力勝ちは難しい。コースを動くか、誰かに連動するか。明日のメンバーと枠番を見れば答は明瞭だと思うのだが、どうか。
(photos/中尾茂幸、text/H)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

お疲れ様です。世の中はなかなか・・うまくいかないものですけど、めげずに楽しく行きたいと。
レース見れるだけでも、本当にめっちゃHAPPYなので。

投稿者: UKpetta (2010/09/28 20:47:28)

あ〜

レース見たい〜

優勝戦見たい〜

仕事ぉ〜(´Д`)

悔しい〜っっっ!!

投稿者: 月ちゃん (2010/09/28 21:13:09)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません