この特集について
ボートレース特集 > H記者の「最後の最後に極選ぢゃ~!!!!」
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H記者の「最後の最後に極選ぢゃ~!!!!」

 いきなり2RでK記者のアトミックボムを喰らって住之江球場あたりまで木っ端微塵に弾け飛んだHです。どういて穴ばっか狙ってるワシが当たらんで、オマンが400倍やら当てるんぢゃーーーと土佐弁で怒ってみても後の祭り。せめて200倍くらいの穴を召し取って、一矢を報いたいっす。

11R賞金王シリーズ優勝戦
 ①赤岩善生(愛知)A
★②篠崎元志(福岡)A(行き足S)
★③魚谷智之(兵庫)S
★④山崎智也(群馬)A(行き足S)
 ⑤勝野竜司(兵庫)A
 ⑥石田政吾(石川)A
進入123/456

 スタート同体ならもちろん赤岩の逃げ。でも、スリット横一線にならないと思います。赤岩のスタートはおそらくコンマ15前後。来年の賞金王に誰よりも燃える男ですから、ここでの勇み足(来年のSGアウト)は絶対にNG。そんな思いが強く働く気がします。キーマンは行き足のいい篠崎と智也のイケメンコンビ。篠崎は昨日のコンマ03みたいに腹を決めて突っ込めるか。この若者の度量が試される一戦ですね。なんだか「行く」ような気がしてなりません。
 一方、今節の智也は早いのと遅いのとバラバラな感じ。S勘イマイチのインや4カドの選手って、ここ一番で極端に早いのかドカるのか、というケースがままあります。このふたりのどっちかが赤岩を攻めたてるとみます。
 篠崎がS攻勢をかければ2=34。篠崎と智也のイケメンWアタックなら節イチ魚谷の差しがはまって3=24。つまりはこの3人のボックスになります。

2連単★234BOX
3連単★234BOX

12R賞金王決定戦ファイナル穴・極選指定
 ①濱野谷憲吾(東京)A
 ②中島孝平(福井) S
★③石野貴之(大阪) SS
 ④今垣光太郎(石川)A
◎⑤湯川浩司(大阪) S(行き足と伸びSS)
★⑥岡崎恭裕(福岡) A’
進入123/456

 先刻、ボー誌の姫園記者が10万円を握り締めて駆けつけました。人気連載の『ガチンコ自腹10万勝負』で帯封を狙うそうです。買い目も聞きましたが、それはボー誌に載るまでな・い・しょ。さあ、貧乏人は最後に大穴の夢を見るとしましょう。まくり宣言をしている今垣、全部の足が凄い石野、伸び凄い湯川の誰かしらが憲吾を攻めたてることは必至。受け止め切れれば拍手として、穴党の目は外に向かいます。
 本命は外枠で人気が急落した湯川。まだ一度もダッシュ戦を見せていない男が、最後に凄まじい行き足~伸びを披露してくれますよ。トップ足の石野と不気味なムード漂う岡崎へ。「やまと初の賞金王誕生」という光景も見たいので、この3艇のボックスも遊びで買っておきます。憲吾郎どの、3連続の斬り捨て御免!!!!
3連単★5-36-全、356BOX


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

こんちゃ(・∀・)ノ

憲吾のイン逃げを観戦に住之江本場にやってきました

最後の最後まで憲吾を斬り捨てるとは…
(−_−メ)

投稿者: 濱崎憲吾郎 (2010/12/23 15:07:30)