この特集
ボートレース特集 > 2010オーシャンカップ
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H記者の『穴・極選』3日目

 昨日、K記者3万シュー的中を華麗に演出したHです。さすがhiyoちゃん、よ~くわかってらっしゃる! 今日は今のところ穏やかな向かい風。ならば昨日までの「1ヒモ水面」が一変し、イン選手は逃げ圧勝か、まくり勢に飛ばされるか、両極端になりやすいかも。少なくともイン2着はかなり減るでしょうね。
 さあ、今日の極選はこの風も踏まえての菊地狙いです。

4R
 ①吉田俊彦
 ②服部幸男
 ③白井英治
◎④菊地孝平
 ⑤湯川浩司
★⑥西島義則

進入162/345

 昨日「軽視すると痛い目に遭う」と書いた吉田ですが、この向かい風では粘りが利きにくい。逃げるか飛ぶか。逃げたら褒めるとして、ここは切り捨てます。今日も5コースから白井マークか自力デジタル攻めで突き抜ける菊地のアタマ固定。そして、舟券の鉄則「ファイターレーサーはF後でも死なず」に従って西島の2、3着付けで万太郎を狙いましょう。

3連単★4-6-全、4-全-6

 と書いていたら、風がぴったり止みましたね。もしかすると、これから1ヒモ風に変わってしまうのかもっ??


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

次回はナイターSG第2弾!

石野貴之おめでとう! 本当に強かったし、カッコ良かった。感動した! それにしても、やまと世代の勢いよ。次回SGにもやまと組は多数参戦の予定ですぞ。

2010_0718_1454 というわけで、今節もご覧いただきまして、誠にありがとうございました。ナイターはハードだし、暑い毎日でもありましたが、おかげさまで乗り切ることができました。次回は、ナイターSG第2弾! 蒲郡で8月24~29日の日程で開催されるモーターボート記念です。ボートレース甲子園とも呼ばれるこの一戦、今年はなかなかフレッシュなメンバーになっておりますよ。もちろん、取材班は前検から駆けつけ、一節間レポートしてまいりますので、お楽しみに。

それでは、我々も管理解除でございます。繰り返しになりますが、今節もありがとうございました。また次節もよろしくお願いいたします!(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (5) | トラックバック (0)

優勝戦 私的回顧

来た、来た、やまとの真打が!

12R 優勝戦
①石野貴之(大阪)  11
②湯川浩司(大阪)  10
③萩原秀人(福井)  15
④今垣光太郎(石川)21
⑤辻 栄蔵(広島)  22
⑥濱野谷憲吾(東京)25

2010_0719_r12_0758  コンマ11のスタートを決めたとき、石野の優勝がほぼ約束されたと思う。唯一の脅威はコンマ10のトップSを決めた同県の湯川。準優の湯川は同じような同体スリットから、インの毒島を握って攻め潰している。今日も、スリット直後にキュッと石野を突き放す伸びを見せた。一瞬の行き足は、湯川のほうが上なのだ。
 ま、また今日も行っちまうのか、湯川?
 そんな行き足だったわけだが、それからの石野の伸び返しが凄い。すぐに湯川と艇を合わせ、2艇だけでぐんぐん1マークに向かってゆく。萩原にはすでに1艇身、スタートで後手を踏んだダッシュ勢には2艇身のアドバンテージだ。

 2010_0719_r12_0770 石野の伸び返しを肌で感じた湯川は、早めに差しハンドルを入れた。「石野、ターンマークを外したら容赦せんぞ」という他力ながら激辛の決め差しだ。が、5号機パワーを信じ切っている石野に焦りや迷いはない。冷静に1マークを先取りし、それで湯川を2艇身千切り捨てた。
 悠々の一人旅でゴールを通過した石野は、上弦の月と花火が舞う天空に人差し指を突き上げた。
 3年前に新鋭王座を制する前から、石野は「やまと学校の貌」だった。入学から卒業まで、やまとで訓練を受けたはじめての期。純然たるやまと1期生ともいうべき90期生の中で、石野の資質は図抜けていた。時の主任教官が「他の訓練生がヒーヒー苦しんでるのに、アイツだけは平気な顔で、何でも先手先手で覚えようとするので、教えることがなかった。教官としては、手がかからなすぎてつまらんと思うほど優秀な生徒だった」と述懐している。石野本人にも「やまと出のエリート」という自負があったはずだし、周囲の期待どおりの成長を遂げていた。新鋭王座を制するまでは。
2010_0719_r12_0790  その後、石野貴之の名前がファンの間で語られる回数は激減する。ヒザの怪我やSGでのFなど災いも重なったが、本人は「ケガは付き物だから言い訳にはならない。新鋭王座を獲ってちょっと有頂天になりました」と気持ちの変化をその原因に挙げている。「やまとの貌」という自負が慢心に向かった。
 そして今年、不振からなかなか抜け出せない石野に、のっぴきならないニュースが2度舞い込むことになる。山口剛が総理大臣杯制覇、続いて岡崎恭裕も笹川賞を……。やまとを卒業したふたりの後輩が、SGを獲ってしまった。それは、「やまとの貌」だった石野の気持ちを変えるに十分な事象だった。
「僕がやまと卒業生で最初にSGを獲ると勝手に思っていたから、悔しかったし焦りもあった。それから何をしたというわけではないけど、精神面で変わりましたね」
2010_0719_r12_0829  ウイニングランで突き上げた人差し指が、心の変化を象徴していると私は思う。「まずは1本」。やっと後輩ふたりに並び、これから追い越すぞ、という心意気。まあ、石野は高校球児だったからして、単なる甲子園で流行りの「俺たちはナンバーワンだぞアクション」なのかもしれないけれどw
 やまとの進軍は留まるところを知らない。今年後半のSG戦線で、また4人目のニューヒーローが現れるのか。それとも3人の中の誰かがふたつ目の栄冠を勝ち取るのだろうか。それが石野だとしたら、ゴールでの右手に注目するとしよう。2本の指が空に向かうとき、石野貴之は揺るぎない「やまとの貌」になる。慢心なき真のニューヒーローが誕生する。
2010_0719_r12_0750  最後に私事を……今節の舟券は最後の最後まで散々だった。優勝戦の予想で2連単1-2のフォーカスを書き込んだが、私はこの2単1-2だけ買わなかった。正確には、買えなかった。マークカードの20枚分を取り消したのが〆切5分前のこと。もはや4・8倍が当たっても意味のない軍資金(と負債額w)だと気づき、3連単1-2-5にその分を追加した。そして、私はファンファーレを聞きながら「きっと、1-2が来るんだろうな。⑤辻以外の3着を引き連れて……」と思ったのだ。確信に近い思いだった。そして…………そんな予感だけは、物の見事に的中するのです。優勝戦の舟券は、今節の私の集大成だった。(photos/イエローレッド中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

THEピット――石野と辻

 11Rの展示が終わった。僕は、ベスト6が展示ピットにボートを移動させるのを見届けようと、水面際で張っている。あたりは宵闇が迫りつつあり、装着場のほうでは10R出走メンバーたちのモーター返納でにぎわっている。優出メンバーも加わっており、同支部の作間章が出走していたため、濱野谷憲吾はびっしりとそれに付き添っているが……。
_u4w6517  まずあらわれたのは、石野貴之だった。さっそうと係留所に降りて行き、モーターを始動するとあっという間に展示ピットへ。そして、ものの1分もとどまることなく、控室のほうへ。もはや何もすることがない、ということなのだろう。
 石野が展示ピットに着こうかという頃には、湯川浩司も係留所に降りていっている。石野が去ったあとに展示ピットに係留すると、それから数分間、モーターなどの点検をしていた。時折エンジン音が大きくなるのは、最後のチェックか。こちらは石野と違って、展示ピットでもすることがあったのだ。いや、せずにはおれなかったこと、か……。

_u4w6518  その直前の10Rエンジン吊りでは、驚かされっぱなしだった。石野に緊張した様子が微塵もない。まるっきり涼しい顔をしているし、ケブラーを履いていなかったこともあって、すでに敗者戦を戦い終えてリラックスしまくっている選手のような装いだ。ボートの帰還を待つ間、ゴルフのシャドースイングをしていたりするのだから、優勝戦の白カポックをまとう選手にはまるで見えない。
「5分前まではまったく緊張していなかったけど、5分前の放送が聞こえてからはやばかったですね」
 そう笑った石野だったが、僕はたしかにその言葉通りの石野を目撃していた。
 そのうえで、石野は展示ピットでも何もせずに、控室へと戻ってしまったのだ。
 石野の優勝でしょ。
 そう思うしかなかった。それから濱野谷憲吾や今垣光太郎、萩原秀人らが展示ピットへと向かっていったのだけれど、僕は彼らの姿を眺めつつも、主役はすでに控室にいるとしか思えなかったのだ。

_mg_2665  そんな思いを打ち消してしまう存在。それが、辻栄蔵だった。辻は、10Rのモーター返納を終えると、すぐさまペラ室に飛び込んでいる。石野が展示ピットから去った頃にも、まだペラと向き合っていた。いや、他の5人全員のボートが展示ピットに揃っても、辻はまだペラを叩き続ける。辻がペラ室を出たのは19時30分過ぎ。係留所には辻以外の姿は誰も見当たらなくなっていた。
 まだ終わらない。どうやら辻はペラの選択に悩み続けたようである。伸びを活かすペラを使うのか、準優でも使った出足型になるペラを使うのか。係留所でペラをつけると、目の前の水面に飛び出し、握り込みの確認。すぐに係留所に戻ってペラをつけ直し、目の前の水面へ……これを辻は何回も何回も繰り返した。それは、選択に悩んだというよりも、腹を据えてレースに臨もうとしている行動にも見えた。
_u4w6913  いよいよペラが決まったか……そう思われたとき、辻はペラを外してペラ室へ走った。そのとき、すでにペラ室の電気は落とされていて、辻は暗いペラ室に飛び込んでいる。ガラス越しに入ってくる装着場の明かりでペラを叩こうというのか。それを見た選手代表の重成一人がペラ室に駆けつける。そして電気をつける。おそらく重成も同じ思いだったと思う。辻の執念、凄すぎる……。
 ようやくペラが決まり、辻はやべえやべえと言いながら、ボートを展示ピットにつけた。係留所で鉄くず拾いをしていた重成が、感心したような声をかけると、辻はタハハハ!と彼独特の笑い声をあげていた。そして、控室へと走って向かっていった。

_u4w7206  何もしなかった石野。最後までやれることをやりまくった辻。
 優勝したのは石野。辻は4着。石野が正しくて、辻は正しくなかったのか。
 違う。
 もちろん、優勝は尊い。今日、いちばん強くて正しかったのは石野貴之である。
 しかし、結果だけが彼らのレーサーとしての価値をあらわすものだというのか。
 違う。
 僕はそう信じている。石野の大物感タップリの様子、また超抜パワーは素晴らしかった。やまと世代から新たなニューヒーローが誕生し、下剋上の風がさらに強く感じられたことは本当にうれしいことだ。
 同時に、辻の姿も勝負師の理想形のひとつだと思う。レーサーとして素晴らしい姿勢、アティテュードを僕は見せてもらったのだ。
 まあ、舟券的には「何にもしない人=めっちゃ出てる、忙しく動く人=ちょっと苦しい」なんてセオリーにもなるのだろうけど。
 でもピットで辻栄蔵の奮闘を見ている間じゅう僕は、そんなことを離れて(辻のアタマも少し持ってましたけど)、ただただ感動しまくっていたのだった。

2010_0719_0017  先に他の4人を。辻も含めて、今垣光太郎、萩原秀人、濱野谷憲吾、湯川浩司と、まったく笑顔が見えないレース後だった。優勝戦後のモーター返納時には、仲間とレースを振り返りながら笑う姿というのは決して珍しくないのである。やることはやったという笑顔、勝った選手が強すぎて何もできなかったという呆れ笑い、悔いが残って仕方がないという苦笑……それが今日はひとつも見えなかった。例外は、ウィニングランを終えた石野が戻ってきたときに、祝福の声をかけた湯川だけである。あとは黙々と作業をし、黙々と悔しげな顔を見せ、黙々とその場を去っていった。2010_0719_0325 今垣はさらに何度も何度も首をかしげていたけれども。彼としては、胸に残る悔いが多すぎるのであろう。
 そうそう、辻もまったく笑っていなかった。もう何度も書いてるけど、また書くぞ。やるだけやったから悔いはない。でも、そういうときほど悔しさがつのるのだ。悔しさと悔いは違う。だから辻も今日ばかりはガハハハと笑うことができなかったのだと僕は思う。

_u4w7136  ニューヒーローだ。とにかく、松井繁や田中信一郎ら大先輩が嬉しそうにしていたのが印象的。太田和美と丸岡正典の奈良コンビは、係留所に降りていってまで、ウィニングランに向かう石野に手を振っていたほどだ。石野がウィニングランを走っている最中には、松井と田中が早くも水神祭の相談。湯川も含めて、モーター返納をしなければならないわけだが、そのへんの仕切りを松井がしていたという次第。そんなもろもろの動きが、彼らは嬉しくて仕方ないようだった。
 その輪の中心にいる石野の顔はひたすら輝いていた。ものすごいメンバーに祝福されるニューSGチャンプ。レース前の姿も含めて、まったくもって大物だ!

_u4w7115  で、ウイニングランから石野が帰ってくると、田中や太田が猛然とダッシュ! なんだなんだ、とついていくと、松井が白いカポックをつけたままの石野を係留所に連行しているではないか。ま、まさか……。
「ちょっと待ってくださーーーい。湯川もいきます~~~」
 と湯川浩司も駆けつけて、やっぱり始まったぞ、水神祭! ナイターレースは表彰式などの行事が終わるのを待っていたら、どえらく遅くなってしまう。だから、いきなりやっちゃおう! ということのようである。表彰式をご覧になった皆様、壇上の石野はズブ濡れになったあとの姿だったのですね。
_u4w7129  松井、田中、太田の賞金王覇者トリオに湯川、丸岡の銀河系SGウィナー、さらには同期の赤坂俊輔も加わって、さあ行こう、水神祭。漆黒の水面に投げ込まれた白いカポックは、よく映えていましたぞ。
「よし、水神祭も終わったし、石野、表彰式や会見でゆっくり語ってきていいぞ!」
 太田がジョークを飛ばすと、全員が笑った。それが先輩たちからの心からの祝福の言葉だとわかっている石野は、童顔を凛々しくほころばせて、ひたすら笑っていたのだった。(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩=石野、辻、水神祭 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

H記者の「勝つのは石野か萩原??」予想

 さあ行くべ、優勝戦!

12R 優勝戦
①石野貴之(大阪) SS
②湯川浩司(大阪) S(行き足SS)
③萩原秀人(福井) S(回り足SS)
④今垣光太郎(石川)A
⑤辻 栄蔵(広島) S
⑥濱野谷憲吾(東京)A

進入123/456

 やまとか銀河か水神祭か銘柄級か、雌雄を決するときが来ました。枠なり3対3スリットほぼ同体として、外から石野に鈴を付けに行くのは誰か。パターン分けとその出現率を考えてみましょう。
a/湯川得意の2コースツケマイ…準優でもやったんだから、優勝戦では絶対握る。いやいや、相手は毒島よりはるかに伸びる石野。握る気十分でも直線の途中で差しに切り替えると思います。出現率10%、成功率5%?
b/萩原の3コースツケマイ…決まる決まらないはともかく、この出現率は高い。萩原のスタートは昨日まで6戦連続でコンマ10以内!今日もしっかり踏み込んで、カド今垣の攻めを抑えつつ湯川が差しに構えた瞬間にぶん回す。二番差しより可能性は高いと思います。出現率60%、成功率30%?
c/今垣の4カドまくり…いつもならこの可能性がいちばん高いんですけどね、S早いカド受け萩原にブロックされやすい、行き足がまだ一息ということで、今日は行けず、または行っても不発に終わるような気がします。出現率30%、成功率10%?
 辻と憲吾は今垣の攻め次第ですが、その今垣の攻めがブロックされると苦しい。勝つのは石野か萩原。2着にはパワー差しが見込める湯川か辻、という結論に達しました。2連単で拾いつつ、4点に絞った3連単で一発逆転の大儲けを狙います!

2連単★本線1-5、押さえ1-2、穴3-25
3連単★勝負1-25-25、穴3-25-25

 散々だった今節、最後の最後に笑ってみせましょう!!!!


| 固定リンク | コメント (4) | トラックバック (0)

“本紙予想”オーシャンカップ優勝戦

12R 優勝戦
石野がやまと世代3人目のSG制覇でニューヒーロー誕生だ。萩原がくるっと回って肉迫する。
◎石野 ○萩原 ▲湯川 △辻
3連単1-325-全 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

優出選手インタビュー……ですが

 6R発売中に優勝戦出場選手インタビューが行なわれました。イベント広場はものすごいファンの数&熱気。後のほうで見ていたのですが、すみません、聞き取れないコメントが圧倒的でした(特に湯川と萩原)。聞き取れた分だけの掲載になっちゃいますが(ごめんなさい!)、チャーリー池上の撮った写真とともに紹介しましょう。

_u4w6683 ①石野貴之(大阪)
選手になってからいちばん試運転していないくらいです。僕自身は自信がありませんが、エンジンが連れていってくれると思います。

_u4w6692 ②湯川浩司(大阪)
自分のスタートが行けていると思います。

_u4w6698 ③萩原秀人(福井)
(SG3度目の優出)いいと思います。

_u4w6706 ④今垣光太郎(石川)
今日はドリームのペラにするか、昨日のペラにするか迷っている。換える可能性もあります。カドが取れれば、トップスタートでいきたい。いちばん優勝できる確率のあるところからいきたいです。

_u4w6714 ⑤辻栄蔵(広島)
夏は好きですよ~。色白だけど。ピット離れですか? スタート展示は普通で本番で出ていくこともよくありますよね。少しくらいわからないところがあったほうが、ファンの方も面白いんじゃないですか?(笑)出ていかなかったらごめんなさいね。色白ですが、腹は真っ黒ですので、応援してください。

_u4w6728 ⑥濱野谷憲吾(東京)
かかりはいいですね。チルト0も試しましたが、たぶんマイナスにしてペラで調整すると思います。コースは、取らせてくれるようなメンバーじゃないですからねえ。誰がいちばん勝ちたいのか、その隣にいければいいんじゃないかなあ。自力はないと思います。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――大阪ツーショット

 優出選手がいない……。
2010_0718_0581  整備室、ペラ室、装着場。ベスト6の姿が見えないのだ。これが1R発売中のこと。それぞれのボートをチェックしに行くと、石野貴之など、まだモーターをボートに装着もしていない。まだ誰も動き出していないのか……いや。よく見ると、係留所のいちばん奥に、真っ青のカウリングがあるではないか。今垣光太郎はすでに着水し、準備を始めているようだ。そちらの方向をじっと見ていると、今垣が登場。ボートに向かい、操縦席に乗って、作業を始めた。ニードルあたりといじっているのが遠目に見え、ボートをいったん降りるとモーターをぐっと持ち上げてペラのあたりに手をつけていた。何しろいちばん奥なので、具体的に何をやっているのかは視認できないが、ともかく今日の最速始動は今垣光太郎、ということである。
_mg_2635  そのまま装着場内に目をやると、ガラス越しに見える屋内ペラ室に濱野谷憲吾がいるぞ。いつの間に。作業はもちろんペラ調整。6人のなかではもっとも機力が厳しいと見える濱野谷なだけに、今日はここにいる時間、そして水面との往復回数はけっこうなものになるだろう。
 ともあれ、今日の優出メンバーの動き出しは、キャリアが豊富な順番どおり、なのであった。

 他の4人は余裕綽綽なのかなー、と想像したりもするわけだが、もうひとつ考えられる理由は、今日の暑さ。おそらく今年一番のはずで、光ちゃんや憲吾を水面際から眺めているだけで、汗が滝のように額をつたうのである。いやー、暑い。本当に暑い。
 で、この暑さが優勝戦の時間帯まで引きずられるはずがない、のである。1R前後といえば、午後2時半頃というもっとも気温が高く、日差しも強い時間帯。優勝戦がこんな環境で行なわれることはありえないから、調整はもう少し気温が下がってから本格的に、と考えたとしても当然のことである。
_u4w5456  たとえば、湯川浩司は昨日、「昼はダメ、夜はいい。優勝戦に出られたのはよかった」と言っているのだ。今、湯川が試運転に出たとしても、優勝戦時の手応えとはまるで違うものになるだろう。だったら、いま慌てて動き出しても意味などない。調整には時間をかければいいというものでもなく、中身のある調整をする必要があるということだろう。
 その湯川。表情は、カタいようなカタくないような。いつもと同じといえばその通りだし、やや緊張しているといっても間違っていないように思う。先輩との会話では笑顔も見えているが、その回数は普段より少ないような。1号艇だろうと2号艇だろうと、優勝戦の緊張感は大きいのだ。ま、1号艇の時のような雰囲気は感じられないけど。
2010_0718_09322010_0718_0647  萩原秀人、辻栄蔵は、まあいつも通りの萩原であり、辻である。といっても、辻は山口剛のエンジン吊りでしか見ていないから、断言するには心もとないけれども。ただし、目撃した辻は山口とガハハ笑いをしているところだったので、やっぱりいつもの辻なのである。
2010_0718_0414  そして気になるのは、若き1号艇・石野貴之。これがまた、重圧に苦しんでいる様子は皆無であるのが驚きである。やっぱり大物だなー。もっとも、まだ自分の作業はいっさいしていない様子の石野だが、何しろ大阪最年少、先輩たちのモーター返納作業のヘルプなどで飛びまわっており、緊張を感じる、あるいは見せるヒマがない、という部分もあるだろう。1Rは田中信一郎をはじめ3人、2Rも太田和美をはじめ3人と、近畿勢が大量出走していたのだから、もう大変。田中、太田を主として、他の先輩にも気を遣う様子は、優勝戦1号艇の選手とは思えないものだった。まあ、緊張が紛れるかもね。
_u4w6291  で、大阪支部では石野の次に若い湯川浩司も、石野ほどではないが、モーター返納では大活躍。したがって、この二人のツーショットが数多く見られた優勝戦の真昼間、なのであった。レースでもワンツーを決められるのか!?(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

H記者の『どん底・穴極選』最終日

 昨夜、来亀した憲吾郎どのと痛飲した後、ベッドで左手に携帯&右手にジュースを持ったまま失神し、朝起きたら携帯死亡&上半身ゴワゴワベトベトだったHです。憲吾郎どの、あんた強すぎる!! で、関係各位さま、携帯のデータをすべて失ったので電話番号等を何らかの方法でお知らせくださいっ><
 舟券もどん底が続いています。7R、な、なぜ完璧にできあがった1-3(本命極選)が1-6に変わる?showさん、家族サービスの資金援助ができずにすまんす! でもって、特注指名した中島孝平がピンピン万太郎を連発したのに、なぜそれが裏だったり抜けだったりして取りこぼす? このままだと「6日間で払戻1回」という自己ワースト記録を作っちゃうかも?
 しかし、今日も懲りずに万太郎を狙います。優勝戦直前に、ガッポリ儲けるぞーーー!!

11R 特選A
★①毒島 誠
 ②西島義則
 ③木村光宏
 ④松井 繁
★⑤寺田 祥
◎⑥新田雄史

進入123/456

 極選慣れした人なら一目瞭然でしょう。伸び節イチの寺田が動けば新田が笑う。「まくり屋の外を狙え」の鉄則どおりの予想です。普通、この枠なら6が売れるはずなのに、内に銘柄級や地元選手がいて盲点になっているようです。豪快なまくり差しでファンのド肝を抜いてしまえ、雄史! 自力で攻める寺田と、新鋭王逆転ワンツー決着に期待して毒島へ。

3連単★6-15-全

※ただし、スタート展示で明らかに寺田と新田が入れ替わる(寺田がアウト決め撃ち)ようなら、このフォーカスの信頼度は一気に低くなります。要注意!
 まだ結論の出ない優勝戦予想は10R頃にアップします。


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”オーシャンカップ最終日

 お暑うございます。Kです。いよいよ優勝戦。今日も頑張りましょう。

1R  
山口がインから逃げてラスト走締める。田中のカド戦を本線に。
◎山口 ○田中 ▲吉川 △飯山 
3連単1-436-全

2R 
守田が逃げて今節初1着ヘ。福島握れば井口に差し場。
◎守田 ○井口 ▲稲田 △太田  
3連単1-624-全

3R 
徳増がS踏み込んで逃走決める。前本の差しを本線に。
◎徳増 ○前本 ▲今村 △飯山 
3連単1-263-全

4R 
田村がインから速攻劇。中島が好調で逆転も警戒。
◎田村 ○中島 ▲木村
3連単1-24-全 2-14-全

5R 
田中が意地の逃げ切り決める。安達が自在に追走する。
◎田中 ○安達 ▲寺田 △菊地 
3連単1-325-全

6R  
西島動いて、重成がカド。地元SGで最後に1勝を。
◎重成 ○山本 ▲服部 △西島
3連単4-125-全

7R  
篠崎のイン戦は信頼度高い。毒島が外から追いかける。
◎篠崎 ○毒島 ▲池田 △丸岡 
3連単1-632-全

8R 
新田が王者らしたがえてハツラツと逃げる。
◎新田 ○松井 ▲赤坂 △平尾
3連単1-352-全

9R まるがめ特選
山崎が渾身の全速戦で突き抜ける。杉山のイン残しを本線に。
◎山崎 ○杉山 ▲白井 △坪井 
3連単3-142-全

10R 特別選抜B戦  
今村が外制してしっかりと逃げ切る。菊地が差し順走。
◎今村 ○菊地 ▲池田 △服部
3連単1-235-全

11R 特別選抜A戦
毒島が準優の無念晴らす逃げ。センター勢攻めれば新田にもヒモの目が。
◎毒島 ○新田 ▲松井 △寺田
3連単1-645-全

優勝戦は後ほどアップします。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

最終日!

おはようございます。丸亀オーシャンカップもついに最終日となりました。本日の優勝戦は、内枠に4000番台、外枠に3000番台という、世代闘争の様相も呈しています。1号艇は石野貴之、やまと世代3人目のSGウィナー誕生なるか!?

_u4w5997 本当に残念だった毒島誠の3着。しかし、これが彼のスキルをおおいにアップさせたはずです。同期の安達裕樹とともに、今後のSGでも大暴れを見せてください!(PHOTO/池上一摩)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――THE準優

9R 不思議な雰囲気

_u4w5736 濱野谷憲吾が苦笑いしていた。
「総理杯と同じような感じになってしまった」
 いったんは先頭に立ちながら、2周ホームで追いつかれ、逆転される。あの優勝戦のことだ。あのときも、岡崎恭裕の超抜パワーにしてやられた。そして今日、湯川浩司の快速仕立てに逆転された。たしかに、苦笑いするしかない。
 優出はめでたいことだ。だが、濱野谷がそんなふうだから、出迎えた関東勢も気勢をあげるわけにはいかない。濱野谷の表情にあわせて、苦笑いを返すしかない。
 一見、優出を決めた陣営とは思えないような、不思議な雰囲気。
_u4w5554  もっとも、それは前向きな苦笑いではあっただろう。沈痛だったのは、毒島誠だ。ヘルメットの奥では当然、表情をなくした瞳があった。自分の上を叩いていく湯川を、毒島はどんな思いで見ていたのだろう。開けていたはずの優出への扉は、あの瞬間にひとまず閉じてしまった。
 カポック脱ぎ場に戻って装備をほどくと、毒島は即座にモーター格納へと向かっている。ふつう、着替えを終え、一服などしてから作業に取り掛かるものなのに、汗なのか先陣の水しぶきなのか、びしょ濡れの乗艇着を脱ごうともせずに、毒島はその場を離れたのだ。気になるところがあったのかもしれない。毒島にとってはルーティンなのかもしれない。しかし、その表情を見ていると、悔恨をまぎらすには一人、作業に没頭するしかない……そんな雰囲気に見えたのだった。
2010_0718_0252 それとまったく対照的だったのは湯川浩司だ……とはならない。毒島の表情を見て、即座にそうした予定稿が頭に浮かんだが、不思議なことに湯川はあくまで淡々としていた。勝ってカブトの緒を締めているようにも見えるし、何か別の思いがあるようにも見える。なんだか芦屋グラチャンを制した直後の頃に似ているなあ、などとも思うが、本人には確認できていないままだ。
 ただ、ひょうきん者の素顔まで隠れてしまっているわけではない。11Rの進入を水面際で見ていると、突如となりにやってきて、アーウー言っているこちらに合わせてくれたりもする。インタビューを受けている様子を遠目に眺めていると、こちらに視線を向けてニッコリと微笑んだりもする。そうした点は、気分上々の湯川浩司、あるいはめっちゃ強い湯川浩司と何も変わらないのだが……。
 だからこそ、レース後の淡々とした様子が、おおいに気になるわけである。

10R ポールポジションが決まって

2010_0718_0494 「まあ、俺が2コースに入っていても、栄蔵にまくられていたわな」
 松井繁が、カポックを脱ぎながら爽快に笑っていた。レースに敗れた直後の松井としては、実に珍しい光景である。リフトから上がってきた直後には、作間章と1分ほど話し込んでいる姿もあった。これもそうそう見られるものではない。いつもであれば圧倒的に、ひとり悔しさを噛み締めている姿が多いからだ。
 あの展開では仕方がない。Sでのぞいた20号機を駆る辻栄蔵が伸びていってしまえば、いかに王者といえどもどうにもできない。悔いのない負け方というものがある。同時に、悔いすら浮かびようのない負け方もある。こうしたとき、すぐさま割り切って前に進むのも王者の条件。
「まあ、こういうことだわな」
 スリット写真を覗き込んだ松井は、一人、そう呟いていた。きっと松井は今日の記憶を近いうちに呼び起こし、リベンジの一撃を次のSGに携えて臨むのだろう。
2010_0718_0529  その辻栄蔵は、今日も朗らかにカポック脱ぎ場を盛り上げていた。そのうえで、自分と競って転覆し、医務室に担ぎ込まれた高沖健太を気遣い、着替えを終えると即座に様子を見に行ってもいる。つまり、そういう男なのだ。
「久々の優出だから緊張しています……と書いておいてくださーい」
 そう言って報道陣を笑わせた、共同会見の締め。ここにも気遣いの一端がうかがえる。
 気になるパワーは、「今日はペラを変えて出足をつけた。その分、伸びは落ちた」とのこと。明日は出足を生かすか、伸びを活かすか、一日じゅう考えることになりそうだ。
「夜のスタートはぜんぜん見えてないですね……あ、ペラ変えたから、勘が変わったんだ」
 やはりサービス精神を忘れない、辻栄蔵なのである。
2010_0718_0780  10R、最大の注目は、やはり石野貴之ということになるだろう。久々のSGで、いきなりのSG初優出。「僕のが一番出ていると思います」とはっきり節イチ宣言を放ったのだから、ハートの強さも並大抵ではない。やまと世代第3のSGウィナーとなる可能性は、相当に高くあると言うべきだろう。
 11Rが終わって、真っ先にボートリフトに向かった石野に、井口佳典が抱きついている。山本隆幸が声をかけ、吉田俊彦も後からケツをぽんぽんと叩く。さらに、松井繁もやってきて、笑顔でアドバイスを送るような様子で言葉をかけていた。
 石野は優勝戦1号艇となったのだ!
 そのときの石野の顔は、ちょっと困ったようなふうもあって、笑顔はどちらかといえば苦笑いに近かった。そりゃそうだろう。石野は会見でこう言っているのである。
「ピット離れで出ればインコース。出なければ2コース。まあ、優勝戦なんで、出切るのは難しいかもしれないですけどね」
 これは、2号艇を想定したコメントなのである。11Rで今垣光太郎が勝って、自分は黒いカポックと決めつけていたのだと思われる。そこに転がり込んできたポールポジション。ラッキーという思いとプレッシャーと。複雑な表情になって当然なのだ。これをもって、石野は明日、重圧に震えるなどと決めつけないほうがいいだろう。
 何しろ、2号艇だったとしたって、「インコース」を口にするクソ度胸のある男なのだから。

11R 福井支部の渋面、そして笑顔

2010_0718_0356  濱野谷の苦笑いどころではなかった。本当に優出を決めた選手か、と思うほどに、今垣光太郎は顔をしかめていた。
「優出決めたからまだよかったですよ。もし優出できてなかったら、最悪だった」
 共同会見を終え、JLCのインタビューに向かいながら、今垣はやるせなさそうに言った。
 インを奪われ、まくったはいいが差され。後悔ばかりが残る準優だったのは間違いない。
 もちろん、切り替えてもいるようではある。「4コースは、インの次にチャンスがあると思ってます」という今垣は、明日は思い切ってペラを伸び型に叩くつもりのようだ。個人的には、昨年のグラチャンVも予選1位→優勝戦4号艇だったからなあ、とそこにチャンスを見出すのであるが、今日の今垣にはとてもそんなことを話しかけることはできなかった。
 それにしても、萩原秀人の勢いといったらどうだ。出場SG3連続優出。今、艇界でもっとも乗りに乗る男だろう。しかも一戦ごとに優勝戦の枠順も内になっていっているのだから、このまま戴冠を果たしてもまったく不思議ではない。
2010_0718_0066  その萩原といえば、会見などでは実に朴訥。言葉少なく、愛想もない。ところが、実は我らが中尾カメラマンとは大の仲良しで、二人で話しているところを眺めていると、萩原ってこんなに笑うの?なんて思ったりもしてしまうのである。(→このカメラ目線&笑顔!)
 で、会見。3連続優出だが、と問われて、萩原は一言だけ言った。
「よくできました」
 誰もが頭の中に、宿題などに先生が押してくれるあのハンコを思い浮かべたと思う。その間が2秒ほど。そして、クスクスクス。報道陣から笑いが起きた。萩原自身もあのハンコが思い出されたのかどうか。報道陣の笑いに続いて、ニッコリと笑った。中尾カメラマンと話している時の笑顔が出た。
 優勝したら、どんな笑顔を見せるかなー。ものすごく見たくなってきた。
_u4w5688  最後に、菊地孝平がスリット写真を覗き込んで放った一言を。
「持ち味発揮ということで、許してくださーい!」
 その言葉の前には、「ヒョォ~~~っ!」という裏声の叫びもあがっている。スタートタイミング、コンマ02。持ち味発揮どころではない。「これを全速で行けないとな~(放ったらしい)」とも語っていたが、自分の仕事をまっとうすること自体が、真に大事なことだろう。それを菊地孝平は果たした。本物のプロフェッショナルである。(PHOTO/中尾茂幸=湯川、松井、辻、石野、今垣、萩原 池上一摩=濱野谷、毒島、菊地 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

速報! 丸亀オーシャンカップ優勝戦メンバー確定!

 丸亀オーシャンカップの優勝戦メンバーが確定しました! 熾烈な準優バトルの末、1号艇をゲットしたのは「第3のやまとV戦士」を狙う石野。SG連覇をもくろむ銀河・湯川、素晴らしい回り足で優出の常連になった萩原とともに4000番台が内3枠を独占しています。若き勢いか、今垣のまくり攻勢など3000番台の銘柄級が待ったをかけるのか。楽しみな組み合わせになりました!

①石野貴之(大阪)
②湯川浩司(大阪)
③萩原秀人(福井)
④今垣光太郎(石川)
⑤辻 栄蔵(広島)
⑥濱野谷憲吾(東京)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

H記者の「銘柄級が続々と……????」予想

 さあ準優です。新鋭王座のワンツー、名人戦のワンツー、松井・服部の最強アラフォータッグ、銀河系、やまと軍団……役者が揃いました!

9R
①毒島 誠(群馬) A
②湯川浩司(大阪) S
③濱野谷憲吾(東京)A
④今村 豊(山口) A
⑤新田雄史(三重) A
⑥池田浩二(愛知) B
進入1234/56

 鍵は毒島のハート。SG準優で、これだけの相手を抑えて逃げきれる度胸があるか。イン巧者とはいえない毒島ですが、ここはテクより心。昨日、K記者と呑んでいて「これはピットのレースだ。毒島の表情、オーラ、緊張度をしっかり見極めてくれ」と伝えておきました。今日の答は「ぜんっぜん緊張してなかった、いい感じでしたよ」(K記者)、中尾カメラマンもチャーリー池上も「まったく変わらない」と異口同音のコメントでした。
 ならば、この新鋭王の逃げきりに期待しましょう。ヒモが難解ですが、今村の攻めに便乗できる新田の2、3着付けで中穴を狙います。新鋭王ファイナルの再現なるか?

3連単★1-5-全、1-全-5

10R
①石野貴之(大阪) SS
②松井 繁(大阪) A
③辻 栄蔵(広島) S
④木村光宏(香川) A
⑤高沖健太(三重) A
⑥作間 章(千葉) B
進入124/356か123/456

 では石野のイン戦への心構えはどうか? K記者は「毒島より緊張しているように見えました」とのこと。木村が今節得意の「スタ展やらず、本番ガリガリ」の前付けに来れば起こしも深くなる。松井の2コースも死ぬほど上手いし。危険なイン戦かも? ただ、石野には毒島よりもはるかに凄まじいパワー相棒がいます。それも踏まえて逃げるかどうかは五分五分。木村の前付けで展開がありそうな辻とをWヘッド◎にして、初日6・6着から奇跡のリカバー予選突破を果たした高沖の2着付けで高配当を狙います。

3連単★13-5-全

11R
①今垣光太郎(石川)A
②萩原秀人(福井) SS
③西島義則(広島) A
④菊地孝平(静岡) B
⑤寺田 祥(山口) S伸びSSS
⑥服部幸男(静岡) B
進入123/456か1236/45

 服部が動くか。セオリーは前付けでも、寺田の伸びに期待してアウトを選択する気がします。で、2日連続でアワカツ級のアウト一撃まくりを決めている寺田ですが、内隣に菊地がいるのはマイナス材料になります。伸びに天と地ほどの差があっても、菊地にコンマ03を決められては苦しい。
 では今垣が有利かというと、西島、菊地、寺田と自力屋が揃えば1マークを握って回る公算が高い。本当に有利なのは……そう、2コースから自慢の回り足でくるりんと決め差しする萩原だと思いますよ。展開がもつれにもつれるとみて、混戦に強い西島と差し場がありそうな服部へ。

3連単★2-36-全

 私の予想どおりの結果なら、明日の優勝戦は①石野②毒島③萩原④西島⑤高沖⑥新田という、ちょっと異様なメンバーになってしまうのですが……いかに。


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

“本紙予想”オーシャンカップ準優&12R

午後1時頃、食堂でカツカレーを食っていたら、丸亀ボート通い歴40年という大先輩に声をかけられました。今節、5マンシュウ、7マンシュウをぶち当てているという、まさにあやかりたい素敵なおじさま。いわく「66号機がお化け級や!」。66号機は……萩原!

9R 準優勝戦
毒島のイキのいい逃げに期待したい。湯川が差して追走。
◎毒島 ○湯川 ▲濱野谷 △新田 
3連単1-235-全

10R 準優勝戦  
超抜クラスの石野が渾身の逃げ切り。松井がしぶとく続く。
◎石野 ○松井 ▲辻 △高沖
3連単1-235-全

11R 準優勝戦
今垣が逃走決めて海王に王手。萩原の回り足鋭い。
◎今垣 ○萩原 ▲菊地 △寺田
3連単1-245-全

12R    
山崎が“ラストバトル”を逃げて締める。飯山が握って肉迫。
◎山崎 ○飯山 ▲坪井 △赤坂
3連単1-324-全 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――やまと世代よ!

 今日は珍しく、1Rが始まるはるか前にピットに入った。試運転や朝特訓の最中だ。確認したかったのは、とにかく毒島誠と石野貴之。ゆうべ、ぐでんぐでんに飲みながら、H記者に「てめえ、ピットで毒島と石野の様子を確認してこいやぁ」と恫喝されたこともあって、二日酔いで目が据わっているH記者の視線を避けるようにピットに向かったわけだ。
2010_0717_0352  まず目に飛び込んできたのは、毒島だ。試運転、係留所での調整を経て、飯山泰と情報交換。その後、いったんボートをピットに引き上げて、陸の上での調整タイムに突入していた。
 気配はといえば、不思議なほどに、普段の毒島と変わりがない。緊張感もあまり伝わってこないし、表情もいつも通りに清々しい。声をかけると、その顔面は玉のような汗でびっしょり。「いや~、暑いですねえ」なんて笑う顔は、丸亀の青空のように爽やかだ。この時点では、と断わっておくが、準優の1号艇に震えて、力を出せないなどということはないのではないか。もちろん、レースが近づいてくれば、また違う心持になるだろうが。
2010_0717_0461  一方の石野は、毒島に比べれば、ややカタさを感じる。といっても、今節の石野はずっとこんな様子でもあって、あえて言うなら、1割増しほど緊張感が強くなっている、といったところ。ただし、こちらは先輩が石野をほぐそうとしている様子も見られている。
 1Rを終えた丸岡正典のボートを、大阪支部の面々は屋外の空いているスペースに移動した。やや不穏な雲ゆきの空を眺めて、太田和美が言う。
「雨、降るんちゃうか?」
 ここに置いておいたら、濡れてしまう。屋内に運んだほうがいいんじゃないか、というわけだ。まあ、大丈夫でしょう、なんて声が飛び交うと、太田は言った。
「タカユキ、ここで見張っといてくれや」
 ダハハハハハハ! と大阪支部全員が笑った。石野も童顔をほころばせた。さらに田中信一郎が言う。
「じゃあタカユキ、係留所にある俺のボート、上げといてくれや」
 ダハハハハハハ! また笑う。単なるジョーク、あるいは後輩いじりなのかもしれないが、石野の嬉しそうな笑顔を見ると、これが先輩たちの優しさの表現ではないかと思えたのだ。超強烈な先輩たちに囲まれて、石野も全力で準優の壁に立ち向かうことができるだろう。

2010_0717_0463  整備室を覗くと、寺田祥の姿があった。本体を割っている。エース機の39号機だというのに! 6コースまくりを2度も決める強烈パワーだというのに!
 これは勇敢な整備というべきだろう。準優を前に、パワーが落ちるかもしれないというリスクを冒して、さらなるパワーアップを狙ったのだ。11Rは服部幸男が動けば6コースになる、ということも考慮しての一発勝負なのかもしれない。
 チャーリー池上カメラマンが撮影しようとすると、「整備中はやめてください。気が散ってしまうから」と丁寧に断わられたそうである。まさしく、本気の整備なのだ。11Rに登場する寺田のアシ色が楽しみになってきた。
 寺田以外では、本体整備に手をつけたのは、菊地孝平のみだった。寺田とちがうのは、菊地は試運転後に本体整備を始めていることだ。
 ペラ調整場には、屋外にしろ屋内にしろ、選手の姿は多かった。松井繁、服部幸男のツーショット。銀河系軍団たち。辻栄蔵。作間章。一般戦組も含めて、早い時間から盛況だ。
2010_0717_0415  そのなかで一人、木村光宏はさらに奥の工作室にいた。ここは叩く以上の作業(ペラを削ったり)ができる部屋。叩いて調整するより、さらに大きなペラ調整をする場所だ。これもまた、勇敢というべきだろう。木村のパワーは決して強めではないから、思い切ったことができる(しなければならない)という部分はあるにせよ、だ。地元の砦となっていることを考えれば、調整の方向性とか成果とは関係なく、この姿事態が尊い。そして、気合のあらわれであろう。10Rは進入も含めてキーマンになりそうな木村は、陸の上からフルパワーで一日を過ごすことになる。

 その他の準優組をざっと。今垣光太郎はスタート練習に出ており、2本を100m切ったあたりの起こしで行なっていた。前付けがあることを想定したものだろう。その後は係留所で実に長い時間、調整作業。声をかけるスキもなかった。
2010_0717_0097  係留所にいた選手はほかに、今村豊、萩原秀人、新田雄史、辻栄蔵、服部幸男。今村は1R前にピットに引き上げてきている。新田はペラ調整場と係留所の往復を繰り返しており、表情にカタさは皆無である。
2010_0717_0514  1Rが始まってもまだボートにモーターを装着していなかったのが、本体整備中の寺田祥、濱野谷憲吾、高沖健太、西島義則。前検時には田中信一郎と並んで一番乗りであることが多い西島が、準優の今日は水面にも出ていないし、動き出しもいちばん遅い部類であるのは驚きだ。これにはきっと、意味がある。
2010_0717_0373  ちなみに、1R後までに姿をまったく見なかったのは高沖のみ。これにも意味がある、のだろうか……。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

H記者の『穴&本命W極選』5日目

 予選4日間で一度しか払戻窓口に立っていないHです。収支もマイナス2ケタに近づいてまいりましたが、今日は私の得意とする5日目。極選的にも満を持して「ダービー勝負駆け大作戦」に突入するとしましょう。
 いよいよダービー期末(今月末)が迫ってきました。今節、ボーダーライン付近にいるのは、石野、高沖、寺田、萩原、新田など、ほとんど準優メンバーなのです(詳しくは艇界が誇る無料サイト『ひまひまデータ3』にGO!)。準優はすべての選手のモチベーションが高いのでダービー云々は二の次になります。そして、一般戦で狙えるダービー勝負選手はただひとり、なんですね! 今日はそのお宝「浪速の新怪物君」から穴&本命極選をWセットしてみましょう。

穴・極選

 3R
 ①吉田俊彦
◎②太田和美
★③中島孝平
 ④山口 剛
★⑤重成一人
 ⑥田村隆信

進入123/456か1256/34

 昨日までダービー勝率7・22の太田がこの関門を突破するには、月末までの9走前後を9点平均(ほぼ1・2着!)で走り続ける必要があります。まさに背水の陣、この2点増しのSGで1着を取れば条件がぐっと楽になるし、逆に重い着を続けたら一巻の終わりになります。その気合を反映してか昼特訓の気配は上々でしたね。吉田を回しての渾身の2コース決め差しが炸裂します! 吉田が残って2-1もありそうですが、昼特訓でいちばん目を引いたのが中島。昨日から気配が一変していて、吉田を握って攻め潰しそうなパワーです。2-3と、やはり敗者戦でもモチベーションが落ちない地元の重成へ。

3連単★2-35-全

 あ、中島は12Rも要注意! きっと舟券に絡んでくると思います。

本命・極選

7R
◎①坪井康晴
 ②吉田俊彦
★③太田和美
 ④山下和彦
 ⑤安達裕樹
 ⑥杉山正樹

進入123/456

 昨日はインで惨敗した坪井。気配も初日から一息ではありますが、インで同じ失敗を繰り返す男じゃない。メンバー的にも破壊力のまくり屋は不在で、しっかり逃げきりシリーズ初勝利を挙げると思います。相手は坪井を付け回って2マークで逆転を狙う太田。1-3大本線に、裏目千両も押さえましょう。

3連単★本線1-3-全(勝負1-3-5)、押さえ3-1-全

 本命とはいえ、3-1なら万太郎もありえますぞ!

※荒れそうな準優予想は7R頃にアップします。


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”オーシャンカップ5日目

 皆様お疲れ様です。Kです。準優勝戦です!

1R  
丸亀巧者の鳥飼がしっかりと逃げ切る。前本が差して追走。
◎鳥飼 ○前本 ▲秋山 △徳増 
3連単1-246-全

2R 
平石がしぶといイン逃げ見せる。山下が本線。
◎平石 ○山下 ▲大峯 △平尾  
3連単1-325-全

3R 
太田の差しが怖い。吉田のイン残し本線。
◎太田 ○吉田 ▲中島 △重成 
3連単2-135-全

4R 
篠崎がイン速攻決める。杉山の差し脚注意。
◎篠崎 ○杉山 ▲安達 △山本
3連単1-436-全

5R 
井口が踏み込んで逃走。前本のカド差しが追う。
◎井口 ○前本 ▲赤坂 △田中 
3連単1-436-全

6R  
ここは山崎も差し回りか。白井が気迫の逃げ。
◎白井 ○山崎 ▲吉川 △稲田
3連単1-246-全

7R  
坪井が盤石の逃げ見せる。山下の攻めが迫る。
◎坪井 ○山下 ▲太田 △吉田 
3連単1-432-全

8R 
飯山が予選落ちのうっぷん晴らし。福島握れば飯山に展開利で飯山ワンツー本線。
◎飯山泰 ○飯山晃 ▲井口 △山本
3連単1-425-全

準優&12Rは後ほどアップします。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

5日目! 準優です!

どもです~。丸亀オーシャンカップは5日目、準優勝戦の日を迎えております。準優はなかなか興味深いメンバーがそろいました。今垣光太郎がこのまま突っ走るのか、やまと世代がふたたび栄冠を勝ち取るのか。今夜の丸亀は間違いなく熱帯夜です!

2010_0717_0084 92期トリオです(大峯豊だけ後ろ向きですみません)。今節、全員が水神祭をあげました。そして、毒島誠は準優1号艇。絆パワーの後押しがありそうですね。(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

丸亀オーシャンカップ 4日目ダイジェスト

THE勝負駆け

9R 高沖、渾身の4カドまくり
①坪井②平石③井口④高沖⑤徳増⑥山崎

2010_0717_0379  今日、もっとも峻烈な勝負駆けシーンを見せてくれたのが高沖健太だ。8Rを終わって予選突破ボーダーは6・00。高沖は2着でジャスト6点だが、最近のSGはどこでボーダーが跳ね上がるかわからない。1着だけが安全圏だ(実際、最終ボーダーは6・17、高沖が2着なら19位どまりだった)。
 が、もちろん切羽詰っているのは高沖だけではない。坪井康晴は2着、平石和男は1着で相手待ち、山崎智也は1着条件と修羅場の様相を呈していた。まず、スリットで2コースの平石が完全にタイミングを逸して脱落する。この凹みを突いて猛然と仕掛けたのが3コースの井口。高沖は同僚をマークする形になった。「高沖、オレに付いてこいや!」という気合だ。これで井口が強引にまくり、高沖が差すという展開なら麗しい「同県同期の愛のドラマ」ということになる。
2010_0717_0249  しかし、井口が選んだ戦法はまくり差しだった。3コースの井口はここ1年で11勝しているが、すべて差しかまくり差し。3コースではまくりより差し(まくり差し)を選択することが多い。おそらく、同県同期の高沖はそんな井口のレースぶりを熟知していたのではないか。
「井口さんが差すかな、と思って」(レース後の談話)迷うことなく豪快にぶん回した。万が一井口が握ってしまえば、大競りになったかもしれないギャンブルまくりだ。そして、高沖の決断はものの見事に成功し、インの坪井を一瞬にして引き波に沈めたのである。井口の動きを見てから動いていたら、おそらく坪井まで届かなかっただろう。これぞメイチ1着条件の勝負駆け。銀河系らしい思い切りのよさと、初日6着6着から奇跡的な逆転劇で予選を突破した勢いは、準優でも侮ることはできない。

10R 予選トップを狙う直接バトル!
①毒島②田中③今垣④新田⑤飯山晃⑥西島

2010_0717_0365  一方、予選トップを巡る争いは10Rで正念場を迎えた。昨日から首位をキープしている今垣光太郎が2着以内なら文句なしにトップ当選が決まる。逆に今垣が5着以下に大敗し、毒島誠が勝てば両者の体は入れ替わり、12Rの石野貴之の結果待ち。インの強い丸亀だけに、予選トップ通過は大きな優勝へのアドバンテージだ。
 イン屋の西島がいることもあって、このレースのオッズは割れた。スタート展示でF2田中信一郎がイン!などという事態が混戦ムードに拍車をかける。が、本番は毒島が枠番を死守して162/345。そして、コンマ10のトップSから威風堂々と逃げきった。私は「スタ展とのコース、起こし位置の違いを補正できるのか、SG勝負駆けのプレッシャーはどうか」と不安視もしていたのだが、死闘の末に新鋭王座をもぎ取った男のハートに揺るぎはなかった。
2010_0715_0696  こうなると、あとは今垣の着順が問題になってくる。道中、今垣は4番手を走っていた。このままなら順位は変わらず暫定トップ維持(12R石野の結果待ち)。もし5着に落ちてしまうと今垣のトップ当選は消える。2周1マークの手前「ま、5着はなさそうか」と見ていると、すぐ前を走る西島義則と新田雄史が小競り合いになった。その間隙を突いて、あっという間に今垣が2番手に躍り出てしまった。彼らしい粘り強い追走が実を結んで、この瞬間に今垣のトップ当選が確定したわけだ。結果論だが、この逆転劇がなく4着止まりだったら、最終レースを勝った石野にトップを譲っていたことになる。今垣にとっては、とてつもなくでかい2着だったといえるだろう。
 結局、予選のトップ3の順位は今垣、石野、毒島。今年のSG戦線はやまと、やまと、銀河と4000番台が3連続V中だが、今節はニュースターたちの前に登番3388の巨星が立ちはだかることになる。

12R なんだなんだなんだ、この足は????
①服部②濱野谷③池田④石野⑤丸岡⑥飯山泰

 服部幸男が3着条件、濱野谷憲吾も3着、池田浩二が4着、飯山泰が2着と、このレースも熾烈な勝負駆けバトルだった。が、唯一完走当確だった石野貴之の凄まじいパワーに、私はしばし勝負駆けのことを忘れてしまった。これは口で言うより、たまたまレースを撮っていた中尾カメラマンの写真を見てもらうとしよう。

2010_0717_r12_0700 H記者「飯山ァ、差せーーー!!」(←本線6-1-2)
K記者「石野ォ、差せーーーーーー!!」(←本線4-1-2)

2010_0717_r12_0705 H「飯山、ぶっぴ~~~ん(ノд・。)」
K「石野、差せ差せ差せーー!!!!」
H「うるせぇ!!」

2010_0717_r12_0707 K「差せ差せ差せ差せ差せーーーー!!!!!」
H『プププ、ムリムリ、引き波何本も超えた石野じゃ届くわけねぇじゃん』

2010_0717_r12_0711_2 K「さ、差さったーーー!!!!(゚▽゚*)」
H「ゲッ、う、うそっ????」

2010_0717_r12_0714 あとはオマケの1周2マーク
K「よっしゃーー、412でけたドーーー!!!!ヽ(´▽`)/」
H「…………………」

2010_0717_r12_0730 K「服部、ぶっぴ~~~~ん!!!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」
H「ププププ」


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

THEピット――世代闘争

2010_0717_0364  10R、1号艇で毒島誠が1着。今節3勝目である。山崎智也をはじめ、やけに弾んだ足取りで毒島を出迎える関東勢。その智也の顔を見て、毒島の目がふっと緩んだ。
 先頭で舳先を引っ張るのは濱野谷憲吾。装着場まで牽引して、白い艇旗を外しにかかる。
「あぁぁっ、外さなくても大丈夫ぅぅぅ~」
 艇尾を押していた飯山泰が叫ぶ。えっ? 苦笑混じりに旗を戻し、このままでいいの?なんて問い返す濱野谷。そう、いーーーーんです! この1着で、明日の1号艇が決まったから。
 毒島誠、準優1号艇、確定!
 今年に入ってから吹き荒れる下剋上の風は、やはり本物であるらしい。SGごとに選手は替わるが、やまと世代、もしくは銀河系軍団がシリーズの主役となるのが、2010年の大きな大きな流れなのである。
 今節の主役の一人となった毒島を、関東勢が祝福している様子なのもまた、心弾むことであった。西高東低が叫ばれて久しい艇界に、関東からニュースターが誕生することは、関東勢ならずとも歓迎すべき出来事であろう。何しろ、6・00に到達したはいいが、その時点では相手待ちという状況だった智也だって、嬉しそうに笑っているのである。明日の結果はともかくとして、関東の新星が準優で白いカポックをまとうことは、明るい未来の提示である。

2010_0717_0341  石野貴之の活躍もまた、嬉しいことであった。SGは実に2年ぶりの登場となる石野が、その復帰戦でこれほどまでの走りを見せてくれたのだ。新鋭戦を早々と卒業し、やまと世代のフロントローを走ってきたのが石野である。純粋やまと世代の第1期目である90期の筆頭として、大きな期待をかけられてきた。だが、やや足踏みをしている間に、後輩たちが新時代のトビラをこじ開けてしまった。忘れられたわけでは決してなかったが、世の耳目は山口剛や岡崎恭裕らに奪われてしまったのは事実である。そうしたなか、2年ぶりのSGでここまでの存在感を示したことは、彼のポテンシャルが本物であったことの証であろう。
 今節、石野はピットで目立つような雰囲気を醸し出しているわけではない。Tシャツがピンクであることが多いので、存在自体はけっこう目立つけど。その童顔をほころばせているところもあまり見かけないし、1着を獲ったレース後でも表情は崩れない。そういう意味では、つい見落としがちになってしまうのだけれども、あえて意識して目で追いかけてみると、2~3年前に感じた大物感は健在である。エンジン出てれば、これくらいの仕事はやってのけちゃうんだろうなあ。やまと世代の真打は、案外この男なのかもしれない。

2010_0713_0696  予選1位は今垣光太郎である。「ドリームから、ずっとツイてる」と本人は言うが、ツキ一本でここまでの成績を残せるはずがない。まあたしかに、展開を突いて、という場面も少なくはないけど。それにしても、それを活かせるポジションをモノにしているから、着順を上げることができるのである。
 ただ、勝って奢らず、というのは、これまで山ほどの修羅場をくぐってきた今垣だからこそ辿り着いた境地でもあろう。10R2着で予選1位を確定させても、周りの祝福には照れくさそうに笑うだけで、決して満足しようとはしない。レース後にボートを磨きあげるルーティンもおろそかにはしないし、そうとは知らなければ予選1位の選手とは思えない謙虚さである。
 今垣のような人柄の男が、レースともなれば激しさをむき出しにするあたりもボートレースの面白さ。そして、彼がやまと世代に立ちはだかる、実績組の砦であることは、オーシャンカップを最高にエキサイティングにするであろう。

 そう、オーシャンカップのテーマは、にわかに世代闘争の色合いが濃くなってきている! 2010年のテーマでもある「下剋上」が、準優1号艇=今垣、石野、毒島というかたちで、さらにクローズアップされてきているのだ。
2010_0717_0554  そうなると、キーを握るもう一人は、松井繁と言うべきだろう。11R前、競技棟2階にある記者控室に向かおうと階段を上ろうとしたら、ちょうど降りてきた松井と鉢合わせになった。のけぞった。落っこちるかと思った。松井は、まさしくレースの準備に向かうところ。こちらのことなど、目にも入っていなかっただろう。こちらとしては、松井が視界に入ったというよりは、そのダンプカーに追突されたかのような圧倒的な威圧感で、それを王者だと認識したのであった。震えた。キ●●マが縮みあがった。背筋がブルリと寒くなった。しばらくの間、動悸が激しいままだった。そして、そんな松井を体感できた喜びも感じていた。
 松井にしてみれば、世代闘争などどうでもいい、ってなもんだろう。しかし、この男が自分の威信をかけて走ること自体が、新勢力の巨大な壁となる。今垣、松井と石野、毒島。この2世代対決の構図を意識するだけで、明日の準優の色味は違って感じられることだろう。

2010_0717_0510  そうした構図のなかで、この男も忘れてはならない。服部幸男だ。競技棟の入り口に立っているとき、背中から、先ほど松井に感じたようなド迫力の威圧感を感じたのだ。驚いて振り向くと、やはり12Rのレースを控えた服部だった。背中に存在感をぶっ刺せる男。準優は予選18位の6号艇。しかし、ゆめゆめ侮ってはならない。準優11Rにやまと世代はいないが、もし優出して毒島や石野(あるいは新田雄史)と対戦すれば、松井や今垣とともに、チョモランマ級の壁となることだろう。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

本日の水神祭 92期コンビ……なのですが

 水神祭、出ました~。しかも2本! ともに92期!
 2R1着の安達裕樹、3R1着の大峯豊が、いずれもSG初1着。梅雨明けの水神祭日和の本日、お初の儀式で水面へと投げ込まれました。

2010_0717_0598  まずは安達。2R1回乗りだったため、勝利者インタビューからピットに戻ると、速攻でボートリフトに連行された。首謀者は、井口佳典&高沖健太の三重銀河系軍団です。これに同県の新田雄史、銀河系の一員である湯川浩司、田村隆信、安達の同期である毒島誠が参加して行なわれた水神祭。この時間帯はちょうど満潮だったため、水位が高く、リフトからの高さは毒島の時とは正反対の低さ。というわけで、少しでも安達を怖がらそうと、担ぎあげた5人は思い切り腕を伸ばして、高い高ーい。まあ、ものの10数cmくらいしか変わらないだろうけど。
2010_0717_0622  ワッショイスタイルで持ち上げられた安達は、珍しいカウントダウン=3、2、1でドッボーーーーーン! 誰も助けにいかない三重勢を見て、田村隆信が「放置?」とツッコんでおりました。自力で這い上がった安達は、びしょ濡れで拍手喝采を受け、ニッコリ。今日の水神祭は、気持ちよかったっしょ! おめでとうございます!

 つづいて大峯……なのですが。これがまた何と言うのか、ごめんなさいと言うのか。3R1回乗りだった大峯だが、しかし4Rに寺田祥、5Rに今村豊と白井英治が出走のため、すぐには水神祭が行なわれなかった。ここから、報道陣は炎天下、山口支部に振り回されることになるわけです(笑)。
2010_0717_0561  5R直前、寺田と池田浩二、そして大峯が、ピット裏にこそこそっと向かうのを発見。まさか、不意打ちの水神祭? 中尾カメラマンが「やるんですか?」と訊くと、寺田は一拍置いて「やりません」。うーん、怪しい。どうやら水神祭の下見をしているようでもあり、我々はそれを眺めていたのだが、今度はその様子を見つけたJLCやスポーツ紙のカメラマンさんたちが殺到。それを見て、大峯ご一行はそそくさと整備室のほうへ消えていってしまったのだった。
 5Rが終わり、今村が勝利者インタビューからも戻ってきて、いよいよ始まるか、と思われたが、まだ始まらない。6Rが終わっても行なわれる気配はなく、7Rが終わっても、今村は整備室をうろうろしているのだが、テラショーや白井英治、そして肝心の大峯の姿が見当たらないのである。この頃、中尾カメラマンは熱中症寸前、ピットのかたわらにへたり込んでおりました。
「ちょっと今村に聞いてきますわ~」
 長嶺豊さんが今村のもとへ駆けつけるが、「今村もようわからん、言うてましたわ~」。さすがにそろそろ記者席での仕事も片付けねばならぬ、さて困った……。もっと潮が引いて、水位が下がってからやるつもりだ。ナイター照明がついてからやるつもりだ。さまざまな情報が飛び交ってもいたが、ともかくいったん記者席に戻ろう。ということで、私と中尾カメラマンはピットを離れ……。
 9Rが終わり、速攻でピットへ舞い戻る。おっと長嶺さんがいるぞ。
「終わったみたいですわ~。誰も見てないところでこそっとやったみたいですわ~」
 なんと、JLCのカメラも、スポーツ紙のカメラマンさんも、ほとんど誰も押さえられなかったというのだ! 山口支部のみなさん、なぜだ(笑)。大峯選手、とにもかくにもおめでとう。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

速報 丸亀オーシャン準優メンバー確定!

 丸亀オーシャンカップの準優18ピットが決まりました! 1号艇は予選トップの今垣、やまと卒業生の石野、毒島がゲット。しかしセンター枠には激辛の銘柄級が鈴なりで、大激戦になりそうなムードが漂っています。

9R
①毒島 誠(群馬)
②湯川浩司(大阪)
③濱野谷憲吾(東京)
④今村 豊(山口)
⑤新田雄史(三重)
⑥池田浩二(愛知)

10R
①石野貴之(大阪)
②松井 繁(大阪)
③辻 栄蔵(広島)
④木村光宏(香川)
⑤高沖健太(三重)
⑥作間 章(千葉)

11R
①今垣光太郎(石川)
②萩原秀人(福井)
③西島義則(広島)
④菊地孝平(静岡)
⑤寺田 祥(山口)
⑥服部幸男(静岡)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

“本紙予想”オーシャンカップ4日目後半

ピットにへばりついていて、アップが遅れました~。

7R  
中島が外制して逃げ切る。木村の気迫にも要注意。
◎中島 ○木村 ▲山本 △菊地 
3連単1-436-全

8R 
萩原が出足鋭く逃げ切る。飯山が攻めれば吉川に展開。
◎萩原 ○吉川 ▲飯山 △杉山
3連単1-432-全

9R 
坪井が負けられないイン戦。平石の巧差しが本線。
◎坪井 ○平石 ▲井口 △山崎 
3連単1-236-全

10R  
西島動いて、毒島に試練のイン戦。狙うのはカド今垣の1500勝。
◎今垣 ○毒島 ▲新田 △西島
3連単3-146-全

11R
湯川がインから速攻決める。不利枠・辻に妙味ありそう。
◎湯川 ○辻 ▲松井 △寺田
3連単1-653-全

12R    
服部が予選ラストを締める逃走劇。石野のカド戦も怖い。
◎服部 ○石野 ▲濱野谷 △飯山
3連単1-426-全 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――夏です! ※追記あり

2010_0716_0099  いやー、暑い! 夏だ! サマーだ! 暑ーーーーーーーーい! とまあ、ピットにいても、気づくとそんなことを呟いている梅雨明けの今日。気温31℃、湿度51%と、数字を見るだけでジメジメした季節が終わったことを実感する。
「暑いっすね~」
 水面際の木製ベンチに座っていた飯山泰とそんな言葉を交わし合う。長野県出身者は暑さに弱いっすもんね~、などと思いつつ、飯山はそこで日光浴をしている様子でもあって、山の県から海の県へと移り住んだ男はすっかり夏が似合う男になっているのだな、と思ったり。同じ信州人でも、飯山泰とオニデヴでは違った人間に育つわけである。
2010_0716_0728  1Rを終え、装着場にボートを置いていた木村光宏が、次のレースの準備のために作業を始める。と、木村はボートを自ら押して水面際の陽が当たるところへ移動しているではないか。わざわざ暑いところに動くわけ? 木村は暑さもものかは、粛々と作業を続ける。まあ、1Rで浴びた水分が早く乾く、なんて効用もありそうではあるが、丸亀の海で育った男には、この程度の暑さなどヘでもないのであろう。
2010_0716_0382  快進撃の毒島誠も、日向にボートを置いて、ペラ装着。群馬は海はないけど、内陸で暑い。やっぱりこんな暑さなんか関係ないんだろうなー。
 というか、暑い暑いとブー垂れてんのは、俺だけか……。あぁ、情けない。

 2R、安達裕樹が1着。SG3節目にして、とうとう水神祭を達成である。その模様は後ほどご紹介するとして、ピットに上がってきて少し照れたような表情を見せていたのが印象的だった。高沖健太に耳元で声をかけられると、にこにこにこ~。惜しいレースはいくつかあった。機力に苦しんだ時間も長かった。それを乗り越え、SG初1着! この夏の日を、安達はきっと忘れないだろう。おっと、新田雄史もなんだか嬉しそうだぞ。
2010_0715_0044 2010_0716_0942    3Rでは大峯豊もSG初1着だ。こちらもピットに上がり際は、同じように照れくさそうにしていたのだから、これが92期の標準か? 白井英治らに声をかけられて、ニコニコとしたのも、また同じ。ようするに、毒島誠も含めて、92期勢は好漢揃いなのである。
 こうなると、あと一人、稲田浩二の水神祭も一気に今日、期待したいところだぞ! 出陣はまもなく、6R!……というわけで、ここまでアップしておいて、水神祭待ちでもう一度ピットに向かいます。戻ってきて、また追記しますぞ~。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)

2010_0715_0065 追記:稲田浩司は先頭に立つ場面もあったものの、逆転を浴びて、無念。水神祭はお預けとなってしまった。レース後の表情は、いつもと変わらないが、その胸中や……。その稲田を逆転したのは今垣光太郎。これが通算1500勝のゴール! こっちの水神祭か!

2010_0716_0168……と思いきや。「水神祭はやりません。SG初めて勝った時もやってないんですよ。次にやるのは、賞金王勝ったときか辞めるときですね」だそうです。よーし、賞金王制覇の水神祭に期待しようじゃないの!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

どん底Hの『穴・極選』勝負駆け!

 ついに極選真裏123ダーーーーーッ!!を喰らったどん底Hです。さらに今朝9時からホテル近所のパチ屋で軍資金のほとんどを一気呑みされるというオマケつき。こんな流れで的中するとは思えず極選中休みも考えましたが、私としても後のない勝負賭け、予選最後の悪あがきをさせてください。狙いは勝負駆けの韋駄天コンビです。

7R
 ①中島孝平
 ②太田和美
 ③山本隆幸
 ④木村光宏
★⑤福島勇樹
★⑥菊地孝平

進入123/456か142/356

 地元の木村に完走当確ランプが点り、進入から攻めるかどうかは微妙なところ。たとえ枠なりだとしても、5コース福島の破壊力は衰えないはず。課題はスタートですが、3着条件のデジタル菊地が「福島さん、S決めてまくりましょう」と煽るような起こしを見せ、つられる形でコンマ05くらいは行くと思います。あとは節イチ級の伸び足で内艇を攻め潰すのみ。戦略家の菊地もこれをしっかりマークし、バック水面でアウトセットの一丁あがりとなります。木村が進入で攻めれば攻めるほど、この韋駄天セットの確率はアップしますね。福島、メイチ1着勝負で行かなきゃ男ぢゃないぞーーーーー、頼むっっ!!!!

3連単★5=6-全

 あと、心情が絡みすぎるので極選にはしませんが、11Rで湯川&寺ショーがガチンコしたときの俊キチの差し抜け2-46-全というち超ウルトラ無理筋をこっそりバラで買っておきます。


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”オーシャンカップ4日目

 ども~。Kです。梅雨明けです。でも私の財布は梅雨真っ只中です。

1R  
木村が動きそうだが、田村がイン死守して逃げ切る。吉川が追走。
◎田村 ○吉川 ▲木村 △稲田 
3連単1-263-全

2R 
笠原はパワー苦しい。山崎の豪快なまくり差しに期待。
◎山崎 ○笠原 ▲安達 △吉田  
3連単5-124-全

3R 
大峯に水神祭のチャンス。徳増が気迫の攻め。
◎大峯 ○徳増 ▲松井 △鳥飼 
3連単1-365-全

4R 
寺田がふたたび快パワー見せるか。池田との同期連動も。
◎寺田 ○池田 ▲秋山 △篠崎
3連単5-612-全

5R 
山口がS決めて先マイ。新田のまくり差しも警戒。
◎山口 ○新田 ▲坪井 △白井 
3連単1-345-全

6R  
持ち前のS決めれば、稲田に逃げ切りの目。湯川がパワーで続く。
◎稲田 ○湯川 ▲今垣 △作間
3連単1-364-全

後半はのちほどアップします。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

4日目!

こんにちは~~~~。丸亀オーシャンカップ4日目です。東北、九州南部を除き梅雨明けだそうですね。丸亀も晴れてます! 夏です! 暑いです! 皆様、オーシャンカップ勝負駆けでおおいに熱狂いたしましょう!

2010_0716_0350 勝負駆けに臨む鳥飼眞。実は丸亀実績のある、当地巧者ですぞ。(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

丸亀オーシャンカップ ダイジェスト3日目

検証・今日のイン戦

1コース 6勝(逃げ5、抜き1)、2着0本 
決まり手 逃げ5、まくり2、差し1、まくり差し2、抜き2

2010_0716_0408  1~3Rあたりまで向かい風、4、5Rは8m前後の強い追い風、後半戦からはほぼ無風と水面状況は刻一刻と変わったが、それでも2号艇から前付けして逃げた松井も含めてイン6勝と無難な結果に終わった。代わりに2着がゼロで「勝つか飛ぶか」という昨日までとはまったく違う結果になったのは興味深い。「コロコロ変わる風でスタートがバラけやすく、まくり選手の引き波をモロに食った」「潮の高かった前半戦は1マークにうねりがあり、先マイして流れたりバランスを崩すイン選手が多かった」などが考えられる。
 で、今日の私は9Rの直後に面白い法則に気づいたのだ。イン選手が勝ったレースは2・4・6・8Rで、ぶっ飛んだのが1・3・5・7、9R。偶数レースでしか勝っていない。メンバー的にも、今日はこのまま偶数勝ち、奇数飛び(残る11Rは私の『穴・極選』レースだったし)が続くと確信した。
「よっしゃ、10Rは菊地で鉄板だから湯川への1-5で大勝負!!」
 高らかに宣言して1-5をしこたま勝ったら、菊地は湯川のまくり差しを食らってあさっての方向まで飛んでしまった。なぜ、美味しい法則は気づいた瞬間に崩れるのか??? しかも、極選指定の11Rは智也の逃げ、12Rも今垣の逃げ、で逃げVS飛びの数だけは帳尻が合うのだな。な、なぜ、俺がメイチ勝負した10Rと11Rだけ○×の順番が逆になるっ?????(号泣)

検証・今日の万太郎

1R 向かい風が吹くと……?
①前本②林③井口④太田⑤濱野谷⑥山口 435 19030円

2010_0716_0652  向かい風4m。この気象状況がどこまで影響したか。丸亀では「風速5m前後でいちばんセンターが強くなる」というデータがある。確かにこのレースでも3コースの井口佳典がスリットからよく伸び、前本泰和をまくらんばかりに攻めたてた。それが見えた前本も握って応戦する。そこに4カドの太田和美がズッポリ割り差しを決めた。素晴らしい切れ味だった。気温、湿度、気圧が大幅に変わって、太田の気配も一変したのか。う~ん、昼特訓などを見ている限りそうとは思えないのだが。展示タイムも滅茶苦茶悪かったし。やはり「程よい向かい風に乗って井口が攻め、その井口に乗って太田が突き抜けた」ということだと思う。
★教訓/丸亀の風が吹けばセンターが儲かる。
 ただ、風が強くなりすぎるとうねりが発生してどの選手も慎重になり、またイン水域が強くなるという傾向もあるようだ。狙い目は5m前後だぞ。

7R またまた3コース“忍者ツケマイ”??
①白井②池田③飯山晃④篠崎⑤山口⑥中島 352 79800円

2010_0715_0795  まるで、昨日の11Rを見ているようだった。スリットほぼ同体から、3コース飯山晃三のエイヤッのツケマイが炸裂した。昨日「W飯山のパワーを軽視するな」とは書いたものの、まさか白井と池田をまとめてやっつけてしまうとは……。K記者のピット情報が脳裏をよぎる。毒島誠のツケマイを見た今垣光太郎が驚きつつ「アレがあるんですよねぇ」と呟いたという。「イン戦で2コースを意識していてると、あのツケマイは見えないんですよ」と。
 確かに昨日の連続写真を見ると、インの寺田祥は1マークの直前で2コースの湯川を見ている。2コースの湯川は怖い。湯川が差しに構えたとき、寺田は「差しならしっかり落としてターンマークを外さなければ勝てる」と思ったかもしれない。そこに外から毒島が全速で飛んできた。抵抗する間もなく引き波にはまった。今垣はそう言いたかったのだろう。
2010_0716_0852  この7Rの2コースは池田。白井にとって厄介な強敵だ。やはり白井は落として回ったように見えた。瞬間、同期・飯山の一太刀に斬られた。白井としては「斬られたと気づかぬうちに殺られていた」という感じだったか。2日連続で“3コース闇討ち?”600倍以上のウルトラ万太郎である。で、この教訓は……ないっす。強いてあげるなら「2コースに超抜、銘柄級がいるときは、3コースの伏兵を狙え」だけど、そんなレース、山ほどありすぎていちいち3コース想定の選手を買ってはいられない。ただ、2度あることは……で、今節中のどこかで山を張って人気薄の3コースを狙ってみようかしらん。

9R 見てくれこの足、これが39号機だっ!!
①丸岡②鳥飼③杉山④吉田⑤西島⑥寺田 653 15100円

2010_0716_0887  恐れ入った、恐れ入りました! 1艇だけが別次元のレースをしていた。アウトコースから。152/346、スリットの寺田は内の吉田より半艇身覗いた程度だった。そこからすぐにシュンッと伸びて吉田を千切り捨て、そこからさらにギュギューーーーーンと伸びて最後はハコまくりの余裕を持って1マークを占拠した。アンタはアワカツか!?とツッコミを入れたファンは少なくないだろう。今節のまくり決着は4本目だが、そのうちの2発は寺田によるもの。寺田というと差し屋のイメージが根強いが、今節は「エース39号機の力強さを武器に、ゴリゴリ自力で攻めたてている」という豪快なまくり屋のイメージが定着したな。で、この万太郎の教訓もゼロに等しい。「★教訓/今節の寺田のパワーは凄まじい。外枠でも軽視禁物だ」なんて、今日のレースで完全にバレバレだし。とにかくこの9Rは「これぞアウトまくり」という鑑賞用に保存しておきたいほど美しいアウト一撃だった。(photos/中尾茂幸、text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――カポック脱ぎ場にて

2010_0716_0019  まずは小田桐様。お返事遅れましたが、重成一人は大丈夫です。得点的には相当厳しい、というかもはや準優は絶望的ですが、今日の終盤レースにはボートなどを必死で調整している姿がありました。残り3日、地元の意地に懸けても、好レースを見せてくれることでしょう。
2010_0716_0537  終盤の時間帯は、装着場で姿を見かけるのはほとんど、その重成のみであった。ペラ室には何人かの選手がいる。屋外ペラ場でも服部幸男と井口佳典の姿はある。整備室には池田浩二がおり、レースを終えた選手も格納作業にあらわれる。だが、彼らは黙々と己の作業に没頭するのみ。選手の入れ替わりもほとんどなく、忙しく動いていたのは重成のみ、という状況だったのだ。10Rの“一便”で帰った選手が少なからずいた、ということもあるだろう。あ、杉山正樹の姿はよく見かけたな。といっても、特に大きな動きがあったわけではなく、なぜか行く先々(記者控室に行こうと思ったら階段でバッタリ、とか)でよく顔を合わせただけである。
2010_0716_0295  ということもあって、選手の動きを目にするのは、レース後に集中することとなった。たとえば、10R後の濱野谷憲吾。スリット写真を確認すると、「おっ、トップスタート!」となんだか嬉しそうだ。実は1R後、やはりスリット写真を確認して「わーい! トップスタート~!」とはしゃいでいる姿を目撃していた。前本泰和とレースを振り返りつつ、前本に向かっておどけてみせたのだ。この二人、同期ですね。その心やすさもあっての大はしゃぎ、と見えたので、微笑ましくはあったけれどもスルーしかけていた出来事だった。まさか、10Rでも同じような光景が見られるとは。今度は同期などがいなかったので、一人つぶやいた程度だったが、それでも口元がニンマリ。トップスタートを決めることが、今節のテーマだったりするのだろうか。
2010_0716_0950  と言いつつ、それを額面通りに受け取るのは違うだろうな、という思いもある。おそらく悔しさを紛らす、もしくは隠すための「わーい!」ではないかと推測するのだ。10R後は、いちどスリット写真の前から離れながらも、もういちど戻って、数10秒ほど写真を見つめ続けていた。本当はトップスタートであることなどどうでもよく、その黙考の間に脳裏をよぎっているであろうことが大事なのだろうと感じた次第だ。まあ、本当にトップスタートを、たとえばゲーム感覚で喜んでいる可能性もありますけどね。
2010_0716_0194  11Rの山崎智也には痺れた。ここで何度も何度も書いているが、智也は「敗れて笑う」男である。それはもちろん、悔しさを隠す笑顔。他者の前では微笑んでみせて、ふとした時に悔しさをあらわにする。そんなシーンを何度も何度も見てきた。ところが、今日は笑顔がない、のである。今日は勝ったのだ。逃げて1着をもぎ取ったのだ。しかし智也は笑わない。ボートを引き上げ、装着場に運んでいる最中に平石和男が声をかけたときに、ようやく笑顔一発。しかしその後はふたたび頬が引き締まって、カポック脱ぎ場に戻っても、笑いながらレースを振り返り合う他の選手の輪に入ることなく、難しい表情を見せていたのである。
2010_0716_0492  もちろん、不機嫌だったわけではない。平石との会話で笑顔を見せたように、師匠の廣町恵三さんに声をかけられて微笑を浮かべて言葉を交わしていたし、湯川浩司とはふざけ合っている場面もあった。智也が「湯川ちゃんのように◎×▲?&%$#」が言うと、湯川は「メディアの前でそんなこと言わんでくださいよ~」と返していたから、けっこうオフレコチックな言葉だった? 湯川選手、智也が何を言ったのかは、少なくとも僕には聞こえてなかったので大丈夫です。ただ、そんな会話を交わせるということは、智也の気分が悪かろうはずはないのだ(いや、人間っつーのは、機嫌悪くても相手に合わせることはできたりするけど)。
 それでも、そうした他者との交わり以外では、きゅっと唇を結び、真摯な目つきを保っている智也は、まさしく勝負師のたたずまいであった。この男、時折こんな姿を見せてくれるから、目が離せないのである。

2010_0716_0523  ちょっと触れたように、11Rの智也以外は、なんだか楽しそうにレースを振り返っていた。カポック脱ぎ場にあらわれた途端、「あっぶなかったぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」と目を丸くしたのは、福島勇樹だ。それを受けて、辻栄蔵は「タハハハハ」と笑い返す。「押し込まれて、本当に危なかったんすよぉぉぉぉぉっ!」と福島が言葉を重ねると、脇からすかさず「すみませんでした」と謝ったのは、新田雄史だ。2周ホーム、新田が内、福島が外で併走し、福島が消波装置ギリギリの航走を強いられた場面があったが、そのことだろう。もちろん、福島は新田に対して怒っているというわけではなく、ビビったということを大げさに表現したのだろう。
2010_0716_0624  そこに、飯山泰がなぜかおどけた表情で合流する。カッと目を見開いて、しかし口元は緩んでいるのだが……その顔つきの意味は? 辻栄蔵がその顔を見て、また「タハハハハ」と笑った。どうやら、辻がムードメーカーになっている感じだ。
2010_0715_0130  その辻も、自分のレースぶりを振り返っている。「いつもの俺のアシなら届かないのに、あららららら~、って」とおかしそうに笑った。これは2周1マークか。3番手争いの辻は、内を切り返してきた新田を抱いて交わしていったのだが、そのとき2番手を走っていた飯山の艇尾に追いつくようなかたちとなって、外に艇を回している。いつもの辻のアシなら、内を突いて3着確定の場面だった、ということだろうか。ともかく、辻は自分のそんなアシ色を、おかしそうに語っていたわけだ。
 そんな、笑いの絶えない感想戦。だからこそ、智也の顔つきもまた際立って見えたわけだ。智也はみんなの笑い声を、どんな思いで聞いていたのだろう。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

速報 明日の勝負駆け!

丸亀オーシャンカップも明日が4日目、勝負駆け状況をお伝えします。ボーダー6・00想定で完走当確は予選トップの今垣はじめ石野、毒島、西島、辻の5人。オーシャン連覇を狙う菊地は現状19位と予断を許さぬ状況です。

明日の勝負駆け条件

今垣光太郎 ☆
石野貴之  ☆
毒島 誠  ☆
新田雄史  ④⑤
西島義則  ☆
湯川浩司  ④⑤
飯山 泰  ④⑤
辻 栄蔵  ☆
松井 繁  ③⑥
山本隆幸  ④④
池田浩二  ④④
木村光宏  ②⑥
寺田 祥  ③④
濱野谷憲吾 ④
萩原秀人  ④
服部幸男  ③

平石和男  ③③
山崎智也  ③③

菊地孝平  ③
守田俊介  ③
今村 豊  ②
作間 章  ②
高沖健太  ②
飯山晃三  ②
山下和彦  ②
鳥飼 眞  ②③
杉山正樹  ①
福島勇樹  ①
坪井康晴  ②②
篠崎元志  ①
徳増秀樹  ②②
白井英冶  他力
太田和美  他力
丸岡正典  他力
稲田浩二  ①②
山口 剛  他力
吉田俊彦  他力
平尾崇典  他力
田中信一郎 ①①

※ボーダー6・00想定、☆は完走当確


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

気象情報 丸亀の風が止みました!

 雷鳴轟き、8m強の追い風が吹き荒れた丸亀水面でしたが、夕立が終わった途端に風がぴったりと止まりました。これから干潮に向かってうねりも収束するはずで、昨日までと同じような水面状況になりそうです。気温は高いですけど。


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

“本紙予想”オーシャンカップ3日目後半

7R  
勝負懸かる白井が渾身の逃げ。カド攻めの篠崎が追う。
◎白井 ○篠崎 ▲池田 
3連単1-42-全

8R 
機力よりも気力すごい木村が押し切る。平石の捌きが本線。
◎木村 ○平石 ▲山本 △服部
3連単1-356-全

9R 
08年ダービーを思い出す丸岡のイン戦。鳥飼もアシ悪くない。
◎丸岡 ○鳥飼 ▲西島 △寺田 
3連単1-256-全

10R  
菊地が踏み込んで逃走劇。石野も快パワー。
◎菊地 ○石野 ▲濱野谷 △湯川
3連単1-235-全

11R
福島が伸びて攻めれば波乱もある? 超抜辻が巧みに抜ける。
◎辻 ○山崎 ▲飯山 △新田
3連単3-126-全

12R    
今垣が逃げて通算1500勝に王手。回り足強烈な萩原が追撃。
◎今垣 ○萩原 ▲田村 △今村
3連単1-534-全 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

H記者の『穴・極選』3日目

「showさんの言うとおり、今節はマトモすぎるのか。どうして3-6予想まで突き抜けられなかったんだーーオレ」と泣きながら壁に額をぶつけ続けているHです。hiyoちゃん、憲吾郎どの、至らずにすんません>< 確かに今節の私は「万太郎にも根拠がある。その深淵たる真理を追究したい」などと思っているのですが、不確定要素がいつくも重なるから666倍なんて配当になるんだよなぁ。反省。
 今日は4Rあたりで向かい風→強い追い風へと一気に変わり、1マークに半端じゃないうねりが発生しています。みんな乗りにくそうです。こんな超難水面だからこそ、度胸一発大仕事をやらかしそうな若武者を狙い撃ちましょう。

11R
 ①山崎智也 イン戦でまくらせない(飛びつく)タイプ
 ②飯山 泰 2コースから握って攻めるタイプ
★③辻 栄蔵 3コースから差すタイプ
★④福島勇樹 4コースからほとんどまくるタイプ
 ⑤中島孝平 5コースから差すタイプ
◎⑥新田雄史 6コースから差すタイプ

進入123/456

 飯山、福島という獰猛な東都まくりコンビが揃い、山崎にとっては厄介なイン戦。両者(どちらか)の猛攻を受け止めている間に、辻と中島が差し抜けるというのが正攻法の予想です。が、ここは昨日までの反省も含めてもうひと捻り。内がごちゃついている間に、新田が中島を叩きつつ豪快なまくり差しを決めるとみます。アウトには致命的な追い風を切り裂き、さらなるやまと下克上の嵐を呼び起こしなさい新田君。うねりのど真ん中に目を瞑って突っ込むのも若者の特権だぞーー!! こっそり差し粘る辻と4カドから自力で攻める福島へ。

3連単★6-34-全

 こ、これで6-5なんかがきたりしたら……即日帰郷します!!


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

THEピット――炎天下

 皆さん、係留所の高さに違いがあることをご存知でしたか?
 まあ、係留所自体、出走ピットや展示ピット以外は、間近で見る機会は少ないかもしれないが、ただひとつ、言うまでもなく出走ピットや展示ピットも含めて、係留所は同じ水面に浮かんでいるのである。だというのに、高さに違いがある、というのだから、ちょっと驚いた。
2010_0715_0708  試運転係留所のいちばん奥。ここは今垣光太郎の指定席になっていて、彼はどのレース場でもいちばん奥、つまりはいちばん端っこにボートを係留している。これってゲン担ぎ? そう思って尋ねたら、光ちゃんは言うのである。
「いや、係留所って高さが違って、いちばん奥はいちばん低いんですよ。重さによって、奥にいけばいくほと低くなっている。僕の調整の基準はそこなんで、いつもいちばん奥にもっていくんですよね」
 高さが違えば、当然水圧も変わるので、同じ調整をしてもレースでの参考にはなりにくい。だから、いちばん低いところで、いつもの調整をしてレースに臨む。そういえば、多くの選手もいつも同じような場所にボートを係留しているような気がする。
「うるさいところが苦手なので、静かなところを選んでるということもあるんですけどね。静かなほうが、自分の世界に没頭できる。僕、ペラ叩くのも真夜中だったりするんですよ。昼よりも夜のほうが集中できるんですよね」
 いろいろな理由から、今垣光太郎はいちばん奥にボートを運ぶ。それは言うまでもなく、レースで勝つための選択なのだ。
 なるほどなあ。ボートレースの世界ってのは、本当に奥が深い。選手はそんな点にまで神経を使って、レースでは勝負師に変身するのである。
「そうそう。僕、最近1号艇で飛んでばかりで。いつも断然人気なのに、申し訳ないんですよねえ。笹川賞でも3日目1回乗りの1号艇で飛んで、その前も」
 今日は……3日目1回乗りで1号艇! ま、まさか……。
「でも、グラチャンでは4日目2回乗りの1号艇で、やっぱり飛んで。3日目は関係ありませんでした(笑)」
 ふふふふ、と昨日のように悪戯っぽく笑う光ちゃん。選手はこうしたゲンも、やっぱり気にするものなのである。ある意味、ジンクスはグラチャンで消えた。今日は1着でさらに払拭したいところだろう。
 というわけで、今日の前半も光ちゃんとの時間、でありました。

2010_0715_0105 この今垣光太郎との会話は、日のよく当たるボートリフト脇でのものだった。今日の丸亀はとにかく暑い! というわけで、日光をもろに浴びつつ話していた僕も光ちゃんも汗だくである。光ちゃんは長袖の乗艇着を着ていたわけだから、アロハ姿の僕など、弱音を吐いている場合ではないのだが……でも暑い! やっぱり暑いものは暑い!
 そんななか、気になるのは、屋外ペラ場の選手たちである。屋内は冷房が利いているだろうが、屋外は当たり前だがそんなものはない。かなりの蒸し暑さのなか、ペラを叩いているわけで、実際、田村隆信が汗だくでペラ場から係留所へと向かう姿を目撃している。
2010_0715_0779  この屋外ペラ場では、松井繁も調整をしている。1R前に懸命にペラを叩いていた松井は、2R発売中にいったん手を止め、ペラを手に係留所に向かった。渡り橋の前で立ち止まり、夏の日差しを一身に浴びながら、最後のチェックをする松井。ペラの翼面を日にかざし、細かく状態をチェックしていた。と、松井が駆け出した! くるりと踵を返して、ペラ場へ走り戻ったのである。この暑いのに、僕など歩くスピードが半減するほどなのに、王者は全力疾走! それから5~6分ほどペラを叩き直し、今度こそ係留所に向かった松井。そんな王者の姿を見ていると、暑さに音を上げているようじゃあかんよなあ、と反省せざるをえないのであった。
2010_0715_0740  2Rに向かう選手たちを見れば、さらに頭は下がるのである。ヘルメットにケブラーにカポックにカッパ。真夏にそんな装備で選手たちは戦うのである。1Rに出走した前本泰和が首からタオルをかけて、ふぅ~~、と溜め息を大きくはくのを見て、それが1号艇で敗れてしまった悔しさ混じりであるのは間違いなくとも、この炎天下で全力疾走した疲れを見て取らずにはいられないのである。その前本は、ほとんど息つく間もなく、試運転に向かうのを見て、わが身を心から省みましたね。どんな状況でも、勝利のためにベストを尽くす。服部幸男の信条は、ほぼすべての選手に共通するものなのだろう。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”オーシャンカップ3日目

 ぶっぴ~~~~~ん。Kです。なんかハマりました。ところで、W杯の予想を完璧に当てたタコが引っ張りダコとか。我々もあやかりたいな~。丸亀場内で売っているタコ天はめちゃくちゃうまいです。

1R  
前本のインは最強クラス。濱野谷本線も妙味は林の順走か。
◎前本 ○濱野谷 ▲林 △井口 
3連単1-523-全

2R 
篠崎が気迫の逃走を見せる。田中は成績ほどアシ悪くない。
◎篠崎 ○田中 ▲高沖 △吉川  
3連単1-536-全

3R 
赤坂がしっかりと先マイ。攻められるアシの服部を本線に。
◎赤坂 ○服部 ▲萩原 △白井 
3連単1-534-全

4R 
作間が意地の逃げ切り。安達が攻めれば田村に展開あるか。
◎作間 ○田村 ▲安達 △平尾
3連単1-543-全

5R 
石野が軽快に伸びて抜け出す。毒島の勢いにも注意。。
◎石野 ○毒島 ▲重成 △太田 
3連単3-521-全

6R  
松井が自在に攻め切って連勝。稲田が攻めれば井口に展開。
◎松井 ○井口 ▲柏野 △今村
3連単2-516-全

後半はのちほどアップします。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

3日目!

こんにちは~! オーシャンカップ3日目でございます。今日の丸亀は晴れました! 暑くなりそうですね~。丸亀本場では恒例のUDONまつりも行なわれ、絶品讃岐うどんが食べられますよ~。明日からは3連休。ぜひぜひ丸亀でお会いしましょう!

2010_0715_0551 ところで、今節は干満の差がすごいのですよ。これが満潮付近の様子。

2010_0713_0435 こちらが干潮付近。わかりますかな~。注目は渡り橋の角度。あと、岩壁の見え方ですかな。これがレースに影響を及ぼすこともおおいにあるわけです。ちなみに本日は、満潮14:07、干潮20:26です。(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

丸亀オーシャンカップ ダイジェスト2日目

検証・今日のイン戦

1コース 7勝(逃げ5、抜き2)、2着3本 
決まり手 逃げ5、まくり1、差し2、まくり差し2、抜き2

2010_0715_0049  1~5Rまでインが5連勝したときは「ま、まさかこのまま最終レースの松井まで??」と青ざめたものだが、後半は随所に荒れて7勝に留まった。夕方→ナイターに向けてどんどん潮が引き、10Rあたりで干潮になったせいかもしれない。飯山泰の絞りまくりと今垣光太郎の豪快なまくり差しはパワー的にも想定できる範囲だったが、まさか毒島誠がエース寺田祥と抜群・湯川をほぼ同体から一瞬にしてまくりきってしまうとは……潮なのかパワーなのか展開だったのか……ちょっと考えがまとまらないので、明日までの宿題にさせていただきたい(←毒島アタマで舟券を外したショックから立ち直れないのです><)

検証・今日の万太郎

6R 守田が暴走モードに??
①安達②白井③菊地④飯山晃⑤今垣⑥守田 316 10560円

2010_0715_0662  キーマンは伏兵の守田俊介だった。昨日1号艇でインを奪われたのがよほど悔しかったかw4号艇の1Rでは2コースを奪い、この6Rでも3コースに潜り込んだ。守田の前付けを容認して冷静に4カドを選択したのが菊地孝平。なかなかに大人の対応だが、もちろん単なる親切心で譲ったわけではない。コンマ03のデジタルスタートで内3艇にプレッシャーをかけた。
 モロに圧力を受けたのがカド受けの守田だ。「菊地に叩かれてはたまらん!」とばかりに無理めの態勢から強引にぶん回した。そして、守田が耕したその美味しい空間(花道)を菊地が悠然と通り抜けて3-1になり、5番手だった守田が道中で大逆転の3着をもぎ取って万太郎まで跳ね上がった。見た目には守田の自作自演のような万シューだったな。最近の守田は内寄り志向で前付けの頻度もアップしている。そうかと思えば1号艇でインを譲ったり奪われたりというケースも多い。SG常連の中でちょっと不思議な存在になりつつあるな、俊キチは。
2010_0715_0178_2  そして、このレースの本物の演出家は菊地だった。菊地はSを張り込んでも獰猛に絞るタイプではない。今日のようにさりげなく内にプレッシャーを与えながら、美味しい展開を手繰り寄せるというパターンが多い選手なのだ。デジタルSにモノを言わせて「攻めるぞ、攻めるぞ」と見せかければ、内の艇は動かざるをえない。無理に動けば必ず展開が生まれる。動かなければそこで叩き潰す。頭脳明晰な軍師タイプといえるだろう。
★教訓①/外枠の守田はよく動く。スタ展と本番で同じような動き方をするので外枠時はスタ展に注目すべし。
★教訓②/菊地の内艇は踊らされやすい=菊地がセンター~外枠のレースは荒れやすい。

8R 鮮やかな大波乱
①田中②西島③坪井④飯山泰⑤秋山⑥山本 641 51880円

2010_0715_0078  枠なり3対3から4カドの選手が豪快に仕掛け、そのすぐ外にいた選手が鮮やかなマーク差しで突き抜ける。これぞ典型的な万太郎、万シューの王道のような「セット決着」だった。ここ1年、飯山泰が4コースで勝った時の決まり手は<まくり14勝/差し4勝(まくり差し含む)>!!と圧倒的に握って攻める男だ。典型的なまくり屋だからして、「飯山泰の外は怖い」というのは私の口癖でもある。が、私はこのウルトラ万太郎を獲れなかった。なぜか。そして、なぜ「まくり&マーク差しセット」でこんな凄まじい配当になったかというと……秋山直之がレースに参加できなかったから。とんでもないドカ遅れで、飯山のマーク選手が山本隆幸に化けてしまったのだ。
教訓①/飯山泰の4カドの破壊力は恐ろしく、その外選手に展開あり。
教訓②/秋山はいつでもS凹みで波乱を提供する可能性あり。

 ほとんど誰もが知っている鉄則を記しておこう。それにしても秋山、コンマ99の裏タッチスタートってアンタ……><

11R 極選を飛び越えたオーメン配当
①寺田②湯川③毒島④池田⑤吉田⑥山下 364 66630円

 もう、ちょっと長い文章を書く気がしない。『穴・極選』で3-45-全と予想していたら、それを上回る364になっちゃうとは………………(号泣) 346なら財布が3日ほど立ちっ放しになるくらい儲けたのに……(号泣) ショックから立ち直れないので、たまたま中尾カメラマンが撮っていたレース写真を貼り付けてグチをこぼすだけにさせてください。嗚呼、嗚呼、嗚呼……(号泣)

2010_0715_r11_1020 「湯川、握って攻めろ、握って毒島の差し場を作ってけろーーーーーー!!」

2010_0715_r11_1027 「へっっ? 湯川じゃなく毒島が???」

2010_0715_r11_1032 「予想した展開とまるで違うけど、毒島ァ、まくれ、まくりきれーーーー!!」

2010_0715_r11_1035 「ま、まくっちまった!!!! で、で、でけたドーーーーー、予想の能書きなんかどうでもいい、当てりゃあ官軍ぢゃーー! あとは外から池田か吉田が……」

2010_0715_r11_1038 「ん? んんんんんっ???? なんだ、あの見えにくいカポックは、池田か? 吉田なのか?(lll゚Д゚)」

2010_0715_r11_1040 「やましたーーーーーーーーっっっ?????????(lll゚Д゚)」

2010_0715_r11_1044 「い、池田、頼む、お前ならできる、こっから逆転して346にしてくれる、な、池田、そうだろっ???」

2010_0715_r11_1054 「ぶっぴ~~~~~~~~~んっっっ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

サイナラーーーー><(photos/中尾茂幸、text/H)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

THEピット――光ちゃんとの時間

 後半も装着場のモニターでレース観戦。整備室やペラ室での作業を終えた選手も多く、また終盤レース出走ボートは水面に、レースを終えたボートは洗浄されて奥のほうに並べられて、という状態だから、モニター下は閑散としており、ひとりぼっちで観戦する機会も多くなる。まあ、これはこれで、誰にも気を使わなくていいから、気楽なものである。
2010_0715_0691  ところが11R。隣には今垣光太郎がやってきた。今垣は10Rを走ったばかりで、彼のボートは操縦席に入った水分を切るためにひっくり返った状態で装着場に置いてあった。レース後にはボートを自分で磨き、水分をふき取るのがルーティンの今垣は、それを見て、少し右往左往。たまたま近くにいた重成一人に声をかけ、重成の助けを得ながら自分でもういちどひっくり返して、日課をこなし始めたのだった。その途中で始まった11R。今垣は作業の手を止めてモニター下へとやってきたわけで、思わぬツーショットでの観戦と相成った次第。こちらが持っていた出走表をともに覗き込みながら、モニターに見入った我々だった。
2010_0715_0823 「おぉっ! やられちゃったかぁ~」
 毒島誠のまくりが決まった瞬間、今垣が声をあげる。鮮やかなツケマイであったのは確かだが、いわば見えないところから飛んでくるツケマイは、インからすると対応が難しいらしい。まして2コースの湯川浩司のほうをより警戒していたであろうイン寺田祥にとっては、あのツケマイは奇襲のようなものだったかもしれない。なるほどなあ。一流選手と一緒にレースを見るのは、本当に勉強になる。
2010_0715_0801「あっ、6っ!」
 2番手に緑のカポックが浮上したのを見て、今垣は驚いたように声をあげた。そして、出走表を覗き込む。むむむっ、山下和彦の2番手航走にも、何か意味があるのですかな?
「これは……つくなぁ……」
 だはは、配当の感想ですか(笑)。ピットに入る前に舟券を仕込んでいるこちらとしては、テラショーと湯川が飛んで、毒島-山下だから大波乱だよなぁ、てなことを即座に考えたりしているわけだが、光ちゃんも同じことを考えたりするわけですね。言うまでもないことだが、光ちゃんが舟券を買っていたなんてことはあるはずがなく、しかしレース結果に対しての配当を選手も気にしたりしているというわけである。
「それにしても、ピンピンかぁ……」
 毒島の快走を見ながら、光ちゃんが呟く。10Rは鮮やかなまくり差しで快勝している今垣は、前半で星を落としたものの、節間2勝。対する毒島は、負けナシの2勝。当然、マークすべき相手として、その視界に飛び込んできたことだろう。
「毒島くんって、しっかりモーターが仕上がってペラが合ってしまえば、テクニックはダントツですから」
 ま、マジっすか!?
「僕よりぜんぜんうまいです」
 ちょいちょいちょい! さっきのまくり差しはお見事だったでしょ!
2010_0715_0786 「あれは展開ですから。いや、ほんとに僕よりうまい。このへんの若い子は、テクニックはぜんぜん上ですよ」
 そう言って指差したのは、出走表の篠崎元志の名前。なるほどと思いつつも、「僕よりうまい」なんて言われて戸惑ってしまったわけだが、そんなこちらにふふふと悪戯っぽい笑みを向けて、今垣はエンジン吊りのためボートリフトへと向かったのだった。
2010_0715_0679  記者席に帰ってきて、ちょっとギョッとしたぞ。明日の12R。1号艇・今垣光太郎。6号艇・毒島誠。「僕よりうまい」毒島に、今垣はどんな一撃を浴びせるだろうか。

2010_0715_0584  その11R後のカポック脱ぎ場で、印象深いシーンがあった。池田浩二と寺田祥だ。遅れてそこにやってきた寺田は、露骨に悔しそうな表情を見せていた。顔がゆがみ、キリリとした目元がきゅぅとつり上がっている。やはりイン戦をものにできなかったこと、後輩にまくられてしまったことが悔しいのか……と思ったら、それと同等に悔しいことがあったようなのだ。同期の池田浩二に敗れたこと、である。池田と顔を合わすと、その顔はすぐに強い苦笑いへと変わった。「くっそー、最後は5等にまでなってしまった」と寺田が言うと、池田は「後ろで抜かれてたんだ」と笑う。快パワーで追い上げた寺田は前を行く池田を捉えて3番手に浮上した場面もあった。2番手を狙ったスキに池田に再逆転され、3周2マークではもういちど池田にアタックしているが、今度はそのスキを湯川浩司に突かれたわけだ。モーターが噴いているからこそ、後手を踏んでも前に追いつき、しかしそれで逆転を狙うと後続に展開を突かれる。やることはやったうえでの敗戦だから後悔はないはずだが、しかしだからこそ悔しさは大きい。しかもその主な相手が同期の池田だったのだから、なお悔しい。池田とずっと交わしていた深い苦笑は、きっとそういうことではなかったかと思ったのだ。
2010_0715_0344  まくった毒島が挨拶にくると、寺田は淡々と「ども」と返している。その悔しさももちろん大きいはずだが、穏やかな表情を見ると、それはそれで仕方がないと考えているとしか思えなかった。その後も、池田と顔を合わせると、濃い苦笑いが浮かんだ寺田。その思いがまた糧となって、明日からのペラを叩く腕に力を与えていくのだろう。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

“本紙予想”オーシャンカップ2日目後半

7R  
重成にとって負けられない1号艇。萩原の回り足脅威。
◎重成 ○萩原 ▲今村 △松井 
3連単1-234-全

8R 
田中がF2でもインなら負けられない。カド飯山が怖い。
◎田中 ○飯山 ▲西島 △坪井
3連単1-432-全

9R 
福島はイン向きのアシではない? 服部の差し切りに期待。
◎服部 ○山崎 ▲福島 △前本 
3連単2-315-全

10R  
辻がパワー生かして盤石の逃げ。カド今垣が自在に追う。
◎辻 ○今垣 ▲丸岡 △徳増
3連単1-426-全

11R
寺田がエース機パワーで逃げ切る。湯川も好パワー。
◎寺田 ○湯川 ▲池田
3連単1-24-全

12R    
ここは松井が負けられない一戦。菊地が壁になり、差し順走。
◎松井 ○菊地 ▲新田 △濱野谷
3連単1-253-全 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――H記者が愛した俊介

2010_0714_0140  装着場のど真ん中に、天井から吊り下げられたモニターがある。ピットでのレース観戦はほぼココであり、選手たちもここにやってきてはモニターを覗き込むことも少なくない。昨日の11Rは僕と井口佳典のツーショットとなっており、同期の田村隆信が6号艇ながら勝ち切った瞬間にも表情ひとつ変えなかった井口が印象深かった。むしろ、けったくそ悪いとでもいうような感じにも見え、負ければボロクソに叩き合うという85期らしいなあ、とも思ったものだ。
2010_0715_0178  ただ、最初に言ったとおり、ここは装着場のど真ん中。前半戦には、まだ着水を済ませていないボートがずらり並んでいて、モニター下では選手たちが作業をしていたりする。したがって、モニターに近づきすぎると選手の邪魔になるわけで、実際2R直前には、モニター真下の菊地孝平に大接近遭遇となってしまったりした。
「黒須田さーん、海王社って知ってます?」
「かいおーしゃ?」
「バイク雑誌出してる出版社なんですけど」
「あぁ、そっち方面には縁がないんすよね~」
「あ、そうですかぁ」
 こっちのジャンルに合わせた会話を振ってくれる菊地の優しさよ。そして、そのバイタリティよ。邪魔してすいませんでした!
2010_0715_0231  2Rのモーター始動ブザーが装着場まで響いてくると、モニター下には選手が集結し始めた。菊地の2つ隣で作業をしていた白井英治、寺田祥、装着場奥にいた萩原秀人、1Rを終えて次のレースの準備をしていた守田俊介などなど。おっと、屋外ペラ調整場にいた松井繁もやってきた。モニター下には、まるで力道山のプロレスを観戦する街頭テレビ前のような賑わい。その構成人員はやけに豪華だけど。
「ええっ、天然記念物ぅ~~?」
 突如、白井英治が声をあげた。白井の視線の先で、守田俊介がニコニコと笑っている。俗称のようなものも飛び交っていたため、選手ではないこちらにはやや理解できない内容となっていたが、どうやら守田は今では誰も使っていないような古いペラを使おうとしているらしかった(あくまで推測)。
「1Rはそれでいったの?」
「いや、今節はまだ使ってない」
「そうですよね~。もし使ってたら、2着には残れなかったよ」
「そうかな~」
2010_0715_0103 街頭テレビ軍団は一斉に笑い声。そこに、1Rで守田をしりぞけている飯山泰があらわれる。
「えっ、それを使ってたんですか?」
「もぉ~~、話題にするなよぉぉぉぉ」
 ようするに、みんなで守田をからかっていたということなのだろう。
 守田が飯山に話しかける。
「あれはそっちが出てるの? こっちが出てないの?」
 1Rでは飯山に迫っては離され、迫っては離されている守田。
「僕が伸びがきていて、守田さんは伸びがないんですよ」
「…………ダメってことじゃん」
2010_0715_0220  街頭テレビ軍団はまた爆笑。その後もさんざんみんなにイジられた守田は、飯山に「愛されキャラっすね~」と言われて、あらら、飯山の首を締めだした。もちろん、街頭テレビ軍団はさらに爆笑である。その横で、仲良しの萩原秀人がおかしそうにニコニコしていた。「まったく、俊介さんって……」てな感じの、呆れ笑いであった。
2010_0714_0543  H記者が愛した男、守田俊介。彼を愛するのはH記者だけではない、のである。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

H記者の『穴・極選』2日目

 W飯山の逃げ楽勝を見て「無風の静水面だし今日は万太郎がないかも」とやや弱気になっているHです。おそらくたぶんきっとどこかで出るんですけどね。あ、W飯山は後半戦も要注意。泰の足は単なる伸び型じゃない超抜仕立て、晃三も今村との足合わせで対等の動きを見せてましたよ。
 今日の興味は10~12Rの2号艇。丸岡、湯川、菊地は2コースでかなりうるさいタイプですからね。3人のうち誰が握って誰が差しに回るのか。これを推理するだけでもワクワクします。そして、今日の極選もその中から選びましょう。

11R
 ①寺田 祥
 ②湯川浩司
◎③毒島 誠
★④池田浩二
★⑤吉田俊彦
 ⑥山下和彦

進入123/456

理屈は昨日の11Rとまったく同じです。10~12Rの2号艇選手の「2コースでのまくり勝ち/差し勝ち数(近1年間)」はというと

10R②丸岡 まくり3/差し4
11R②湯川 まくり5/差し4
12R②菊地 まくり5/差し6

 どれも五分五分に近いくらい攻めていて、湯川のまくり率がトップ。この11Rは相手がエース機の寺田だけに「今日は自重して差しにしよ」という可能性もありますが、スリット次第で30%ほどの確率でまくりを選択すると思います。それで大穴に結びつくなら、この30%の夢に賭けてみたい。総合パワーは寺田でも、スリットからの行き足では湯川の方が上だし。
 湯川が握って寺田が抵抗すれば、あとはセンターからズブズブズブの差し決着。昼の特訓でくるくる小気味いい小回りターンを披露していた毒島が絶好の狙い目です。追随する池田とまくり差しを狙う吉田へ。hiyoちゃん、showどの、今日こそは……!!!!

3連単★3-45-全

 ん、なんか5Rの前本がやたら怖そうな気が……??( ̄Д ̄;;


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”オーシャンカップ2日目

 どもども。Kです。今日も頑張ります。

1R  
アシ悪くない飯山がしっかりと逃げ切る。田村の差し順走が本線。
◎飯山 ○田村 ▲守田 △大峯 
3連単1-245-全

2R 
重成がカドからまくり差し一閃。西島が続く。
◎重成 ○西島 ▲飯山 △吉川  
3連単4-315-全

3R 
辻はやはり超抜。差し切り濃厚だ。高沖がイン残す。
◎辻 ○高沖 ▲服部 
3連単2-13-全

4R 
石野がカドから伸びて攻める。木村が気迫の追走。
◎石野 ○木村 ▲杉山 △赤坂
3連単4-215-全

5R 
平石に逃げ切れるアシ。井口が差して追う。
◎平石 ○井口 ▲前本 △丸岡 
3連単1-264-全

6R  
安達が渾身の逃げで水神祭へ。菊地がS攻めて追撃。
◎安達 ○菊地 ▲白井 △今垣
3連単1-325-全

後半はのちほどアップします。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目!

どもども~。オーシャンカップ2日目! 今日も雨模様ですが、おおいに盛り上がってまいりましょう(豪雨で被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます)。

2010_0714_0916_2 ところで、ウチの中尾カメラマンは、独特なファッションセンスの持ち主。最近はこんなズボンで取材班はもちろん、選手の皆さんを呆然とさせています。

2010_0714_0914 昨日もこのトンチキなスタイルで撮影をしていたのですが……それを見た太田和美がこう言ったのです。

「昨日は、右が赤、左が黄色だったやろ?」

ま、マジ!? 取材班は誰も気付かなかった、というか気にも留めていなかった、この事実。このズボンを左右色違いで2本もっていることにも驚きですが、そのはき分けに一瞬で気付いた太田和美も凄すぎ! さすがなにわの怪物くん! その眼力、おみそれしました。(PHOTO/中尾茂幸 ズボンは黒須田)


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)

丸亀オーシャンカップ 初日ダイジェスト

 検証・今日のイン戦

1コース 6勝(すべて逃げ)、2着5本 勝率50% 複勝率92%
決まり手 逃げ6、まくり1、差し3、まくり差し2

2010_0714_0636  大村グラチャンの初日はイン8勝だったが、こちらはピンピン発進の新田雄史など6勝止まり。「丸亀のインは全国平均より強いけど、大村ほどではない」というデータ通りの実に無難なスタートといえるだろう。ただ、2着も合わせると11本(唯一飛んだのは寺田祥のジカまくりを喰った林美憲)なのだから、この安定感は大村の初日を上回る(グラチャンは3回飛び)。「イン選手を闇雲に消しては勝負にならない」というのが初日の実感である。
 では、これほどインが活躍した原因は何か。私の考えはこうだ。
★最大の要因…カドを筆頭に、ダッシュ勢がスリットでさほど伸びない。
 これに尽きると思う。戸田やびわこなどのまくり水面はカド選手がスリットから面白いように伸びるが、丸亀にはそれがない。伸びてせいぜい半艇身。半端に伸びてスッタモンダしている間に、インがしっかり伸び返して逃げきるというパターンが続いた。今日の決まり手で「まくり」が1本だったのもその証。

2010_0714_0178 殊勲?を挙げた寺田祥にしてもスリット一撃にはほど遠いエースパワーまかせの「遅れ抱きまくり」がまんまと決まったものだった。ダッシュ勢の脅威(引き波の直撃)があまりないから、インから勝ちきれなくてもバックで体勢を立て直して2着には残してしまう。その繰り返しが11連対につながった。
 よほど強風が吹いたりしない限り、明日もこの傾向は続くだろう(丸亀では強風が吹くとセンターが強くなる)。インが飛ぶパターンとしては、①カドに行き足強力な選手が入って1艇身以上覗いたとき。現状では辻栄蔵と湯川浩司か。②半端に伸びたカド選手が気合(カド選手の使命感)で無理攻めしたときのマーク差し。丸亀の記念レースでは「5コースがまくり差して万シューになる」というケースが頻発しているが、その原因は「4カド選手のまくりが決まらず、どこかで引っ掛かる」ためだと思う。ドリーム戦で服部幸男の無理まくりを利した今垣光太郎がこのパターンだ。万シューにはならなかったけど。
 とにかく、本命党は「より確かなイン選手を選択して厚く張る」、穴党は「インの2、3着をコツコツ拾いながら、どこかで大穴を仕留める」というスタイルだと思うのだがどうか。

 検証・今日のマン太郎

 今日は3本の万シューが飛び出した。その決まり手は「まくり差し」「逃げ」「差し」と多彩ではあったが、なぜ高配当になったのかをそれぞれ検証しておきたい。

★3R 木村の気合が空間を捻じ曲げた!
①守田②毒島③木村④柏野⑤稲田⑥篠崎 236 20120円

2010_0714_1026   レースが荒れた主な要因はふたつ。
a/木村光宏が本番でインを強奪した=地元の意地、気合
b/2コースの守田俊介がドカ遅れ=想定外の起こし

 このaとbは単独ではなく、完全に因果関係がある。スタート展示ではインを主張していた守田が、本番でものの見事にインを奪われた。2連単オッズは①からすべて3ケタ配当だったのだが、これでもうレースは別次元のものになった。私を含め、大半の観客は心の中で悲鳴を挙げた。木村の気合勝ちであり、断然人気の守田にとっては不覚だった。
2010_0714_0542  そして、不意を突かれた守田は完全に起こしのタイミングを逸する。S勘の達者な守田であっても、<スタ展の110m起こし→2コースのターンマーク起こし>の変化に対応するのは難しい。想定外ならなおのこと。「前付けした2コース、前付けされた2コースのドカ遅れ」というのは定番中の定番格言でもある。
 で、イン木村がコンマ14、2コース守田が25、3コース毒島誠が10だったら何が起きるか? 小学生でもわかりそうな初級問題だ。逃げる木村とまくり差した毒島の一騎打ち。バック直線で2=3態勢が固まっていた。もちろん、この検証は後追いの結果論であって、レース前から完璧にこの展開(波乱)を読みきり23や236を買った人は少ないと思う。でも、「このレースは荒れる」という匂いは嗅ぎ取れたのではないか。明日以降へのヒントも含めて教訓を記しておく。
★教訓①/今節の木村はどの枠からでも動く。また、木村が常に動けば、流れ的に重成も動きやすくなる。
★教訓②/強引に前付けする艇がいると、2号艇(3コース想定選手)に展開が生まれる。
★教訓③/1号艇の守田はインを死守しようとしない(最近特に前付けを許しちゃうんだよなぁ><)。もちろん戦略としてはありだが、それで勝ちきった姿を見たことがないぞ、俊キチィィ。

10R これまた木村の気合が炸裂!
①鳥飼②寺田③作間④井口⑤木村⑥田中 153 10920円

2010_0713_0354  3号艇で動いた木村光宏が、ここで動かないはずはない。スタ展では4コースに甘んじ、本番ではしっかり2コースまで潜り込んだ。そして、深めの起こしからイン鳥飼眞とともにスタートを決めて(鳥飼03、木村04!!)イッタイッタの1-5で3連単万太郎である。木村の前付けについては先に触れた。このレースの肝は、イン選手-地元選手でなぜ万シューになったか?だ。最大の要因は
★エース機・寺田祥と前検気配が評判だった井口に人気が偏った。
 もちろん、木村の前付けを考えれば寺田のセンター一撃があってもおかしくない。が、そこが競艇の奥深さで、内2艇がシャカリキのスタートを決めればどんな超抜モーターでも届かないのだ。特にここは丸亀水面、こんな教訓も覚えておきたい。
★教訓/パワーに人気が集中するなら、コースの利を優先しろ。
 とにもかくにも「強引な前付けがあればレースは荒れる」という先の教訓はここでも生かされたわけだ。イッタイッタという平穏なレースであっても。

11R やっぱり智也はやらかした!
①吉川②山崎③前本④菊地⑤篠崎⑥田村 614 24820円

2010_0714_0320  穴・極選にも指名したこのレース。確かに、このレースは荒れた。荒れてくれた。W万太郎である。が、私の3-45予想とは地球の裏側ほどの筋違い決着になってしまった>< いやぁ、「2コースの智也が握って攻める」という着眼点は間違ってなかったのだよ。確かに、このキーワードが大波乱の立役者だった。ただ、私にとって想定外だったのはスリットの隊形だ。
 吉川コンマ12、山崎21、前本12だったら何が起きるか?
 この場合は小学生どころか大学院生でもなかなか正解を出せない。模範解答は「吉川が逃げて智也が差して前本がまくり差し」なのだろうが、智也だけがまったく違う動きを見せたのだ。これだけ遅れたのに、強引なツケマイを打って出た。セオリー通りまくり差しに行った前本は驚いたに違いない。差しだと思っていた智也がいきなり握ってゴッツンコ。これで2艇は大競りになって、私の極選予想とともにぶっ飛んだ。
2010_0714_1023  正直、私はこの隊形を見た瞬間に嫌な予感に打ち震えていた。ま、まさか智也、こんな隊形からでも……?? 智也は行った。やっぱり行っちゃう男なのだ。
 そして、2艇の大競りでぽっかり空いた内空間に滑り込んだのが、4コース!!!!の田村だったわけだ。6号艇・田村の一番差しとは……このレースを展開からすべて的中させるには、①田村の4コース(スタ展は6コース)を読む。②スリットで智也の凹みを読む。③2コースで智也が握るという性格を読む。少なくともこの三拍子が必要だったわけだが、そんな神様みたいな人、いるかいな? 私が読めたのは、残念ながら③だけでしかなかった……。
★教訓①/2コースの智也はよくよく握って攻める。たとえスタートで凹んでも。
★教訓②/6号艇の田村は本番で何をしでかすかわからない。何でもありと思っておけ。

2010_0714_0478  このふたつは前から感じていたことではあったが、改めて肝に銘じておくとしよう。そして、前本ォォ、智也がこんな獰猛な?男だということを、今日のレースでしっかり学んでおいてくでーーーー!><(photos/中尾茂幸、text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――最後の最後まで

 水位がぐっと下がり、係留所への渡り橋が急勾配になった頃。職員の方が台車を慎重に押しながら、係留所へと降りていった。その台車は、係留所に何個か置かれた燃料入れのポリタンクを回収するためのもの。すべてを集めて台車に乗せた職員さんは、そのままピットへと戻ろうとしていた。
2010_0713_0812 「ちょっと待ったぁぁぁ!」
 声をかけたのは、山口剛だった。いや、実際にはそんな言葉をかけたわけではない。あくまでイメージです。山口は、まだ試運転に出るつもりで係留所におり、燃料を引き上げられたら困るとばかりに、職員さんを呼び止めたわけである。だから本当は「すいません、最後に燃料を入れさせてください」と丁寧に懇願している。
2010_0714_0256  ようするに、山口は最後の最後まで試運転に励んでいたということだ。ちなみに、足合わせのパートナーとなっていたのは、丸岡正典。この二人が今日、水面を駆け巡っていたラストツーである。少しでも手応えを得るために。少しでも勝利に近づくために。山口と丸岡は最後の最後まで、水面を走った。

2010_0714_0270  最後の最後まで、係留所でエンジン音を響かせていたのは、池田浩二である。11Rの展示が終わると、ドリーム組が次々と展示ピットにボートを移動させていたが、池田はなかなか試運転用の係留所から動こうとせず、モーターを始動すると何度かレバーを握り込んではニードルのあたりをいじり、ベストの調整ポイントを探していたのだった。最後の最後まで妥協することなく、執拗に調整をつづける。池田といえば、レースの鮮やかさがとにかく印象に残るわけだが、こうした姿もまた、池田浩二が池田浩二たるゆえんのひとつとなっているのだろう。
2010_0714_0285 実は、試運転係留所にはもう1艇、ボートが置かれていた。緑の旗をつけた艇だ。重成一人は池田が調整する間も、ペラ調整場で一人、木槌をふるっていた。大きな音が聞こえてきたわけではないので、おそらくは微調整なのだろう。それを、これまた時間の許す限り、最後の最後まで、続けている。ドリーム戦を万全で戦うため。地元SGで絶対に悔い
を残さないため。重成はとことんプロペラと向き合っていたのだ。
 池田がそろそろ展示ピットに向かおうかとしていた頃、重成はようやく係留所の自艇に向かってペラを取り付けた。二人が展示ピットに収まったのは、ほぼ同じ時間帯だった。

2010_0714_0341  ピットの動きもそろそろ穏やかになっていく。屋内のペラ調整場を覗こうとすると、何人かの影が見えるのだが、それが誰だかさっぱり視認できない。湿度が高すぎて、ガラスが曇っているのだ。かろうじて判別できたのは飯山晃三か。とりあえずヘアスタイルは確認できたので、間違いないと思う。
2010_0714_0967  整備室に目を移す。濱野谷憲吾が本体をバラしていた。濱野谷といえば、ペラ調整がメインであり、パワーアップのすべもペラを重視しているというイメージがあったが、最近はこうして本体に手をつけている姿もよく見かけるようになった。今日も、口元をギュッと結んで、目つきをググッと鋭くとがらせて、モーターと会話をしていた。部品交換があったかどうかは、明日の直前情報をチェック。ともかく、濱野谷の整備はいつまでもいつまでも続くように思われた。それほどまでに濱野谷は、モーターの前を離れなかったのである。
2010_0714_0747  その隣で、同じように相棒に手を入れていたのは、柏野幸二。まるで濱野谷と競い合うように、整備テーブルに根を生やして、本体を調整していた。
 いったいどちらが最後まで整備をしていたのだろう。
 それをかくにんしないまま、ピットを離れた。どちらがどう、などということは関係ない。二人の懸命な姿が見られたことが重要だと思ったのだ。……と言いつつ、最後の最後までピットにへばりつかなかったことをちょっと後悔しているのだが。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の水神祭 初日はブッシー!

2010_0714_1029  SG2節目でついに水神祭! 本日3Rで毒島誠がSG初1着。笹川賞ではお預けとなっていた初勝利を、このオーシャンカップで見事にゲットした。
 水神祭は、7R終了後。毒島は1回乗りだったため、レース後すぐにでも始まるかと思われたのだが、同県の山崎智也が5R、秋山直之が6Rとレースの準備に忙しく、また7Rには同地区の大先輩・平石和男が出走とあって、先輩たちの手が空く7R後と相成った様子。濱野谷憲吾が8R出走だったため、関東の大エースは参加できなかったわけであります。まあ、関東全員がレースを終えるのは11Rだったので、これは仕方がないところか。

 2010_0714_1048それでは行きましょう、水神祭。7R後というのは干潮の時刻が迫っており、もっとも水位が低い時間帯。ボートリフトから水面を見降ろした関東勢は、さすがにこりゃヤバいと判断。リフトを下げての投擲となりました。その指示を出したのは、山崎智也と平石和男。心優しい先輩であります。
 リフトが下がったといっても、恐ろしいことには変わりなし。リバース・ワッショイスタイル(仰向けに持ち上げるのがワッショイスタイルだが、通常は頭から投げ込むのに対して、リバースは足から投げ込む)で持ち上げられた毒島は、空中で手足をジタバタさせつつ、水面へと吸い込まれていきました。着水した瞬間の「バッシャシャシャン!」という音はあまりに痛そうで……でも、その痛さが思い出となるわけであります。
 ズブ濡れの毒島を出迎えたのは、まず智也。さらに平石が笑顔でサムアップし、この二人が投げ込む側の主役でしたなあ。

2010_0714_1070  毒島選手、おめでとうございます。次はもちろん、優勝の水神祭を。群馬支部からもそろそろ新たなSGウィナーが出てほしいところですぞ。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/K)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

“本紙予想”オーシャンカップ初日後半

H記者がやってきました。来るなり悲鳴の連発です。こちらの精神衛生上にもよくないので、早く当ててほしいです。

7R  
西島が渾身の逃げを見せる。田村のカド戦が次位。
◎西島 ○田村 ▲白井 △平石 
3連単1-435-全

8R 
新田が踏み込んで逃走。濱野谷がカドからまくり差して追う。
◎新田 ○濱野谷 ▲柏野 △湯川
3連単1-436-全

9R 
辻がカドから攻め切る。飯山が握って連動か。
◎辻 ○飯山 ▲徳増 
3連単4-51-全

10R  
井口がカドから伸びて一撃浴びせる。木村が連動して追う。
◎井口 ○木村 ▲田中 △鳥飼
3連単4-561-全

11R
吉川がインから揺るぎない攻め。山崎握れば前本に差し場。
◎吉川 ○前本 ▲山崎 △菊地
3連単1-324-全

12R ドリーム戦   
池田がS決めて盤石の逃げ。コース動く重成に要注意。
◎池田 ○重成 ▲服部 △松井
3連単1-643-全 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――銀河系の夏

 丸亀のピットは11カ月ぶり。ついこの間来たような気もするのだが、約1年も経てば忘れていることが多い。
2010_0713_0286  ボートの影に銀河系軍団の揃いのウェアがちらちらと見えて、???と近寄ってみると、そこには屋外ペラ叩き場が。そうそう、そうだった。屋内ペラ調整場の外に、じゅうたんのような布が敷かれた臨時(?)ペラ叩き場があるんだった。そしてここは、銀河系軍団の根城だったんだ。田村隆信、井口佳典が並んですわって、トンカントンカン。このシーンは昨年のMB記念でも一昨年のダービーでも、見かけられたものだ。
2010_0713_0350  そこに、丸岡正典がペラを手にやってくる。「ありがとうっ!」「おぉ、マルちゃん。よう伸びとったやろ?」「うん……」。そんな会話のあとは、声をひそめて秘密会議(?)。ここが銀河系の情報交換の場であり、武器を磨く場でもある。立ったまま、井口を見降ろすように話し込んでいた丸岡が、やがて隣に腰をおろして、会議がさらに続いていった。
 それにしても、人間っつーのは、本当にいい加減なものだ。ついこの間まで、「銀河系よ、世代交代を!」「銀河系が時代を変える!」などと騒ぎ立てていたのに、総理杯と笹川賞ですっかりやまと世代に気を取られてしまう。グラチャンで湯川が快勝すると「そうだ、銀河系がいるじゃないか」とふたたび銀河系にご執心。我ながら、調子がいいことこのうえない。本当にいい加減なものだよな、ワタシ……。
2010_0713_0762 1Rを終え、次のレースの準備をしている湯川浩司に、装着作業をしていた松井繁が声をかける。湯川は真剣な面持ちで数回うなずき、質問を投げかけ返し、それに松井がまた応えていく。大阪支部の先輩後輩のレース後の会話にすぎない、といえばそのとおり。しかし、それが王者と直近SG覇者の銀河系軍団だけに、深い意味を読み取りたくなる。現代ボートレースの覇権を握る者と、その覇権を奪わんとする勢力のやり取りなのだから、ついつい深読みをしたくなるわけだ。
2010_0713_0323  松井は、いったん装着を終えると、ペラ調整へ。それも、屋外調整場! にわかに王者と銀河系軍団の独占状態となった。松井は、銀河系戦士らに背中を向けるようなかたちで、ペラを叩きはじめた。もちろん深い意味などあるはずもないが、そのポジショニングにそわそわしてしまうワタシ。僕の脳内ではすっかり「王者vs銀河系が緊張感バチバチ」などと妄想が沸き起こっていたのだ。まあ、そのように眺めたほうが面白い構図だった、というわけである。
2010_0713_0572  1Rを終え、着替えなどもすませた山本隆幸が5Rの準備のために係留所に降りていった。粛々とした表情からは、焦りや苛立ちのようなものは見当たらない。そういえば、この人は銀河系軍団であって、松井繁の弟子でもあるんだよな。屋外ペラ調整場の様子を眺めたあとだったので、ついつい山本に何らかの意味を見出そうとしてしまうわけだが、こんなワタシって異常ですか?
2010_0713_0459  こうなれば、最後に高沖健太の様子を確認しておきたかったのだが、前半のピットではエンジン吊りでちらりと姿を見かけただけだった。それにしても、銀河系軍団は6人参戦か。改めて、彼らがボート界に及ぼしている影響の大きさを痛感したのだった。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

H記者の『穴・極選』初日

 またしても遅刻し3Rの〆切り直前に到着、俊キチに全軍資金の4分の1を投下して飛び込み自殺と相成ったHです。俊キチ、せめてインは死守せんかいぃぃぃぃっ!! あと10分遅刻すればよかった><(←はいはい、憲吾郎どのの見立てどおり、ちゃんと間に合うように来たわけですけど)
 さあ、気を取り直してローリスク超ハイリターンの無理筋極選をやらかすとしましょう。木村の気合が凄まじく、5号艇の10Rも荒れそうですね。面白そうなのはF2信一郎の2、3着付けか。でも、今日の極選テーマは「智也の2号艇は穴宝庫」に則って11Rに絞りましょう。

11R
 ①吉川元浩
 ②山崎智也
◎③前本泰和
★④菊地孝平
★⑤篠崎元志
 ⑥田村隆信

進入123/456か126/345

 6号艇だと人が変わる田村が動くかどうか。う~ん、おそらく枠なりでしょう(←展示気配チェック)。で、吉川のインの巧さと準エース智也のパワーを考えれば1=2イッタイッタ決着も十分なんですけどね。智也が差せば……の話です。もしもパワー任せに智也が握ったらレースはどうなるか。最近の2コース智也が握る可能性は五分五分。ならば、半分の確率で超大穴の展開もありうる「智也強ツケマイ」を想定すべきでしょ。2コースのジカツケマイなら、吉川も抵抗せざるを得ない。2艇でぶっ飛べば……あまり深く考えずに3コースからズブズブズブと音を立てて差し抜けるシーンを思い浮かべましょう。このレースの盲点は前本だと思います!

3連単★3-45-全


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

明るく楽しい開会式!

2010_0714_0088 山下和彦
「明るく楽しく元気よく!」

 みなさん、SGです。明るく楽しく元気よく頑張りましょう!
 というわけで、オーシャンカップ開会式。開門のときにちょうど会場を通りかかったのですが、みるみるうちに客席が埋まっていく光景は壮観でありました。

2010_0714_0014 山口剛
「2年ぶりにお待たせしました」

 出場メンバー中、丸亀勝率ナンバーワン! 当地新鋭王座も制している山口が、丸亀に帰ってまいりましたよ!

2010_0714_0062 白井英治
「てっぺん獲りにまいりました」

 そうです、ブルーナイターにはホワイトシャークがよく似合うのです。白と青の爽やかなコントラストを期待しましょう。

徳増秀樹
「去年より目立てるよう頑張ります」

 去年といえば……優出です。それより目立つのは、もちろんVです。

2010_0714_0019 杉山正樹
「子どもがうどん好きなんで、最終日に讃岐うどんをがっつり買って帰れるよう頑張ります」

 4000万円分買えるように頑張れ! ちなみに、優勝戦が終わったあとはお店が閉まっていると思うので、一泊して豪遊して、翌日うどん屋へどうぞ。

2010_0714_0059 飯山晃三
「5R6号艇、A2。いやぁ、A2でもSG出られるんですねえ、タハハハハハハハ」

 飯山選手、出たからにはA2でもSGを優勝できるんです。偉業を目指せ!

山崎智也
「勝利の女神に微笑んでもらえるよう頑張ります」

 智也といえば「いいレース見せます」が決めゼリフだったのですが、違うバリエーションが登場。智也には勝利の女神も普通に惚れると思うのだがどうか。

2010_0714_0091 田中信一郎
「厳しいレースが続いていますが、必死のパッチで頑張ります」

 おぉ、大阪名物「必死のパッチ」! 我々も舟券を必死のパッチで頑張りましょう。

2010_0714_0114重成一人
「丸亀の牙城を守る絶対的な守護神になりに来ました」

 とにかく、重成の気合が際立っている! 選手代表の挨拶も、実に堂々とした素晴らしいものでした。

 最後にドリーム戦インタビューの進入のくだりを。
池田浩二
「深くてもインから」
今垣光太郎
「2コースから行きたい」
2010_0714_0098 松井繁
「今垣選手次第。あっち向いてホイみたいな進入してたら、入ります」
服部幸男
「カドからレースを作りたい」
坪井康晴
「できれば5コースがいい」
重成一人
動く気マンマンなんですけど。みんながあっち向いてホイみたいな進入してくれたらいいですね(笑)」

 松井のあっち向いてホイ(笑)はともかく、1~5号艇は枠なり想定のようですが……ここでも注目は重成一人なのです!
(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”オーシャンカップ初日

 どもども。Kです。ナイターSGですね。もちろん、昼間だろうが夜中だろうが、イン主体の“本紙予想”。今回はH記者も初日から現地参戦ですので、負けないように頑張るというか、H記者がぶち当てたら死ぬほどたかるつもりです。

1R  
驚きの1年1組となった今村が逃げてオープニング飾る。
◎今村 ○湯川 ▲林 △平石 
3連単1-436-全

2R 
萩原がカドから自在なハンドルで抜け出す。平尾のイン残し本線。
◎萩原 ○平尾 ▲新田 △白井  
3連単4-126-全

3R 
守田が踏み込んで逃げ切る。木村の自在戦が脅威。
◎守田 ○木村 ▲柏野 △篠崎 
3連単1-346-全

4R 
福島が握れば鳥飼に展開利ありそう。大峯との連動が本線。
◎鳥飼 ○大峯 ▲山下 △福島
3連単3-412-全

5R 
山本ががっちりと先マイ。田中が巧ハンドルで迫る。
◎山本 ○田中 ▲山崎 △徳増 
3連単1-342-全

6R  
林に逃げ切れるアシありそう。石野が伸びて攻める。
◎林 ○石野 ▲寺田 △萩原
3連単1-546-全

後半はのちほどアップします。


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)

初日!

おはようございます。っていっても、もう昼ですね。まさしくナイター!てな感じで、2010ファーストナイターSG、オーシャンカップが開幕します。本日より19日まで、更新時間は昼間とはだいぶ違いますが、一節間よろしくお願いします。

2010_0713_0824 SG連覇なるか、湯川浩司。前検はいつもの湯川にしては目立ちませんでしたが……。今日は外枠2戦。持ち味の伸びての攻めが見られるか?(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

オーシャンカップ前検チェック

 午後5時過ぎから7時半過ぎまで。前検航走(スタート練習とタイム測定)および試運転は、この時間帯に行なわれている。昼間開催よりも大きな意味がある、のではないか。雨が落ちていた本日、試運転が始まる頃にはすでに薄暗くなってきてはいたが、それでもまだまだ視界は明るく、1班(ドリーム組)のスタート練習が始まっても暗くはなっていない。ところが、後半組(6班以降)の試運転時にはだんだんと宵闇が迫ってきており、最終9班のスタート練習ではついに真っ暗。ようするに、前検を昼間に行なった組と完全ナイターで行なった組がある、ということである。それがどう影響するのかはともかく。
 そんなあたりにも思いを馳せつつ、前検チェック。私の前検横綱はズバリ。

2010_0713_0114 辻栄蔵
 ウワサの20号機がポテンシャルをおおいに見せつけた前検だったと思います。圧巻は濱野谷憲吾との足合わせか。ターンでは互角か、濱野谷に少々分があるようにも見えていました。ところが、直線に向くと、一気に濱野谷を置き去りにしています。明らかに強い。明らかに迫力が違う。明日の9R4号艇、私は何をさておいても狙いたいと思います。

 これに続くのは……。

2010_0713_0781 井口佳典
 スタート練習での行きアシが抜けていました。井口は6班で、1号艇から秋山直之、中島孝平、笠原亮、井口、山本隆幸、田村隆信。少なくとも、このなかでは行きアシはダントツだった。明日10Rには6班のメンバーはいませんが、4号艇は間違いなく“好枠”でしょう。

2010_0713_0839 石野貴之
 ストレートがハッキリ強めだったのが石野。実は、彼の5号機というのは、BOATBoy8月号によると「韋駄天5号機」なのだそうです。近況3カ月で、平均展示順位1位。今日の石野は、まさしくその通りのアシ色を見せていました(前検タイムをチェックする前に書いています)。明日は6R5号艇で登場する石野ですが、外からでも充分に戦えそうなアシですね。

 以上が私の前検御三家、ということにしておきます。それ以外では……。

2010_0713_0678 寺田祥
山崎智也

 ともに目立っていたとは思いませんが、悪くない足合わせの様子でした。10カ月走っての数字は、それなりの根拠を伴っているということか。もちろん、まだまだ上積みの余地もありそうで、明日以降のアシ色には目を配るべきだと思います。

2010_0713_0358 萩原秀人
 今回もくるくる回ってたなあ。現在、回り足の仕上げは屈指の存在と思える萩原、今日もターン系統はいいアシ色でした。抜けているとまでは言えなくとも、雰囲気のあるアシ色とでもいうか。レースが始まればさらにパワーアップしていきそうだなあ。
 回り足といえば。

今村豊
 行きアシから伸びでスリット攻撃、という今村らしいアシではないようです。ストレートはむしろ弱めで、ターンでは松井繁をやっつける足合わせも。ただ、出足回り足系が強めの今村は、最近では成績にあまり結びついていないような気もするなあ……。

菊地孝平
 2連対率3位の22号機を引いた菊地もいい感じ。ストレートよりターン系と見ますが、バランスもとれている印象を受けました。オーシャンカップ2連覇に視界良好か。

木村光宏2010_0713_0579
 重成一人とともに、地元2騎はいい動きと見えました。そのなかでも木村。回って出ていくアシが強力で、その延長の伸びも悪くない様子。丸亀での仕上げはお手の物だけに、さらなるパワーアップも見込めるでしょう。

 そのほかでは、吉川元浩、徳増秀樹、大峯豊、篠崎元志らをあげておきます。ドリーム組がまるであがっていませんが……印象としては、池田浩二、重成、服部幸男が及第点、松井繁はやや苦しいように見えました。

 というわけで、前検タイムが届きましたので、チェックしましょう。

1 山下和彦 6・61
2 今村豊  6・66
  木村光宏
  辻栄蔵
  飯山泰
  寺田祥
7 柏野幸二 6・67
  福島勇樹
9 田中信一郎 6・68
10 服部幸男 6・69
  坪井康晴

 誰だ、今村は伸びが弱いとか言ったヤツは(笑)。ちなみに韋駄天石野は6・70。それにしても、山下のダントツタイムが不気味です。正直、足合わせではもうひとつと見えていたので……。
 で、ここで思い起こしてほしいのです。今日の前検は昼間組とナイター組がいたのだということを。ベストテンは登番が上の選手が多いですよね(坪井はドリーム組なので1班だし)。つまりおおむね“昼間”のほうがタイムが出ていた、と。これをどう受け取るかはあなた次第ですが……私としてはナイターで好タイムの福島勇樹、また登番が若いほうである飯山泰、再計測で9班とともに走った寺田祥あたりが気になりますね。
 ワーストもざっと。

秋山直之 6・84
飯山晃三 6・80
萩原秀人 6・79
鳥飼眞  6・78
高沖健太
山口剛  6・77

2010_0713_0582  やっぱり登番が若いほうに固まってますね。ちなみに鳥飼眞は再計測をしており、8班に混じって走っておりました。つまり、ナイターでの計測なのです。そうそう、展示ワースト大王の守田俊介は6・71秒。H記者によると「俊介のタイムはコンマ10を引き算すべし」とのことなので、実質6・61秒!? トップタイじゃん……。そのH記者は、明日より参戦。機力診断もがっちりお任せしますよ~。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/K)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

THEピット――不快指数が高いぞ!

 もう、すごい湿気。立っているだけでジメジメジトジト。体重100kg超のデヴには、本当に厳しい気候だ。しかも雨はやまない。う~ん、これまでの取材の中で最高にしんどい前検である。
2010_0713_0560  選手たちも大変だ。雨のなか、水面を駆けなければならない。もちろん、この湿気で汗も出る。そして、何より湿気のせいで回転が上がりにくいから、前検航走後は調整にも汗を流さねばならない。まあ、前検日の整備室やペラ室の混雑ぶり、慌ただしさはいつの節でも変わらないが、それでも今日は普段以上に大変そうに見えてくるのである。
 さらに、なんだか今日は、水位が低いぞ。丸亀は海水面なので干満の差があるのは当たり前だが、こんなに潮が引いている丸亀は初めて見るような気がする。ピット⇔係留所の渡り橋もどえらく急勾配になっていて、えっちらおっちらと上って来た飯山泰が、「これ、(勾配が)何度くらいあるんでしょうねえ」と呆れ気味に問いかけてきたほどだ。選手の皆さん、降りていくときは滑りやすいので気をつけてくださいね。
2010_0713_0308  とまあ、不快指数100%ぶりばかりに気をとられた前検日。そんななかで気を引かれたのは、重成一人だった。
「家族に八つ当たりしまくりましたね」と冗談っぽく語った、オーシャンカップ前のピリピリモード。それはすなわち、重成が地元SGに並々ならぬ思い入れをもって臨んでいることを物語っている。ピットではむしろ穏やかな雰囲気であり、ドリーム戦共同会見では笑顔も見えていたが、心の奥の炎は燃え盛っているに違いない。前検後はペラ工作室で作業をしている時間が長かったようだが、本体の方向性は見えてきているということか。いや、今節の重成はそうした機力うんぬんなど凌駕する気迫を見せてくれそうな気がして仕方がない。
2010_0713_0613  そうそう、ドリーム戦の進入は「思い切って動くつもりでおります」だそうだ。5号艇の坪井康晴はそのあたりをすでに察知しているらしく、コース獲りに関しては濁す場面もあったが、それだけにもつれる可能性もあるかも? ドリーム戦からおもろいぞ~、オーシャンカップ!
2010_0713_0428  そういえば、今日の前検は展示再計測が2組あった。前半組の航走が終わったあと、装着場に鳥飼眞のボートがそのまま置いてあったので、おかしいな???とは思っていたのだ。さらに、5班のはずの寺田祥が係留所に駆け下りていったのを見て、ありゃりゃ???とも思った。そしたら、鳥飼が8班、寺田が9班で再登場するんだもんなー。もちろんタイム計測だけだったが、ちょっと驚いた。
 で、そのために寺田と鳥飼は、ピットで誰よりも慌ただしく動いていたのだ。艇番艇旗を変えなければならないし、モーターの点検もしなければならないし、鳥飼は着水もしなきゃいけないし……と、雨のなか走り回っているのだから、大変だった。レースで好結果が出れば、こんなハプニングも忘却の彼方なのだろうけれど。

2010_0713_0471  そうした汗だくの前検で、涼しい顔をしていたのは辻栄蔵である。「ツヨシ~、ありがとう!」とはるか彼方で着水しようとしていた山口剛に超大声をかけていたシーンも機嫌の良さが伝わってきていたし、ピットで突撃取材をしているお笑い芸人の永島知洋さんのインタビューに応える姿も気分上々の様子だった。足合わせを見てからピットに向かった私としては、まさしく「なるほど」とヒザを叩きたくなる辻の表情。その顔つきを見ているだけで、こちらの気分もほんの少し涼やかになっていくような気がした。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

エース機はテラショー、注目機は栄蔵!

 丸亀のモーターは昨年9月に初下ろし。10カ月が経過しており、相場はほぼ固まっていると言っていいだろう。
 エース機は39号機、次位は38号機。大村は34~36が連番でトップスリーだったが、丸亀はやはり30番台の連番が好素性機ということになる。他に、1着率では11号機が39号機に匹敵する成績。62号機は優勝回数が4回でトップだ。
 さらにもう1機、注目しておきたいのは20号機。2連対率は35%とそこそこだが、評判の上昇機である。4月に平山智加が女子リーグで完全優勝を達成したモーターで、それ以来、強烈なパワーを見せること多々。数字以上の素性を誇るモーターを言えるだろう。

2010_0713_0149  午後4時過ぎにスタートしたモーター抽選。登番が若いほうからガラガラポン、ということで、まずは篠崎元志が65号機をゲット。36・5%だからそこそこか。以下、新田雄史、稲田浩二、毒島誠……という順番で抽選は進んだ。
 選手同士が語り合うざわめきが会場を包みながらも、特別大きな盛り上がりもなく進んでいったガラポン。そんななか、一瞬で空気が変わったのは、寺田祥の順番だった。
「くわっっっ!」
2010_0713_0177  叫んだのは、寺田の次の順番だった池田浩二。
「39!」
 テラショーにエース機! 自分の目の前でエース機を出されてしまった池田は、苦笑とともに叫ぶしかなかったのだ。もちろんテラショーはニッコニコ。ドリーム1号艇の池田は32%の35号機で、同期で明暗分かれたって感じ?

2010_0713_0189  ところで、会場の最前列、ガラポンの目の前には今村豊が鎮座していた。当然、黙っているわけがありませんね(笑)。ちょっかい出すのが、今村流であります。
 山崎智也が38号機を引くと、「うぉっ、智也! おぉっ、智也ぁ~」とニヤニヤ笑いかける。ただし、智也は無視(笑)。田中信一郎が42%の45号機を引くと、「信一郎、危ないのを引いたな~」とからかう。何が危ないのかは謎です。後輩たちの抽選の模様をいちばん楽しんでいたのは、間違いなくミスター競艇である(笑)。
2010_0713_0207  登番がもっとも古い今村は当然、最後のガラポンとなるわけだが、ひとつ前の西島義則の番の時点で、2連対率9位の28号機が出ていなかった。もうひとつ出ていないのは7号機で、こちらは28%。西島が7を引くように祈る今村、これは名人戦の再戦? で、西島は「7!」と叫びながら28号機を引いてニコニコ、今村は徳山の仇を丸亀で打つことができませんでしたとさ。

 2連率上位10傑は以下のとおり。

2010_0713_0175 39号機 47・7%=寺田祥
38号機 46・0%=山崎智也
22号機 43・4%=菊地孝平
45号機 42・3%=田中信一郎
52号機 42・1%=徳増秀樹
11号機 41・3%=中島孝平
17号機 40・7%=杉山正樹
24号機 40・5%=秋山直之
28号機 39・8%=西島義則
62号機 39・7%=高沖健太

2010_0713_0187  もうひとつの注目機=20号機は辻栄蔵の手に。出た瞬間、山口剛が「うぉぉぉぉっ!」と本人より興奮しておりました。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/K)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

午後2時の丸亀入り!

2010_0713_0006  オーシャンカップの前検日には毎年、頭を悩ませる。
「何時にレース場入りしてたっけ? 選手は何時頃にやってくる? モーター抽選は何時からだったかなあ……」
 約1年ぶりのナイターSG、一日のタイムテーブルをすっかり忘れてしまっているのだ。
「選手の入りは、たしか午後2時頃から……」
 と雨がしとしとと落ちるなかピットへ向かう。入り待ちのファンの方はすでに多数。しかしみな待機状態の様子で、選手の到着はまだか……。
 いや、いた。西島義則だ。前検といえば、水面に真っ先に飛び出すのは田中信一郎か西島。今年の名人位はレース場入りも一番乗りなのだ。
2010_0713_0004  ……いや、違った。西島の後にくっついていくかたちでピット入りすると、そこには吉田俊彦! こちらが正真正銘の一番乗りだ。4月の選手会チャリティーゴルフコンペでもお世話になった吉田トシだが、彼のほうから「ゴルフではどうも~」とご挨拶されて恐縮。そして、「ぼくと島田一生の名前が入れ違いになってましたよ~」と間違いを指摘されて、ウルトラ超恐縮。ご、ご、ごめんなさ~い。というわけで、吉田選手、島田選手、BOATBoy読者の皆様、申し訳ありませんでした。

 いきなり平謝りからスタートした、オーシャンカップ取材。吉田トシ、西島の後は、10分ほど間隔が開いて、太田和美、秋山直之、菊地孝平ら静岡軍団など、続々と雨の丸亀にやってきた。入り待ちのファンの方たちも大変そうだが、選手たちも大変。ほんと、この空を呪いたくなってくるほどに、雨の中でふれあう選手&ファンの姿には頭が下がる。
2010_0713_0035  そんななか、登場したのは稲田浩二。SG初出場です。その表情に注目していたのだが、これがまた実に飄々としており、新鋭王座で見かける稲田と何ら変わりはない。大物というか、味があるというか。ともあれ、イナダッシュSG見参であります。
 その稲田をはじめ、今節はSGではまだなじみの薄い若手が多数参戦。フレッシュな顔ぶれとなっている。毒島誠もこれが2度目のSG。そのハツラツとした姿はいつ見ても気持ちいい。2010_0713_0130 毒島が「もっと笑顔でいかないと~」とからかったのは、赤坂俊輔。JLCのカメラを向けられ、照れる赤坂に毒島が突っ込んだわけだ。赤坂はSGではもう何度も姿を見ているが、なんてったって、モーターボート記念以外では初のSGなのだ。発祥地がその将来性も含めて期待をかけ続けた男が、ついに自力でSG出場。これは実にめでたい。だからもっと笑わなきゃ~、と毒島同様に声援を送っておきたい。
2010_0713_0126  赤坂とともに丸亀入りしたのが飯山晃三。もちろん若手と呼ばれる時期はとっくに過ぎているけれども、SGはいつ以来だったっけなぁ。そして、長崎支部から複数選手を送り込んだSGはいつ以来なんだ? 発祥地SGの2週間後に飛来した大村軍団。時代はオームラで勝つ!なのか。
2010_0713_0101  石野貴之もSGで会うのはずいぶん久しぶりだ。そのベビーフェイスは相変わらずだが、精悍さが増したと感じるのは気のせいか。総理杯で山口剛、笹川賞で岡崎恭裕が優勝し、にわかにトレンドとなってきた「やまと世代」。入所→卒業がやまとという純粋やまと世代は、石野と赤坂の90期からである。そう、「やまとの進軍」というなら、まずは90期が先頭を走らねばならない! 今節は彼らの奮闘にぜひとも期待してみよう。

 15時過ぎにはおおよその選手が丸亀入り。山崎智也の髪がずいぶん短くなっていたとか、今垣光太郎がプレゼントをめちゃくちゃもらっていたとか、作間章が「絶不調なのにSGに来てよかったのか?」と自嘲気味に後輩に話していたりとか、SG常連組にも印象に残るシーンは多々ございました。
2010_0713_0111  そうしたなか、なぜかそろりそろりと歩き、遠慮気味な微笑とともに現われたのが、グラチャン覇者・湯川浩司。先輩や同期と談笑する姿は、つい2週間ほど前のSG覇者という先入観もあるのだろうが、風格たっぷりに見えましたぞ。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/K)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

さあ、ナイターSG、オーシャンカップ!

どもどもども~。丸亀です! ブルーナイターです! オーシャンカップでーす!

Cimg5170 というわけで、取材班は丸亀ボートに到着いたしました。本日より第15回オーシャンカップを現地よりレポートしてまいりますので、一節間、どうぞよろしくお願いいたします。今年もナイターSGが始まる! 夏が始まる! ま、現在、丸亀は雨、梅雨真っ最中なのでありますが、ナイターSGでジメジメした空気を吹き飛ばし、爽快な夏を迎えようではありませんか! 舟券も夏真っ盛りといこうじゃありませんか!

それでは、今節もどうぞよろしくお願いいたします。


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)

丸亀でナイターSG!

発祥地グラチャンからまだ2週間しか経っていませんが、早くも次のSGが始まりますよ!

7月14~19日の日程で、SGオーシャンカップが開催! 舞台は“ブルーナイター”丸亀です。取材班はもちろん、明日の前検から現地取材&更新を行なってまいります。今節もぜひぜひご覧くださいますようお願いします。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)