この特集について
ボートレース特集 > 超抜45号機は地元の鈴木に!!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

超抜45号機は地元の鈴木に!!

2011_0418_0095  12時すぎから競技棟でモーター抽選会が行われた。さすが、百戦錬磨どころか万戦錬磨の猛者ばかり、ガラポン機を回し終えた選手たちのほとんどがモーター勝率表など見向きもせずに自分の机にすたすた帰ってゆく。SGでは「どうよどうよ、うわ、最低><」などと賑やかな今村豊も、穏やかな表情で戻って行った。ちなみにミスター競艇の54号機は複勝率33%、中堅ど真ん中に留まった。
2011_0418_0091  それよりつらそうなのが、大嶋一也の22号機か。複勝率28%はワーストグループのひとつ。前節のMB大賞では超抜45号機で圧倒Vを遂げた大嶋だったが、今節はあの凄まじいパワーにどれだけ近づけるだろうか。
 でもって、その超抜45号機を引いたのは……大嶋と同じく地元・愛知支部のイン屋、鈴木幸夫だった。さすがにこのときだけは、「ほおぉぉぉ」とドヨメキが起きたぞ。同時に大嶋が鈴木にアイコンタクトしてから、両手をクロスして「×」の字を作ったらしい(中尾談)が、おそらく逆説ジョークだろう。

2011_0418_0123  抽選会は淡々と進み、最後にガラポンのハンドルを握ったのが、我らが万谷章親ビンだ。もちろん、残っている玉は1個だけ。すでに今節の相棒は決まっているのだが、そこは愛嬌満点の万谷親ビンのこと、握ったハンドルを逆回転にゆっくりゆっくりゆっくりかたつむりのようにスローモーに3回転させ、それからまた亀のようにゆっくり反転させて最後の玉を落としたのだった。嗚呼、このユーモアセンスがたまらんっす、親ビン!!
 あ、書き忘れていたが、紅一点のグレートマザー日高逸子は複勝率42%の7号機。上々のラッキーセブンスタートといえるだろう。

 さてさて、特注モーターは……

BB誌推奨3機
2011_0418_0104 ★45号機(51%)/鈴木幸夫…強烈な出足~レース足のイン向きパワー!
★16号機(51%)/久間繁…こちらは行き足抜群、逃げよりまくり勝ちが多い伸び型。
★41号機(48%)/中村裕将…好バランスでどんなコースからでも勝ち負けだ。

他の複勝率上位機
★37号機(50%)/篠原俊夫
★3号機(48%)/西田靖
★58号機(48%)/村上信二

 鈴木幸夫の深インがどこまで通用するか、まくりモーターで元祖「くまくり」が炸裂するのか、トップ2の動きが今から楽しみだ!(photos/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません